excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
どーも、しばらく更新を待..
by tak at 15:43
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 00:20
どーも、ドラゴンボールア..
by tak at 21:36
どーも、予定を組むのに頭..
by tak at 21:29
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 20:22
関根様 レスが大変遅く..
by qunny1130 at 20:19
あけましておめでとうござ..
by 葉子 at 12:11
はじめまして。 青木楽..
by 関根 聡 at 02:19
こんばんは!BLUE L..
by qunny1130 at 20:47
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド Bunkamura オーチャードホール 2016.11.02 その2
リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド Bunkamura オーチャードホール 2016.11.02 その2

 今回のコンサートの席だが、何故か前の席が空いていて、大変観やすかった。しかし、斜め前にいたロン毛のオッサンが、コンサートを観ないで、後ばかり観ていた。「何しに来てるのこいつ」って感じでウザウザでイライラしてた(笑)

 恐らく業界人だろうが、いちいち後ばかり観るなら来るな!(`´メ)さらにメタボ外人も斜め左前にいて、図体がでかいから右側にずれると視界が遮られて、これもウザウザだった(笑)

 


有名ミュージシャンが小出しで見られてコスパ的に良いかも


 セットリストはたぶん以下で合っていると思う。間違ったらゴメンだが、参考になれば幸いだ。

01.Matchbox
02.It Don't Come Easy
03.What Goes On
04.I Saw the Light
05.Evil Ways
06.Rosanna
07.Kyrie
08.Bang the Drum All Day
09.Boys
10.Don't Pass Me By

11.Yellow Submarine
12.Black Magic Woman~Gypsy Queen
13.You're Sixteen
14.Back Off Boogaloo
15.You Are Mine
16.Africa
17.Oye Como Va
18.I Wanna Be Your Man
19.Love Is the Answer
20.Broken Wings

21.Hold the Line
22.Photograph
23.Act Naturally
24.With a Little Help From My Friends
25.Give Peace a Chance

 24曲目からマーティ・フリードマンが参加。やはり With a Little Help From My Friends が一番盛り上がったような気がする。一緒に歌いやすい。やはりレノン=マッカートニーは素晴らしい才能だ。(どちらかと言えばポールの曲か?)




マーティ・フリードマンがサプライズゲスト





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





# by qunny1130 | 2016-11-03 20:17 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)
リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド Bunkamura オーチャードホール 2016.11.02 その1
リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド Bunkamura オーチャードホール 2016.11.02 その1

 2013年以来、約3年半ぶりの来日公演。本当は東京公演は全部観に行きたかったが、仕事の関係とお金の関係(笑)で断念し、何かサプライズがある可能性を求めて、11/2水曜日の最終公演を選択した。


オーチャードホールは初めて!




リチャード・ペイジの声に癒された


 そして、確かにサプライズゲストが、With a Little Help From My Friends の演奏の前に現れた。その人は、マーティ・フリードマンだった。舞台袖奥側にギターを持った男性がいたので、誰だろうと見ていたら、足早に前に移動し、リンゴとハグ。そして、直ぐに曲の演奏が始まった。

 最後だから何かあればと思っていたが、ちょっと得した気分になった。昔、1991年12月17日、ジョージの日本公演最終日、息子のダーニがアンコールで現れたことをふと思い出した。

  



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





# by qunny1130 | 2016-11-03 01:03 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)
再投稿:スクール☆ウォーズの生徒を時系列に並べてみた!
再投稿:スクール☆ウォーズの生徒を時系列に並べてみた!








 昨日まで、CS放送のTBSチャンネルで「スクール☆ウォーズ」が再放送されていた。この正月休みで全部録画して全話を見た。クサイ台詞や演技に笑ってしまうことも多いが、やっぱり何回見ても面白い!

 恐らく30代以上の人は、オンタイムでこの番組を見たり、友人らから話を聞いた人は多いと思う。放送された期間は、1984年(昭和59年)10月6日から1985年(昭和60年)4月6日までの約半年だった。
 
 熱血先生と不良生徒などの話を中心としたラグビーのスポーツ根性物語でもある。生徒達は個性豊かで、演技していた俳優たちの人選も良かったし、今でも活躍している人も多い。

 その生徒達を時系列に並べてみることにした。最終回で優勝したメンバーを中心とする。キャプテンは平山 誠という名前だが、このキャラクターは有名な平尾誠二だと言われている。この平山を中心に考えてみた。


① 昭和33年生まれ(昭和52年卒業)組
水原 亮(小沢仁志が演じる)-すごい不良役。
尾本輝政(俳優名不詳)-滝沢先生赴任時のラグビー部キャプテン。
内田 勝(俳優名不詳)-4歳下の弟が治男。

② 昭和34年生まれ(昭和53年卒業)組
この代のメンバーは端折られていた。

③ 昭和34年生まれ(昭和54年卒業)組
森田光男(宮田恭男が演じる)-落第したので2年生を2年間過ごす。ラグビー部キャプテン。

④ 昭和35年生まれ(昭和54年卒業)組・県大会決勝組
星(名前不詳・俳優名不詳)-落第した森田と同級生になる。

⑤ 昭和36年生まれ(昭和55年卒業)組・花園出場組
大木大助(松村雄基が演じる)-川浜一のワル。ラグビー部キャプテン。
奥寺 浩(高野浩和が演じる)-有名なイソップ。
丸茂良三(俳優名不詳)-黒メガネの太った生徒。

⑥ 昭和37年生まれ(昭和56年卒業)組・花園優勝組
平山 誠(四方堂 亘が演じる)-ラグビー部キャプテン。
内田治男(岩本宗規が演じる)-兄が4歳上の勝。
清川誠一(俳優名不詳)-サラ金に追われる生徒。

⑦ 昭和38年生まれ(昭和57年卒業)組
矢木純平(俳優名不詳)-相撲部から入ってきた生徒。

⑧ 昭和39年生まれ(昭和58年卒業)組
この代のメンバーも端折られていた。最終回で1年生。


 
 主なメンバーはこんな順番になると思う。他にもメンバーはいたが、物語での役名は忘れてしまった。顔は覚えているが・・・。矛盾しているメンバーはマネージャーの山崎加代。番組を始めから見ると分かるが、落第していないのに4年間高校に行ったことになる。落第した光男と一緒に卒業している。これはおかしい!

 平山役の俳優、四方堂 亘もモデルになった平尾誠二昭和37年組なので、時系列的にはピッタシとハマっている。また水原 亮役の小沢仁志も、ちなみに昭和37年生まれだ。現在でもスマートな四方堂とメチャ強面の小沢。全然当時と変わっていない。

 イソップ役の高野浩和は、その後「イソップ物語」というシングル盤を発売した。題名からして売れないのは当たり前だろう。こんなバカバカしい企画をした奴の顔を見てみたい(笑) 数年前に勤務先のアートネイチャーのCMに出演していた。

 小生の子供と一緒に、この番組を見ていたのだが、今の高校生くらいの連中からみると、台詞のひとつひとつが爆笑もののようだ。大木が渡哲也の歌を歌って登場するシーンなど、あまりにも非現実的なので、逆に笑ってしまう。

 以上、時系列に並べてみたが、こんなことしてる自分が暇人だと思った(笑)
  
   


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





にゃんだふるらいふ
私の趣味の部屋
平成の「スクール・ウォーズ」と呼ばれる高校ラグビーチームが敗退

# by qunny1130 | 2016-10-21 12:31 | ドラマ | Trackback | Comments(4)
こんな朝鮮人がいるから世の中がおかしくなる
こんな朝鮮人がいるから世の中がおかしくなる

以下、辛 淑玉 Facebookより

 

都民の自爆テロ

 私の車の前を小池百合子の選挙カーが走っている。沿道では驚くほど多くの人が手を振っている。ヤラセではない。
 杞憂で終わればいいが、彼女が当選する可能性は高い。鳥越を「病み上がりの老人」と小馬鹿にする態度も、差別や罵倒が娯楽となった今では大衆受けする要素だ。

 小池は鼻が利く。強い男を嗅ぎ分けるのも、さっさと有利な党に移籍するのも、そして、すでに賞味期限切れの自分に付加価値をつけて売り出す手腕も。
 自民党が、小池を応援したら除名すると言って原発ムラの増田を担ぎ出した結果、かつての小泉劇場のような構図になり、女だから弱者の気持ちがわかるはずだという幻想と、「悪の巣窟」都議会を解散させるジャンヌ・ダルクのような闘う女という幻想が重なって、現状を打破してくれる強い指導者を求める都民の心をつかんでいる。

 しかし現実の彼女は、原発推進どころか核武装を主張し、利権の祭典オリンピックのために個人資産を吐き出せと言い、韓国人学校や労組を叩き、保育所問題など、もっと詰め込めば解決すると思っている。電車でさえ二階建てにしろというアホさ加減。その上「新しい歴史教科書を作る会」が支持するほどの歴史修正主義者でレイシストだ。現職の国会議員であるにもかかわらず、彼女の頭の中には憲法のケの字もない。
 にも関わらず、マスコミは、多少の裏金問題以外、ほとんど彼女の政治家としての資質を問おうとしないという体たらくだ。
 それにしても、竹村健一をはじめ、彼女が学んだ男たちは質が悪すぎた。

 誰から情報を得るかは大事だ。障がい者施設に侵入して19人を殺害した男は、「障害者がいなくなればいいと思った」と語ったという。彼がツイッターでフォローしていたのは、憎悪扇動を垂れ流すレイシストばかりだった。そう、殺してもいい命があると、そこで学んだのだ。
 そんな差別主義者たちの頂点にいるのが小池百合子だ。彼女の当選は、都民による自爆テロに他ならない。どうかこの予想が外れて欲しい。



こんな朝鮮人がいるから世の中がおかしくなる。

なんで殺人事件が小池氏に繋がるのか?

なんでもかんでも強引に結び付けようとする屁理屈。

異常としか言えない。

自分がヘイトしているのに、それに気付かない。

被害妄想丸出しの朝鮮人。

自分こそは正しい、対立している者が悪。

全て白か黒しかない思考。

この朝鮮人のヘイトを肯定する日本人らしき者たち。

全く自覚なし。

朝鮮人たちは日本国内の政治には一切関わるな!



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



辛 淑玉 都民の自爆テロ
# by qunny1130 | 2016-07-27 21:07 | 政治ネタ | Trackback | Comments(2)
中国紙、今度は沖縄独立勢力を「育成すべきだ」と主張 露骨な内政干渉 2013年5月11日記事再投稿
中国紙、今度は沖縄独立勢力を「育成すべきだ」と主張 露骨な内政干渉 2013年5月11日記事再投稿

以下、ニュースより

 
 中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報は11日付の社説で、8日付人民日報に掲載された、沖縄の帰属は「未解決」とする論文の主張に改めて言及し、沖縄の独立勢力を「育成すべきだ」などと中国政府に提案した。日本の内政に露骨に干渉する内容で、日中間の新たな外交問題に発展する可能性もある。

 社説は「日本が最終的に中国と敵対する道を選んだならば、中国はこれまでの政府の立場の変更を検討し、琉球(沖縄)問題を歴史的な未解決の懸案として再び提出しなければならない」と主張した。

 その上で「中国は琉球への主権を回復するのではなく、今の琉球の(日本に帰属している)現状を否定できる」と強調。この問題で日本政府に圧力を加えるため、具体的に3つのステップを中国政府に提案した。

 まず、「琉球問題に関する民間レベルの研究・討論を開放し、日本が琉球を不法占拠した歴史を世界に周知させる」。次に、「中国政府が琉球問題に関する立場を正式に変更し、国際会議などで問題提起する」。それでも日本政府が中国と敵対する姿勢を続けるならば、「琉球国の復活を目指す組織を中国が育成し、支持すべきだ」と主張。「20~30年がたてば、中国の実力は強大になる。決して幻想ではない」と牽制した。



 いよいよ露骨に支那中共が沖縄侵略について論じる時代が来てしまった。水面下での日本国内における世論工作は、既に行われてきていたに違いない。しかし、ここまでハッキリと主張してきたことは、非常に恐ろしいことだと言える。

 経済成長に伴い国力が飛躍的に増大し、それにつれて軍事費も異常な伸びを示してきたと言われている。そういう背景もあるのだろうが、羽振りが良くなったチンピラのような言動を事実上の国家機関が発信していることが異常だ。

 沖縄の世論を反政府に傾かせ、更に米軍撤退に持っていく。そして、沖縄県自体を日本国から完全に独立させる工作を、今後はもっと強く推進していくに違いない。本土の世論も沖縄独立止むを得なしという方向にマスゴミを使い、煽動工作をしていくに違いない。

 我々国民は明らかに煽動報道を注視し、それに対し強く新聞社・テレビ・ラジオに抗議していかなければならない。抗議活動は簡単だ。偏向報道番組のスポンサーに連日抗議電話・FAX・メールを送り、強い抗議の意思を表し、そして、その企業のモノを一切買わないと周りに広めて実行していけば良いのだ。

 沖縄が仮に独立してしまったら、そこに住んでいる日本人たちには悲惨な運命が待ち受けているに違いない。チベットを見ればそれが証明されている。そもそも沖縄を支那が欲しているのは、その「海」そのものだ。

 支那から見れば、日本列島・南西諸島群・台湾は、中国海軍が外洋に出ていく邪魔モノに過ぎないからだ。台湾が落ち、沖縄までも落ちてしまったら、後は支那の思い通りになってしまう。

 支那は沖縄に大陸人達を大量に移住させ、「血の浄化」を行うだろう。沖縄人民の「大陸人化」だ。日本人女性と大陸人を強引に結婚させて、日本人の血を薄めていく。

 一方の日本人男性は、日本人女性との結婚しか認められなくなる。しかし、日本人女性は大陸人と婚姻政策で既に結婚してしまっているので、事実上結婚できず、日本人の血は絶たれていく。

 言語も北京語に切り替えさせられ、日本語の読み書きができる者達は、当然のことながら自然淘汰されていく。100年も経過すれば、完全な中華人民共和国琉球自治区となってしまう。

 数百年先を見て、我々日本人は子孫の幸福を考えていく必要があるのだ。今さえ良ければではない。恐らくここ数十年が、日本人としての運命を決める重要な時期になるだろう。
 
 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




# by qunny1130 | 2016-06-28 12:38 | 政治ネタ | Trackback | Comments(0)
漁師食堂 川忠
漁師食堂 川忠

 伊豆方面にドライブに行く目的は、温泉と美味しいお店だ。やはり新鮮な魚介類だろう。だいたい行きつけのお店に行くことが多いが、昨年末、比較的遅い時間帯に熱海方面に行った。

 しかし、既に閉まっている店が多かったため、更に国道135号線を南下し、網代付近で店を探していたが、照明の少ない真っ暗な道沿いで、たまたまこの店を発見した。直ぐに右折し店に入ったが、20時を回っていた。




 親子でお店を開いているようで、雰囲気もなかなか良い感じだ。お腹が減っていたので、メニューを見て、いろいろ目移りしながらどれにしようかと考えていた。

 目に入ったのは「川忠定食」だ。刺身が5~6種類、さざえのつぼ焼き、カニ汁等々だが、量が多くて新鮮だった。値段は2300円。この量だと他の店では、もっと高いし、今まで行った店は倍近くする所さえあった。

 安くて美味しいのでお勧めの店だ。年末に初めて行ったが、1月に入ってもリピートしてしまった。それ以来行っていないが、今月、そろそろまたリピートしたいと思っている今日この頃だ(笑)

 
 

アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



漁師食堂 川忠
ストリートビュー -
# by qunny1130 | 2016-03-09 22:09 | 美味しいお店 | Trackback | Comments(2)
『週刊 トヨタ 2000GT』続き
『週刊 トヨタ 2000GT』続き

 やっとボディの組み立てまで進んだ。窓ガラスはプラスティック製で指紋が付きやすいため、手袋が必要だった。ボディは想像していたより大きかったので、飾る場所もある程度のスペースが必要だ。



ボディにドアや窓ガラスを装着


 全巻65号だが、現在59号まで消化した。あと6号で完了だが、今まで組み立てたパーツをシャシーやボディに付けていく作業なので、今まで以上に神経を使いそうだ。何故かというと、付けるときに組み上げた各パーツが、力の加減で分解したり破損する可能性があるからだ。



メッキ仕上げ部分も指紋が残りやすい


 既に廃刊になっている『週刊 トヨタ 2000GT』なので、うっかり部品を壊してしまった場合、再び入手するのは困難である。ヤフーオークションでバラで出品されているが、それが目的の号とは限らない。



シャシー下は少しチープかも(笑)


 残り6号は今までの15号分くらいの工数になりそうだ。3/21までの3連休で完成を目指して、シコシコ・セコセコ・チンタラ・慎重に仕上げていく予定だ(笑)





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





# by qunny1130 | 2016-03-08 23:30 | クルマ | Trackback | Comments(0)
『週刊 トヨタ 2000GT』
『週刊 トヨタ 2000GT』

 一昨年に完結したディアゴスティーニのトヨタ2000GT。2年あまり開梱せず放置していたが、そろそろ邪魔になってきて、更にホコリまみれになってきてしまっているので、第1号より組み立てを開始した!

 以前、全て購入した同社製のフェラーリ2002を全く組み立てせず、甥っ子にタダであげてしまった前歴があるので、今回こそ絶対に完成させるべく、気合を入れて毎日組み立てている。





 ディアゴスティーニでは廃刊になっており、もう部品の供給は無い。細かい部品が多いので、一つでも紛失・破損をまねいてしまったら、完成することができなくなるので、慎重に慎重に組み立ている。





 全部で65号で完結だが、2月29日現在、第50号まできている。あと15号分で完成だが、この辺から組み立てが難しくなるようだ。今までバラで作り込んだ各パーツを合わせていく作業なので、破損や傷を発生させてしまうと完成したときの満足度が激減することになりかねない。





 老眼が進行している小生には、かなりきつい作業だ。近眼で老眼は最悪だ。近くの物に焦点を合わせるのが辛くなってきている(泣)メガネを外したり付けたりで忙しい。更に明るさの反応も落ちてきているので、細かい部品の奥深くが非常に見えにくい。

 ピンセットで挟んで小さな穴に通す作業も多いため、かなり失敗もしているが、うまくいったときの喜びもそれだけ大きい。そういう意味でストレス解消にもなる作業だ。どんなことでも達成感は大切だ(笑)

 




 






アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





# by qunny1130 | 2016-02-29 23:23 | クルマ | Trackback | Comments(2)
ページトップ