excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
どーも、しばらく更新を待..
by tak at 15:43
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 00:20
どーも、ドラゴンボールア..
by tak at 21:36
どーも、予定を組むのに頭..
by tak at 21:29
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 20:22
関根様 レスが大変遅く..
by qunny1130 at 20:19
あけましておめでとうござ..
by 葉子 at 12:11
はじめまして。 青木楽..
by 関根 聡 at 02:19
こんばんは!BLUE L..
by qunny1130 at 20:47
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


カテゴリ:ジュリアン・レノン( 50 )
Valotte by Julian Lennon
Valotte by Julian Lennon




アルバム ジャケット



Sitting on the doorstep of the house I can't afford,
I can feel you there
Thinking of a reason, well, it's really not very hard
to love you even though you nearly lost my heart
How can I explain the meaning of our love?
It fits so tight, closer than a glove

Sitting on a pebble by the river playing guitar
Wond'ring if we're really ever gonna get that far
Do you know there's something wrong?
'Cause I've felt it all along

I can see your face in the mirrors of my mind
Will you still be there?
We're really not so clever as we seem to think we are
We've always got our troubles so we solve them in the bar
As the days go by, we seem to drift apart
If I could only find a way to keep hold of your heart

Sitting on a pebble by the river playing guitar
Wond'ring if we're really ever gonna get that far
Do you know there's something wrong?
'Cause I've felt it all along

Sitting in the valley as I watch the sun go down
I can see you there.
Thinking of a reason, well, it's really not very hard
to love you even though you nearly lost my heart
When will we know when the change is gonna come?
I've got a good feeling and it's coming from the sun

Sitting on a pebble by the river playing guitar
Wond'ring if we're really ever gonna get that far
Do you know there's something wrong
We'll stick together 'cause we're strong


 
Album: Valotte
Date: October 15, 1984







 クルマのオーディオも毎日ジュリアン・レノン。圧縮音源は大嫌いだから12枚CDオートチェンジャーの6枚はジュリアン・レノンのアルバムだ。しばらく、ヘヴィー・ローテーションだろう。
 



アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





困った時にはこれを聴け!
80's Music Videos (80年代洋楽)
tagaTのぼちぼちいこか
Daily Moon 姉ルナと弟Qの恋愛の日常や振り返りを日々綴ります。
『安い、うまい・・・できたら腹いっぱい』 重くてご免ね! Julian Lennon "Valotte"
俺のブログ:Freasy Time
by qunny1130 | 2006-12-13 12:20 | ジュリアン・レノン | Trackback(1) | Comments(2)
Help Yourself by Julian Lennon
Help Yourself by Julian Lennon





シングル盤ジャケット



If you take a ride on a plane or a train
You know you're going somewhere
but is it in vain
Oh tell me
Please tell me

Catch a staring glance at the man on the ground
Do you think his life has been lost or found
Please tell me
Oh tell me

Is anybody out there
Can you find it in your heart to care
Do you find it the same

In your life, you must help yourself
If you don't
There will be no one else
You've got to save yourself, you know, you know

If you want the apple of your eye
You've gotta make a move
Give it one more try
Then savor the flavor

Got to get up, got to feel the day
Make a strong move
Make it all go your way
Baby, not just maybe

Is anybody out there
can you find it in your heart to care
Do you find it the same

In your life, you must help yourself
If you don't
There will be no one else
You've got to save yourself, you know, you know

Is anybody out there
can you find it in your heart to care
Do you find it the same

In your life, you must help yourself
If you don't
There will be no one else
You've got to save yourself, you know, you know

 
Album: Help Yourself
Date: August 20, 1991


来年のニューアルバムが待ち遠しい・・・・。曲の最後の語りが父親のジョン・レノンにそっくりだ。
 



アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2006-12-12 12:11 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
Julian Lennon の最近
Julian Lennon の最近






母親のシンシア・レノンと


 
 ジュリアン・レノンの動きがやっと活発になってきたようだ。1998年に名盤「フォトグラフ・スマイル」を発表し、その年には日本にもプロモーションで来日したり、翌年の1999年にもアメリカツアーを行い精力的に活動したが、その後バッタリと休息期間?に入ってしまった。





ダーニ・ハリスンと



 写真は、今年6月30日にラスベガスで行なわれたシルク・ドゥ・ソレイユ『LOVE』のプレミアム・ガラでのもの。かなりのショットがインターネットで出回っている。ポールやリンゴとのツーショットが無いのが残念だ。実際撮影されたのかもしれないが、今のところ見つけることができない。





魔法使いの婆さんのようなオノ・ヨーコと



 上のようなツーショットは意外と思うが、怨念や年月を超えて仲良く写っているのを見ると、それはそれで良いことだなと思う。ジュリアンも43歳の大人としての一面だとも思う。このプレミア・ショーの写真が一番最近の写真ではないだろうか?ここ何年か音沙汰もなかったし写真もなかったので、こうして公の場に出てくること自体、ある意味で驚きだ。

 ジュリアンの公式サイトで、ついに2007年に新しい作品を発表するアナウンスがあった。1998年以来なので何と9年ぶりとなる。前作その前の作品も素晴らしい曲が散りばめられていた。前回も日本でプロモーション活動をしたので、ぜひ来年も来て欲しい!ミニコンサートくらい開いてくれれば最高なのだが!
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





3度のメシよりCD
Yes, I feel fine!
MEICHIKU なんでもぶろぐ
音楽の抜け殻
ビートルズ!Beatles!ビートルズはカラオケで行こう!
ミュージック・チェイサー
バックシートに座って
よろず気になったら探索記
♪ウキウキ♪ハッピー☆
かなやんの株式売買日記
by qunny1130 | 2006-12-09 21:13 | ジュリアン・レノン | Trackback(1) | Comments(4)
Saltwater by Julian Lennon
Saltwater by Julian Lennon





Julian Lennon



We are a rock revolving
Around a golden sun
We are a billion children
Rolled into one
So when I hear about
The hole in the sky
Saltwater wells in my eyes

We climb the highest mountain
We'll make the desert bloom
We're so ingenious
We can walk on the moon
But when I hear of how
The forests have died
Saltwater wells in my eyes

I have lived for love
But now that's not enough
For the world I love is dying
(And now I'm crying)

And time is not a friend
(No friend of mine)
As friends we're out of time
And it's slowly passing by
Right before our eyes

We light the deepest ocean
Send photographs of mars
We're so enchanted by
How clever we are
Why should one baby
Feel so hungry she cries
Saltwater wells in my eyes

I have lived for love
But now that's not enough
For the world I love is dying
(And now I'm crying)

And time is not a friend
(No friend of mine)
As friends we're out of time
And it's slowly passing by
Right before our eyes

We are a rock revolving
Around a golden sun
We are a billion children
Rolled into one
What will I think of me
The day that I die
Saltwater wells in my eyes
Saltwater wells in my eyes


 
Album: Help Yourself
Date: 1991
U.K. Chart: 6
 

e0012215_22111265.jpg

 



アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




HELP YOURSELF (1991)
音楽サイト BARKS - Julian Lennon : ヘルプ・ユアセルフ
Help Yourself
http://www.youtube.com/watch?v=99P8ipj-4sQ
ミヤモーの戯言
A Day In The Life
by qunny1130 | 2006-12-08 21:19 | ジュリアン・レノン | Trackback(1) | Comments(2)
ジュリアンとジョンの関係
ジュリアンとジョンの関係



e0012215_22191137.jpg

ジョン&ジュリアン





ジュリアンの言葉

 父に対しては、愛情と憎悪の繰り返しでした。例えそこに彼がいようといまいと関係なく、僕の感情はひたすらそのふたつを行ったり来たりしてきたのです。僕と父のような関係は決して特別珍しいことではありません。似たような境遇の人たちは他にもたくさんいるはずです。しかしひとつ違ったのは、僕たちの場合、常に公の目にさ晒されてきたということで、その点においては僕自身の気持ちはまったく考慮されるもではありませんでした。

 10代、20代の頃は、周りで言われたり起きたりしていることがまったく理解できずに、怒りを覚えたことも多々ありました。その怒りの矛先は、殆どいつも父に向けられていました。彼が平和だ愛だと叫んでいても、その平和も愛も僕のもとに届いたことは一度もなかったわけですから。





 
 もうすぐジョンの命日です。正確に言うと時差の関係で日本では12月9日です。17歳で父親を亡くしたジュリアンですが、この時期何を想うのでしょうね・・・。離婚して父親のジョンとは別居。遺産相続も何となくスッキリしない感じだし。

 ジョンはショーンに対しては良い父親を演じ続けた?しかし、ジュリアンに対しては???父親として疑問符をつけざるを得ませんね。みなさん、どう思いますか?ま・・どうでもいいんですがね。この時期、聖人化されたジョンのコメントや生前のエピソードを聞いたり、読んだりすると不愉快になります。

 ジョンは17歳の頃に母親を事故で亡くしたそうです。ジュリアンも同じです。歴史は繰り返すと云いますが、正にその通り。お互い父親と母親との死別の違いはあるけれど、両親が別れてしまった事実も共通。虐待を受けた子供は、自分の子供を虐待するか完全に自分の親を反面教師とするかどちらかでしょう。

 ジョンは両親とのトラウマを再現させてしまい、ジュリアンはそうでなかったということ。この2人の親子の人生を見ると類似している面と対極にある面を見ることができます。ジョンは35歳から40歳まで音楽活動を一切止めました。ジュリアンは36歳から現在まで止めています。そういう行動も親子という感じもします。

 来年早々にはジュリアンの新曲も聴けそうです。12月8日には、きっとしつこく「イマジン」が流れるでしょう。もう「イマジン」は止めて欲しい・・・です・・・・。この歌詞のようにジョンが生きていればジュリアンを捨てたでしょうか?神格化はコリゴリ・・・。


 
e0012215_22381560.jpg

 



アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




アストラーリスの歌う耳
スライディング・ヘディングシュート(それはおバカさん)
スターティングオーバー/Just Like Starting Over
http://www.youtube.com/watch?v=99P8ipj-4sQ
『ブログで ひとこと 言わせてちょ~だい』
Welcome to Satrawberry Fields!
DAYS OF MUSIC & MOVIES
黒船の“今夜もL-O-V-Eが降る”: #20 世界中でいまも生き続けるジョンの魂 “ジョン・レノン”
by qunny1130 | 2006-12-06 22:36 | ジュリアン・レノン | Trackback(2) | Comments(11)
VH1 Behind the Music  Julian Lennon
VH1 Behind the Music  Julian Lennon






VH1 Behind the Music  Julian Lennon からの続き


01. Valotte
02. Too Late for Goodbyes
03. Say You're Wrong
04. Jesse
05. Stick Around
06. This Is My Day
07. Want Your Body
08. Now You're in Heaven
09. Angillette
10. I Get Up
11. Make It up to You
12. Listen
13. Saltwater 
14. Day After Day
15. I Don’t Wanna Know

16. Photograph Smile

 1998年に名盤「フォトグラフ・スマイル」を発表し、プロモーションでも日本にも来日、そしてアメリカツアーも行ったが、その後再び隠居生活に入ったジュリアン。その隠居生活もそろそろ?終わろうとしてるらしい。ジュリアンの公式サイトに行くと、彼のコメントが記載されているが、今年の暮れか来年の初めに新曲を発表すると声明を出している。

 いよいよ8年間の沈黙を破る時期が来るのかと思うと、その日が待ち遠しい。それまでの辛抱に、このアルバムを聴くことをお勧めしたいと思う。このアルバムはジュリアンのベスト盤だ。1984年の「ヴァロッテ」でのデビューから一番最近の「フォトグラフ・スマイル」までの期間に発表された作品から選ばれた曲が収録されている。

 ジュリアンが今まで発表したアルバムは以下の通りだ。

1.Valotte (1984)
2.The Secret Value of Daydreaming (1986)
3.Mr. Jordan (1989)
4.Help Yourself (1991)
5.Photograph Smile (1998)


 以上5作品だ。初めの4作品までは、ほぼ2年の間隔で新作が発表されていたが、「Help Yourself 」から「Photograph Smile 」の発表まで、まる7年の歳月を要した。そして現在は、その7年間を上回る8年間のブランクとなっている。

 「Photograph Smile 」を除く4作品は、以前、凍死婆EMI等から発売されていた。しかし、残念ながら、これら5作品全て日本では廃盤になっている。中にはプレミアが付いてしまい、1万円近く出さないと購入できない作品もある。したがって現在は輸入盤で入手するしか方法はない。凍死婆EMIも契約の問題やその他諸々の問題があるのかもしれないが、簡単に廃盤にするなと声を大にして言いたい!

 この作品の選曲はバランスが良くて、ジュリアンを初めて聴く人も何の違和感も無く、ジュリアンの音楽性に触れることが出来ると思う。彼のソングライターとしての才能が、生半可なものではないということも同時に理解できるはずだ。声の雰囲気も父親そっくりだ。遺伝子を強く感じさせる。これは地球上ジュリアンともう1人ショーンしかいないのだから。小生はジュリアンの方が、ショーンより、より強くジョンの遺伝子を感じる。






 また、ジュリアンがフェードアウトしてしまったように見えたのは、彼の才能を上手くマネージメントできる人がいなかったのだろう。ジョンの息子だからと言って、それだけを売り物にしようとし、ジュリアンの音楽性を無視したマネージメントをした結果、ジュリアンはそれがイヤになり、長い間の沈黙を選択せざるを得なかったのだろうと思う。

 収録された16曲全てリンクを張っておいたので、それぞれの曲を聴くことができる。中にはPVへの直リンクも張ったので、フルコーラスPVも見ることができるはずだ。PVでお勧めは、やはり「I Don’t Wanna Know」だろう。ビートルズの元メンバー以外に、ここまでビートルズをパロディ化できるのは、ジュリアンだけだろう。これはジョンの遺伝子を強く受け継いだジュリアンの特権だと思う。








 ジュリアンの公式サイトで、ジュリアン自身が「現在、私の尊敬するソングライターと仕事をしている」と語っている。それは誰だろう?気になる話だ。13曲目「Saltwater」スライドギターは、ジョージ・ハリソンだ。その尊敬するソングライターが、ポール・マッカートニーだったら最高に期待してしまうのだが・・・。いずれにしても今年暮れか来年初頭が楽しみである。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





DREAM/ING111
Cottonwoodhill 別別館
80's Memoirs―80年代洋楽帖
by qunny1130 | 2006-06-12 21:47 | ジュリアン・レノン | Trackback(1) | Comments(6)
VH1 Behind the Music  Julian Lennon
VH1 Behind the Music  Julian Lennon







01. Valotte
02. Too Late for Goodbyes
03. Say You're Wrong
04. Jesse
05. Stick Around
06. This Is My Day
07. Want Your Body
08. Now You're in Heaven
09. Angillette
10. I Get Up
11. Make It up to You
12. Listen
13. Saltwater 
14. Day After Day
15. I Don’t Wanna Know

16. Photograph Smile



VH1 Behind the Music  Julian Lennon へ続く





アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2006-05-06 23:25 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
「I Don't Wanna Know」  Julian Lennon
「I Don't Wanna Know」   Julian Lennon







 1998年に発売されたアルバム「Photograph Smile」からシングルカットされた。ビデオクリップも収録されたハイブリッド盤CDだ。ただし、ビデオクリップはパソコンでないと観ることができない。発売日は1998年8月24日

 この年、ジュリアンはプロモーションに来日し、東京や横浜でミニライヴも行っている。「Photograph Smile」の曲をセットリストにしたアメリカツアーの動画も、当時のインターネットの速度は遅くダウンロードするのは大変だったのだが、彼のライヴ映像をたくさん見ることができたのだ。

 1曲目は、リッケンバッカー12弦ギターの音が、ビートルズっぽいナンバーだ。もっと大きなプロモーションをすれば、きっと売れたに違いない。 「Help Yourself」 から7年の歳月を経過していて、ジュリアン自身が大衆から忘れられていたことも大きな要素だったと思う。現在は更に「Photograph Smile」から8年を経過しようとしている。

 2曲目は、アルバム「Photograph Smile」の日本盤だけに収録されたボーナストラック2曲のうちの1曲だ。

1. I Don’t Wanna Know
2. I Need You
3. I Don't Wanna Know
4. I Don’t Wanna Know (The Video)





 3曲目の「I Don't Wanna Know」は、1曲目と違い、ボツになったお遊びヴァージョンだ。バッキングトラックが未完成の状態なので、各楽器の生の音がよく聴こえて、フレーズをコピーするにはバッチリだ!ジュリアンも酔っていて?歌っているようで、周りの人達も悪ふざけをしているのが分かる。おちゃらけたジュリアンの声を聴くことのできる貴重なヴァージョンとも言える。

 4曲目の「I Don't Wanna Know」は、プロモーションビデオクリップだ。このユニークなプロモーションビデオは、現在公式には、この盤でしか観ることができない。このシングル盤が出た頃は、Windows95が主流だったので、現在のWindows-XPのPCでは、このCDに収録されているソフトウェアがXPに対応していないので、小生のPCで観ることはできなかった。

 このシングル盤は全部で3種類あるのだ。「Day Aftar Day」のビデオクリップが収録されたもの、ビデオクリップが収録されていないもの、以上3種類のCDが存在する。残念ながら日本盤は廃盤のようだ。購入するとしたら、英国アマゾンあたりが良いかもしれない。日本盤より安く入手することは可能だ。




アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






▽架空の杜△ 今日の名盤
FUJIYANのBeatlesはカラオケで行こう! ジュリアンが帰ってくる!
想い出の洋楽チャート
きゃろぶろぐ ジョン・レノンは神か?
原稿が書けないっ [open category]25回忌だってさ
人生茶の如し須く細品せよ: ジュリアン・レノンのこと
BGMひろば’s ブログ: ジョン・レノン・ミュージアム
おみょろ研究所ヽ(*´∀`*)ノ☆.。.:*・゚:ジュリアン・レノン
誰もが彼が好きなわけじゃない。 kunyanta☆House
Weblogはじめました
新潟洋楽カラオケ同好会♪
84年、あの頃君は若かった Julian Lennon/Valotte ジュリアン・レノン/ヴァロッテ
今日の収穫 2006/04/14 Author Unknown
フォークソングとミステリー積読の日々
おやすみマンは考えてカキコする Livedoor進出編:CD棚
帽子男の憂鬱-Hat Blues-:4月8日は1963年生まれジュリアン・レノンの誕生日
Author Unknown
JULIANN LENNON 『PHOTOGRAPH SMILE』
by qunny1130 | 2006-05-05 23:09 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(4)
「フォトグラフ・スマイル」 ジュリアン・レノン
「フォトグラフ・スマイル」 ジュリアン・レノン








01.Day After Day
 この第1曲目から引き込まれてしまう。静かに生ギターとピアノで始まり、少しずつストリングスが加わり、ブレイクの後、ドラムやギターが入り一気に盛り上がる構成。ベースも他の楽器と不協和音にわざとしている感じがすごく良い。中間のリードギターもリッケンバッカーっぽい音で(多分リッケンだと思う)、それがまた泣かせてビートルズっぽい。

02.Cold
 コーラスのかかったエレキギターのアルペジオが印象的。スネアドラムもエコーがかかっていて、全体的に透明感のある曲。

03.I Should Have Known
 題名はお父さんが作ったI Should Have Known better と間違えそうだが、曲調は全然異なるヘヴィなバラード。ジュリアンの陰鬱な感じがよく伝わってくる。

04.How Many Times
 この曲も生ギターから入る。このアルバムのベースプレーヤーは食ってアタックするような弾き方で、この曲もそんな感じだ。曲はメジャーだが、このアルバムの性格からか明るく聴こえない。とはいえ暗くもない。ジュリアンが7年ぶりに発売したアルバムなのでその7年間の彼の人生が曲に反映されているようにも聴こえる。

05.I Don't Wanna Know
 この曲のPVはメチャおもしろい!ビートルズをパロッた内容で知る人が見れば爆笑ものだ。DVD発売して欲しい!英国・米国のアマゾンで探してもないので、出ていないようだ・・・。曲はテンポの良い8ビートでやっぱりビートルズっぽい。アコギのサイドギターもジョンの弾き方みたいだ。リードもリッケンの12弦ギターのようだ。タンバリンのアレンジもビートリーだ。









06.Crucified

07.Walls

08.Believe

09.Good to be Lonely

10.Kiss Beyond The Catcher

11.And She Cries


12.Photograph Smile
 重い生ピアノのイントロから入り、ジュリアンの声もとても悲しげに聞こえる。詞の内容や曲調から、愛する人と別れ、まだ彼女を愛していることを歌っているような感じだ。唯一残った彼女の写真、微笑んでいる彼女にまだ恋していると・・・。きっとジュリアン自身の経験からできた曲に違いない。

13.Faithful
 ジュリアンのお父さんと違うところは、どちらかと言うとピアノプレーヤーだと思う。この曲もその例にもれず生ピアノのイントロから始まり、ベースが加わりジュリアンの歌に入っていく。途中で女性のヴォーカルが加わり曲の盛り上がりを迎えていき、最後はピアノの弾き語りに戻って終わる。

14.Way to your Heart
 タバコに火をつけるようなSEから入り、まるで昔のアナログLPのスクラッチ音がそれに加わり、次に時を刻む時計の音が入り、それは曲に入っても続いている。(メトロノームかな?)曲は3/4拍子なのだが、この時計の音が妙に耳に残る。サビはお父さんのLucy In The Sky With Diamonds のような感じでテープの逆回転音が入ったり、ビートリーな雰囲気をかもしだしている。

以下の2曲は日本盤だけのボーナストラックだ。

15.Don’t Let Me Down
 この曲名もお父さんの作品の同名異曲だ。ピアノの弾き語りとジュリアン自身のコーラスの非常にシンプルな曲だ。悲しげなイントロだ。ジョンの曲と違うところは、この曲の詞はネガティブな一人の男を描いているところだ。多分きっとジュリアンの人生を反映した詞ではないかと感じる。

16.I Need You


 ~ジュリアンの30代で出した唯一の作品~

 本当に素晴らしい曲ばかりだ。アレンジもシンプルで耳障りな音も無くまたジュリアンの歌唱力も素晴らしいの一言。しかし、当時の発売日はショーン・レノンと同じ日だった・・・。いったい何なんだろう。Y・Oさんの嫌がらせだろうか?

 ジュリアンもお父さんの人生以上の年齢になっている。(今年43歳)今年あたり復活する噂もあるので期待したい。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





▽架空の杜△ 今日の名盤
FUJIYANのBeatlesはカラオケで行こう! ジュリアンが帰ってくる!
想い出の洋楽チャート
きゃろぶろぐ ジョン・レノンは神か?
原稿が書けないっ [open category]25回忌だってさ
人生茶の如し須く細品せよ: ジュリアン・レノンのこと
BGMひろば’s ブログ: ジョン・レノン・ミュージアム
おみょろ研究所ヽ(*´∀`*)ノ☆.。.:*・゚:ジュリアン・レノン
Weblogはじめました
In My Life Blog
新潟洋楽カラオケ同好会♪
誰もが彼が好きなわけじゃない。 kunyanta☆House
by qunny1130 | 2006-01-28 19:40 | ジュリアン・レノン | Trackback(2) | Comments(7)
ジュリアン・レノン
ジュリアン・レノン








 もう7年も前の作品なのだが、妙に周期的に聴きたくなるアルバムだ。不思議なもので1年に2回くらい集中的に聴きたくなる。今がその時期だ。通勤の行き帰りで毎日聴いてる。ジャケットも分厚いブックレットですごく豪華なものだった。なぜが2セット買って持っている。

 ジュリアンショーンと違ってお父さんとはベッタリではなかったようなので、何となく気の毒な気がする。ジョンも17~18歳くらいで最愛の母親を失って、ジュリアンも同じ位の歳頃に父親を失った。両親の離婚した頃の年齢も同じ頃ではなかったか?同じような節目の人生を歩んでいるので、正直40歳になったらジュリアンにも何か起きるのでは?と思ったこともあったが何も無くて良かった。

 ヨーコには悪いが、ショーンよりジュリアンの方が全然ジョンのDNAの濃さが違うと思う。ジュリアンってちゃんとジョンの遺産もらってるのか?と思うことが何回かあった。ごまかされたりしてないだろうが、どうしてもヨーコに牛耳られているような感じが拭えない。

 ジョージの追悼コンサートには、ポール、リンゴとジョージの息子が出たけど、ジュリアンも出てほしかった。ジョージの息子も父親とそっくり。遺伝子はだませない!ポールの息子はどうなんだろう?

 小生の息子は2人いるが、特に下の子は小生の生き写しと言われることが多い。不思議なもので、上の子の誕生日が10月9日(ジョンと同じ)下の子が1月21日。二つの誕生日の数字の月の部分と日の部分を足すと11月30日。俺の誕生日になる。これは偶然じゃなくて必然だったような気がする。日にちを選んだり、調整したわけはない。不思議な数字のいたずらだ。








アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2005-06-26 02:36 | ジュリアン・レノン | Trackback(3) | Comments(3)
ページトップ