excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 00:20
どーも、ドラゴンボールア..
by tak at 21:36
どーも、予定を組むのに頭..
by tak at 21:29
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 20:22
関根様 レスが大変遅く..
by qunny1130 at 20:19
あけましておめでとうござ..
by 葉子 at 12:11
はじめまして。 青木楽..
by 関根 聡 at 02:19
こんばんは!BLUE L..
by qunny1130 at 20:47
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 02月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


謎の独裁者・金正日―テポドン・諜報・テロ・拉致
謎の独裁者・金正日―テポドン・諜報・テロ・拉致


e0012215_9212692.jpg
佐々 淳行 (著)



 最貧国「朝鮮民主主義人民共和国」こと北朝鮮は、今年に入りミサイルや核実験で国際世論の非難の的となっている。「民主主義」とは名ばかりで、実際は独裁軍事政権であり、この独裁者が気に入らない人間を粛清し続けてきている。また、国民の自由は無い最低の国である。世界中でテロ活動を実行し、それによって犠牲になった人達は多い。

 日本国内で起こした事件や外国で起こしたテロで言うと、山形温海事件、青瓦台武装ゲリラ事件、文世光事件、ラングーン爆弾テロ事件、大韓航空機爆破事件、偽札造り、拉致誘拐事件、テポドン事件等がこの作品で説明されている。

 このテロ国家は、経済は低迷、食料も満足に自給できず、外国から買う金も無い。そういう事情にもかかわらず、軍事施設・武器・核開発等には潤沢に資金を投入している。その反面、国民は不自由な暮らし(特に地方)を虐げられ、餓死した国民も相当数にも上っているとのことだ。

 潤沢な資金はどこから流入してるのか?ロンダリングをしているにしても、その原資はどこから発生しているのだろうか?また、精密機械や精密部品はどこの国の物が使用されているのだろうか?この答えは、察しのつく人にはすぐにわかることだろう。

 この本は、その問題国家である北朝鮮のスパイ達の行動や著者の実際の経験を綴ったものである。非常にリアルで、国際スパイ活動を取り締まっている「外事警察」の苦労の一端がうかがえる。日本では何と!「スパイ防止法」が無いのだ。日本がスパイ天国と言われ続けている大きな理由だ。そのために外事警察官たちは苦労することが多い。

 著者の佐々 淳行氏の経験やノウハウからしてみれば、この本は一般人たちに向けた入門書のような感じだ。難しいことは一切書かれていないので、大変読みやすいし、理解しやすくなっている。北朝鮮関係以外にも旧ソ連関係のことも多く書かれている。実際はこちらの方のページが多い。

 北朝鮮のスパイたちが、どのような方法でどこから上陸してくるのか、どういう行動をして、どのような手段で本国に報告しているのか、この本は教えてくれる。佐々氏の経験は本当に小説のようだが、これこそ事実なのだろう。本当に唖然とさせられた。

 せっかく外事警察官たちが苦労して逮捕したスパイが、スパイ防止法がないため、有り合わせの法律で処罰するしかなかった現実。せいぜい、「公文書偽造・同行使」、「外国人登録法」、「外国為替管理法」、「出入国管理法」程度でしか立件できなかった現実。本当にこれで良いのだろうかと考えさせられた。裁判になり判決が出ても、懲役1年程度なのだ。

 日本の国自体の存続の危機を考えれば、今の法体制が穴だらけということが、よく理解できる。国益を害する人間たちが不法行為を起こしても、この程度でしか罰せられない現実を国民皆が真剣に考える必要があるのではないか?外国ではスパイで捕まるとは最高刑は死刑だ。日本も早急に法体制を整備して、死刑が適用されるようにすべきではないかと小生は考える。

 今でも北朝鮮のスパイ達は秘密裏に行動しているに違いない。彼らは羊の皮を被った狼以上の存在と断定して良いと思う。大げさかもしれないが、日本人として自分たちの子孫や家族・友人を守るため、何かを考え行動する時期に来ているのではないか?



にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





ウサギゴヤ・改
by qunny1130 | 2006-10-13 19:56 | | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://qunny1130.exblog.jp/tb/4328601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by DDG173「こんごう」 at 2006-10-15 16:01 x
こんにちは、「こんごう」です。

「スパイ防止法」については、拉致事件が囁かれ出した頃に検討されたことがありますが、斜壊・狂惨両党を頭とする戦後サヨク(て言うか「反日集団」)の「スパイ防止法⇒特別高等警察化論」がその成立を阻止したんじゃなかったでしょうか?

この北朝鮮の経済状態は、「日本が不況だ首相どうしてくれる」と詰め寄るのもバカバカしくなるくらい悪化しているのですが、これまでは日本で偽札やおクスリを売ったアガリで凌いできたのですけど、制裁が発動したらそれすらも困難になってきます。

そして軍でもエリートとされる航空兵にも靴下すら支給されず、食事もまともに摂れないでは地方を中心に反乱が起きる可能性も否定できません。(アメリカなどはそこにつけ込んで工作をしていると言う噂も)
Commented by DDG173「こんごう」 at 2006-10-15 16:02 x
続き

こうなるといっそう北朝鮮の南進(第二次朝鮮戦争)の可能性が高まります。(内部のそういう動きを逸らせるには、外部に敵を作るのが最も簡単な方法ですから。)

もっともそれはキム政権崩壊の序曲とも言えますが。(国民の中にはかなりの割合で、「ブッシュ政権に叩き潰して欲しい」と考え金正日の暴走を本気で待っているのがいるとか。)

これから日本の周りにも「周辺事態」が起こるかも知れませんが、もう常識でモノを言っていない「ヘーワシュギシャ」は無視して最善とする体制を整えておく必要があると思いますね。(こいつらの言うこと一々聞いていたら確実に手遅れです。)

先ずは平時と戦時における交戦規則を整備することがその第一歩といえましょう。
Commented by qunny1130 at 2006-10-15 18:24
こんごうさん、湘南のJOHN LENNONです。
こちらでもコメントありがとうございました。

やはり社会党と共産党ですか・・・。
特に社会党はどうしようもない売国奴集団でしたね。
北朝鮮と友好関係があり、拉致をずっと否定していました。
社民党に変わっても言ってることは同じでした。
なんせ金正日の誕生パーティに出席していたくらいだから。

早くスパイ法を通して欲しいですね。
今の機運なら通せると思うし、通さないといけないと思います。

安倍さんはどこまで考えているのでしょう?
小生は個人的には安倍さんの今までの行動・言動は
支持しています。
ただ首相になると、すべて今までの主張を通せるかは
分かりませんからね。とにかく頑張ってもらいたいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 1988年 マクラーレン・ホン... ページトップ Borderline Pers... >>