excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
どーも、しばらく更新を待..
by tak at 15:43
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 00:20
どーも、ドラゴンボールア..
by tak at 21:36
どーも、予定を組むのに頭..
by tak at 21:29
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 20:22
関根様 レスが大変遅く..
by qunny1130 at 20:19
あけましておめでとうござ..
by 葉子 at 12:11
はじめまして。 青木楽..
by 関根 聡 at 02:19
こんばんは!BLUE L..
by qunny1130 at 20:47
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇



沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇からの続き



 この小説(とは言っても事実上ノンフィクション)の映画化が決定した。最近、偶然かどうか分からないが、ホリエモンがこの小説を読み、御巣鷹山に行って来たとニュースになっていた。「沈まぬ太陽」は全部で5巻から成る長編小説だが、副題の「御巣鷹山篇」は、あの日航機123便墜落事故を素材にしてある。小説上ではJALではなく"NAL"という社名になっているが、NAL=JALは間違いない。

 この小説で日本航空のあまりにもひどい体質が露にされた。小生も読むまで、もう少しマシかなという希望?を持っていたが、それも見事に打ち砕かれた。大企業でありながら、嫌がらせ人事配置・労働組合に対する攻撃の陰険さは本当に酷いとしか表現できない。日本航空はこの小説が連載された後、原作者の山崎豊子氏に圧力をかけているほどだ。また左翼系新聞「朝日新聞」も日本航空といっしょに反山崎豊子キャンペーンを張ったが、世間ではほとんど認められなかった(当たり前だろう)。

 ただ、映画化するのは良いのかもしれないが、どこに焦点を当てるかだろう。小説自体は日本航空社内の官僚化・硬直化・事なかれ主義・乗客軽視等の体質を暴き出し、読者にそれを訴えているので、事故の事実を中心に映像化するのか、それともにJAL内部から見た事故が発生する前から事故が起き、それを処理する過程を描くのか興味深い。

 この事故調査報告書は今でも疑問視されている。急な減圧が起きたと報告書には記されているが、生存者はそのようなことは無かったと証言している。乗員・乗客のほとんどが即死状態だとも記されているが、これも生存者の証言だと、墜落時には、まだまだたくさん生存者の声やうめき声を聞いたと言っている。事故調査報告書は生存者の話をほとんど無視している状態で提出された。

 映画の制作元は角川ヘラルド映画だそうだ。映画化の中心は、この御巣鷹山篇を中心に進められるようだが、2時間程度でこれだけの長編を描き切れるとは思えない。特に墜落事故の前後をどのくらいの尺にするのだろうか?中途半端な構成になってしまうような気がしてならない。

 事故が起きてから21年が過ぎようとしているが、事故を知らない世代も増えてきている。映画化をするにしても、日本航空内部に焦点を当てるのか、事故そのものに焦点を当てるのか、どちらかに絞って欲しいとは思う。事故は未解決な問題もあるはずだ。事故の事実だけを2時間~3時間のアニメーションで映画化できないだろうか?




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




夢幻
内容証明屋のひとりごと
Daily mknk
waited for you
シュワキマセリ~♪エイゴの呪文かと思ってた~♪
コージにっき
HAPPY EVERY DAY
未定。:読んでいるもの。『沈まぬ太陽』
Tufnellpark Blog
Journey to the global sweet going
S家の別宅
〓〓〓〓:番外 『沈まぬ太陽』
今夜は午前様Ver1.1
沈まぬ太陽|☆20代普通OLの普通日記☆
ハンパな若者の徒然日記
いぬのおなら
by qunny1130 | 2006-06-22 23:19 | | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : https://qunny1130.exblog.jp/tb/3682832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 内容証明屋のひとりごと at 2006-06-25 14:35
タイトル : 沈まぬ太陽
最近、読んだ本を最近ご紹介していない。 で、ホリエモンが獄中で読んだということで また売れ出している山粼豊子の 沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 山粼豊子の本は、これでもかっていうくらい、 ドロドロぐちゃぐちゃしだすと止めがなくて、 読み出すと歯止めが利かな...... more
Commented by 信哉 at 2006-06-26 22:51 x
いやー、いろいろとあるみたいよ。
JASとの統合で極端に大きく現れてきたもんね。
あの統合で人間関係が更に悪くなっているらしいです。
全くのコミュニケーション不足ですね。
Commented by qunny1130 at 2006-06-27 22:14
信哉さん、こんばんは!湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

映画は原作のイメージを壊さない映像と話の
流れを期待したいですね。
本当は1と2の流れが大事かなとは思うのですが
いかがでしょうか?
Commented by 信哉 at 2006-06-28 18:20 x
ん~、2時間くらいじゃ、ポイントを抑えて流すくらいにしかならないのだろうか?  長編の映画化は難しいですよね。
Commented by 湘南のJOHN LENNON at 2006-06-29 21:44 x
信哉さん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます。
この作品は日航の腐った体質を暴きだした内容なので、事故をメインにすると、その体質を描くのが甘くなるような気がします・・・。
素人なので、よく分かりませんが、内容を絞って事故そのものに重きを置くのか、体質に置くのか、どちらかにしたほうが良いような気がしますネ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 在日本朝鮮人総連合会の事実 ページトップ エキサイトカスタマーサポートから >>