人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山

謹賀新年


山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山



 9月の日記で「山を崩して緑を消してできた街その2」という内容の日記を書いたが、google earth という衛星写真を見られるソフトをインストールし、その現場を上空から確認してみた。想像以上に山が切り崩され、緑が失われていた!まず一枚目の上空写真から。高度は地上より140km。

写真1
山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山_e0012215_2183950.jpg

 アップロードした写真からだとハッキリ確認できないが、赤丸印の中央部分に宅地造成現場が白く写っている。140kmの高空から確認できるほど緑が無くなってしまっている。

写真2
山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山_e0012215_21113457.jpg

 47kmまで下げてみると、アップロードした写真でもハッキリと宅地造成現場が白く見えている。

写真3
山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山_e0012215_21163669.jpg

 高さを約6,400mまで下げた写真。このくらいの高度だと関西方面に向かう航空機から見える風景と同じだろう。航空機は三浦半島を横切っているので、乗客として乗る機会があれば見てみたい。

写真4
山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山_e0012215_21201682.jpg

 高度を約2,700mまで下げてみると、以前丘陵だった場所と確認できる。写真から見ると、かつての丘陵の1/3は消えてしまったようだ。悲惨な光景でもある。強く白く見えている部分が宅地造成しているところだ。茶色く見えている部分は畑だ。

 丘陵の右側(西側)に国道134号線が走っていて、写真上方方面が葉山・逗子・鎌倉になる。国道134号線沿線は住宅地なので、ハッキリ家々の連なりが見てとることができる。更にその右側(西側)も三浦半島の丘陵になっている。

写真5
山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山_e0012215_2128228.jpg

 更に高度を約700mに下げてみた写真を見ると、区画整理された部分までハッキリと確認できる。数年前まで、ここは緑が生い茂った丘陵だった。なぜこれから人口が減っていくと言われているのに、貴重な自然を壊してまで家やマンションを建設しなければならないのか?小生も約10年前に、この場所が好きで住み始めたが、こんな写真を見ると住んでいくのがイヤになってきた。引っ越してきた当時は、タヌキ・イタチの野生動物も見たしキジまでいたのに・・・。動物たちはどうするのだろうか・・・・・。

 正直な話、これが逗子葉山だったら大きな反対運動が起きていたのではないか?不思議なことに地元では開発反対運動は起こらなかった・・・。もう一度「山を崩して緑を消してできた街その2」を見て欲しい。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





【お知らせ】第11回 名越切通・巡礼古道保全の会定例会(逗子部会)12月18日(日)10:00~
巡礼古道(1番杉本寺~2番岩殿寺)の開発問題(2)
鎌倉つれづれ
怒髪衝天[社 会 ]
境川斜面緑地保全で開発業者と交渉物別れ/相模原市
生きものたちのシグナル
マンションなど乱開発見直しへ 京都の景観保存と再生でシンポ
石垣島の乱開発計画・・・
変わる故郷
新石垣空港建設問題11月24日
真鶴の景観が危ない
とうとう 始まったか!
おそるべき商魂‐マンション開発業者
子供むけ環境用語辞典
暴れ日記
多摩散歩:ニュータウンっていうのはね
魅力ある自分づくり: 甦る力を支える
Picturs Remain The Same:投票所の小学校・母校で撮った桜
エセ男爵酔狂記 Part-II:上深川紀行(2/3):「かぐや姫」の生れ故郷を往く・・
いぶり気ままなみちあるき:ああ!無残、ザゼンソウ!
光男さんちのお仕事:戻った
綾瀬の風物詩:比留川の山ざくら
クラムボンの日記 セカイの歪
NOWHERE MAN:春だな。
ほばーりんぐ・とと:景色は変わり・・・
本当は痛いテレビ番組 ココログ支店: バンカーバスター
ピー・ター・パンのひとりごと:♪春なのに・・・
散歩道ブログ: 時の流れを考える
黄昏を越えて
大規模宅地造成地域の危険 あなたの希望に光を
可不可人日記 : 美しい町
* day by day *:さみしいミカン
転石:土に還す
ふみさんの日々雑感:多摩丘陵、削らないで
もも日記:平成タヌキ合戦ぽんぽこ?
toru-kon DIARY:宅地造成とシオマネキ
宅地造成
フジハリのおと: 冬の田んぼ
+ ナチュラル&スピリチュアル +:都市の緑の行方…
ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
日ごろのよもやま:森林との共存を今一度考えたい
「いま、公園がなくなろうとしている・・・」 「緑」の基地プロジェクト・運営コミュニティ
豊田の生活・アメニティ
奈良の隠居のきままなひとり言
いまどきの工務店の社長さんのブログ
安曇野炉辺談話
漂泊のブロガー2
Going my Way
可不可人日記
sawaの手作り



トラックバックURL : https://qunny1130.exblog.jp/tb/2366487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 「緑」の基地プロジェクト.. at 2006-05-06 23:18
タイトル : 「いま、公園がなくなろうとしている・・・」
「いま、公園がなくなろうとしている・・・」... more
Commented by カメの菊五郎 at 2006-01-03 07:53 x
明けましておめでとうございます。TBありがとうございます。
各地のニュータウンでさんざんぱら乱開発をしてもまだまだ、飽きないようですね。
時々、当Blogに遊びに来て下さい。
リンクを貼らせてもらってよいでしょうか?
Commented by shin at 2006-01-04 20:46 x
TBありがとうございます。
衛星写真でみたらハッキリわかりますね!九州の田舎でさえ乱開発されてますよ。小泉さんの三位一体改革は人口が減少していく町には冷たいですからね...
Commented by iwatonomiti at 2006-01-30 00:47 x
 John様  
2月4日(土)10:00~ 逗子文化プラザホールで、
講演会「古都逗子と鎌倉」&パネルディスカッション「歴史ある古道を後世に残す、逗子のまちづくり」~名越切通と巡礼古道~
          のお知らせおおくりします。
 リンクしていただいたので、この記事をみることができました。緑や歴史、文化を生かすまちづくりが湘南のテーマです。ぜひお越しください。
Commented by 湘南のJOHN LENNON at 2006-02-02 00:18 x
iwatonomitiさん、コメントありがとうございました。
いい情報をありがとうございます。
逗子と鎌倉は生まれ育った街なので愛着があります。
民意は鎌倉・逗子・葉山は高いと思いますが、小生の住むY市は
今まで住んでいた逗子や葉山と比較して低いようです。
写真の宅地造成も全然反対運動が起きなかったのです。
信じられません。こんな乱開発が葉山や逗子で行われていたら
まず間違いなく大騒ぎになっていたと思います。
Commented by どっちの数でショウ?!カヲリ at 2006-05-05 06:23 x
湘南のJOHN LENNONさん、おはようございます♪
ワタクシめのブログにコメントをありがとうございました!
相互のTBをさせていただいた記事とは何の関係もなく、まただいぶ昔の記事への今頃のコメント、すみません。ブログ内を興味深くよませていただいてます。特にこの乱開発についての記事に注目してしまいました。
ワタクシめの住む場所は首都圏が名ばかりの、山々が風景のド田舎ですが、こんなところにもついこないだまでオオタカが生息する山に宅地開発の計画がありました。うつくしい緑がダンプの往来とともにどんどん薄茶色の大地に変わろうとしているときは、痛々しい風景になんともいえず悲しく暗い気分になったものでした。。。
結局地元の反対運動と今のご時世に開発するメリットの薄さから計画は撤回され、ダンプがほじくって行った台地だけが残されています。これ以上掘り返されずに済んだだけでもよしとするしかありません。
Commented by どっちの数でショウ?!カヲリ at 2006-05-05 06:27 x
(すいません、一度に入りませんでした^^;)
今回この航空写真を拝見し、その乱開発の規模の大きさに驚きました。本当に、看板のセリフの薄っぺらなこと!ここに貼り付けるヒトの見識を疑いますね。皮肉なのか?と思うほど。野生の動物たちはどこへ行ったのでしょう。うちの近くの山に引っ越しておいで!といいたい気分です。
近所の土地の開発について、計画は頓挫したもののもっと積極的に反対の声をあげられれば、と後悔しております。なので、こちらの記事について素通りすることができなかったのでした。
横須賀の方々は開発による利便性を取ったということなのでしょうか?それとも単なる無関心?後者だとしたら、残念でなりません。
Commented by 大将軍 at 2006-05-05 16:49 x
凄い写真ですね(^^;
確かに!人口は減るはずなのに?
こんなに山を切り開いて良いものかと思います。
トラックバックありがとうです。
Commented by とんぼ at 2006-05-06 01:46 x
はじめまして、とんぼです。TBありがとうございました。
私TBうまくできないので、こちらへのコメントでお許しください。
私がここへ越してきて10年の間に、あちこちの緑が消えました。あの記事の雑木林は、個人の所有だったのですが、相続でどうしても、になったらしいのです。以前は「市」が、緑地を残してくれる人には免税とか、何か報酬的なものをしていたらしいのですが、その制度をもう一度頼んで、緑地を残そうとお願いに行った自治会の会長に対して、市は「今の時代は自然保護よりも安全が優先」といったそうです。災害やテロなどから、守るほうが大事ということらしいです。なんだかなぁです。
Commented by 湘南のJOHN LENNON at 2006-05-07 18:35 x
カヲリさん、こんばんは!
コメントありがとうございました。
衛星写真や航空写真を見ると、これだけのことをされているんだ!と実感できます。なぜ開発する前に反対運動が起きなかったのかは分かりません・・・。葉山や逗子だったら絶対大反対運動がおきていたはずです!横須賀は民意が低いのでしょうかね。。。
Commented by 湘南のJOHN LENNON at 2006-05-07 18:39 x
大将軍さん、はじめまして!
小生のブログではコメント本当にありがとうございました。
またトラバさせていただきましてありがとうございました。
写真を見ると実態が分かりますよね。
こんなことして良いんでしょうか・・・。
企業の儲け優先と一部の土地成金のためとしか思えません。
でもこういうところに引っ越してくる人々がいるんですよね。
まずは我々消費者から考え方を変えないといけないのかもしれませんね。

Commented by 湘南のJOHN LENNON at 2006-05-07 18:49 x
とんぼさん、はじめまして!
小生のブログではコメント本当にありがとうございました。
トラバもさせていただきありがとうございました。

先ほど別の方にもレスしたのですが、新しい宅地に引っ越してくる人がいる限り、このような無謀な造成は続くのではと最近思うようになりました。

勝手なもので、小生が長く在住した葉山の話ですが、昭和46年頃、あちこちで宅地造成の計画が持ち上がり、大反対運動が起きました。デモ行進まで行ったのですが、結局工事は行われ、きれいだった山々は崩されてしまいました。

それから10年位経った頃、その宅地造成された付近に学校建設の話が持ち上がったのですが、そこの住民達は反対運動を起こし、その計画を変えさえてしまいまいした。
その話を聞いて、本当に憤りを感じたものです。
その住民たちの気持ちも分かりますが、その人たちに引っ越す前に何があったのかを知ってもらいたかったですね。







Commented by 逗葉民 at 2012-09-13 23:35 x
かなり以前の記事にコメントして恐縮です。乱開発の問題に苦慮しています。

神奈川県逗子市で、一人の市民が条例違反の乱開発をしたあげく、行政指導を無視し続け、何年も議会でとりあげられるほどの問題となっています。以下はごく一部の情報です。

www.city.zushi.kanagawa.jp/gikai/
result/H22/4tiketu/ketu9.pdf

yaplog.jp/zushi-kimijima/
archive/399

少しでも多くの方に知っていただきたくて投稿させていただきました。
Commented by qunny1130 at 2012-09-16 12:51
逗葉民さん、こんにちは!
湘南のJOHN LENNONです。
昔の記事にもかかわらず、コメントありがとうございました。

この問題は山の根の個人所有地のことですよね。

もう、葉山も逗子も山を崩して乱開発なんかする必要は一切無いと思いますね。人口が減っていくのに、貴重な自然を無くす発想が理解不能です。

佐島の京急グループの乱開発、三井不動産と神奈川県による湘南国際村の乱開発。バカバカしいとか言えません。有史からの山林を切り崩し、自然を破壊しつくしました。

利益のために自然を破壊し、それを分かっているか知りませんが、そこに移住する者たち。バカがバカに乗せられるようなものです。
名前
URL
削除用パスワード
by qunny1130 | 2006-01-02 18:41 | 自然破壊 | Trackback(1) | Comments(13)

これからは気楽に書きます(笑)


by 湘南のJOHN LENNON
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31