excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 22:57
どーも、豊田にいってきた..
by tak at 21:23
takさん、こんばんは..
by qunny1130 at 23:17
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 23:13
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


タグ:PV ( 127 ) タグの人気記事
Julian Lennon - Day after Day - The Late Show with David Letterman
Julian Lennon - Day after Day - The Late Show with David Letterman




1999年2月17日出演映像のようだ




The Late Show with David Letterman




アメリカ CBS放送の人気番組




LENNON And Proud Of It のTシャツを着て演奏




『フォトグラフ・スマイル』のプロモーションで




デイヴィッド・レターマンと握手!しかし、でかい人だ


 最近の Youtube って、以前観られなかった映像が見つかることが多い。この『レイト・ナイト・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』もその中の1つだ。

 恐らくだが、1999年2月17日出演時の映像だと思われる。アメリカでの『フォトグラフ・スマイル』発売プロモーション活動を同月から開始していた。精力的にメディアに出ていたようだ。

 1999年頃もインターネットの時代だったが、当時はナローバンドだったため、ジュリアンのライヴ映像を観るためには、長い時間をかけてダウンロードしなければならなかったし、映像画質も良くなかった。

 この映像、去年の8月にアップロードされている。誰かが家庭用VTRに保存していたものを13年後にアップロードしたのだろうか?まあ経緯はどうでもいいが、貴重な映像を観ることができて、そのユーザーに感謝だ。

 これは14年前のジュリアン・レノンの貴重な映像だ。その前の年、1998年に日本にも来て、プロモーション活動を行っていた。小生は横浜HMVで生ジュリアンを観ることができた。その後に来日した話はないので、今思えばラッキーだった。

 最近のジュリアンは、マイペースで音楽活動を行っているが、また来日してくれないだろうか・・・。ザ・ビートルズ・クラブ が主体で呼んでくれ!




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




Julian Lennon - Day after Day - David Letterman
by qunny1130 | 2013-02-22 23:37 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
『マジカル・ミステリー・ツアー』出演者達のその後 その2
『マジカル・ミステリー・ツアー』出演者達のその後 その2


『マジカル・ミステリー・ツアー』出演者達のその後 その1 より






 『マジカル・ミステリー・ツアー』(Magical Mystery Tour)は、1967年の放映当時、批判が続出し、ビートルズの失敗作と言われてしまったが、小生が初めて観た頃(1980年頃)、これが失敗作とは全く思わず、むしろ素晴らしいミュージック・フィルムとして感動すら覚えた。

 1980年頃、洋楽ではミュージックビデオというジャンルは既に確立されていた。小生はリアルタイムで、ポール・マッカートニーやクイーンの新曲ミュージック・ビデオが、深夜のテレビ番組でときどき放映されることが楽しみだった。
 
 やはりビートルズという集団は、時代の最先端を突っ走っていたことが、後の時代に証明されたと言えるだろう。この『マジカル・ミステリー・ツアー』(Magical Mystery Tour)という作品、10年先を見越していた。ビートルズのメンバーが、それに気づいていたのかは分からないが・・・。

 昨日の記事『マジカル・ミステリー・ツアー』出演者達のその後 その1で、この映画出演者の45年後を調べてみたが、その続きを書いてみた。



ヴィヴィアン・スタンスホール
1943年3月21日生~1995年3月5日没

 映画の最後の頃、ストリップ小屋に出てくる「ザ・ボンド・ドッグ・ドゥー・ダー・バンド」のヴォーカル役のヴィヴィアン・スタンスホールさんだ。ニール・イネスさんを中心とした同バンドのメンバーであったこの人について、小生はよく分からない。残念ながら、51歳という短命で生涯を終えている。



ジョージ・クレイドン
1933年9月4日生~2001年10月4日没

 ジョージ・クレイドンさんのデータベースをネットで探したが、生年月日は1933年9月であった。晩年はホラー映画でときどき顔を見かけたような気がするが、それは定かではない。この人も68歳という比較的短い生涯を2001年で終えていた。



マル・エヴァンス
1935年5月27日生~1976年1月5日没

 マル・エヴァンスさんは、ビートルズの取り巻きとして有名な人だった。残念ながら既に故人であり、亡くなった経緯は悲劇であった・・・。享年40歳。



ニール・アスピノール
1941年10月13日生~2008年3月24日没

 ニール・アスピノールさんは、ポールとジョージの幼馴染という関係であり、公式デビュー以前からビートルズと行動を共にしていた。66歳で病死される前年までアップル代表を長年務めた。ビートルズ関係者の中でも、真の功労者だったのではないだろうか。



ザ・ビートルズ
ジョン・レノン 1940年10月9日生~1980年12月8日没
ジョージ・ハリスン 1943年2月25日生~2001年11月29日没

 主人公ビートルズ4名の中でも、非常に残念ながら、ジョンとジョージが既に故人である。小生はビートルズのリアルタイム世代(幼児だった)ではないので、その時代の空気を共有できなかったことは止むを得ないが、1970年代からソロ時代のメンバー達をリアルタイムで見聞きしてきたことは、今でも大切な心の財産だと言える。

『マジカル・ミステリー・ツアー』出演者達のその後 終わり
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



Magical Mystery Tour
Magical Mystery Tour IMDb
by qunny1130 | 2013-02-10 13:26 | ビートルズ | Trackback(1) | Comments(0)
『マジカル・ミステリー・ツアー』出演者達のその後 その1
『マジカル・ミステリー・ツアー』出演者達のその後 その1






 昨年10月、『マジカル・ミステリー・ツアー』(Magical Mystery Tour)を映画館で2回も観てしまった!もともと大好きな映画を劇場の大スクリーンで鑑賞できるなんて、恐らくこの先そうは無いと思い、川崎と横浜のシネコンまで足を運んだ。

 この作品は16ミリフィルムで撮影されたらしいが、劇場で鑑賞した映像は非常にきめ細かく、まるで35ミリで撮影されたようなクオリティまで引き上げられ、更に以前の細かい映像ノイズまできれいに消去されていた。

 発表から45年経過したこの作品、当時出演した俳優さん達も45歳も年齢を重ねられたことになる。きっと亡くなった人もいるに違いないと思い、ネットで出演者たちのその後を調べてみた。



ジェシー・ロビンス
1905年6月5日生~1991年8月10日没

 リンゴのおばさん役のジェシー・ロビンスさん、とても個性的なおばさんだった。芸達者でドラムもジャズ・ミュージシャンのように叩いていたのは驚いた!86歳まで長生きされたようだ。



アイヴァー(イヴォア)・カルター
1923年1月15日生~2006年3月3日没

 『マジカル・ミステリー・ツアー』に出演時の年齢が何と44歳!あの頭髪からしてみると、もっと年齢が高い人かと思っていたのだが。21世紀に入っても元気で健在で、83歳まで生きられたようだ。



デレク・ロイル
1928年9月7日生~1990年1月23日没

 ユニークなガイドのジョリー・ジミー・ジョンソン役だったデレク・ロイルさん、比較的早く亡くなられていたようだ。61歳で生涯を終えている。



ヴィクター・スピネッティ
1929年9月2日生~2012年6月18日没

 おかしな陸軍軍曹役のヴィクター・スピネッティさん、何と昨年に亡くなられていたとは・・・。82歳だった。亡くなったことは、全く知らなかった。確かこの人、ビートルズの初期の映画でも顔を見ることができる。この人も長生きされたようで、21世紀に入っても精力的に活動されていた。



ナット・ジャックリー
1909年7月16日生~1988年9月17日没

 ナット・ジャックリーさんは喜劇俳優だったようだが、代表作がこの『マジカル・ミステリー・ツアー』として、今は残されているようだ。79歳でこの世を去っている。



ミランダ・フォーブス(マンディ・ウィート)
1946年8月11日生~2001年6月14日没

 美人巨乳グラマー金髪バスガイドさん役のミランダ・フォーブスさんも、残念ながら既に故人だった・・・。2001年に54歳の若さで亡くなっている。1998年頃まで女優活動をされていたようだ。



シェーリー・エヴァンス
1932年生~2010年7月10日没

 セクシー熟女アコーディオン奏者で出演していたシェーリー・エヴァンスさん、ハッキリ正面から映っている映像が少ない。とても美人なのに残念だ。
 


シェーリー・エヴァンス 別の写真
1932年生~2010年7月10日没

 シェーリーさんのサイトを見たが、タクシードライバーの娘として生まれた。アコーディオン奏者として、バッキンガム宮殿で演奏された一流ミュージシャンとのこと。シェーリーさんも残念ながら故人だが、2010年(78歳没)まで健在であった。


『マジカル・ミステリー・ツアー』出演者達のその後 その2 へ続く

 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



Magical Mystery Tour
Boo-HeeのHoppingブログ
by qunny1130 | 2013-02-09 23:34 | ビートルズ | Trackback(1) | Comments(0)
再投稿 Creo Que Voy A Llorar by Julian Lennon
Creo Que Voy A Llorar by Julian Lennon





ジャケット写真



 1991年に発売された「Saltwater」の英国のシングル盤。実際は何種類かシングル盤が発売されたようだが、詳細は分からない。ちなみに日本のCDシングル盤はレアな存在で、なかなか見つからないと思う。輸入盤より日本盤の方がプレミアが付いている。


 このシングル盤の曲目は以下の通りだ。

01.Saltwater
02.Rebel King
03.Creo Que Voy A Llorar
04.Mother Mary



 3曲目の「Creo Que Voy A Llorar」は、「Saltwater」のスペイン語ヴァージョンだ。何を言っているのか全然分からないが、英語ヴァージョンと聴き比べてみるのも面白い感じだ。

 「Creo Que Voy A Llorar」はスペイン語の題名だが、訳しても「Saltwater」にはならない。「I believe that I am going to cry」が英訳になり、直訳すると「私は泣くつもりであると信じます」となる。以下がスペイン語の歌詞だ。


La tierra es una roca
Que gira en torno al sol
Nosotros mas pequeños
Que un electrón
Y que gigantes somos para matar
Creo que voy a llorar

Ganamos las montañas
Triunfamos sobre el mar
Llegamos a la luna y más allá
Pero los bosques mueren sin más ni más
Creo que voy a llorar

Hablamos del amor
Nosotros lo mejor
En un mundo que se apaga
Y todo por nada

El tiempo pasará (y pesará)
La vida crecerá
Y el amor nos dirá yyy yyy yyy....
¿ Qué nos quedará?

Cambiamos corazones,
Compramos la verdad
Millones de cañones para la paz
Mientras un niño llora pidiendo pan
Creo que voy a llorar

Hablamos del amor
Nosotros lo mejor
En un mundo que se apaga
Y todo por nada

El tiempo pasará ( y pesará)
La vida crecerá
Y el amor nos dirá yyy yyy yyy....
¿ Qué nos quedará?

La tierra es una roca,
Que gira en torno al sol
Nosotros unos locos sin dirección
Quemamos nuestra casa y nuestro hogar,
Creo que voy a llorar
Creo que voy a llorar


 
Single: Saltwater
Date: 1991








アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




HELP YOURSELF (1991)
音楽サイト BARKS - Julian Lennon : ヘルプ・ユアセルフ
Help Yourself
http://www.youtube.com/watch?v=99P8ipj-4sQ
ミヤモーの戯言
A Day In The Life
ジュアン・レノン ヴァロッテ - 小さな星の大きな環
by qunny1130 | 2012-02-18 21:08 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
The Beatles I've Got a Feeling rooftop concert 2007年10月8日再投稿
The Beatles I've Got a Feeling rooftop concert 2007年10月8日再投稿





ジョンのギターフレーズはコピーしてみると結構難しい



 この曲を実際演奏しながら歌ってみると疲れる(笑) ジョンのフレーズは、2フレット目をバレーして、小指で1弦の5フレット目を押さえるような弾き方だ。コードは、AとDを交互に使っている。歌いながら弾くと気持ちが良い!

 しかし、ポール役は大変だろう、この高い声を出すには・・・。この映像を観ると本当にビートルズがライヴバンドだったのが実感できる。同時期に録音された同曲のテイクを聴くと、ノリが悪くイマイチなのに、この屋上テイクは素晴らしい!





リンゴ・スターはシブくてカッコイイ!



 ジョージのリード・ギターも冴えわたっている。ジョージのギターがあるからこそ、この屋上ライヴが歴史に残るパフォーマンスになったと言える。リンゴのドラムも単純に聴こえるが、実際は結構難しいことをやっている。この頃のリンゴは、初期の頃の団扇をあおるようなハイハットの叩き方ではなく、普通に叩いている。




騒音に聞こえ、怒っているバアさん(笑)






「素敵だわ」って言っている若い女性



 映画もこの曲になると、一般人のインタビューシーンが挿入されている。年齢もさまざまで若い人からお年寄りまで、いろいろな意見が聞かれる。これは非常に興味深いところだ。





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2011-10-08 12:20 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)
Seiko Matsuda Video Diamond Bible(初回生産限定盤)
Seiko Matsuda Video Diamond Bible(初回生産限定盤)






外装ケース


 9月29日にソニーから発売された「Seiko Matsuda Video Diamond Bible」という松田聖子さんのDVDボックスセット。数々の海外アーティスト、国内アーティストのDVD作品を購入してきたが、正直言って最悪の作品だ。

 『ソニーミュージックとしては1995年以来、15年ぶりとなる松田聖子ビデオクリップ集』って言う触込みで期待してのが間違いだった。特に Disc 1 が酷すぎる。永年の聖子ファンのニーズを全く考えていない。

 1980年代前半の聖子のオリジナル音源に、90年代以降のライヴ映像を細切れでかぶせている。普通なら考えられない。PVを新たに制作するにしても、「裸足の季節」、「青い珊瑚礁」、「風は秋色」、「チェリーブラッサム」など初期の曲は、当時の聖子ちゃんカットの映像は必須だろう。

 小生は1枚目のディスクの途中で観るのを止めた。2枚目、3枚目も観ずに売っぱらってしまった。9,000円弱で買ったこの作品は、聖子史上、最低最悪の作品と断定する。他の聖子ファンもこんな酷い作品は買わず、ソニーに抗議しよう!

 一応収録作品を下記に記しておくが・・・。


Disc 1
01. 裸足の季節
02. SQUALL
03. ロックンロール・デイドリーム
04. 青い珊瑚礁
05. 白い恋人
06. 風は秋色
07. Only My Love
08. Eighteen
09. Sailing
10. チェリーブラッサム

11. 夏の扉
12. 冬の妖精
13. 一千一秒物語
14. いちご畑でつかまえて
15. 風立ちぬ
16. 流星ナイト
17. 白いパラソル
18. 雨のリゾート
19. 赤いスイートピー
20. 制服 (Live Digest)

21. P・R・E・S・E・N・T
22. 渚のバルコニー
23. ピンクのスクーター
24. レモネードの夏
25. 水色の朝
26. 小麦色のマーメイド
27. マドラス・チェックの恋人
28. 星空のドライブ
29. 未来の花嫁
30. Rock’n’roll Good-bye

31. 野ばらのエチュード
32. 真冬の恋人たち
33. 恋人がサンタクロース
34. 星のファンタジー
35. ピーチ・シャーベット
36. マイアミ午前5時
37. セイシェルの夕陽
38. 天国のキッス
39. ハートをRock
40. 秘密の花園

41. ガラスの林檎
42. SWEET MEMORIES
43. BITTER SWEET LOLLIPOPS
44. Canary
45. Private School
46. 瞳はダイアモンド
47. LET’S BOYHUNT
48. 蒼いフォトグラフ
49. Rock’n Rouge
50. ボン・ボヤージュ

51. 時間の国のアリス
52. 夏服のイヴ
53. いそしぎの島
54. 密林少女(ジャングル・ガール)
55. Sleeping Beauty
56. マンハッタンでブレックファスト
57. ハートのイアリング
58. Dancing Cafe
59. ピンクのモーツァルト
60. Star

61. ボーイの季節
62. 天使のウィンク
63. DANCING SHOES
64. 螢の草原
65. 上海倶楽部
66. 時間旅行
67. 雨のコニー・アイランド
68. 瑠璃色の地球
69. Strawberry Time
70. 裏庭のガレージで抱きしめて

71. Kimono Beat
72. チャンスは2度ないのよ
73. Pearl-White Eve
74. Marrakech~マラケッシュ~
75. 抱いて…
76. 続・赤いスイートピー
77. 旅立ちはフリージア
78. 手のひらのSnowflake
79. Precious Heart
80. あなたにありがとう

81. 月夜のDancing Beat
82. 二人だけのChristmas

Disc 2
01. ALL THE WAY TO HEAVEN
02. THE RIGHT COMBINATION
03. WHO’S THAT BOY
04. Listen!!
05. レモンティーとチョコレートパフェ
06. We Are Love
07. Hold On
08. Crazy For You
09. 1992 ヌーベルヴァーグ
10. Believe In Love

11. 永遠の島
12. I Want You So Bad!
13. きっと、また逢える…
14. Baby Baby
15. あなたのすべてになりたい
16. Wanna Know How
17. Move On
18. A Touch of Destiny
19. 大切なあなた
20. Dear Mom & Dad

21. Baby, Make Love Tonight
22. Hot Thing
23. Back for More
24. There for You
25. もう一度、初めから
26. はじまりはBreak Up
27. 天下のプレイガール
28. 未来へのDistance
29. わたしにできるすべてのこと
30. 続…パラダイス

31. It’s Style ’95
32. Don’t You Wanna Dance?
33. 輝いた季節へ旅立とう
34. 素敵にOnce Again
35. 素敵な明日
36. 逢いたい
37. Call me
38. あなたに逢いたくて2004
39. Smile on me
40. I’ll fall in love

41. しあわせな気持ち
42. The time went by
43. WE ARE.
44. 君との未来図
45. Baby love
46. 挑戦して行こう!
47. bless you
48. Tears
49. 春・夏・秋・冬
50. 涙がただこぼれるだけ

51. しあわせをつかまなくちゃ!
52. 迷い込んだdestiny
53. 蒼い雨
54. クリスマスの夜
55. 花びら舞う季節に
56. Soul
57. Don’t wanna lose you
58. 星空の下の君へ
59. Love is all
60. あの輝いた季節

Disc 3 (Premium Disc)
01.1992 ヌーベルヴァーグ
02.Believe In Love
03.I Want You So Bad !
04.きっと,また逢える…
05.Dear Mom&Dad
06.Baby,Make Love Tonight
07.There for You(Album Mix)
08.続…パラダイス
09.Don't You Wanna Dance?
10.I'll fall in love(台湾版)

11.I'll fall in love(劇場版)
12.花びら舞う季節に(Special Edit Version)
13.SOUND OF MY HEART(TV-Spot)
14.SUPREME(TV-Spot)
15.Strawberry Time(ALBUM)(TV-Spot)
16.Marrakech~マラケッシュ~(TV-Spot)
17.Eternal(TV-Spot)
18.DIAMOND EXPRESSION(TV-Spot)
19.かこわれて,愛jing(ベッドルーム篇)(TV-Spot)
20.かこわれて,愛jing(夕陽篇)(TV-Spot)

21.A Time for Love(TV-Spot)
22.Glorious Revolution(TV-Spot)
23.輝いた季節へ旅立とう&BibleII(TV-Spot)
24.Video Bible(TV-Spot)
25.It's Style'95(TV-Spot)
26.素敵な明日(Atype)(TV-Spot)
27.素敵な明日(Btype)(TV-Spot)
28.逢いたい(TV-Spot)
29.Smile on me(TV-Spot)
30.永遠さえ感じた夜(TV-Spot)

31.I'll fall in love(TV-Spot)
32.I'll fall in love 愛的禮物(20”)(TV-Spot)
33.I'll fall in love 愛的禮物(60”)(TV-Spot)
34.しあわせな気持ち(15”)(TV-Spot)
35.しあわせな気持ち(30”)(TV-Spot)
36.Under the beautiful stars(TV-Spot)
37.bless you(single)(15”)(TV-Spot)
38.bless you(single)(30”)(TV-Spot)
39.涙がただこぼれるだけ(TV-Spot)
40.Baby's breath(Atype)(TV-Spot)

41.Baby's breath(Btype)(TV-Spot)
42.真夏の夜の夢(TV-Spot)
43.クリスマスの夜(TV-Spot)
44.花びら舞う季節に(TV-Spot)
45.My pure melody(TV-Spot)
46.Love is all(TV-Spot)
47.あの輝いた季節(TV-Spot)
48.80年代オリジナルアルバム Blu-SpecCD(TV-Spot)
49.Single Collection 30th Anniversary Box(TV-Spot)
50.Single Collection 30th Anniversary Box(街頭3連ビジョンCM)(TV-Spot)

51.オリジナル・サウンドトラック集 1981~1985(TV-Spot)
52.かこわれて,愛jing(LIVE Glorious Revolution)
53.WE ARE.(Concert Tour 2006“bless you”)
54.時間旅行(Count Down Live Party 2007-2008)
55.Star(Count Down Live Party 2007-2008)
56.制服(Concert Tour 2008 My pure melody)
57.未来の花嫁(Concert Tour 2008 My pure melody)
58.SQUALL(Concert Tour 2008 My pure melody)
59.流星ナイト(Count Down Live Party 2008-2009)
60.雨のリゾート(Count Down Live Party 2008-2009)

61.密林少女(ジャングル・ガール)(Count Down Live Party 2008-2009)
62.Stage Costume Collection 100
63.Happy Shot



 曲ばかり多いが、細切ればかりで落ち着いて聴くこともできない。お金をドブに捨てたに等しいこのDVD、本当に制作者たちはファンをバカにしている!

 制作者たちは聖子ファンのことなど考えず、適当に歌に映像をかぶせて、適当な値段で売れば良いという安易な考えだったに違いない。昔からの聖子ファンの声を真摯に聞いていれば、こんな作品が世の中に出ることは無かったはずだ。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




Seiko Matsuda Video Diamond Bible(初回生産限定盤) [DVD]
by qunny1130 | 2010-10-17 19:54 | 松田聖子 | Trackback | Comments(5)
さよなら 大好きな人 / 花*花
さよなら 大好きな人 / 花*花





こじまいづみ&おのまきこ






おのまきこ



 ずいぶん前に自分で作ったCDを机から発見した。そのCDは小生が好きな曲だけを選んでパソコンで焼いたものだった。通して聴いてみたところ、2000年頃に流行った曲がたくさん収録されていた。

 その中で懐かしくて、当時大好きだった曲があった。それが、この花*花「さよなら 大好きな人」という曲だ。ずっと聴いていなかったので、正直忘れていたのだが、久しぶりに聴いた瞬間、全部メロディも歌詞も思い出した。

 女性2人のハモリとユニゾンが効果的に使われている覚えやすくてドラマティックなメロディとアレンジだ。声質的に小生はおのさんの方が好きだ。ジョン・レノン的に低音部と高音部ファルセットヴォーカルで、主旋律のこじまさんとクロスハーモニーしているのが、聴いていて心地良くて快感だ。

 ヴォーカルとベースのオクターブユニゾンも効果的だ。そう言えば、昔、カラオケに行ったときに女性とこの曲を歌ったことを思い出した。おのさんの低音パートをバッチリ決めると気持ち良かった!またこの曲を聴いたらカラオケに行きたくなってきてしまった・・・・(笑)





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



さよなら 大好きな人 / 花*花
by qunny1130 | 2009-02-17 22:38 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
カルチャー・クラブ グレイテスト・ヒッツ DVD
カルチャー・クラブ グレイテスト・ヒッツ DVD







 
 chobiさんのRound Hereというブログの記事で、現在のボーイ・ジョージの写真とその感想が書かれていたので、小生も思わずchobiさんの記事にコメントを書かせていただいた。新聞やテレビで結構大きく報道されていたが、ボーイ・ジョージは刑務所に服役している。
 
 たまに新聞やテレビに出ると、大抵警察に捕まっている記事ばかりなので、「ああ、またかよ・・・」という感想だ。chobiさんの記事の写真を見たら正直驚いた。こ、こ、この太り具合は・・・・。む、む、昔のび、び、美貌は・・・・。

 とは言え、彼の80年代に出した音楽は小生は大好きだ。もともと80年代洋楽はリアルタイム世代ということもあり、大抵のアーティストは聴きまくったが、このカルチャー・クラブもかなり聴き込んだ方だ。


 と言うことで、このDVDの収録曲は以下の通りだ!

01. 君は完璧さ
02. タイム
03. アイル・タンブル・4・ヤ(君のためなら)
04. ポイズン・マインド
05. カーマは気まぐれ
06. ヴィクティムズ(いつもふたりで)
07. イッツ・ア・ミラクル
08. ミス・ミー・ブラインド
09. 戦争のうた
10. メダル・ソング

11. ミステイク・ナンバー・スリー
12. ラヴ・イズ・ラヴ
13. ムーヴ・アウェイ
14. ゴッド・サンキュー・ウーマン
15. 愛をください
16. いつわりのKISS
17. コールド・ショルダー

他にライヴも10曲以上収録されている。



 北斗の拳のユダは間違いなくボーイ・ジョージをモデルにしたのだろう。ナルシストのボーイ・ジョージも、現在はメタボのオヤジになってしまっているようだ。何年か前の再結成のときの歌も聴いたが、やはり全盛期には到底及ばず声は出ていなかった・・・・。あと、カルチャー・クラブのメジャーデビュー前の曲も凄く良いのだが、まだ入手できるのだろうか・・・・?

 しかし、このDVDに収録されているPV全て、彼らの全盛期のものだ。当時のボーイ・ジョージの美貌も当然そのままだ。今聴いても素晴らしい曲ばかりだ。値段も2,500円以下で買えるので、超お得な作品に間違いない。ファン以外でも1枚持っても良いだろう。

 ボーイ・ジョージも今年で48歳。日本的言えば年男だ。もういい加減に落ち着いて音楽活動だけでマスコミを賑わせて欲しいが・・・・。あと、もう少し痩せるべきだろう。白人の容姿の衰えは凄過ぎる・・・・。同世代で昔のままの姿を保っているのは、 a-ha のモートンくらいしかいないよなあ・・・。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





ボーイジョージの変貌
CULTURE CLUB - KARMA CHAMELEON - LIVE
Round Here
by qunny1130 | 2009-02-15 21:02 | 音楽 | Trackback | Comments(10)
Paul McCartney - Listen To What The Man Said (live '1987)
Paul McCartney - Listen To What The Man Said (live '1987)





日本語の題名は「あの娘におせっかい」


 ビートルズ解散後、ポールの作品で一番華やかだったアルバム「ヴィーナス・アンド・マース」は、今聴いてみても名曲揃いの全く飽きのこない作品だ。その中で当時一番大ヒットした曲が、この「あの娘におせっかい」だ。

 原曲のタイトルは、「Listen To What The Man Said」という。直訳すると「その男の言うことを聞いてくれ」というような意味だろう。間違っていても揚げ足をとらないでいただきたい(笑)





首を傾けながら歌うポールのクセ


 この作品が発表された1975年は、最強のウイングス時代だった。メンバーは、ポール、リンダ、デニー・レイン、ジミー・マッカロック、ジョー・イングリッシュという布陣で、その後約2年間固定していた。

 その間、日本公演を含む(中止)世界ツアーを行い、素晴らしいステージを映像と音で残した。この「あの娘におせっかい」も当時のセットリストの常連というか中心的なナンバーだった。





この曲は奥様のリンダのコーラスがあってこそ!


 この YouTube で見つけた映像は、1975~6年当時のウイングスのものではなく、それから約11年ほど後の映像のようだ。時期的に言えば、ポールの「オール・ザ・ベスト」というビートルズ解散後のポールの集大成と言えるベストアルバム発売時に違いない。

 「オール・ザ・ベスト」が発表されたのが1987年。確かに当時ポールは、このアルバムのプロモーションで精力的にテレビ出演などをしていた。日本でも、その年の11月に「夜のヒットスタジオデラックス」に生出演したこと、小生は忘れられないし、録画したビデオは大切に保管している。





ドラムスのクリス・ウィッテン


 1987年頃と言えば、まだポールはライヴは行っていなかった。1989年の「フラワーズ・イン・ザ・ダート」の発表とほぼ同時に世界ツアーを行っている。つまり、その少し前のポールの演奏が、この映像ということになる。

 1989年からのツアーメンバーで、この映像に映っているのは、ドラムスのクリス・ウィッテンだけだと思う。ポール・ウィックス・ウィキンスも時期的にいてもおかしくないのだが、この映像では確認できなかった。





リッケンバッカーで演奏しているポール


 1989年以降のツアーでは、「ヴィーナス・アンド・マース」の収録曲が演奏されたのだろうか?他の国は知らないが、少なくとも日本でのコンサートでは演奏されていない。リンダ夫人が健在だった頃のツアーがチャンスだったとは思うが・・・・。

 この映像の演奏は恐らく先にバッキングだけ録音して、歌だけがライヴだろうと思う。それでもバッキング演奏はウイングスの演奏とは違うので、それがとても興味深い。クリス・ウィッテンのドラムは、ジョー・イングリッシュより跳ねて軽い感じがする。

 ポールもリッケンバッカーで演奏しているので、現在やビートルズ時代のカール・ヘフナーが当たり前となっているファンの人たちでは違和感を感じるかもしれない。ウイングスから入った小生としては、やっぱりこのリッケンバッカーの姿とゴリゴリした音に郷愁を感じてしまう。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





Paul McCartney - Listen To What The Man Said (live '1987)
Paul McCartney - Listen To What The Man Said [San Remo'1988]
やさしいThe Beatles入門
ヤドカリ野外音楽堂
rutiaの!
オヤジよ、ギターを弾け!!
雑感録
大阪のおっさんの独り言
名盤!
五叉路のグラフィティ
とことん音楽 視聴/試聴
by qunny1130 | 2009-02-10 23:07 | ポール・マッカートニー | Trackback(1) | Comments(8)
超セクシー熟女シェール Believe
超セクシー熟女シェール Believe






























 もう10年くらい前になるが、シェールという女優でも有名なシンガーの歌が流行った時期があった。日本での知名度はイマイチかもしれないが、アメリカでの芸歴は、40年以上の長きに渡る超ベテランだ。

 この曲が流行った頃の彼女の年齢は52歳。20年以上も前にも超セクシーなPVで印象は強かったが、この「Believe」は、曲の良さもあり一番印象深い作品だ。図太くて伸びる声が個性的だ。

 残念ながら現在ではコンサートツアーは行っていない。コンサートでは、歌を聴かせるのは当然として、視覚にうったえるヴィジュアル的なものだった。次々に着替えてステージに出て来る姿で会場は何回も盛り上がっていた。

 この「Believe」が流行った頃は、クラブミックスが一番流行った頃でもあり、彼女のアルバムにも別ミックスが2曲収録されている。しかし、52歳でこのセクシーさだ!熟女という言葉が適切ではないかもしれない。とにかく声も姿も非常にインパクトが強い人だ!

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





Cher- Believe
ピカチュウ日記パート2
by qunny1130 | 2009-02-02 23:20 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
ページトップ