excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 22:57
どーも、豊田にいってきた..
by tak at 21:23
takさん、こんばんは..
by qunny1130 at 23:17
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 23:13
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


タグ:HONDA ( 39 ) タグの人気記事
マクラーレンF1、モンツァでルノーと会談。ホンダとの将来は9月半ばまでに決定か
マクラーレンF1、モンツァでルノーと会談。ホンダとの将来は9月半ばまでに決定か

以下、ネットニュースより
 
 マクラーレンがF1イタリアGPの週末、ルノー首脳陣と会談を行ったことが分かった。エグゼクティブディレクターのザック・ブラウンは、2018年にもホンダとの契約を継続するのか、ルノーにスイッチするのかについての結論はまだ出ていないと語った。



 ほらやっぱり!参戦後3シーズンになるのに、パフォーマンスが上がらず低迷し続けている。

 2008年の逃亡的撤退のツケは大きい。ホンダのコメントを時系列に読んでいくと分かるが、参戦前から舐めていた。

 シャシー性能の向上が期待できるマクラーレンなら、早い時期に優勝できるとふんでいたようだ(笑)

 1992年第2期の撤退では、無限ホンダを残して完全撤退ではなく、ホンダ本体からも無限に出向させ、技術を断絶させず、表彰台もあり、優勝も現実にしていた。

 2008年の撤退では、全てを投げ出してしまい、1983年からの直接的間接的参戦を断絶してしまった。その後、エンジンはPUになり、以前とは別物になってしまっていた。

 約5年後の復帰発表には、セナ時代のマクラーレン・ホンダの再現を期待した馬鹿なファンが騒いでいたが、現在のような体堕落(ていたらく)を予想していた者はマスコミも含め、ほとんど皆無だった。

 ホンダは撤退し、昔からのF1ファンに謝罪し、もう二度とF1に関与せず、ミニバンメーカーとして、面白くない車を生産していけば良いと思う。



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2017-09-02 14:24 | F1 | Trackback | Comments(2)
『ホンダF1復帰伊東社長「日本全体が元気になってくれれば」』
『ホンダF1復帰伊東社長「日本全体が元気になってくれれば」』

以下、ニュースより

 
 記者質問:量産車からF1のレースへの技術供給の比率についてはどのくらいか。また、日本の技術力を示す良いチャンスだが、これを機会に日本をどのように元気にしたいと考えているか?

 伊東社長回答:量産車からレースへどのくらいの技術供給がいくかというのは、非常に難しい質問で答えようがないところです。ただ、量産車のハイブリットに関しては、相当幅広くやっていて、もうじきいろいろなタイプの車が販売されていきます。ここに至るまでに量産車における信頼性、燃費効果、走りの楽しさに関しては積み重ねてきたノウハウがあります。このノウハウをレースに役立てるということは、非常に関心を持ったテーマです。

 また、レースからという点に関しては、ダウンサイジングターボから改正するという技術は、間違いなくこれから量産車にも影響を与えていくと私も期待しています。かねてよりF1においても効率という軸が出て、技術進化が大きく測れるときは、十分にチャレンジする価値があるし、積極的にそこに加わっていくことでレースも楽しみにしたいです。そして、量産車にも技術を波及していきたいと思っています。

 ご質問にあった日本への貢献という点では、我々が得意としている技術の分野であると思いますし、F1に参加することによって日本全体が元気になってくれればと思っています。




 2008年の逃亡的撤退によって古いファンを失ったホンダ。1992年の撤退の場合、1993年以降も無限で直接間接で関与し続けていた。

 しかし、2008年の撤退は、悲惨な成績で低迷した同年シーズンを捨て、2009年車にリソースを集中させていたのにもかかわらず、それさえも捨てた。

 チームマネージメントは英国人たちに牛耳られ、当時健在だったスーパーアグリチームにも内政干渉をさせていたような報道も多々あった。どうみても投げやりにしか見えなかった。

 で、最後は景気が悪くなって(リーマンショック)撤退。エンジンも含めた全撤退は大いに失望した。今度はセナ時代の再現か?2008年時の酷い撤退劇を見ているファンとして素直に喜べるはずはないだろう。

 それに伊東社長の「日本全体が元気になってくれれば」って言うのも白々しく聞こえる。そういう発言をするなら、国内下請けを切る方針はどうなっているんだ?と問いたい。

 ホンダの国産部品の調達率は、トヨタの半分程度しかしかない。確か20%台だろう。この数字は全メーカーの中でダントツで、非常に小さい。もはや日本のメーカーと言えるか甚だ疑問だ。

 そんな状態で「日本が元気に云々」って(苦笑)2015年シーズン、マクラーレン・ホンダを応援することは決して無いことは確かだ。
  
 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



第4期ホンダの”現実的”チャレンジ
Maclaren HONDAの衝撃
ホンダが帰ってくる!
マクラーレン・ホンダ復活
ホンダF1復帰会見直前!解説記事(ボツ稿)
by qunny1130 | 2013-05-18 22:45 | F1 | Trackback | Comments(5)
Senna The Best
Senna The Best



1994年5月1日没




「Senna The Best」

それ以上でもそれ以下でもない。



 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2013-05-01 12:31 | アイルトン・セナ | Trackback | Comments(0)
ホンダ、F1復帰に向けフェラーリの元エンジン責任者を獲得か
ホンダ、F1復帰に向けフェラーリの元エンジン責任者を獲得か

 
 数か月前からホンダの復帰が噂されている。2008年末で逃げるように撤退したホンダ。当時、英国人達に良いように利用されて食い尽くされたホンダF1チーム。

 日本の会社名だったが、実際は英国人に支配され、翌2009年はブラウンGPでドライバーズ・チャンピオンシップを獲ったのが、何となく腑に落ちなかった。

 そんなホンダが復帰か!っていうニュースが入って来ても、もう期待すらしなくなってしまった。2014年からエンジンルールが一新されるので、そのタイミングで復帰するという話らしい。

 1983年からの第2期は黄金時代であったが、1992年限りでホンダ本体は撤退した。しかし、無限ホンダとしてF1に関与し続けていた。むしろ、無限ホンダ時代の方が、小生には大きなインパクトを残している。
 
 リジェ無限ホンダで優勝したオリヴィエ・パニス、ジョーダン無限ホンダで優勝したデイモン・ヒル、ハインツ=ハラルド・フレンツェンを覚えているF1ファンは、まだまだ多いはずだ。

 仮に2014年にエンジンサプライヤーとして復帰するとして、いったいどこのチームにエンジンを供給するのだろう。マクラーレンが噂されているが、もし、本当にそうだとすると1992年以来となるが、真偽のほどはいかに・・・・。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



ホンダF1エンジン供給はマクラーレン
ホンダF1参戦に疑念
ニワカF1オタの生存記録
うd町役場
HIPPO大野の雑記帳
「スポーツ千一夜」by影無茶
by qunny1130 | 2013-02-28 22:03 | F1 | Trackback | Comments(0)
手記アイルトン・セナ 2 再投稿
手記アイルトン・セナ 2 再投稿



e0012215_205141.jpg
手記アイルトン・セナ 2



 昨日は1993年(平成5年)のレースの手記だったが、この本はその前年1992年(平成4年)のレースをセナ自身のペンで綴ったものだ。1992年は第二期ホンダ最後の年だった。この年のマクラーレンは、その前年に引き続きV12気筒を使用していた。

 この年はシーズン開幕からウイリアムズ・ルノーの圧倒的な強さで始まり、ナイジェル・マンセル開幕5連勝を記録している。一方のマクラーレンは明らかに劣っているのが目に見えて分かるくらいだった。セナの影も薄くなりがちだった。また、ミハエル・シューマッハーが台頭してきた年でもあった。

 ホンダV12ルノーV10のパワー争いも面白くはあったが、シャシー性能の違いは雲泥の差とも言えた。アクティブ・サスペンションセミオートマチック・ミッションの性能差は明らかだ。マクラーレンがベネトンにも追い回されるシーンもあったほどだ。

 そんな大苦戦の1992年のセナの手記は、やはり読み手にも伝わってくる。ホンダ撤退の正式発表の心境なども語ってくれている。その中でも特筆なのが、5月31日モナコGPだマンセルとセナの終盤の攻防もF1の歴史の中に強く残るものだ。当時のビデオも当然保管しているが、今見ても二人の争いは素晴らしいものがある。また、ホンダ最後の勝利は最終戦オーストラリアGPアデレードでのゲルハルト・ベルガーだった。

 そんな苦戦の1992年の全レースの他、とても寂しいことだが、1994年1戦目ブラジルGP2戦目パシフィックGP(英田サーキット)の手記が記されている。しかし、3戦目のサンマリノGPの手記はない・・・。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





アイルトン・セナ
by qunny1130 | 2011-08-25 22:25 | アイルトン・セナ | Trackback | Comments(0)
「ブラウンGP、タイトルも夢じゃない?」だとよ
「ブラウンGP、タイトルも夢じゃない?」だとよ



以下、ニュースより


  シーズンオフを締めくくるバルセロナ合同テスト最終日の12日(木)、またしても新生ブラウンGPがライバルたちを出し抜く走りを見せつけた。BGP001は燃料搭載量が軽いというより、ルールで決められた605キロの最低重量を下回っているのではないかと疑う者もいるくらいだ。

 しかしながら関係者の話を総合すると、もしそれなりの燃料を積んだうえマシン重量が規定以上だったとすれば、彼らはオーストラリアGP優勝を軽々とやってのけそうな勢いだ。

 2006年にフェラーリから旧ホンダF1へ移籍したバリチェロは言う。「真に競争力のあるマシンに再び乗ることができて、興奮している。エネルギーが身体の底からわきあがってくるようだ。この2、3年パッとしなかったけど、今はまたポジティブな気分だ。こうして戻った以上は、勝ちに行くよ」





 胡散臭いニュースだ。旧ホンダF1チームだったブラウンGPチームの好調さが連日報道されている。去年の本田技研の撤退発表から3ヶ月、ロス・ブラウンとニック・フライという旧ホンダF1チームの雇われ経営陣に売却が決まった。

 満足にテストもできなかったチームが、いきなりこのタイムを出した。2008年度の成績が不振を極めた旧ホンダF1チーム。当時のリソースを2009年のマシン開発にシフトしたと言われ続けていた。

 が、もし、シーズン序盤に本当に好調を持続したと仮定すると、いったい去年までの不振は何だったんだろうと率直に感じてしまう。2008年のマシンは開発に失敗したと言われていた。

 年度途中での改良は諦め、翌年のマシン開発に集中した旧ホンダF1チーム。莫大な開発費も投入されていたのだろうか?もし、そうだったら、本田技研は、ロス・ブラウンとニック・フライに良いように利用されてしまったと勘ぐりたくなってしまう。

 旧ホンダF1チームが、本当に乗っ取られてしまったかどうかは、3月と4月のリザルトで判明するに違いない。今宮 純さんが心配していたことが、いよいよ現実になりそうだ。ますますF1が嫌いになってきた・・・。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2009-03-15 23:47 | F1 | Trackback | Comments(2)
経営陣による買収で決着か=ホンダF1チーム
経営陣による買収で決着か=ホンダF1チーム



以下、報道から。



  【ロンドン27日時事】27日付の英紙タイムズは、自動車レースのF1世界選手権シリーズから撤退したホンダのF1チーム売却問題について、F1チーム自身によるマネジメント・バイアウト(MBO=経営陣による自社買収)で決着する見通しとなったと報じた。
 同紙が英国に本拠を置く同チームの関係筋の話として伝えたところによれば、MBOは同チーム代表のロス・ブラウン氏が率いて実施される。






 二転三転、情報が錯綜し、何が何だかさっぱり分からない旧ホンダF1レーシングチーム。結局、乗っ取りという形で決着がつくような報道だ。早い話、雇われ社長にオーナーが会社を売る形だ。その雇われ社長役が、ロス・ブラウンなのかニック・フライなのかよく分からないが、こうなるように仕込まれてきたような気がしてならない。

 個人的な感情で言えば、ハッキリ言って解散してきれいさっぱり消えて欲しいチームだ。旧ティレルチームをブリティッシュ・アメリカン・タバコが買収し、BARというチームになり、その2年目の2000年にエンジン供給という形で復帰したホンダ。成績は散々だった・・・。

 2004年は好成績を収めたが、何故か佐藤琢磨ばかりトラブルばかり発生し、2005年は明らかに馬豚優遇丸出し、チームも不正を行い出場停止を食らったり・・・。挙句の果て、馬豚ゲートのせいで琢磨放出。その裏では、あの肉揚が暗躍していたようだ。スポーツより政治活動だ、この最低イギリス人野郎は!

 しかし、本田技研は、もう完全に日本人ドライバーである、佐藤琢磨を見限ったようだ。中途半端な形で撤退してしまったスーパーアグリチーム。支援していた本体自身、つまりホンダも撤退。共倒れだ。誰がこんなバカな結末を予想していただろうか・・・。イギリス人野郎に良いように引っ掻き回されてしまった結果が残った・・・。

 ヴァージングループの報道も尻切れトンボのようだ。もし、交渉が不調に終わってしまったのだったら本当に残念だ。莫大な投資をしたリソースが安価に乗っ取られたとしたら、誰が得をするのだろう。それを考えれば何となくこの茶番劇が見えてくるような気がする。

 もうホンダは永遠に復帰しなくても良いと思う。汚点だけ残して撤退。イメージダウンは大きいし、古くからのF1ファンの憎悪さえも呼び込んでしまったのではないか?イエローなのに、カッコつけてグローバル企業を気取り、日本人ドライバーの育成を怠り、トヨタに先を越されてしまった。もう、いいよホンダ・・・。さっさと消えてくれ。

 今年のF1、面白くなさそうだ。欧州のコースは減り、北米ラウンドも無くなり、砂漠の成金拝金主義の国のコース、つまらないアジアの新コース・・・・。セナやプロストがいた時代、更にその前、ヴィルヌーヴ(父)、シェクター、ラウダなどの時代の方が現在よりはるかに面白いことは確かだ。

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2009-02-27 23:03 | F1 | Trackback | Comments(4)
佐藤、トロロッソのシート獲得ならず=開幕時復帰は絶望的に
佐藤、トロロッソのシート獲得ならず=開幕時復帰は絶望的に






日本人ドライバー、今期は中嶋一貴のみか・・・



以下、報道から。



 
 自動車レースのF1世界選手権シリーズに参戦しているトロロッソ・フェラーリは6日、今季の正ドライバーにセバスチャン・ブールデ(フランス)を昨季に続き起用すると発表した。既にセバスチャン・ブエミ(スイス)の採用を決めており、同チームのシート獲得を目指していた佐藤琢磨の今季開幕時でのF1復帰は絶望的となった。

 今オフ、佐藤はトロロッソのテストに参加し上々の評価を得ていたが、メディアでは不況の影響を受けたトロロッソが、スポンサー資金を持ち込めるドライバーを求めたと伝えられている。
 
 佐藤は自身の公式サイトで、「F1での活動が終わったとは到底思うことができず、まだ多くのことができると信じています。可能性がある限り、F1への復帰を最優先して行動していくつもりです」などとコメントした。 






 本当に残念な結果だ。今までの日本人ドライバーの誰よりも応援していた佐藤琢磨。実績も速さも強さも一番だと言っても良い。どういう理由で琢磨が契約できなかったのかは分からない。未曾有の大不況の影響もあるのかもしれない。
 
 ホンダF1という日本のチームがあったのにもかかわらず、そのホンダはイギリス人たちに乗っ取られた形となり、あの馬豚という超自己中ワガママ自分勝手ドライバーのせいで琢磨はホンダから追い出された形になってしまった。

 去年のスーパーアグリチームの撤退事件にしても、あのイギリス人野郎の肉揚に暗躍させられ、琢磨はその影響をもろにかぶってしまった。それから約9ヶ月が過ぎ、期待していた琢磨のF1復帰は今のところはない結果となっている。

 ホンダも琢磨をサポートする気がないようだ。ある意味、自動車メーカーから孤立無援の立場に追い込まれてしまった現在の状況だ。トヨタは嫌いだが、日本人の若手を積極的に採用して、F1へのステップアップを図っていることは周知の事実だ。

 2000年から復帰したホンダは、ポリシーの欠片も感じることができないまま撤退した。昔のウイリアムズ・ホンダ、マクラーレン・ホンダ時代の櫻井監督のようなカリスマ性を持った幹部がいなかったホンダF1チームはイギリス人たちに翻弄され続けた。

 その犠牲者が佐藤琢磨だ。ハッキリ言って、中嶋を追いやって佐藤琢磨を乗せた方が、良い成績を残せるだろう。そんなことは可能性的には非常に少ないことは分かっている。しかし、あまりにも惜しいキャラクターだ。

 何とか琢磨の復帰の道はないのだろうか・・・?当面、レギュラードライバーのシートがないのなら、テストドライバーとして、チャンスを窺がうことは可能なのだろうか?USF1というチームの設立の噂もあるようだ。とにかくどこでもいい、琢磨がF1マシンを操っている姿を見たい・・・。

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




佐藤琢磨
by qunny1130 | 2009-02-12 22:59 | F1 | Trackback | Comments(7)
佐藤琢磨「トーロ・ロッソ経営陣を納得させたと願っている」
佐藤琢磨「トーロ・ロッソ経営陣を納得させたと願っている」






この2人で表彰台争いをする日が来ることを望む!



以下、報道から。



 
 トロ・ロッソでの3度目のテストを終えた佐藤琢磨は、自らの走りについて「(トロ・ロッソの)経営陣を納得させるのに充分なものであったことを強く願っています」と語り、F1復帰への熱意を表した。現地時間(以下、現地時間)12日、佐藤の公式サイトが伝えている。

 9月のスペイン・ヘレス、11月のスペイン・バルセロナに続き、今月11日、12日の2日間、再びヘレスでトロ・ロッソのテストに参加した佐藤。セバスチャン・ブルデー、セバスチャン・ブエミとのシート争いが注目される中、佐藤は2日間ともS.ブエミに次ぐ2番手タイムをマークした。

 テストを終えた佐藤は「トロ・ロッソとともに経験したすべてを心からエンジョイしました。チームがしてくれたすべてのことに対し、深くお礼を申し上げます。3回のテストを通じて、チームに歓迎されていることを肌で感じるとともに、彼らと一体になって作業できたと実感しています」とチャンスを与えてくれたトロ・ロッソへの感謝を表した。

 そして「今年4月に最後のレース(スペインGP)に出場して以来、再びレースを戦いたいとの思いは強まるばかりで、実戦復帰を熱望する日々が続いてきました。今はもちろん、来季このすばらしいチームとともにレースに参戦できるチャンスが与えられることを切望しています。

 エンジニアやメカニックたちとの共同作業には心から満足していますし、ここしばらくはF1を操っていなかったにもかかわらず、テスト中にコクピットで過ごした時間も忘れ得ないものだったので、今は、これらが経営陣を納得させるのに充分なものであったことを強く願っています」とシート獲得を目指す自らの強い気持ちを語っていた。

 なお、トロ・ロッソにとってはこれが今年最後のテストであった。






 琢磨の3回目のテストが終了して1週間が過ぎた。年内の正式発表は無いのだろうか?排他性の強い人種差別者のいるイギリス人たちに乗っ取られてしまったHONDA F1が撤退してしまった現在、琢磨が復帰できる可能性のあるチームは、このトロ・ロッソしかないだろう。

 琢磨は限られたテストを誠実に一生懸命行っていたようだ。タイムもテストなので、単純に他車とは比較することはできないと思うが、優遇されているセバスチャン・ブエミとそう変わらないタイムを出しているので、実力的には全く問題は無いだろう。

 HONDAから完全に脱却した琢磨だ。既に実力はスーパーアグリでの走りでも十分見せ付けている。もう脆い琢磨ではなく、以前とは違う強い琢磨に変身している。ファン的な勝手な見方かもしれないが、今年のHONDAならバリチェロより良い成績を残したのではないか?

 後が無い琢磨と高額な契約金をむしりとっている馬豚やバリチェロと誰が仕事に誠実か?と尋ねられれば、すぐに「琢磨だ!」と回答するだろう。恐らくそう感じている報道関係者も多いはずだ。
 
 そんな琢磨に日本のチームは一切、手を差し伸べなかった。たかが東の果ての小国の日本だ。ヨーロッパに乗り込んだって偏見や人種差別が根底にあるのだ。そんなところでグローバルな企業を気取っても仕方ないだろうに!

 鈴木亜久里氏のように「日本人の日本人による日本人のため」のチームに企業のパワーを集中させても良いのではないか?それを白人達と同化するためか知らないが、日本人のアイデンティティを捨てて参戦しているとしか言えない。特にHONDAさんよ!!!

 トヨタもホンダも全く当てにならない現在、琢磨自身、自分の実力でシートを勝ち取るしかない状況だ。その実力とは、もちろんテクニックもあるが、チームに対する金銭的な貢献度だろう。一円でも多いスポンサーをどれだけチームに与えることができるかである。

 この大不況の中、恐らく相当厳しい契約条件だと想像される。しかし、良い報告を期待して待っていたい。来年こそフルに琢磨の熱くて観る者を感動させる走りを目の前で観るつもりだ。琢磨がトロ・ロッソのシートを獲得したら鈴鹿に行くのは100%以上の確率だ!

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





佐藤琢磨
by qunny1130 | 2008-12-21 20:16 | F1 | Trackback | Comments(0)
ホンダ、アホな決断の連続 その4
ホンダ、アホな決断の連続 その4









以下、報道から。



 
 17日(水)、福井威夫(たけお)代表取締役社長ら役員の出席のもと、ホンダが年末社長会見を実施し、10月末に公表された業績の下方修正と、今後の対応策が発表された。さらに、この場でGSユアサとホンダがリチウムイオン電池の製造・販売・研究開発の合弁会社設立への基本合意に至ったことが明らかにされた。

 質疑応答にてF1が「休止」や「中止」ではなく、「撤退」だったことについて質問を受けた福井社長は、「“休止”はある目算を持って、環境が整ったらもう一度やるぞ、という言葉。今はそういった状況ではなく、まったくの白紙」とした上で、チャレンジできる環境が整った際に「もう一度(F1を)やるかはわからない。違うチャレンジをするかもしれないし、またF1かもしれない」と、あくまで見通しは立っていないことを再度明らかにした。

 さらに、来年の日本GPを開催すべく鈴鹿サーキットで改修が進んでいることについては、「F1のためだけではなく、モータースポーツ全体にプラスになること」と福井社長は話している。






 事実上、イギリス人たちに乗っ取られてしまった HondaRacing F1 Team はどんな運命をたどるのだろうか?まず前回の休止から話を遡って考えてみた。1992年9月、マクラーレンに12気筒エンジンを供給していたHONDAはその年限りの撤退(休止)を発表した。

 しかし、その影で10気筒エンジンを供給していた無限ホンダは翌年以降も供給を続けた。詳しいことは断片的にしか知らないが、無限時代の10気筒エンジンの開発にもHONDAの技術陣は関与していたという。

 無限ホンダの単独参戦は、1993年から1999年まで続いた。小生的に言わしてもらえば、無限時代の方が印象に残っているレースが多い。1993年の無限フットワークでの亜久里の予選5位、1994年のジョニー・ハーバートの突然の予選4位。1995年最終戦での3位表彰台。1996年モナコでの優勝などだ。

 HONDAが莫大な金をかけて参戦した21世紀の時代より、1990年代の方が少なくともディープなF1ファン達にとって、無限ホンダで一生懸命戦っていた姿勢により共感を覚えるのだ。特に当時の無限の社長の本田博俊氏のコメントには好感を持っていた。

 結局、無限時代の成績の方が、2000年以降ワークスで参戦したHONDA本体より良かったのだ。お金をかけても報われなかったというか、当初の参戦経緯からしてみても、方針を誤ったという結論しか考えられないだろう。しかし、その決断をした者は一体誰なんだ?

 1983年の復帰以来、確かに1993年~1999年の不参戦期間はあったが、実際は無限での活動もHONDAの参戦とみなしてみると、25年もの長い間F1に関り続けてきたのである。しかし、その流れをも完全に断ち切って撤退してしまうことになった。

 HondaRacing F1 Team の残党、特にニック・フライの去就が気になる。奴がこのままCEOの座に居座り続けた場合、奴の魂胆が露になると思う。今宮 純氏が、以下のように話したことに全て同意したいと思う。

 『まるで“マフィア”にのっとられたかのような結末で、旧ホンダ・チームは新スポンサーとともに名称を変えて09年、いままでの居場所にいるのか、それは現時点では分からない。しかしもしそうなったとき、栄光あるホンダF1レーシングは地に堕ちたことになる。そうしてしまった責任はあまりに重い』

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




http://www.f1world.jp/news/08.html
by qunny1130 | 2008-12-18 22:44 | F1 | Trackback | Comments(2)
ページトップ