excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


タグ:高価Box Set ( 32 ) タグの人気記事
ウイングス・オーヴァー・アメリカ スーパー・デラックス・エディション その2
ウイングス・オーヴァー・アメリカ スーパー・デラックス・エディション その2
 


ポールの YouTube チャンネルより

 


ボックスセットの外観

 


かなり豪華で重厚だ

 


当時のスケッチ画を集めたブックレットのようだ

 


故リンダ夫人が撮影した写真集のようだ

 


チケットレプリカ、ツアーパスレプリカ集のようだ

 


ダウンロード特典 24bit96kHz

 


CD音源は最新デジタルリマスター

 


Wings Over The World という映像も収録

 


未発表音源

 


当時のツアープログラムのレプリカのようだ

 


コンサート写真集のようだ

その1より続き

 LPレコードの1枚目のA面をプレーヤーにかけて針を降ろした。歓声がフェードインしてきた。しばらくすると、「ヴィーナス&マース」のイントロギターが聴こえてきた。Dのオープンコードのアルペジオだ。同時にポールのリッケンベースも入ってくる。

 「ヴィーナス&マース」は静かに始まるが、非常に短い曲だ。2分弱でヘヴィな「ロック・ショウ」へ繋がっていく・・・。オープニングで一気に盛り上がる会場だ。興奮はそれだけでは収まらない。

 更に「ジェット」に繋がり、ブラスセクションが強調され、またまた会場は盛り上がる!「ヴィーナス&マース」~「ロック・ショウ」~「ジェット」の3曲をフルコーラスで歌いきるポール!凄い声量と体力だ!ビートルズ時代より声が出ているだろう。

 ポール・マッカートニーの絶頂期は、ビートルズ時代だという人は多いだろう。しかし、小生はリアルで聴いていた70年代中期以降のポールが最高だったと思う。1976年のポールの声を生で聴くことのできた人々がうらやましい。

 1980年、ウイングスの来日公演は幻になってしまった。小生も非常に落胆し、大きなショックを受けたファンの1人だった。もしかしたら、第2のピークを迎えたウイングスのコンサートを観られたらと思うことが時々ある。

 そんなパラレルワールドの世界は、小生の幻想である。それよりも貴重なウイングス全盛期のライヴ音源がリマスターされ、当時の写真やチケットが見られるだけでもファン的には嬉しい。5月末頃の発売が待ち遠しい。
 
 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



Wings 'Wings Over America' - Deluxe Edition (27th / 28th May 2013)
Wings - 'Wings Over The World' Extract
by qunny1130 | 2013-04-11 06:57 | ポール・マッカートニー | Trackback | Comments(0)
ウイングス・オーヴァー・アメリカ スーパー・デラックス・エディション その1
ウイングス・オーヴァー・アメリカ スーパー・デラックス・エディション その1
 


ポールの YouTube チャンネルより

 


ボックスセットの外観

 


かなり豪華で重厚だ

 


当時のスケッチ画を集めたブックレットのようだ

 


故リンダ夫人が撮影した写真集のようだ

 


チケットレプリカ、ツアーパスレプリカ集のようだ

 


ダウンロード特典 24bit96kHz

 


CD音源は最新デジタルリマスター

 


Wings Over The World という映像も収録

 


未発表音源

 


当時のツアープログラムのレプリカのようだ

 


コンサート写真集のようだ

 ポール・マッカートニーの絶頂期と言えば、1974年から1976年にかけてだろう。メンバーも最強だったし、ポール自身の楽曲も大ヒット連発だった。小生はビートルズをリアルでは知らない。生まれていたが、幼児だったし、自分の意思でビートルズの音楽を聴いたことは無かっただろう。

 残念ながらビートルズ世代の人達より小生の世代は、10年以上年下のため、リアルのビートルズ経験ができなかった。10年遅れの1975年頃、小生は中学生になりウイングスの音楽が好きになった。ポール・マッカートニーが元ビートルズということすら当時は知らなかった。

 ウイングスの曲で真っ先に知った曲が、「007死ぬのは奴らだ!」だった。この曲がきっかけで、その後はウイングスに夢中になったので、ポールが元ビートルズということも知るようになっていた。

 そして、1975年の入国拒否騒動だ。幻の日本公演だった。ウイングス最強メンバーのライヴを日本国内で観ることは永遠に無くなってしまった・・・。当時はなかなか映像も見る機会もなく、深夜の音楽番組やぎんざNOWなどの若者向け番組でしか見ることができなかった。

 「ウイングス・オーヴァー・アメリカ」が発売されたのは、確か1977年初頭だったと思う。当時としては珍しいLP3枚組の大作だった。ジャケットの中にはポスターも付録として付いていた。

 小生は日本盤の発売を待てず、横浜市内の輸入盤専門店で1~2か月先に手に入れた。日本盤の半分程度の値段だった。当然歌詞カードも解説も無かった。とにかく音源を手に入れたい一心だった。

その2へ続く
 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



Wings 'Wings Over America' - Deluxe Edition (27th / 28th May 2013)
Wings - 'Wings Over The World' Extract
by qunny1130 | 2013-04-10 23:22 | ポール・マッカートニー | Trackback | Comments(0)
「The Dark Horse Years 1976-1992」 ジョージ・ハリスン 2006年3月13日記事再投稿
「The Dark Horse Years 1976-1992」 ジョージ・ハリスン 2006年3月13日記事再投稿





 日本では正式に発売されなかったBOXセットだ。ジョージのCDの再発盤のほとんどはCCCDとなっている。なぜ国内のレコード会社が発売しなかったのか非常に疑問だ。輸入盤とは言え、昔のLPレコードの頃の輸入盤は酷い代物だったが、CDになった現在は歌詞カードが付いていないとか解説がないとかの違いだけで、それほど大きく品質に差があるわけではない。

 このセットは、ジョージがアップルを離れ、ダークホースレーベル移籍後のアルバムをリマスターして音質を向上させ、尚且つ何曲かのボーナストラックを加えている。それらのアルバムの他に1991年(平成3年)のライヴ映像と彼のPVを収録したDVDも付属している。

 セットの内容は以下の通りだ!

1.Thirty Three & 1/3(33 1/3)
2.George Harrison(慈愛の輝き)
3.Somewhere In England(想いは果てなく~母なるイングランド)
4.Gone Troppo(ゴーン・トロッポ)
5.Cloud Nine(クラウド・ナイン)
6.Live In Japan(ライヴ・イン・ジャパン)


 特に思い出深いアルバムは、1枚目の「Thirty Three & 1/3(33 1/3)」で、この作品は小生が中学校2年生のときに発売され、初めてジョージの作品をリアルタイムで聴いた作品だ。以前のヒット曲の「My Sweet Lord」「Give Me Love」は聴いていたが、リアルタイムで聴いたわけではなく、後で知った曲だったので、もちろん好きな曲だったが親しみを持てる曲とまではいかなかった。

 「Thirty Three & 1/3(33 1/3)」は、イギリス本国では1976年(昭和51年)冬の発売だったと記憶している。日本での発売は1977年(昭和52年)に入ってからだと思う。確か、ウィングスの3枚組ライヴ盤「Wings Over America」も近い時期に発売されたはずだ。

 その中でも一番の曲と言えば、「This Song」 だ。1976年にジョージは、「My Sweet Lord」の盗作疑惑裁判で負けてしまっていた。その裁判を皮肉った歌詞が興味深い。歌詞の英語を訳して内容を理解しながら聴くのが面白い。ヒマがある人はぜひ実行してみて欲しい。

 ジョージのユーモアのセンスが少しは理解できるはずだ。この曲のPVも裁判所が舞台になっている。昔見たPVは古いフィルムで音質も画質も良くなかったが、このアルバムのDVDに収録されているものは最高のクオリティーだ。

 DVDに収録されているPVで、「Crackerbox Palace」という、やはり「Thirty Three & 1/3(33 1/3)」に収録されている曲があるが、映像を観てみるとあのラトルズニール・イネスが出演している。当然モンキーパイソンつながりなのだろう。この頃のジョージのPVは明るい雰囲気でユーモアに溢れている。曲自体も非常に秀作ばかりだ。

 DVDの収録内容は以下の通り。

01.Interview
02.This Song
03.Crackerbox Palace
04.Faster
05.Got My Mind Set On You - Version I
06.Got My Mind Set On You - Version II
07.When We Was Fab
08.This Is Love
09.Taxman
10.Cloud Nine
11.Devil's Radio
12.Cheer Down
13.Shanghai Surprise
14.Someplace Else
15.Hottest Gong In Town


 小生の本音を言わせてもらえば、ジョージのソロ時代は、ジョンよりは良い曲を残していると思う。小生はポールやジョージのソロアルバムはよく聴くが、実はジョンのソロアルバムは殆ど聴かない。これはジョンを否定しているのではなく、音楽的にポールやジョージの曲の方がただ単に好きな曲が多いだけということだ。

 ビートルズ解散以降、押さえつけられていた才能が開花したジョージの曲は馴染みやすいメロディや楽しいPVでそれまでのイメージを払拭していったし、ポールはウィングスで大成功した。しかし、ジョンは・・・・。小生はハッキリ言って某婦人の操り人形と化していたと思う。一人で音楽活動をして欲しかった・・・。

 ジョージ復活の5枚目の「Cloud Nine(クラウド・ナイン)」は傑作アルバムだ。ジョージの生涯最後の1位獲得曲「Got My Mind Set On You」のPVも2ヴァージョン収録されている。

 この曲以外にも幻の名曲「Shanghai Surprise」のPVまで収録されている!この映画「上海サプライズ」というマドンナ主演の作品を観たことはないが、「Shanghai Surprise」を始めとした曲は、結構小生にはイケる作品群だ。正式なサントラがリリースささればぜひ聴いてみたい。

 そして、1991年ただ一度の日本公演のライヴCDもSACDのハイブリッド盤である。SACDとは現行CDとは比較して、はるかに音質が良いし、5.1chで音声を収録することもできるので、一度SACDで聴いてしまうと、元のCDで聴けなくなってしまう。

 その5.1chで日本公演の音を聴くことができる。もちろん普通のCDのフォーマットとのハイブリッドなので、一般のCDプレーヤーでも聴くこともできるし、それはリマスターされたものなので、過去発売された同じCDより確実に音質は上がっている。

 まるですぐ近くで演奏しているように聴こえる。5.1chというのは本当に素晴らしいと思う。現行CDフォーマットはもう止めてSACDに移行して欲しいくらいだ。
 
 小生は1991年12月14日の東京ドーム公演を観に行った。ファイナルだったので、かなり盛り上がっていたと思う。最期は息子のダーニが出てきて、「Roll Over Beethoven」を父親やエリック・クラプトン達と演奏したのだ。まだ小さい子供だった。

 このBOXセットは8枚組の大作だが、実際バラで買うよりは安く買えるはずだ。それに一番の魅力は「普通のCD」ということだ。ジョージの国内盤はほとんどCCCDの状態なのだ。再生機器類に悪影響を及ぼすCCCDで聴くことは非常にリスクが大きい。健全な市場に戻すために、本当のジョージファンなら旧規格CDを入手するか、このセットを入手されることをすすめる。




アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





まこっちゃんのCD部屋
Happieness Is A Warm Gun
chikazoのページ
Here Comes The Sun
トライセラトップスのブログ小路
うつラ鬱ろ日記
Novelty Weblog
GEORGE HARRISON DARK HORSE YEARS 紙ジャケ PROMO ONLY CD
ぶっとんだ音像字
ラジオNIKKEI | 清水研究員のアジアな日々
言黙(ことだま)
4番、サード、いたち野郎。
Calico Skies
オリコンブログ
読書日記
Muse on Music.
読書日記
Light Mellow な音たち 
ビートルズ・・・そしてロックなんやかんや
by qunny1130 | 2012-02-26 20:42 | ジョージ・ハリスン | Trackback | Comments(0)
ザ・ベストテン 山口百恵 完全保存版 DVD BOX
ザ・ベストテン 山口百恵 完全保存版 DVD BOX








 これは凄いDVDボックスだ!もう予約を速攻でしてしまったくらいだ。1980年10月の引退から29年もの歳月が流れている。引退の年に生まれた人は、来年30歳になるくらいだから、どれだけ昔か分かると思う。

 今の30歳~35歳くらいの世代でも覚えている人は少数派だと思う。百恵さんをリアルタイムで覚えている世代は、30代後半以上の世代だろう。小生はモロにバッティングした世代だ。小学生からテレビなどで観てきたので、思いもそれだけ強い。

 百恵さんのデビュー直後に、横須賀のデパート屋上で、生歌で百恵さんの「としごろ」を聴いたことも、今となっては貴重な思い出だと言えるし、何となく自慢できる経験でもある。まだ人気が出る前のショートカットの低い声のお姉さんだった百恵さん。

 そんな百恵さんは、すぐに大スターとなり身近な存在ではなくなってしまったが、引退するまで小生の憧れの女性であり続けたことは確かだ。このDVDボックスは、当時の大人気番組だった「ザ・ベストテン」に出演した週を全て網羅しているという!

 収録内容は以下のとおりだ。
 
 
ディスク:1
1. 赤い絆
2. 乙女座 宮
3. 特別映像

ディスク:2
1. プレイバックPart2
2. 絶体絶命

ディスク:3
1. いい日旅立ち
2. 美・サイレント

ディスク:4
1. 愛の嵐
2. しなやかに歌って
3. 愛染橋

ディスク:5
1. 謝肉祭
2. ロックンロール・ウィドウ
3. さよならの向う側


 同じ曲が連続するから飽きるかと思ったが、全然そんなこともなく、最初から最後まで楽しめる内容だ。久米さんと黒柳さんのトークも最高に面白い。フルオーケストラをバックに歌う百恵さんの姿は、清潔感があり本当に美しい。

 美しさは当然だが、それ以上に19歳から21歳という若さで、あの迫力のある歌唱力、目力(めぢから)、落ち着いた言動、全てが大人だ。今見ても百恵さんは大人の女性であり、それを見ている小生は、10代の少年に戻ってしまうのだ。

 百恵さんが、「ザ・ベストテン」に出演していた期間は、1978年から1980年、正確に言えば、2年9ヶ月間だ。このDVDボックスの映像には、そんな百恵さんの女性としての変貌が記録されている。

 まだ噂になる前に久米さんが冗談で「百恵さんがお嫁さんになったらどんな苗字になるのかな?三浦百恵?国広百恵?・・・」って言っているが、本当にそれが現実になってしまうとは・・・。言った本人も思っていなかったのではないだろうか?









アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




STRONGER THAN PARADISE
by qunny1130 | 2009-12-21 23:06 | 山口百恵 | Trackback(1) | Comments(15)
Premium Diamond Bible 松田聖子
Premium Diamond Bible 松田聖子





配送用ダンボールも捨てられない・・・


 9月30日にソニーから発売された「Premium Diamond Bible(プレミアム・ダイアモンド・バイブル)」が到着した。収録曲にかなり不満はあるのだが、付録のオルゴールが欲しいのと、この限定盤がBlu-spec CD仕様ということに惹かれて購入した。





オリジナルジュエルケース型ボックスの上から


 収録曲は以下の通りだ。

ディスク:1
01. 裸足の季節
02. 青い珊瑚礁
03. SQUALL
04. 風は秋色
05. Eighteen
06. 白い恋人
07. Only My Love
08. チェリーブラッサム
09. 夏の扉
10. Sailing

11. 白いパラソル
12. 花一色 ~野菊のささやき~
13. 風立ちぬ
14. いちご畑でつかまえて
15. 雨のリゾート
16. 赤いスイートピー
17. 制服
18. 渚のバルコニー
19. レモネードの夏
20. ピンクのスクーター






ボックスを開けてみると



ディスク:2
01. 水色の朝
02. 小麦色のマーメイド
03. マドラス・チェックの恋人
04. 野ばらのエチュード
05. 星空のドライブ
06. 未来の花嫁
07. 真冬の恋人たち
08. 秘密の花園
09. 天国のキッス
10. マイアミ午前5時

11. セイシェルの夕陽
12. ハートをROCK
13. ガラスの林檎
14. SWEET MEMORIES
15. 瞳はダイアモンド
16. 蒼いフォトグラフ
17. Canary
18. LET'S BOYHUNT
19. Rock'n Rouge





この中にオルゴールが入っている



ディスク:3
01. 時間の国のアリス
02. 夏服のイヴ
03. 密林少女
04. AQUARIUS
05. ピンクのモーツァルト
06. 硝子のプリズム
07. ハートのイアリング
08. マンハッタンでブレックファスト
09. Star
10. 天使のウインク

11. 七色のパドル
12. ボーイの季節
13. DANCING SHOES
14. 螢の草原
15. 時間旅行
16. 瑠璃色の地球
17. Strawberry Time








付録のオルゴール



ディスク:4
01. ベルベット・フラワー
02. Kimono Beat
03. Pearl-White Eve
04. Marrakech ~マラケッシュ~
05. 抱いて…
06. 続・赤いスイートピー
07. 旅立ちはフリージア
08. Precious Heart
09. We Are Love
10. きっと、また逢える…

11. あなたのすべてになりたい
12. 大切なあなた (Album Mix)
13. A Touch of Destiny
14. もう一度、初めから
15. Back for More
16. 輝いた季節へ旅立とう
17. 素敵にOnce Again

ディスク:5
01. 素敵な明日
02. Call me
03. あなたに逢いたくて 2004
04. 逢いたい
05. 永遠さえ感じた夜
06. I'll fall in love
07. しあわせな気持ち
08. bless you
09. 挑戦して行こう!
10. 涙がただこぼれるだけ

11. しあわせをつかまなくちゃ!
12. クリスマスの夜
13. 花びら舞う季節に
14. 星空の下の君へ
15. Love is all
16. あの輝いた季節



 全てソニー在籍時に発表した曲なので、旧マーキュリー時代の作品は収録されていない。それに聖子さんのサイトに行っても、このボックスセットが紹介されていないのがどうも気になる。

 できることならシングル盤B面で発表した曲も全て網羅して欲しかった。特に「風立ちぬ」のB面の「ROMANCE」が漏れていたのが残念・・・。デジタルマスタリングとしては最新のようで、3年前の10万円セット時とも異なっていると思われる。

 付録のオルゴールは、「赤いスイートピー」、「小麦色のマーメイド」、「ガラスの林檎」、「SWEET MEMORIES」、「瞳はダイアモンド」の5曲のうち1曲がランダムに入っているという。小生のボックスセットには、「瞳はダイアモンド」が入っていた。この5曲の中で、1番好きな曲なのでラッキーだった。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




松田聖子 瞳はダイアモンド 限定盤付録のオルゴール
聖子… 君が好きだ!!
by qunny1130 | 2009-10-02 23:01 | 松田聖子 | Trackback | Comments(10)
The Complete BBC Sessions Disc 1
The Complete BBC Sessions Disc 1







 1994年12月、公式盤として「ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC 」が発売された。BBCラジオセッションの海賊盤は、LP時代の昔から何枚も発売されていたが、とにかくLP時代の音源は音質が悪いものが多く、尚且つ盤質も粗悪という「二重苦」だった。

 1980年代後半になり、LPからCDに変わったと同時に、粗悪だった音源もかなり良質な音源に変わっていった。そして、1993年に入り、BBCセッションの決定盤といえるこの「The Complete BBC Sessions」がリリースされた。

 「Great Dane Records」というレーベルから発売されたが、豪華ボックス仕様の上質なブックレットが付いている9枚組のセットであった。小生が当時入手した値段は25,000円くらいだったと記憶している。

 中身も非常にマニアック且つ親切で、1962年から1965年までビートルズが出演したBBCラジオのテイクのほとんどが収録されている。収録されている音源は、当時として最高に近いものばかりが選ばれ、LP時代のAM放送オンエアを家庭用オープンリールで録音したと思われるノイズだらけのものとは雲泥の差だった。







1962.03.08 Teenager's Turn
01.Dream Baby
02.Memphis, Tennessee
03.Please Mr. Postman

1962.06.15 Here We Go
04.Ask Me Why
05.Besame Mucho
06.A Picture Of You

1963.01.26 Saturday Club
07.Some Other Guy
08.Keep Your Hands Off My Baby
09.Beautiful Dreamer

1963.03.16 Saturday Club
10.I Saw Her Standing There
11.Misery
12.Too Much Monkey Business
13.I'm Talking About You
14.Please Please Me
15.The Hippy Hippy Shake


 ピート・ベストが在籍していた頃の放送テイクも収録されている。1962年3月8日と6月15日のものだ。そんな音源を残していた人も几帳面だし、先見の明があったと言えよう。現在のように気軽に録音できるオーディオ装置も家庭等にはなかった時代だと言うのに!

 この Disc 1 の収録曲のほとんどは、当時のAM放送を録音した音源からのようだ。時々、電気ノイズと思われる雑音が入っているが、全体的に音質は良好と言える。いったい誰が録音したのだろうか?当時の熱烈なファンなのだろうか?







1963.04.07 Easy Beat
16.From Me To You

1963.04.18 Swingin' Sound
17.Twist And Shout
18.From Me To You

1963.05.13 Side By Side
19.Side By Side
20.Long Tall Sally
21.A Taste Of Honey
22.Chains
23.Thank You Girl
24.Boys

1963.05.25 Saturday Club
25.I Saw Her Standing There
26.Do You Want To Know A Secret ?
27.Boys
28.Long Tall Sally
29.From Me To You
30.Money (That's What I Want)

1963.06.03 Steppin' Out
31.Please Please Me
32.I Saw Her Standing There



 BBCセッションの初期はスタジオライヴが多かったようだ。観客の前で生演奏だ。1曲目から最後の曲まで、全て生演奏の正真正銘のライヴだ。演奏や歌・コーラスは素晴らしい。20歳前後の若い頃の録音だが、メンバーたちはライヴ慣れして自信に満ちているようだ。

 この駄ブログで、この Disc 1 から Disc 9 まで、気長に記事にしていきたいと思う。Disc 9 の後にも1枚追加で発売されたので、実際には10枚組のシリーズだと言える。9月9日には公式リマスター盤も 発売されるので、当面、小生の中ではビートルズオンリーの日々が続くだろう。





アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





ビートルズの通販生活(新聞広告に載った海賊盤)
Beatleholic
by qunny1130 | 2009-09-07 21:37 | ビートルズ | Trackback | Comments(0)
ビートルズ全アルバムを初のデジタルリマスター化
ビートルズ全アルバムを初のデジタルリマスター化




ステレオ盤ボックス



 ついに9月9日、ビートルズの全作品がリマスターされ再発売される。あと3日後が楽しみだ。ステレオ盤はバラで発売されるようだが、モノラル盤は限定盤になるようだ。

 バラでの単価は2,600円。2枚組みが3,700円。ステレオボックスセットが35,800円。モノラルボックスセットが39,800円。ボックスセットには初回限定の特典が付いているとのこと。

 小生はステレオボックスセット、モノラルボックスセットの両方を予約した。これだけは買わなければならないので、後先考えず予約した。 かなりの出費になるが、ファンとしては絶対必須アイテムだろう。金は無いが、頑張るしかない(笑)





モノラル盤ボックス



 世界中で、まず日本で1983年に初めてアビー・ロードがCD化されたが、英国の許可を得ていなかったらしく、すぐに発売中止となり現品は回収されたという。そして、公式に1987年になってから初CD化され、音源やジャケットなども統一された。

 1作目から4作目まではモノラル音源だけとなり、それまでのLP音源で当たり前だったステレオ音源は、逆にレアなものとなってしまった。また、「ヘルプ」、「ラバー・ソウル」もLP時代のステレオ音源と異なったミックスで発表された。

 CD化はうれしかったが、マスターテープの劣化が酷い状態での発売だったので、初期のアルバムには音が飛んでいたり、突然音質が途中で変わってしまっていた曲も収録されていた。

 リマスター音源盤で、まず一番初めに聴いてみたい曲は、モノラルヴァージョンの「プリーズ・プリーズ・ミー」だ。このヴァージョンは、アルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」に収録されているが、曲の途中での音飛びと音質劣化が酷かった。これがどのような状態にまで復元されているだろうか?

 そして、もう1曲聴いてみたいのが、アルバム「パスト・マスターズ」に収録されていた「シー・ラヴズ・ユー」だ。これも曲の途中からの音質劣化が著しく、聴くに値しないほどマスターテープが劣化していた。LP時代の状態を知っている小生としては、本当にガッカリしたものだ。

 他にも何曲か確認してみたい作品がある。小生と同じような考えを持つ古くからのファンは多いのではないだろうか?デジタル技術の進歩は加速度的だ。22年前の初CD化の技術とは比較にならないだろう。どこまでリアルなビートルズの音を体験できるだろうか?あと3日だ・・・・。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





ビートルズ・・・いつも心にビートルズ
Yesterday
GARAGE-tettin
芸術的生活、
piu lentoの日々
へどつぶ・STATION♪
ワインとムジカとハリネズミ
音楽生活~青春の終わりに~
日々ゆるり
ビートルズ大学 学報 (Beatles University bulletin board)
deadfunny.exblog.jp
思考創造回天録
夢で、逢いませう : Happiness is a Warm Gun
GARAGE
光触媒サガンコート☆鯤スタッフブログ☆
両腕抱きしめて
函館望郷ブログ Life is a Journey!
Beatleholic
私の部屋もリマスター
by qunny1130 | 2009-09-06 16:52 | ビートルズ | Trackback(1) | Comments(6)
鋼の錬金術師 BOX SET
鋼の錬金術師 BOX SET






発売予定日は2009年1月28日



 このボックスセットの購入は微妙だ。何故かと言うと、現在DVDフォーマットからブルーレイフォーマットへの過渡期だから。当然画質や音質はブルーレイの方が勝るに違いない。

 数年後にブルーレイで発売されるということも考えられる。北斗の拳が何回も発売されているのと同じだ。でも、欲しいことは欲しい・・・・。来年にはテレビアニメが復活すると正式に発表があったし、気分的に購買意欲が上がってしまってきているのだ・・・。

 テレビアニメは原作と違い、映画で物語は完結してしまっているので、異なった作品と解釈している。絵のクオリティや音質の良さなどは素晴らしいものがある。そして声優さんたちの熱演も作品のレベルアップに大きく貢献している。

 ただし、この作品も再アニメ化で再評価の対象となるだろう。新しいテレビアニメが原作に忠実だと仮定すると、やはり原作に勝るものはないと小生は思うからだ。そういうことも考えてしまうと、ますます買うか買わないか余計に悩んでしまう・・・・。








アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ>






by qunny1130 | 2008-10-30 21:27 | アニメ | Trackback | Comments(0)
ザ・ビートルズ ヘルプ!(デラックス・エディション)
ザ・ビートルズ ヘルプ!(デラックス・エディション)






 いよいよビートルズの初のカラー作品映画である「ヘルプ!」のDVDが再発売される。10年程度前にDVDで一度発売されたが、何故か廃盤になっていて、現在ではプレミアが付いてしまい、非常に高価になっている。

 発売日は11月7日とされているが、まだハッキリ決まっているわけではないようだ。DVDは2枚組みで、サウンドは5.1chサラウンドでも収録されるようなので、今までの2chステレオとは違う音を聴けそうだ。

 小生は20年ほど前に発売されたレーザーディスクと10年ほど前に発売されたDVDを所有している。しかし、この高価ボックスセットの定価は何と!19,800円(税込)とのこと!早い話2万円だ。ちょっと高過ぎはしないだろうか?


 高い分、付録も多い。以下がその明細だ!


豪華BOX仕様
オリジナル脚本の複製
ロビー・カード(8枚)
ポスター
ブックレット(60P)(以上封入)
メイキング、ドキュメンタリー(計30分)
幻のシーン(女優ウェンディ・リチャードをフィーチャー)
「ヘルプ!」の修復(詳細)・思い出(キャスト・クルーの回想)
予告編(アメリカ版、スペイン版)
1965年のラジオスポット

 
 これは正直高いが買うしかないだろう。限定版ということなので、飛びつくしかない。発売元は凍死婆EMIのようだ・・・・。全く・・・、もっと安くしろ~~!!!
 

 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-10-24 21:44 | ビートルズ | Trackback | Comments(2)
ビリーズブートキャンプ 進捗状況報告 その2
ビリーズブートキャンプ 進捗状況報告 その2


ビリーズブートキャンプ 進捗状況報告 その1より







 マジこれはハードだ。普段ほとんど運動をしていない小生には、付いていくのがやっとだ。普段の生活に関して言えば、小生はつまらない人間に映るだろう。まずタバコは吸わない。酒は飲まない。博打パチンコ関係は一切しない。家と会社の往復の生活だ。

 そんな毎日を送っている小生だが、1日24時間の中で、このブートキャンプで費やす1時間というのは正直大きい。家に帰って夕食を食べてからなので、ダラダラしていたら、すぐに深夜になってしまい、睡眠時間にも影響してきてしまう。

 なので、決して無理はしないことに決めて、時間が無くてできない日は、割り切ってやらないことにしている。ビリーバンドは一回使用してみたが、もう無理!!負荷がかかり過ぎて続かないので、身体が出来上がったら使用してみるつもりだ。

 そんな感じで1週間続けてみた結果、それなりに効果はあったような感じだ。1時間近く身体を動かしているので、全身汗がびっしょりだ。下着は汗でビショビショで重くなってしまっている!やり始めは筋肉痛はあったが、少し慣れてきたのか痛みは無くなってきている。


9月9日現在
体脂肪率 16.3%
体重 65.6Kg  身長 174cm



 先週より、少し体脂肪率が落ちている。1.3%減だ。体重も0.4Kg減。体重に関しては、効果があったのかは結論するのは早いだろう。それでも減っていたのは正直嬉しい。

 もちろん、まだまだ基本プログラムしかやっていない。まだまだこの基本プログラムを続けて、ビリーバンドが使用できるような身体になってから、次のステップに進むつもりだ。また来週あたり、この駄ブログで報告する予定。


 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-09-10 00:32 | 日記 | Trackback(1) | Comments(12)
ページトップ