excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 22:57
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


タグ:マイケル・J・フォックス ( 19 ) タグの人気記事
マイケル・J・フォックスの直筆サイン 2007年8月1日記事再投稿
マイケル・J・フォックスの直筆サイン 2007年8月1日記事再投稿






来年2013年には俳優復帰との報道




 先日、この駄ブログで紹介した「愛と栄光への日々 ライト・オブ・デイ 」に主演したマイケル・J・フォックスの直筆サインだ。以前入手したもので、実際に本人にサインをもらったわけではない。マイケル・J・フォックスの直筆サインは他にも何枚か持っているが、これが一番状態が良い。

 このサインは当時、この映画の宣伝用でプレゼントされたものだ。年は1986年となっている。写真はこの映画のバンド「ザ・バーバスターズ」のメンバー全員だ。このメンバーは映画のために急造されたバンドだが、実際に練習して音合わせもして、問題ない演奏レベルで本当にライヴで撮影されたという。

 実際の演奏シーンは映画の中で観ることができる。このサインフォトは、メンバーのジョーン・ジェットマイケル・マッキーンのサインもあるので、ファン的に言えば大満足だ。額に入れて部屋に飾っているが、陽の当たらないところに飾らないと写真が劣化しそうだ。マイケル・J・フォックスジョーン・ジェットのサインが書かれた写真はレアなので大切にしなければ!





 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




マイケル・J・フォックスの直筆サイン
by qunny1130 | 2012-08-17 22:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)
Back To The Future The Game
Back To The Future The Game


 Telltale Games というゲーム会社から、いよいよ今月発売される Back To The Future The Game の映像が公開された!  



ユニバーサル映画のロゴから始まる




映画の設定時期より半年後の1986年5月14日となっている




ドクの家の内部 Part1 を思わせる演出




マーティが吹っ飛んだPAが見える




何とドクの家が売りに出されている!




「ドクはどこにいるのだろう?」と呟くマーティ




その時突然閃光と音が!




外に出てみると無人のデロリアンが!




凍った表面は素手では開けられない!これも Part1 を思わせる




時限転移装置は起動している




行き先は1931年6月13日か?




ドクは1931年6月の時代に捕らえられている??




デロリアンを走らせるマーティ




Nike のスニーカーも同じだ




時速140kmに近づく




マシンが発光




タイムトラベル寸前、マーティが顔を右にそむけるシーンも再現




デロリアンは更に発光!




発光が大きくなり・・・




映画のコンティニューを思わせる映像へ




5つのエピソードが用意されているそうだ




予約開始



 ゲーム媒体はPCがメインのようだ。後日、PS3などのゲーム機でも発売される予定とホームページには記載されている。PCの場合、ダウンロード販売となる。これから発売されるようなので、正式な発売の日を待ちたい。

 ドク役の声優は、本物のクリストファー・ロイドというのが嬉しい。マーティ役の声優は、映像を見たら本物のマイケル・J・フォックスと思っていたが、実際には別の人のようだ!

 それが素晴らしいほど似ている。驚くほどだ!正にそっくりさんだろう。できることなら本物のマイケル・J・フォックスに演じてもらいたかったが、ここまで素晴らしいなら納得だ。

 本物のマイケル・J・フォックスの近況というと、ここ1~2ヶ月テレビ出演もしているようで、パーキンソン病の震えの症状は、以前のように大きくはなく、病人のようには見えない。ファンとしては嬉しいし一安心だ。

 このゲーム、英語版にもかかわらず思わず予約してしまった!約25ドルという値段だ。その中の1ドルは、マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団に寄付されるという。これはパーキンソン病患者を支援する団体だ。

 もし、このゲーム、できるなら日本語版で、それもPS3での発売をしてくれたら良いのだが、どうだろう?。





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




Back To The Future the Game
Back To The Future the Game Trailer
ミヤモーの戯言 Back In Time/Huey Lewis & The News

by qunny1130 | 2010-12-04 17:34 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
時限転移装置 『バック・トゥー・ザ・フューチャー』 購入
時限転移装置 『バック・トゥー・ザ・フューチャー』 購入





外箱に入った状態(前から)



 決して安くないおもちゃだ。購入価格は約30,000円だった。アメリカから購入したので、日本で購入するより多少安く買うことができた。日本で一度申し込んだが、値段が高かったので仕方なく一度キャンセルした。そして、アメリカのサイトを調べたら、まだまだ売っていたので速攻で申し込み!





外箱に入った状態(後から)



 申し込んでから思ったより早く1週間程度で商品が届いた。早速梱包を開いてみる写真のような箱が中から出てきた。なかなかきれいなパッケージだ。これが待ちに待ったあの名作『バック・トゥー・ザ・フューチャー』デロリアンの座席の中央後ろにセットしてあった時限転移装置なのだ。


 


シリアルナンバーカード



 箱の上蓋を開けて、いよいよその本体である時限転移装置を取り出すのだが、上蓋を開けるとすぐにシリアルカードが出て来る。そこには固有のシリアルナンバーが書いてあり、小生のナンバーは 683 of 1000 と記載されていた。





これが本体



 時限転移装置を外に出してみると、確かに映画のものとデザインは同じだが、よく見てみると向かって正面左面の装置らしきものまでは再現されていなかった。そのオリジナルの写真は、小生の以前の記事に載っている。





時限転移装置を光らせてみると



 時限転移装置を光らせてみたいので、製品の背面に単3電池3本を入れる場所が付いているので、新品電池を入れてみた。そうすると上の写真のように光が流れるように点灯する。映画の再現だ。デロリアンを持っていれば、後ろに取り付けてみただろう。

 これだけのおもちゃだ(笑) 興味のない人は「何で買うの?」って言うかもしれない。所有しているということだけで満足な人種である小生だ。また箱に入れて押入れの中に保管するだろう。もう押入れもいっぱいだ・・・(笑)




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





次元転移装置(バック・トゥ・ザ・フューチャー)、発売中 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ
月まで跳んで行け実録!パワライザーPOWERISER奮戦記
by qunny1130 | 2008-08-30 23:19 | コレクターズアイテム | Trackback | Comments(2)
時限転移装置 『バック・トゥー・ザ・フューチャー』
時限転移装置 『バック・トゥー・ザ・フューチャー』















 また財布の中身が空っぽになりそうな「高価なおもちゃ」が出るらしい。名作映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』に欠かせない人間以外の主人公?と言えば、タイムマシンであるデロリアンだ。

 マーティやドクがシートに座ったその後ろ側でチカチカ点滅していたのが、この『時限転移装置』なのだ。お金がはいて捨てるほどあれば、デロリアンごと欲しいくらいだが、それは夢のような話だ。

 このアイテムの値段は定価で45,000円ほどだ。実際は35,000円から36,000円前後で予約販売されている。発売は今年の4月か5月とのことだ。これはもう絶対に買うしかない。早速申し込んでしまった・・・(苦笑)













にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





次元転移装置(バック・トゥ・ザ・フューチャー)、発売中 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ


by qunny1130 | 2008-01-15 22:42 | コレクターズアイテム | Trackback | Comments(6)
1989 Michael J Fox Honda Integra ad vol.3
1989 Michael J Fox Honda Integra ad vol.3




「キモチイインテグラ」





振り向くシーンがなかなかイカす



 1989 Michael J Fox Honda Integra ad vol.11989 Michael J Fox Honda integra ad vol.2 に続くマイケル・J・フォックスホンダ2代目インテグラCM第3弾だ。曲は定番「ザ・パワー・オヴ・ラヴ」である。

 この曲を聴くとまずマイケルの顔が思い浮かぶ。その次にデロリアン、更にその次がドク役クリストファー・ロイドだ。制作した人も「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のイメージを良い意味で利用したのだろう。

 このCMを制作した人、本当にイメージ通りの効果が得られたのではないだろうか?「インテグラ」を買わなかった人も、このCMを覚えているのではないだろうか?もう18年も経過しているが、小生とっては不思議とよく覚えているCMだ。





にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-10-23 22:06 | クルマ | Trackback | Comments(0)
1989 Michael J Fox Honda integra ad vol.2
1989 Michael J Fox Honda Integra ad vol.2




逃げてるシーンから始まる






笑顔が若々しい




 このCMもホンダ2代目インテグラだ。1989 Michael J Fox Honda Integra ad vol.1の記事でも紹介した懐かしいCMの2番目のヴァージョンだ。このシリーズは、このヴァージョン以降も、数年続けられた息の長いCMとなった。

 1989年といえば、日本は経済が絶好調で、国民はバブルの恩恵を受けていた時代だ。クルマも売れ続けていた時代だと記憶している。そんな良い時代?のクルマだったが、結構人気があった。今でも時々だが、走っているのを見かける。

 もう20年近く前のクルマだが、今でも現役で走っているのを見ると、「ザ・パワー・オヴ・ラヴ」が、頭の中でリフレインしてしまうくらい刷り込まれてしまっている。それだけ長期間たくさん放映されていたCMなのだ。




にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-09-29 20:37 | クルマ | Trackback | Comments(0)
「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」のテレカ50度数・未使用
「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」のテレカ50度数・未使用





今となってはレア?でもないか・・




 テレフォンカードも公衆電話が激減してしまったし、携帯電話の急激な普及で過去の遺物とまでは言い切れないが、あってもなくてもいいような存在に成り下がってしまった。

 10年以上昔は、記念にテレフォンカードを残したり、イベントのプレゼントでもらったり、電話に使用する用途以外にも存在意義があったと小生は思う。

 そんな古き?良き時代のアイテムだったテレフォンカード。この写真のカードは、題名通り「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」の日本公開記念の品だ。

 マイケル・J・フォックスが28歳の頃の写真をカードにしたもの。映画公開が1989年(平成元年)なので、もう18年も昔の話だ。月日の経つのが早過ぎるよ・・・・。

 公衆電話も無いし、このカードは永久保存で取っておくだろう。使用して穴が開いてしまうのは、もったいないし。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」関係のテレフォンカードはかなり多く出ているはず。今でも入手は容易だろう。


 




にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-09-25 21:40 | コレクターズアイテム | Trackback | Comments(0)
エリック・ストルツのバック・トゥ・ザ・フューチャー
エリック・ストルツのバック・トゥ・ザ・フューチャー




エリック・ストルツ (Eric Stoltz) 1961年9月30日生まれ



 1985年に公開された「バック・トゥ・ザ・フューチャー」だが、主演は当初、マイケル・J・フォックスではなく、上の写真のエリック・ストルツだったことはファンの間では知られていることだ。当時の実績は、マイケルとは同じようなもので、それほど有名ではなかったようだ。




ショッピングセンター駐車場のシーン



 
 マイケル・J・フォックスと何となく顔とか雰囲気が似ている気もする。違うのは背が高いところだ。ドク役のクリストファー・ロイドと同じ位の身長はありそうだ。クリストファー・ロイドは、どう見ても180cm以上あるはずなので、エリックも180cmは越えているだろう。




ビフと父親のジョージとのシーン



 マイケル・J・フォックスは非常に小柄(163cm位?)なので、映画の撮影のことはよく分からないが、構図やカット割りなどもかなり違うものになったのではないだろうか?背の高いハンサムなマーティだ。マイケル・J・フォックスのマーティのイメージが強いので、エリックのマーティをイメージするのは非常に困難だ。




兄が消えている写真


 
 小生がエリック・ストルツを知ったのは、ザ・フライ2 二世誕生 という映画からだ。ハエと人間の遺伝子が混ぜ合わさってしまった悲劇を描いた作品だ。最後は人間になれるので救われたが・・・。このザ・フライ2 二世誕生では、真面目で端正な役だったが、やはりインパクトはイマイチだったと思う。




雷が落ちる前のドクと打ち合わせするシーン



 スチール写真を見ると、かなりのシーンが撮影されていたようだ。話では6週間の撮影の後に主役を降ろされてしまったということだ。撮影されたフィルムも残っているのだろうか?ぜひエリックヴァージョンの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」も観てみたい。一部は実際に映画でも使用されているらしい。




母ロレインと父ジョージとのシーン



 エリックヴァージョンを想像してみると、コミカルなマイケルとは違い、ややシリアスな方向に振られていたような気がする。それはつまり、ドクとのコミカルな会話もイマイチ歯車が合わない感じになってしまったのではないだろうか?ハンサムでカッコ良過ぎるマーティだ。




クリスピン・グローヴァーと



 イメージが定着してしまっているので、なかなか客観的に比較できないが、やはりどう考えてみても、マイケル・J・フォックスのマーティが最高のキャスティングだろう。エリック・ストルツが降板させられてしまったことは結果論かもしれないが、必然だったに違いない。

 今までいろいろな映画を観てきて、途中やエンディングで拍手が自然と起きた作品は、この「バック・トゥ・ザ・フューチャー」だけだ。また本物の大スクリーンでこの作品が観たい。リバイバル上映でも客は入ると思うのだが、どこかでやってくれないだろうか・・・。





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-09-13 22:39 | 映画 | Trackback | Comments(0)
マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団
マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団




トップページ



 今日はBS放送で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が放映された。映画館やビデオ、レーザーディスク、DVD等で何十回観たか覚えていないが、何回観ても楽しい。1985年公開当時のマイケルは若くて健康そのものに映っている。

 そんなマイケルもそれから5~6年程して、パーキンソン病が発症したと自伝で書いてある。売れるまで苦労したマイケルだったが、ブレイクしてからは順調な人生を歩んでいた。しかし、病気を発症し、それまでとは異なる人生を歩まざるを得なくなった。

 小生もパーキンソン病という病気は全然知らなかった。マイケルが公表してから初めて知った次第である。病気の経緯は自伝である「ラッキーマン」に詳細に書かれている。この本を読めば、マイケルの人生観が何となく見えてくる。

 彼の一番尊敬できるところは、この不治の病を言われているパーキンソン病を決してネガティヴに捉えていないところだ。しかし、そこまでいきつくまで、きっと苦悩はあったに違いない。そこまでは本に書かれていないが、奥さんや子供がある家庭の大黒柱としても考えるところはあったのだろうと想像する。

 そんなマイケルも現在は俳優に復帰し、最近はテレビ等に出演する機会も以前よりは増えている。現在は財団の顔として活躍しているイメージが強い。一昨年の選挙の応援CMがその例である。そのときのマイケルを批判した者がいたようだが、非常に大きな憤りを感じた。

 この「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」は、パーキンソン病の発症のメカニズムの解明や患者への支援などを行い、ここ10年近くで大きな成果を挙げている。微力だが、小生は財団への寄付も行なっている。本当に少ない金額だが、少しでも何かの役に立てれば幸いだ。

 寄付は基本的にクレジットカードとデビッドカードの2種類のようだ。小生はクレジットカードを使用している。方法は以下の通りだ。



トップページ

HOW CAN HELP

MAKE A DONATION

DONATE NOW


 ここまでいくと金額やカードの入力欄が現れるので、あとは寄付したい金額やカードの種類を入力すればOKだ。振り込みも受け付けているようなので、カード使用をためらっている人は、そちらを選択しても良いだろう。





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





goodgirl's Diary
by qunny1130 | 2007-09-03 23:57 | 健康 | Trackback(1) | Comments(6)
マイケル・J・フォックスの直筆サイン
マイケル・J・フォックスの直筆サイン








 先日、この駄ブログで紹介した「愛と栄光への日々 ライト・オブ・デイ 」に主演したマイケル・J・フォックスの直筆サインだ。以前入手したもので、実際に本人にサインをもらったわけではない。マイケル・J・フォックスの直筆サインは他にも何枚か持っているが、これが一番状態が良い。

 このサインは当時、この映画の宣伝用でプレゼントされたものだ。年は1986年となっている。写真はこの映画のバンド「ザ・バーバスターズ」のメンバー全員だ。このメンバーは映画のために急造されたバンドだが、実際に練習して音合わせもして、問題ない演奏レベルで本当にライヴで撮影されたという。

 実際の演奏シーンは映画の中で観ることができる。このサインフォトは、メンバーのジョーン・ジェットマイケル・マッキーンのサインもあるので、ファン的に言えば大満足だ。額に入れて部屋に飾っているが、陽の当たらないところに飾らないと写真が劣化しそうだ。マイケル・J・フォックスジョーン・ジェットのサインが書かれた写真はレアなので大切にしなければ!





 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-08-01 22:23 | コレクターズアイテム | Trackback | Comments(2)
ページトップ