excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


タグ:シューマッハー ( 54 ) タグの人気記事
Senna The Best
Senna The Best



1994年5月1日没




「Senna The Best」

それ以上でもそれ以下でもない。



 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2013-05-01 12:31 | アイルトン・セナ | Trackback | Comments(0)
手記アイルトン・セナ 2 再投稿
手記アイルトン・セナ 2 再投稿



e0012215_205141.jpg
手記アイルトン・セナ 2



 昨日は1993年(平成5年)のレースの手記だったが、この本はその前年1992年(平成4年)のレースをセナ自身のペンで綴ったものだ。1992年は第二期ホンダ最後の年だった。この年のマクラーレンは、その前年に引き続きV12気筒を使用していた。

 この年はシーズン開幕からウイリアムズ・ルノーの圧倒的な強さで始まり、ナイジェル・マンセル開幕5連勝を記録している。一方のマクラーレンは明らかに劣っているのが目に見えて分かるくらいだった。セナの影も薄くなりがちだった。また、ミハエル・シューマッハーが台頭してきた年でもあった。

 ホンダV12ルノーV10のパワー争いも面白くはあったが、シャシー性能の違いは雲泥の差とも言えた。アクティブ・サスペンションセミオートマチック・ミッションの性能差は明らかだ。マクラーレンがベネトンにも追い回されるシーンもあったほどだ。

 そんな大苦戦の1992年のセナの手記は、やはり読み手にも伝わってくる。ホンダ撤退の正式発表の心境なども語ってくれている。その中でも特筆なのが、5月31日モナコGPだマンセルとセナの終盤の攻防もF1の歴史の中に強く残るものだ。当時のビデオも当然保管しているが、今見ても二人の争いは素晴らしいものがある。また、ホンダ最後の勝利は最終戦オーストラリアGPアデレードでのゲルハルト・ベルガーだった。

 そんな苦戦の1992年の全レースの他、とても寂しいことだが、1994年1戦目ブラジルGP2戦目パシフィックGP(英田サーキット)の手記が記されている。しかし、3戦目のサンマリノGPの手記はない・・・。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





アイルトン・セナ
by qunny1130 | 2011-08-25 22:25 | アイルトン・セナ | Trackback | Comments(0)
ハウグ「F1にとっていいニュースを生み出したい」。シューマッハー起用の可能性を完全否定はせず
ハウグ「F1にとっていいニュースを生み出したい」。シューマッハー起用の可能性を完全否定はせず




以下、ニュースより

 ロス・ブラウンは、メルセデス・グランプリへのミハエル・シューマッハーの加入はないと否定したものの、メルセデス・ベンツ・モータースポーツのバイス・プレジデント、ノルベルト・ハウグは、完全否定の言葉を避けており、彼の思わせぶりな発言がさらにシューマッハー復帰への期待をあおっている。

 23日、メルセデス・グランプリとニコ・ロズベルグの契約を発表した際、シューマッハーを起用する可能性をきっぱり否定できるかと問われたハウグは、「F1の世界で何かを断定することなどできるだろうか?」という言葉を返したと、Autoweekが伝えている。

 一方、シューマッハーのマネージャーであるウィリー・ウエーバーは、シューマッハーとメルセデスが交渉を行ったことを認めている。
「ミハエルが、アブダビでの最終戦で、(ダイムラーのCEOである)ディーター・ツェッチェとノルベルグ・ハウグと話をしたのを、私は知っている」と彼はガーディアンに対してコメントしている。




 ミハエル・シューマッハー復帰か?じゃあ、ついでに、ハインツ=ハラルド・フレンツェンとカール・ベンドリンガーも復帰させろって!メルセデスさんよ!!(笑)




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2009-11-24 21:57 | F1 | Trackback | Comments(0)
エクレストン「セナの死は“F1にとって良かった”」
エクレストン「セナの死は“F1にとって良かった”」



以下、ニュースより


 F1最高権威のバーニー・エクレストンはブラジルで、「セナの死は最終的には“F1にとって良かった”。アイルトンは運がなかったんだ」と爆弾発言をしている。







セナ最後の日本、1994年4月 英田サーキット リタイア直後



 このバーニー・エクレストンの発言は気になってしまう。悪意がある発言でないと思いたいが、この報道の発言が事実だとすると、物議を醸し出すことは間違いないだろう。

 小生は悪意があるとは思いたくない。セナが亡くなってから、F1マシンの安全性が飛躍的に上がり、更にサーキットの安全性も飛躍的に上がったからだ。

 しかし、その反面、高速サーキットが改悪され、かつての名コーナーが、つまらないシケインになってしまった弊害もあった(イモラのタンブレロなど)。

 セナ没後のF1は、それ以前のF1とは、明らかに一線を画すものだ。数々の規制がオーバーテイクを困難にしてしまい、ピットストップをメインとしたチームストラテジーに重きが置かれてしまっている。

 安全性から見れば、セナの死は「F1にとって良かった」かもしれないが、レースの楽しみは「F1にとって良かった」とは絶対に言えないと思う。

 30年近くF1を観ているファンとして言えば、やはりセナを超えるドライバーは出ていない。シューマッハーも凄いとは思ったが、「何か」が欠けていた。

 セナが生きていたら、歴史も今とは変わっていたことは間違いない。結論を言ってしまうと、やはり「セナの死は“F1にとって良くなかった”」。
 

 





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2009-10-20 22:42 | アイルトン・セナ | Trackback | Comments(6)
バリチェロ、フェラーリ時代のエピソードを暴露
バリチェロ、フェラーリ時代のエピソードを暴露






さえない2人の顔





以下、報道から。



 
 ルーベンス・バリチェロが、フェラーリ在籍時代のエピソードを、「クビになりそうだからミハエルを前に行かせた」と語った。現地時間(以下、現地時間)25日、イタリアの新聞『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が伝えている。

 2000年から2005年に渡ってフェラーリに在籍していたR.バリチェロ。ミハエル・シューマッハーがチームメイトだったが、ブラジルのテレビ局『Rede Globo』の番組『Fantastico』に出演し、M.シューマッハーに勝利を譲ったことが物議を醸した2002年第6戦オーストリアGPについて言及した。レース終盤までトップに立っていたR.バリチェロだが、残り8周に差し掛かり、ピットから指示が入ったという。

 R.バリチェロは、「こう言われたんだ。『後ろにミハエルがいる、チャンピオンシップにどれだけ重要なことかわかっているね』って。周回が進むにつれて、言葉が強くなっていった。何故最終コーナーで譲ったかって、その前までは譲らないって決めてたんだ……。もし従わない場合は、契約を考え直すって言い出した。命令みたいなものだったよ。アクセルをゆるめるしかなかったね。そうしないと放出されるんだから」と当時の詳細を明かしている。

 さらに、「これはシューミが言い出したことかって聞いたけど、チーム側は彼は何も知らなかったって答えた。でも僕の家には、そうじゃなかったっていう証拠があるよ」とも付け加えた。とはいえ、M.シューマッハーとの関係は当時も今も良好と語った。

 なお、フェラーリのスポークスマンはR.バリチェロの発言に対し、「我々にはもっとほかに考えるべきことがある」と語るに留めたとのこと。

 





 あの悪名高き2002年第6戦オーストリアGP決勝、小生も観ていたが、もう完全に呆れてしまったということだけは覚えている。ポール・ポジションはフェラーリのバリチェロ。予選2位がウイリアムズのラルフ・シューマッハー。そして、予選3位がフェラーリのミハエル・シューマッハー。当時のウィリアムズはBMWエンジンだったし、チーム力も現在より強かった時期だ。

 ちなみに佐藤琢磨はジョーダン・ホンダで予選18位。このレースでは、ハイドフェルドに横から突っ込まれて、大クラッシュ!ヘリコプターで病院に運ばれたシーンも強烈だった。幸いケガも大したことは無かったが。

 決勝はスタートで前に出たフェラーリ2台が独走。事故やスピンでセーフティカーが入ったりしたが、大勢に全く影響は無かった。バリチェロは数秒の差をシューマッハーにつけていた。これだったら間違いなく優勝できるペースだったし、既に4勝もしているシューマッハーなので、2位でも問題はないだろうと思っていた。

 しかし、最後の2~3周になって、突然バリチェロとシューマッハーの差が無くなった!すぐ後ろまでシューマッハーは迫ってきた。そしてファイナルラップ、ゴール直前、バリチェロがスローダウンし、シューマッハーが優勝してしまった。

 表彰台のバリチェロもシューマッハーも困惑している感じだ。こんなことあるのか?と思った。このシーンを見る限り、シューマッハーは勝ちたくなかったようにも見えた。しかし、バリチェロの言っていることが真実とするならば、レース終盤、バリチェロだけではなく、シューマッハーにも無線連絡は入っていたと推測される。

 その時点でシューマッハーは、チームの命令を拒否できなかったのだろうか?バリチェロはチームより、「シューマッハーを先に行かせろ」と言う無線での指示を受け、その命令に従った。じゃあ、シューマッハーはどうだったのだろう?ハッキリしたコメントがあったのかは知らない。

 これでバリチェロは1勝を捨ててしまった。彼のキャリアでは通産9勝だが、本来はこの1勝を含めれば合計で10勝していたことになる。フェラーリの傲慢な手法に水を差されてしまった感じだ。そんなバリチェロも2005年までフェラーリに在籍していたが・・・。

 もし、当時のフェラーリの内情をバラすなら徹底的にバラして欲しいとさえ思う。シューマッハーは好きなドライバーだったが、セナやプロストのように決してジョイントナンバーワンを契約で認めていなかったようなので、正直フェアだったのか?という疑問も残っている。

 


アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2008-11-26 23:57 | F1 | Trackback | Comments(6)
1994年 ベルギーGP オープニングラップ
1994年 ベルギーGP オープニングラップ






ポール・ポジションのバリチェロは当時22歳


 セナが亡くなったシーズン、1994年8月26日~28日のベルギーGPは、今でも印象深くて忘れられない。ベルギーGPは他の年でも名レースが多い。当時の予選方式は、1時間内の空タンク1発出しの純粋な速さを競ったものだ。現在の予選方式より、よっぽどハッキリしてて良い!

 1日目も雨、2日目も雨にたたられ大混乱の予選となった。フリー走行ではフェラーリ ジャン・アレジの走行をマクラーレン マーティン・ブランドルが意図的にブロックして、ガレージではカンカンになって怒っていたアレジがブランドルに抗議するシーンも見られた。

 そんな雨の予選を制したのが、何とジョーダン・ハートルーベンス・バリチェロだった!これは凄い快挙と言えた。確かに雨で大混乱だったが、そんな中タイミングを見計らったようにコースに出て行きトップタイムを刻んだのだ!





予選2位のベネトン・シューマッハーが脅威だったが、ラ・ソースは死守!


 
 8月28日の決勝は、前日までの雨とうって変わって快晴となってしまい、非力なハート・エンジンを積んでいるジョーダンで、この高速コースにおいて、そのポジションをキープするのは困難だと言えた。しかし、スタートをバッチリ決めたバリチェロは、最初の難関と言えるラ・ソースを死守した。

 この年のスパ・フランコルシャンはセナの事故死という経緯もあり、名物コーナーであったオー・ルージュをシケイン化してしまうという変則コースとなった。バリチェロは、そのオー・ルージュでも順位をキープした。





エンジンパワーの差はどうしようもない



 ラディオンを過ぎ、ケメル・ストレートではエンジンパワーの差がハッキリ出てしまった。後方より、ずっとバリチェロを煽り続けていたベネトン・シューマッハーが、ストレートエンドでオーバーテイク。バリチェロはポジションを落としてしまった。





フェラーリ・アレジにもオーバーテイクされてしまう



 そして、コース最終区間であるバスストップ・シケインでもフェラーリ・アレジにオーバーテイクされてしまった。そして3位でコースに戻ってきた。当時はそれでも凄いと思ったものだ。雨の予選ではクルマの差が縮まり、バリチェロのテクニックが勝利したとも言えたが、快晴の決勝では勝ち目はなかった。





決勝スタート前のバリチェロ


 その後も素晴らしいレースを演じ続けてきたバリチェロだが、現役続行の危機が訪れている。ホンダはバリチェロをクビにするらしい。あの超自己中アホドライバー、馬豚を残してしまう暴挙に出るという。

 イギリス人のイギリス人によるイギリス人のためのホンダF1チーム。その恩恵で馬豚は残されるのか?今年唯一の表彰台をゲットしたバリチェロ。超オンボロチームに成り下がったホンダにとって功労者だろう。琢磨を切り、今度はバリチェロを切る。正に政治力を感じてしまう。

 そうなったらますますホンダ嫌いになりそうだ。本田宗一郎氏が草葉の影で泣いているのでは?セナ甥っ子を採用したとしても、素直な気持ちでは応援できそうにもない。とにかくホンダのドライバー選択は、ここ数年狂っているのは間違いない。

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2008-11-21 23:58 | F1 | Trackback | Comments(0)
Williams FW16 その3
Williams FW16 その3






英田サーキット リタイア直後




Williams FW16 その2より



 結局セナ最後の日本のレースは、1994年4月17日となってしまった。そのレースを現地で生で観戦することができたファンがうらやましいなと率直に思う。本来だったら、その年の秋に鈴鹿でセナを観ることができたのだろうが、それは永遠に叶わなかった。






英田サーキット リタイア直後だが、寂しげな表情だ




 神経質なマシンと言われたFW16。ブラジルGPでの珍しいスピンも実際はプログラムのバグか機械的なトラブルだったという。明らかに熟成不足だったが、そんな状況でもデイモン・ヒルを遥かに上回るパフォーマンスを演じていた。

 セナとヒルの予選でのタイムを比較してみた。

1.ブラジルGP
  セナ:1'15"962
  ヒル:1'17"554

2.パシフィックGP
  セナ:1'10"218
  ヒル:1'10"771

3.サンマリノGP
  セナ:1'21"548
  ヒル:1'22"168


 デイモン・ヒルだって遅くないドライバーだ。過小評価されていたフシはあったが、小生は後年のアロウズ・ヤマハでの走りをみれば、少なくともここ15年間ではシューマッハーに次ぐドライバーだと思う。そんなヒルを大きく引き離したタイムを刻んだアイルトン・セナ。同じマシンゆえに、その実力をうかがい知ることができる。
 

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2008-11-14 20:02 | アイルトン・セナ | Trackback | Comments(2)
Williams FW16 その2
Williams FW16 その2






リヤウイングが低速サーキット用




Williams FW16 その1より



 1994年4月17日決勝、たった数秒でパシフィックGPでのセナはリタイアに追い込まれてしまった。第1コーナー、たった260mのレースであった。PPのセナはスタートで出遅れてしまい、ベネトン・シューマッハーに第1コーナーを取られてしまった!

 ハッキリしたことは覚えていないが、ベネトンは違法トラクションコントロールを密かにシステムに忍ばせていたという。そうなれば当然スタートは、ベネトンに有利に決まっている。シューマッハーがこのことを知っていたかは、今となっては藪の中だろうが、明らかにベネトンは不当で汚い手を使っていた。






ニコラ・ラリーニに横から突っ込まれて万事休す



 バックストレートでの最高速度の比較をすると、デイモン・ヒルのウイリアムズFW16は300km/hだった。一方のベネトンB194は280km/h強。この差は大きい。仮にセナが2位キープでレースが進行していたとすると、バックストレートエンドでシューマッハーをかわすことは可能だったかもしれない。

 この日は初めての生中継放送だったが、いきなりセナがハッキネンにぶつけられてリタイアしてしまったので、スイッチを切ってしまった。後日、当時再放送していた WOWOW で、このレースを録画し、今でも大切に保管してある。

 その日の夕方、フジテレビのニュースでは、セナが怒鳴ってハッキネンを怒っている場面が放送された。ハッキネンは、まるで先生に怒られている生徒のように下を向いたままだった。

 しかし、フォーメーションラップが、オフィシャルカー先導なんて本当にバカげていた。あんな遅いスピードじゃ、1周する間にタイヤが冷えてしまうのは当然の結果だ。バカげたルールもセナに向かい風となってしまった・・・。


Williams FW16 その3へ続く
  

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2008-11-13 21:55 | アイルトン・セナ | Trackback | Comments(0)
Williams FW16 その1
Williams FW16 その1









 1994年、セナが3つのレースだけしか走らなかったマシン。マルボーロカラーのマクラーレンは栄光のマシンだった。そして、このロスマンズカラーで新たな歴史を刻むはずだった。

 第1戦目のブラジルGP、突然の単独スピン、これはショックが大きかった。セナがあんな形でスピンしてマシンを止めてしまうことを観たことが無かったからだ。このスピンが1994年のセナの始まりだったと言える。






スピン直後のセナ



 燃料補給でシューマッハーと同時に入ったセナは、シューマッハーに先を越されてしまった。結局、シューマッハー・ベネトンの不正が後日発覚し、1秒間の給油量が多くなるようにしていたらしい。その他の不正も暴かれた。

 「たられば」だが、ベネトンが不正をしなければ、普通にセナが優勝していたに違いない。神経質なマシンと呼ばれてはいたが、デイモン・ヒルも十分速かった。とは言え、セナより1秒近く遅かったが・・・。


Williams FW16 その2へ続く
 

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2008-11-12 23:37 | アイルトン・セナ | Trackback | Comments(4)
どうかフェラーリが勝つように・・・
どうかフェラーリが勝つように・・・











 日本時間の明日午前2時頃にブラジルGP決勝が行われる!フェラーリ・マッサかマクラーレン・ハミルトン どちらがチャンピオンになるかだ!

 ハミルトンの走りは酷過ぎ!平気で相手をコース外に追いやったり、急ブレーキを踏んだり、急に進路を変えたり、やりたい放題だ。こんな奴はここ数十年いなかった。 セナの若い頃もラフなドライヴィングだったが、ここまではなかった。ハミルトンにはぜひ負けてもらいたい。

 希望を言えば、予選1位のマッサは、そのまま突っ走る!2位のトゥルーリとハミルトンがエス・ド・セナでぶつかって消えてくれれば良いだろう。とは言え、ドライバーズ・ミーティングで注意はされているはずなので、恐らくトゥルーリは引き、ハミルトンを先に行かすだろう。

 とは言え、ハミルトンは5位でフィニッシュすれば良いので、スタートでは無理はしないだろう。しかし、後ろにはアロンソがいる。アロンソは絶対に第一コーナーを取りに行くに違いない。エス・ド・セナでのアロンソ・ハミルトンの対決も見物だ。

 とにかくハミルトンにはチャンピオンを獲ってもらいたくない。自分がセナと同じレベルでいるって言ったと報道されている。真偽の程は分からない。マッサもチャンピオンにふさわしいか、これも疑問だ。今年ほどレベルの低いF1は珍しいだろう。

 やっぱりチャンピオンにふさわしいドライバーは、シューマッハーとタメを張ったアロンソだけだと言える。クルマの性能で劣るルノーでの2勝、これは素晴らしい!1993年のセナには敵わないだろうが、それに匹敵しそうなパフォーマンスだ。

 1位アロンソ、2位マッサ、3位ライコネン、ちなみにハミルトンはリタイア。こうなってくれれば最高だ!そうなることを心から願い、念力で地球の裏に送って寝る。








にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2008-11-02 20:29 | F1 | Trackback | Comments(4)
ページトップ