excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


タグ:カーライフ ( 71 ) タグの人気記事
『週刊 トヨタ 2000GT』続き
『週刊 トヨタ 2000GT』続き

 やっとボディの組み立てまで進んだ。窓ガラスはプラスティック製で指紋が付きやすいため、手袋が必要だった。ボディは想像していたより大きかったので、飾る場所もある程度のスペースが必要だ。



ボディにドアや窓ガラスを装着


 全巻65号だが、現在59号まで消化した。あと6号で完了だが、今まで組み立てたパーツをシャシーやボディに付けていく作業なので、今まで以上に神経を使いそうだ。何故かというと、付けるときに組み上げた各パーツが、力の加減で分解したり破損する可能性があるからだ。



メッキ仕上げ部分も指紋が残りやすい


 既に廃刊になっている『週刊 トヨタ 2000GT』なので、うっかり部品を壊してしまった場合、再び入手するのは困難である。ヤフーオークションでバラで出品されているが、それが目的の号とは限らない。



シャシー下は少しチープかも(笑)


 残り6号は今までの15号分くらいの工数になりそうだ。3/21までの3連休で完成を目指して、シコシコ・セコセコ・チンタラ・慎重に仕上げていく予定だ(笑)





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2016-03-08 23:30 | クルマ | Trackback | Comments(0)
『週刊 トヨタ 2000GT』
『週刊 トヨタ 2000GT』

 一昨年に完結したディアゴスティーニのトヨタ2000GT。2年あまり開梱せず放置していたが、そろそろ邪魔になってきて、更にホコリまみれになってきてしまっているので、第1号より組み立てを開始した!

 以前、全て購入した同社製のフェラーリ2002を全く組み立てせず、甥っ子にタダであげてしまった前歴があるので、今回こそ絶対に完成させるべく、気合を入れて毎日組み立てている。





 ディアゴスティーニでは廃刊になっており、もう部品の供給は無い。細かい部品が多いので、一つでも紛失・破損をまねいてしまったら、完成することができなくなるので、慎重に慎重に組み立ている。





 全部で65号で完結だが、2月29日現在、第50号まできている。あと15号分で完成だが、この辺から組み立てが難しくなるようだ。今までバラで作り込んだ各パーツを合わせていく作業なので、破損や傷を発生させてしまうと完成したときの満足度が激減することになりかねない。





 老眼が進行している小生には、かなりきつい作業だ。近眼で老眼は最悪だ。近くの物に焦点を合わせるのが辛くなってきている(泣)メガネを外したり付けたりで忙しい。更に明るさの反応も落ちてきているので、細かい部品の奥深くが非常に見えにくい。

 ピンセットで挟んで小さな穴に通す作業も多いため、かなり失敗もしているが、うまくいったときの喜びもそれだけ大きい。そういう意味でストレス解消にもなる作業だ。どんなことでも達成感は大切だ(笑)

 




 






アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2016-02-29 23:23 | クルマ | Trackback | Comments(2)
BMW モニター故障!
BMW モニター故障!

 一昨年3月、10年乗り続けた3シリーズを泣く泣く手放し、1シリーズを購入した。車庫の大きさの関係で1シリーズを選択したが、リアガラスの狭さが原因の後方視界の悪さが、今でも違和感がありバックモニター無しでバックができない。


症状1 完全に電気信号がストップ


 年々運転スキルが下がっている小生だが、この後方視界が悪いクルマでモニターは必需品だ。バックするとき、後方視界の悪さを補っているので、それにかなり助けられている。しかし、理由は不明だが、購入してから時々モニターが映らないことがあった。

 一番初めに発症したのが、2014年11月頃だ。大阪に用事があり、飛行機を利用するためにクルマを羽田空港の駐車場にとめた。翌日、大阪から戻ると「症状1」の状態になった。モニターに信号が行かず、No signal の表示しか出ない。モニターは生きているが、車載システムの映像出力が来てない状態だ。



症状2 モニターがブラックアウト!


 今年に入り、ブラックアウトの頻度が高くなっている。気温が低いときに発症しているようだ。気温の低さが、モニターか車載システムに何か影響しているのかもしれない。1月に入り何回も「症状2」が発症した。画面が真っ暗で何も映らない。こうなるとナビもステレオも使用不可だ。




症状3 ブラックアウトだが白いチラつきがある


 同じブラックアウトでも「症状3」の場合、ときどき白いチラつきが画面に映る。これも全くナビもステレオも使用不可だ。今のクルマは、ナビもステレオもコンピュータ表示も、全部一緒になっているので、モニターが映らないと何もできなくなってしまう。

 現在、ディーラーにクルマを預け原因を探してもらっている。発症するタイミングがマチマチなので、発症時にエラーレポートを解析したいとのこと。発症の原因が判明しないと、どの部品を取り換えるのかが判断できないそうだ。

 ステレオとナビは別々の方が良いと思う。どちらかが故障しても共倒れになることはない。ちなみにこのモニターユニット、20万円もするそうだ。メーカーはアルパインらしい。
  



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2016-02-26 22:16 | クルマ | Trackback | Comments(0)
BMW 1シリーズ F20
BMW 1シリーズ F20





 2014年3月末、10年乗り続けた3シリーズを度重なる故障のため、泣く泣く手放してしまった。代わりに購入したのが、1年落ちの1シリーズ(F20)だ。車庫の関係で、新しい3シリーズが入らないこともあり、少し車長が短い1シリーズを選択した。

 全長は100ミリほどE46より短いが、全福は30ミリ広くなっている。5ドアハッチバックだが、ボンネットが長い。見た目は実際の寸法より小さく見えるが、案外小さくはない。

 5ドアハッチバックのクルマを購入したことは、昔、三菱セレステの3ドアクーペ以来約30年ぶりだった。小生はどちらかというと、この手のクルマの運転が苦手である。理由はリアガラスの大きさが小さく、視認性に欠けるからである。

 去年4月に購入して、約1年が経過したが、未だに運転に慣れていない。後ろも見難いし、左側の視認性もE46より欠けるので、尚更運転には慎重にならざるを得ない。初めはバックの感覚もつかめず、一人でイライラして運転していた。

 幸い小生のクルマにはバックカメラが付いているので、モニターに車両後部状況が映し出されるため、それに助けられている。しかし、本当はそんなものに依存する運転は、自分のスキルがどんどん低下するような気がしてならない。



 そして、イマイチしっくりこないのが、「iドライブ」と呼ばれているシステムだ。これは使い辛くてめんどくさい。車両システム・ナビ・オーディオが全部まとめられているので、社外品を取り付けることが非常に難しいとのこと。

 操作も直感的に使えず、つまみをグルグル回したり押したりで忙しい。BMWって真剣にユーザーのことを考えてくれているのだろうか?後付けオーディオ機器も付けにくく、E46で楽しんでいた5.1chも今のところ不可能な状態。

 CDをHDDにコピーする場合、アルバム名や曲名が内部データに合致していれば表示されるが、そうでない場合、インターネットにも接続できないので、アルバム名を手動入力しなければならない。曲名に関しては入力すらできない。



 モニターも不要なほど横に長い。そして奥に引っ込んでいるので、小生のような近眼と老眼が同時にきている者には、非常に見難い形と見難い位置である。
 
 そんな位置にあるため、ナビのフォントを大きくしても、時々読み違えたり、見落としたりすることが多くなってしまった。BMWのナビシステムはアルパインらしいが、カロッツェリアに慣れてきていた小生には、未だにしっくりきていない。

 音楽を聴いていても、途中でシステム音声が割り込んでくる。設定をいろいろ試してみたが、やはり割り込みを解除するのは不可能なようだ。バック時のチャイム音もステレオの設定の準じているようで、チャイム音自体を小さくすることもできない。

 文句タラタラな記事になってしまった(苦笑)ハッキリ言えることがある。このクルマのオーナーになる人に勧めたいことは、純正ナビやバックカメラは取り付けないこと。社外品の方が安く性能も使いやすさも上だろう。

 ナビレス仕様のクルマを買って、後からナビ、オーディオ、バックカメラを取り付ける方が、まだ良いだろう。中古車ディーラーを経営している友人が言っていたが、今のBMWで社外品を比較的取り付けられるのは、せいぜい3シリーズまで。5シリーズ以上になるとそれすら不可能に近いと言っていた。

 10年落ち以前の古いクルマになってしまうが、やはり3シリーズE46をもう一度手に入れたいと思う今日この頃である(笑)




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2015-05-11 23:22 | クルマ | Trackback | Comments(0)
10月にタイヤ交換
10月にタイヤ交換




ピレリ P-ゼロ ロッソ




左右非対称トレッドが好き


 2010年夏頃、ミシュランに取り換えていたが、どうも乗り心地に違和感があり、ずっとその味に馴染めなった。ミシュランの方が、タイヤライフが長かったようだが・・・。

 値段もミシュランの方が安いが、やはり元のピレリの味が忘れられなかったので、再びP-ゼロ・ロッソに戻した。いくつかのタイヤ専門店で見積もりをしてもらったが、以前購入した横浜市都筑区の業者は、「もう入荷しない」とけんもほろろに断られた(泣)

 諦めきれないので、いくつかの業者を探して見積もってもらったところ、一番安くて良心的なお店を発見した。ビックフット茅ヶ崎店という業者だ。他の業者よりトータルで1万円ほど安かった。

 P-ゼロ・ロッソで、12.6万円はかなり安かったと思うが、他のユーザーはどのくらいで購入しているのだろうか、ちょっと気になるが。P-ゼロ・ロッソは前のミシュランよりコンフォートに振られているので、乗り心地も良好だ。




アクセス解析AX


 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2013-12-14 12:58 | クルマ | Trackback | Comments(0)
ヘタクソドライバー出現時期
ヘタクソドライバー出現時期

 お盆休みに突入した。10連休近い人たちも多いだろう。小生、この猛暑では外に出る気にもならない。とは言え、今日は止むを得ず昼間のクソ暑い中、車で外出した。

 本日8月10日、日産スタジアムで行われるサザンオールスターズのコンサートを身内が観に行くと言うので、自宅より新横浜の現地までクルマで送った。

 本当は休み中の運転はしたくない。何故かと言うと、サンデードライバーが多数出現するので、運転していると、いつもより非常に大きな疲労感が残るからだ。

 自宅を出ると、やはり出発前の憂うつな予想がことごとく的中していた。細かいことはキリが無いので、主な例を挙げてみよう。

1.狭い道路ですれ違いができないドライバー。満足にすれ違いができないのなら、幅広の外車や3ナンバーのミニバンなんぞ乗るな!裏道使わないで広い道を走れ、ヘタクソが!と思った。更に下手なベンツとも遭遇したが、凄い美人だったので、一瞬でイライラは消失した(笑)

2.高速道路で追い越し車線を走行車線より遅い速度で走り続けるドライバー。これはメチャクチャいらいらする。さっさと左の走行車線に進路変更すれば良いのに、先頭を走り続けているため、後ろに渋滞を発生させている。こういう奴の脳みその構造はどうなってるんだ?(笑)

3.スピードが一定しないドライバー。一般道も高速もフラフラと走り続け、登り坂になると極端にスピードが落ち、後ろに渋滞を発生させている。こういう輩は自分のことしか考えていないのだろう。ジジイが多いようだ。

4.下り坂でブレーキを踏みっ放しにするドライバー。これはAT免許の弊害だろう。ATだってエンジンブレーキを利用し、無駄なフットブレーキを使用する必要は無いはずだ。しかし、エンジンブレーキの概念が無いアホドライバーは、単純にブレーキを踏み続ける。後ろのクルマのことは一切考えていない超馬鹿だ。AT免許は廃止して欲しいと真剣に思う。

5.高速道路で車間距離を詰め過ぎて、しょっちゅうブレーキをかけて、ブレーキランプを点灯させているドライバー。これは The 馬鹿 of 馬鹿達 だろう。そんな忙しくブレーキを踏んでるなら、車間距離を空けてブレーキを踏まない運転をすれば済むことだ。後ろで走っている小生はブレーキランプ点灯がウザくて疲れた(笑)

 この時期、他県ナンバーも多いため、道が分からずフラフラ左右に蛇行しているクルマも見受けられる。こういうクルマも危険だ。下手な奴になると車線を跨いで道路の真ん中を走っている。

 他にもいろいろ遭遇するが、いずれにしても、こちらが注意していないと事故につながるということだ。クルマの運転の鉄則は、先ず相手を信用してはいけない。期待もしてはいけない。自分と同じ運転をすると予測してはいけない。

 休み中、事故のニュースは見聞きしたくない。どうか運転には細心の注意を払って欲しい。もちろん、これは自分自身への戒めでもある。


  


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2013-08-10 22:30 | クルマ | Trackback | Comments(9)
夕暮れ時のヘッドライト点灯について
夕暮れ時のヘッドライト点灯について


 小生は毎日通勤などでクルマを運転しているが、この陽がのびた夏の時期でどうしても気になることがある。

 春分から秋分の間は昼間の時間が長いのだが、特に6月から8月にかけて陽が長くなる。夜になるのが遅いので、19時頃でも空が明るい日が多い。

 夕方の時間帯は薄暗いので、空と路面の明るさや色が同じように見えることがあるので、特に運転には注意が必要だ。

 しかし、対向車を観察していると、ヘッドライトはおろか、スモールライトも点灯していないクルマが多い。18時半から19時頃が危険な時間帯だ。

 クルマの色がブラックでヘッドライトもスモールライトも点けていないと、路面から突然出現したように見えることがある。本当に危険だ。

 運転している奴から見れば、周りは見えているのだろうが、逆に周りの人やクルマが、その黒いクルマを認識し難くなっている可能性がある。

 ライト点灯ということ、もちろん前を照らすことが一番の目的であるが、自分の存在を周りに知らしめるという目的も同時にある。

 これを認識しているドライバーが少ないのではないだろうか?特に国産車はメーター周りが自光式なので、ライトオンにしなくてもメーターが見えてしまうということも原因の1つに挙げられると思う。

 自光式を否定しないが、何も考えていない一部のバカなドライバーは、夜になってもヘッドライトを点けない。そういうドライバーは自己中心的な性格のため、周りを見ないだろう。

 この駄ブログをたまたま読んだ人だけでも良い。ごく少数だけでも良い。夕方、今までよりもう少し早くヘッドライトやスモールライトを点灯して運転して欲しいと思う。

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2013-07-31 23:44 | クルマ | Trackback | Comments(4)
右折大回り
右折大回り



葉山のある交差点で

 葉山町のある交差点で、ときどき見る場面がある。ときどきと言うか、特に最近多く見かけるようになった、とても気になることだ。


この時点で既に交差点中心のゼブラゾーンに進入

 以前の記事でも指摘したが、右折時の大回りだ。右折は通常、交差点中心の内側を最短距離で曲がりなさいと教えられてきているはずだ。


ゼブラゾーンをほぼ直進(笑)

 右折時、交差点の内側を回ること、つまり対向車線を横切ることであり、算数を勉強した者ならば、最短距離で通れば、事故の危険性もその分減るという理屈くらいは分かるだろう。


おいおい!どこまで進むんだ?(笑)

 しかし、そんな簡単な理屈も理解できないヘボ運転手が増殖してきている。明らかに昔より熟練度の低い運転手が増えており、本当に危険で迷惑な存在になりつつある。


交差点の奥深くで、やっと右に曲がり始めていた!

 交差点の奥で右折を始めれば、その分当然対向車の近くになってしまう。無理して曲がれば正面衝突やオフセット衝突の危険性も増す。正に命にかかわることだ。


ほぼ直角で右折していた!

 右折に時間がかかる運転手も多い。対向車ははるか先なのに、一向に右折できないため、右折渋滞が生ずる。そのような運転手は左折しかできない道だけ走れば良い。本当に迷惑千万。


 

アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




右折大回り
by qunny1130 | 2013-07-02 22:37 | ドライブ・レコーダー | Trackback | Comments(0)
そろそろタイヤ交換だ
そろそろタイヤ交換だ




ミシュラン Pilot Sport 3


 国産タイヤを最近使用していないが、ブリヂストンはどうなのだろう?調べてみるとかなり高価だ。ピレリやミシュランより高い価格設定だ。

 今までピレリで6年、ミシュランで3年だが、タイヤライフはミシュランの方が上だ。ピレリは2年毎に交換していたが、ミシュランは今回初めてである。




ピレリ P ZERO ROSSO ZR


 ミシュランのトレッドより、ピレリのトレッドの方が見た目がカッコ良く見える。しかし、小生の欲しい P ZERO ROSSO は、なかなか取り扱っているお店が無い。

 国産タイヤは高い。でも高性能だ。しかし、ライフはさっぱり分からない。とにかく高価なので選択肢から落ちる。口コミではミシュランの方が評価が高いが・・・。



アクセス解析AX


 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2013-07-01 22:11 | クルマ | Trackback | Comments(0)
ガソリンスタンドの閉店が加速 その4
ガソリンスタンドの閉店が加速 その4




画像をクリックすると大きくなります


 上の図だが、葉山町のガソリンスタンドを緑色の点と赤色の点で表示している。緑色の点は現在営業中の店舗だ。赤色の点は閉店・廃業してしまった店舗だ。

 逗子市にあったなぎさ橋の店舗を含めると、赤色が7つ、つまり7店舗が消えてしまったわけだ。小生の記憶に基づいているので、まだ閉店した店舗があるのかもしれない。
 
 逗子市~葉山町~横須賀市相模湾側の国道134号線沿いの店舗減少は尋常ではない。横須賀市側では、更に2店舗が閉店・廃業してしまっているのだ。
 
 ガソリンスタンドの閉店・廃業は絶対に大きな問題である。なぜ国・県・市町村で真剣に対策を練らないのだろう?不思議で仕方がない。

 日本で唯一、海老名市が廃業したガソリンスタンドを買い取り、備蓄基地として整備することが発表されたくらいだ。海老名市の政策は素晴らしい。危機を見越している。

 ハイブリッドカーの普及により、ガソリン消費量が減っているのかもしれないが、ここ十数年でここまで減ってしまって良いわけがない。

 関東地方南部に関していえば、いずれ必ず大地震に見舞われることは間違いない。そのときまた大パニックになり、数少ないガソリンスタンド目がけて、超大渋滞が発生し、大混乱が起きるだろう。

 我々小市民は、そんな愚行を繰り返さないよう、粘り強く政治家や自治体に向け、声を上げ続けていくべきだ。これも今からでも遅くは無い。小さな力の結集が大切なのだ。諦めてはいけない。

  


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




ガソリンスタンドの閉店が加速 その3
ガソリンスタンドの閉店が加速 その2
ガソリンスタンドの閉店が加速 その1
2007年10月19日の記事再投稿 無くなっていくガソリンスタンド
無くなっていくガソリンスタンド
by qunny1130 | 2013-06-18 23:31 | クルマ | Trackback | Comments(2)
ページトップ