excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 22:57
どーも、豊田にいってきた..
by tak at 21:23
takさん、こんばんは..
by qunny1130 at 23:17
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 23:13
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Pre Show Paul McCartney JAPAN
Pre Show Paul McCartney JAPAN



2015年4月27日東京ドーム

 ポールのコンサートで楽しめる時間は、コンサートそのものの時間は当然だが、ポールがステージに上がる前のフィルムショーも同様だ。

 そのフィルムショーのことを "Pre Show" と言うらしい。思えば、1990年、1993年も "Pre Show" はあったし、2013年もあった。しかし、2002年は変な大道芸人みたいなショーがあって、興醒めしたことは忘れていない(笑)

 今回は曲目を忘れたくなかったので、レコーダーで録音して後で曲順を確認してみた。全部で15曲がメドレー形式で編集してありる。以下がその曲順だ!

01.Besame Mucho
02.Money
03.I Wanna Be Your Man
04.Twist & Shout
05.And I Love Her
06.Octpus's Garden
07.Let' em In
08.Uncle Albert/Admiral Halsey
09.No More Lonely Nights
10.With A Little Luck
11.Goodnight Tonight
12.Silly Love Song
13.Temporary Secretary
14.Coming Up
15.The End


 全部ビートルズ、ウイングス、ポールソロに関係する曲だが、一部ポールではないアーティストが歌っている曲もあり、ちょっと変わっているが、なかなか聴き応えがあるメドレーだ。

 実際のコンサートでは演奏しない曲が多く、ファン的に生演奏で聴きたい曲も入っている。生粋のウイングスファンの小生としては、Goodnight Tonight や Silly Love Song をセットリストに入れて欲しいと思うが、やっぱり無理なのだろうかね。。。。



 

アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



Pre Show Paul McCartney
by qunny1130 | 2015-05-31 20:30 | ポール・マッカートニー | Trackback | Comments(0)
Paul McCartney & Wings / Last Flight Glasgow 1979
Paul McCartney & Wings / Last Flight Glasgow 1979





 1980年1月16日、ポールは成田空港に到着直後、大麻取締法違反(不法所持)で現行犯逮捕された。正式には入国せず、日本の土地は踏んだが、その後1月25日に釈放されて日本を発った。

 日本武道館で1月21日から開始される予定だったツアーは全てキャンセルされた(泣)当時、17歳になったばかりの小生だったが、この中止とポールの逮捕はトラウマになってしまった。

Disc 1

01. Got to Get You Into My Life
02. Getting Closer
03. Every Night
04. Again and Again and Again
05. I've Had Enough
06. No Words
07. Cook of the House
08. Old Siam, Sir
09. Maybe I'm Amazed
10. The Fool On the Hill

11. Let It Be
12. Hot As Sun
13, Spin It On
14. Twenty Flight Rock
15. Go Now
16. Arrow Through Me
17. Wonderful Christmastime





 この Paul McCartney & Wings / Last Flight Glasgow 1979 という音源、来日直前1979年12月17日にスコットランドのグラスゴー・アポロ・シアターで録音されたもののようだ。

 もし、1980年1月の日本公演が中止になっていなかったら、恐らくこのセットリストに近い構成だったと推測される。オープニングが Got to Get You Into My Life というのがしびれる。

Disc 2

18. Coming Up
19. Goodnight Tonight
20. Yesterday
21. Mull of Kintyre
22. Band on the Run

23. Coming Up (Single Version)
24. Coming Up (Edit Version)

1979年12月29日?
ハマースミス・オデオン カンボジア難民コンサートより
25. Got to Get You Into My Life
26. Every Night
27. Coming Up
28. Lucille
29. Let It Be
30. Rockestra Theme


 1980年5月にソロで発表された Coming Upは、ポールが逮捕されなければ、ウイングス名義で発表されていたかもしれないが、1979年12月では既にウイングスのレパートリーになっており、日本公演でも聴くことができただろう。

 セットリストは、ウイングス曲と初期のソロ曲が占めている。これこそ小生が当時聴きたかったリアルなポール・マッカートニーの作品群だ。当時、最新盤だった 『Back To The Egg』 からも5曲選ばれている。

 やはり全体的にポールの声が若い。1979年だとポールの年齢は37歳。最近のコンサートの声と比較してしまうが、やはり声の張りとツヤが全然違う。ウイングスでのポールの声と演奏を聴くことができなかった小生世代は不幸だったかもしれない。

 1966年6月~7月、ビートルズ日本公演を経験した我々より歳上のリアルビートルズファンが、妬むほど羨ましいと当時は思ったものだ。(今でも少し思うが)

 2015年4月28日、日本武道館でポール・マッカートニーがコンサートを行った。世間一般的には、ビートルズから49年という表現を使う人が多かったと思う。

 しかし、少なくとも小生は、1980年1月に中止された日本武道館公演を意識してしまう。正直、1966年のビートルズ公演はリアルで経験していないので、現実感が全く無いのだ。

 時間を戻すことができるなら、1970年代後半に戻り、当時のウイングスを生で経験してみたい。この音源の会場のどこかの席にいて、リアルなウイングスを聴いてみたいと強く思う今日この頃である。

 

アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



Paul McCartney & Wings - Last Flight - Kampuchea Full
by qunny1130 | 2015-05-13 21:42 | ポール・マッカートニー | Trackback | Comments(0)
カッコ良いギター弾き発見!その10 Wings My Love
カッコ良いギター弾き発見!その10 Wings My Love


曲は「マイ・ラヴ」

 久々の"カッコ良いギター弾き発見!"シリーズ。約6年ぶりの紹介である。インターネットを徘徊していると、いろいろな人がいることを認識させられる。

 ギターやベースの腕に自信がある人は、自分のプレーを映像に撮り、それを YouTube などにアップロードして全世界の人に見てもらうことができる。数十年前を思えば、今がどれだけ凄い時代かが分かるだろう。

 この映像は、1973年頃にイギリスで放映された「ジェームス・ポール・マッカートニー・ショー」の中で演奏された「マイ・ラヴ」のライヴ・ヴァージョンのギターソロのコピーだ。

 小生がこの映像を初めて見たのは、1975年頃だったと記憶している。NHKで再放送されたときだ。当時の小生のポールへの認識と言えば、ポール・マッカートニーがビートルズのメンバーだったことさえ知らなかったくらいだ。

 ポール・マッカートニーという名前は、洋楽に目覚めた12歳の小生の記憶に初めて刻まれていたが、あの偉大なビートルズのメンバーだと認識するのは、その数か月後であった。

 ビートルズをリアルタイムで経験したことが無い小生にとって、ポール・マッカートニー&ウイングスは、初めて元ビートルズのポールに接したソースでもある。

 自分の話ばかりで肝心な映像のギターソロだが、「ジェームス・ポール・マッカートニー・ショー」において、ヘンリー・マッカローがレスポールで弾いたフレーズを忠実に再現している。

 このフレーズ、初めて聴いた時から、正規盤ヴァージョンより好きである。昔、ポールの本で読んだような気がするが、収録時、ヘンリー・マッカローが泥酔に近い状態で弾いたフレーズらしい(笑)

 最近、ポールのコンサートで「マイ・ラヴ」がセットリストに上がることが少なくなっているようだ。小生が生で聴いたのは、1993年11月の東京ドームと2002年11月の東京ドームでしかない。今回のツアー、特に武道館で密かに期待していたが、それは叶わなかった・・・。

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




my love guitar solo
Paul McCartney & Wings - My Love [Live] [High Quality]
by qunny1130 | 2015-05-12 22:03 | ポール・マッカートニー | Trackback | Comments(2)
BMW 1シリーズ F20
BMW 1シリーズ F20





 2014年3月末、10年乗り続けた3シリーズを度重なる故障のため、泣く泣く手放してしまった。代わりに購入したのが、1年落ちの1シリーズ(F20)だ。車庫の関係で、新しい3シリーズが入らないこともあり、少し車長が短い1シリーズを選択した。

 全長は100ミリほどE46より短いが、全福は30ミリ広くなっている。5ドアハッチバックだが、ボンネットが長い。見た目は実際の寸法より小さく見えるが、案外小さくはない。

 5ドアハッチバックのクルマを購入したことは、昔、三菱セレステの3ドアクーペ以来約30年ぶりだった。小生はどちらかというと、この手のクルマの運転が苦手である。理由はリアガラスの大きさが小さく、視認性に欠けるからである。

 去年4月に購入して、約1年が経過したが、未だに運転に慣れていない。後ろも見難いし、左側の視認性もE46より欠けるので、尚更運転には慎重にならざるを得ない。初めはバックの感覚もつかめず、一人でイライラして運転していた。

 幸い小生のクルマにはバックカメラが付いているので、モニターに車両後部状況が映し出されるため、それに助けられている。しかし、本当はそんなものに依存する運転は、自分のスキルがどんどん低下するような気がしてならない。



 そして、イマイチしっくりこないのが、「iドライブ」と呼ばれているシステムだ。これは使い辛くてめんどくさい。車両システム・ナビ・オーディオが全部まとめられているので、社外品を取り付けることが非常に難しいとのこと。

 操作も直感的に使えず、つまみをグルグル回したり押したりで忙しい。BMWって真剣にユーザーのことを考えてくれているのだろうか?後付けオーディオ機器も付けにくく、E46で楽しんでいた5.1chも今のところ不可能な状態。

 CDをHDDにコピーする場合、アルバム名や曲名が内部データに合致していれば表示されるが、そうでない場合、インターネットにも接続できないので、アルバム名を手動入力しなければならない。曲名に関しては入力すらできない。



 モニターも不要なほど横に長い。そして奥に引っ込んでいるので、小生のような近眼と老眼が同時にきている者には、非常に見難い形と見難い位置である。
 
 そんな位置にあるため、ナビのフォントを大きくしても、時々読み違えたり、見落としたりすることが多くなってしまった。BMWのナビシステムはアルパインらしいが、カロッツェリアに慣れてきていた小生には、未だにしっくりきていない。

 音楽を聴いていても、途中でシステム音声が割り込んでくる。設定をいろいろ試してみたが、やはり割り込みを解除するのは不可能なようだ。バック時のチャイム音もステレオの設定の準じているようで、チャイム音自体を小さくすることもできない。

 文句タラタラな記事になってしまった(苦笑)ハッキリ言えることがある。このクルマのオーナーになる人に勧めたいことは、純正ナビやバックカメラは取り付けないこと。社外品の方が安く性能も使いやすさも上だろう。

 ナビレス仕様のクルマを買って、後からナビ、オーディオ、バックカメラを取り付ける方が、まだ良いだろう。中古車ディーラーを経営している友人が言っていたが、今のBMWで社外品を比較的取り付けられるのは、せいぜい3シリーズまで。5シリーズ以上になるとそれすら不可能に近いと言っていた。

 10年落ち以前の古いクルマになってしまうが、やはり3シリーズE46をもう一度手に入れたいと思う今日この頃である(笑)




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2015-05-11 23:22 | クルマ | Trackback | Comments(0)
Cilla (シラ・ブラックの伝記ドラマ)
Cilla (シラ・ブラックの伝記ドラマ)



DVDジャケット

 シラ・ブラックの昔の映像を観たくなって YouTube を検索していたら、イギリスITVで、シラ・ブラックの伝記ドラマが、昨年制作されていたことを初めて知った!



キャヴァーンクラブ

 デビュー前から有名になった後までのドラマらしい。キャヴァーンクラブでクローク係の仕事をしていたというシラ・ブラックだが、ビートルズのメンバーも登場するようだ。



ビートルズのメンバーのようだ

 シラ・ブラックを演じている女優は、シェリダン・スミスというイギリス人のようだ。全く知らない女優だったが、調べたところ両親も兄も家族全員が芸能人のようだ。



ビートルズの演奏を見ているシラ・ブラック

 主演のシェリダン・スミスの容姿は、シラ・ブラック本人にそっくりだ。たれ目とかヘアスタイルは、当時の本人を忠実に再現している。歌っているシーンがあるが、シェリダン・スミス本人が歌っているのだろうか?



ジョージ・マーティン氏か?

 誰が歌っているにしても、シラ・ブラックの高い歌唱力を再現しており、あの個性的なコブシの入れ方も忠実に真似ているので、まるで本人が歌っているように聴こえる。



主演はシェリダン・スミス

 マネージメントもビートルズを成功に導いたブライアン・エプスタインだったとのこと。音楽プロデューサーのジョージ・マーティン氏と思われる配役もあるようだ。ビートルズの歴史と並行している時期でもあり、このドラマは大変興味深い。



本物にそっくりだ

 このドラマの日本語字幕版を期待したいが、本国イギリスでは、女性シンガーとして大御所で通っていても、ここ日本では非常にマイナーなシラ・ブラックだ。日本語字幕版は期待できまい・・・。自分の稚拙な英語力で台詞を訳していくしかないだろう(泣)



このシーンもそっくりだ

 DVDは日本では発売されていない。探したところ、イギリスのアマゾンで販売されていた。送料込みで約2,000円だ。これは安いだろう。イギリスも日本と同じリージョン2だ。フォーマットはPAL方式なので、通常のDVDプレーヤーでは再生できない。

ブライアン・エプスタイン氏か?

 パソコンで再生するか、PAL方式でも再生可能なDVDプレーヤーを使用すればOKだろう。早速週末に注文した。デリバリーは1週間ほどのようだ。届いたらレビュー記事を書いてみるつもりだ。

ロリーストーム&ハリケーンズ時代のリンゴ・スターか?
 

 

アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



Cilla (2014) - Sheridan Smith (Cilla Black) - Boys
Sheridan Smith -- Anyone Who Had A Heart (from CILLA, ITV, 2014)
Cilla, Starts Monday 15th September on ITV
Cilla | Episode 2, Monday 22nd September at 9pm, ITV
Cilla | Episode 3, Monday 29th September at 9pm, ITV
Sheridan Smith on The One Show 11/ 09/ 2014 (Part 1)
Cilla (2014) - Sheridan Smith (Cilla Black) - You're My World
Cilla (2014) - Sheridan Smith (Cilla Black) - Some other girl
Cilla (2014) - Sheridan Smith (Cilla Black) - A Shot of Rhythm and Blues
ジュリアン サントラがいっぱい
BEATLESとシラ・ブラックの関係
by qunny1130 | 2015-05-10 23:20 | ビートルズファミリー | Trackback | Comments(0)
野沢雅子、悟空や悟飯役は「鳥山明先生の即決です」
野沢雅子、悟空や悟飯役は「鳥山明先生の即決です」

以下、ニュースより

 
 “悟空の日”の「記念日登録証」を贈呈された野沢は「すごいでしょ!認めていただいたのは、みなさんのおかげです」と満面の笑みを浮かべた。

 続いて野沢は、孫悟空、孫悟飯、孫悟天の声優に抜擢された時の秘話も明かした。孫悟空役について「オーディションで、鳥山先生が私の言ったセリフを聞いて即決!『この方だ』と選んでくださったんです。最高でしょ」とうれしそうに笑顔を見せた。

 孫悟飯役についても「誰がやるのか、楽しみにしてたの。そしたら『野沢さんですよ』と言われて。『誰が決めてくださったんですか?』と聞いたら、それも鳥山先生だったそうで。本当にうれしかったです。孫悟天役もそうみたいで、すっと言われました。3役やらせていただいて幸せです」と当時を振り返った。

 さらに、鳥山明と面識があり、対談もしたことがある野沢は「鳥山先生は親しみやすいし、自然体で接してくださる方。でも、それでいてシャイなんです。だから、パーティーとかはお好きじゃないかも」とのこと。



 もはや声優界きっての大御所である野沢雅子さん。現役バリバリで声も昔とそう変わらない。年齢は驚きの78歳!来年には80歳になるという。小生の母親より歳が上である。

 小生は幼少の頃から野沢さんの声に親しんできた。一番初めに認識したのが、第一期「ゲゲゲの鬼太郎」での鬼太郎役だ。まだ幼稚園に通っている頃に放映されていたモノクロの作品だ。昭和43年頃なので、まだ小学校入学以前である。

 その後は「いなかっぺ大将」の風大左衛門も印象深い。先日亡くなった愛川欽也さんのニャンコ先生との掛け合いは、今でもそのシーンが浮かんでくるくらいだ。

 「いなかっぺ大将」の少し後から放送が始まった第二期「ゲゲゲの鬼太郎」での野沢さんの演技は、現在まで続いている同作の中で最高だと思う。この第二期の鬼太郎ほど怖いと感じたアニメは無い。

 「いなかっぺ大将」が終わってからは、「ど根性ガエル」のひろし役だ。この作品も当時毎週観て楽しんだものだ。同時期に「ドロロンえん魔くん」の主人公のえん魔くん役だ。これも毎週観たものだ。

 幼少期に観た作品でもう一つ欠かせないものがあった!それは「魔法使いサリー」で、よし子の弟達、三つ子の一人である花村トン吉役だ。「魔法使いサリー」は、再放送でしつこいほど観ているが、リアルタイムで観ていた記憶は無い。(恐らく小生が3歳頃が本放送だと思われる)

 こうなると小生は、小学校入学以前から小学校卒業位まで、毎週のように野沢雅子さんの声を聞いて育ったようなものだ。同世代の人達の中で、同じような境遇の人もいるかもしれない。

 野沢さんの凄いところは、各主人公の声が微妙にトーンが異なっていることだ。その後、「銀河鉄道999」の星野鉄郎も10代半ばだった小生に大きな影響を与えてくれた役だ。

 一番有名な役と思われる孫悟空の「ドラゴンボール」も小生が20代前半から開始し、現在も新作が制作されているくらい息の長い作品である。

 つまり小生は物心をついた頃から現在まで、野沢雅子さんの声を聞いて人生を歩んできたようなものだ(ちょっと大げさだがww)。

 野沢さんには、ずっと現役で声優を続けていただきたいし、先ず健康に過ごしていただき、子供から我々のような大人の世代の者達まで、これからも一日でも多く夢を与えて欲しいなと思う。





 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



野沢雅子、悟空や悟飯役は「鳥山明先生の即決です」
by qunny1130 | 2015-05-09 22:18 | アニメ | Trackback | Comments(2)
東京ドーム武道館チケット引換 2015年4月26日午後
東京ドーム武道館チケット引換 2015年4月26日午後




 4月28日の武道館チケットの入手方法は、引換券やクラウドサージのメール控え等を持参し、身分証明書を提示して本人と確認されればOKだった。

 インフォメーションでは、4月26日と4月27日の東京ドーム、4月28日の日本武道館で受付をするとのこと。小生は4月26日の東京ドームを選択した。




 受付の22番ゲートから東京ドーム内に入場した。ほとんど人がいない場内だ。通常、コンサートの喧騒や人ごみで場内をゆっくり観る余裕は無い。しかし、今回はチケットの引換だけのために場内に入ることができた。



1塁側ベンチを観察(笑)

 チケットの引換場所まで行くと、いくつかブースのようなものがあり、青い封筒が入っている箱がたくさん見えた。いくつか分類があるようで、1枚入りの封筒の箱、2枚入りの封筒の箱、3枚入りの封筒の箱 etc があり、引換者の申し込み枚数により係員に案内される流れになっていた。



チケット引換ブース

 小生はクラウドサージで2枚購入していたので、メールの控えと身分証明書を係員に渡して確認してもらった。

 確認後、2枚入り封筒の箱の前に案内され、「どれかお好きなものをお取りください」と言われた。まるでくじ引きだ(笑)どれにしようかなと迷ってしまい、まず手前から4列目の封筒を引こうとした。



写真を撮る人も多かった

 4という数字の縁起が良くないので、その向こう側、つまり5列目の封筒を引いてみた。女性が中身の枚数を確認しますとのことで、チケットを出して見せてくれた。間違いなく2枚ということを小生も確認した。



人がいないと余計広く見える

 小生はS席を購入したが、スタンドのどの位置から観るのか、それが一番気になっていたので、即座にチケットの席順を見た。南側と記載されていたので、ステージ正面ということがわかり、先ずは安心した。

 しかし、今回の武道館公演のチケット代は賛否両論だろう。昨年もSS席10万円を購入していたが、今回は抽選などでやきもきするのがイヤなので、初めからS席を申し込んでいた。

 それでも8万円だ。武道館のキャパは、東京ドームの1/3未満なので入場料収入を上げるためには、一枚あたりの単価を上げざるを得なかったのだろうと思うが、これだけ高いと簡単に行ける金額ではないので、諦めてしまう人もきっといたに違いない。
 
 

アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2015-05-07 23:32 | ポール・マッカートニー | Trackback | Comments(0)
東京ドームグッズ売り場 2015年4月23日午後7時過ぎ
東京ドームグッズ売り場 2015年4月23日午後7時過ぎ




 東京ドーム初日ということで、昼間は大混雑だったと聞いていた。しかし、コンサートが始まればガラガラになると読んで、横浜市内からクルマで東京ドームに向かった。

 当日18時頃出発、幸い首都高速道路も空いていたので、1時間足らずで東京ドームに到着した。少し離れたコインパーキングにクルマを入れて、徒歩で東京ドームに向かった。

 やはり予想したとおり、コンサート時間中はガラガラで、グッズ売り場に人影は非常に少なく、欲しいものをゆっくり選べる時間もあり、この時間帯に到着して正解だった。




 しかし、ひとつだけ買えないアイテムがあった。4月23日限定のTシャツだ。これは早々に売り切れたらしい。当日分は当日にしか売らないようだ。

 どうしても欲しいものがあり、それがコンサート当日にしか入手できないのなら、やはり昼間早い時間から並んで待つしかないだろう。

 4月28日の武道館では、武道館限定Tシャツを1人で10枚20枚買う人が相当数いたらしい。そのため列の後の人が買うことができず、かなり不評だったとのこと。

 結果論だが、買える枚数を予め制限して、何時間も待っている人たちに対し、可能な限り公平に購入できる手立てを講じるのが主催者の役目ではないだろうか?殿様商売にも限度があると思う。
 
 

アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2015-05-06 22:21 | ポール・マッカートニー | Trackback | Comments(2)
ポール東京ドーム公演4月25日で遭遇した馬鹿外人
ポール東京ドーム公演4月25日で遭遇した馬鹿外人




東京ドーム座席位置 この日はD7ブロック

 4月25日土曜日の東京ドームも楽しいコンサートだった。もちろんポールの歌や演奏は最高だったが、それ以外にちょっとした出来事に遭遇した。それは非常にマナーの悪い馬鹿外人のバカップルだった。

 小生の座った席は、D7ブロック11列2番だった。下の写真のバカップルの外人男の席は、10列4番である。女はこの写真では写っていないが、同じく10列3番である。小生の前の席である10列2番は40歳過ぎの女性で、隣の1番に座った女性と友人のようだった。



始める前だが、既に泥酔状態

 この外人(害人)バカップル、年齢は20代半ば前後のアメリカ人のようだ。着席したときから騒いでいて、「これはイヤな輩どもに遭遇しちゃったな」と感じていた。ビールを浴びるように飲んでいて、男は特に酔っ払ってテンションが異常に高かった。



とにかくうるさかった(笑)

 日本人でも大きな声で歌ったり歓声を上げている人もたくさんいるが、この害人バカップルのマナーは、それはそれは酷いものだった。ビールを飲み過ぎたせいで数回女がトイレタイム。

 一番呆れたのは、ポールが出てくる直前でトイレへ直行。席を移動する場合、右側にしか動けないので、10人以上の前を通ることになった。10列目の人達、さぞ迷惑だったに違いない。



男はだんだん制御がきかなくなる

 小生の隣に着席した11列目3番と4番はご夫婦のようだ。小生の隣がご主人でその隣が奥様のようだ。つまり、このご夫婦の目の前は、この害人バカップルだったのだ。

 小生は斜め右にバカップルを見る位置だったので、何とか直接的な被害は無かった。しかし、真後ろのご夫婦はたまったものではない。



男は後ろに向かって奇声を上げだした

 いや直接的被害はあった。害人バカップルがビールの入った紙コップを倒し、床がビール浸しになった。真後ろのご夫婦だけではなく、小生の席までビールが流れてきて、それは恐らく12列目にも流れていったようだ。

 この辺から小生も隣のご主人もイライラが始まってしまった。ご主人にも「お荷物大丈夫ですか?」声を掛けてみたところ、逆にこちらが心配されてしまって大変恐縮してしまった。



本当は男の顔を正面から晒したい(笑)

 害人男は泥酔が進んでいったようで、公衆の面前で女とディープキスを始めていた。文化の違いとは言え、こいつらは恥を知らない動物並の本能しかないのだろう。呆れていたが、小生も隣のご主人もとりあえずスルーしていた。

 しかし、男が踊り出してから空気がおかしくなってきた。踊ることは否定しない。つまり他人に迷惑を掛けなければ良いだろう。しかし、害人男は手を激しく回し、それが何回か隣のご主人に触れた。斜め後ろに、それも2席も左にずれていた小生にも害人男の手が触れるくらいとなった。

 とうとうご主人が切れた!「いい加減にしなさい」と注意した。日本語だったので相手に通じたかは分からない。しかし、害人男に効果は殆どなかった。数分間はおとなしくしていたが、また同じようなことをし始めた。

 更に行動はエスカレートし、椅子の上に立った!これには呆れて小生も注意しようとした矢先、ご主人が害人男の背中を押し、降りるように促した。害人男は逆切れし、後に向かってわめいていた。女になだめられていたが、それでもわめき散らしていた。



エンディングの後にも事件があった(笑)

 害人女も席の上に立っていたが、さすが女性なので後ろから押すことはしなかった。海外のコンサートに行ったことが無いので、これが海外で当たり前ならイライラするに違いない。こんなバカップルはレアなものだと思いたい。

 無事にエンディングを迎え、東京ドーム2日目のコンサートも終わった。アリーナ席なので規制退場待ちだったが、その間、この害人男はご主人に向かって悪態をついていた。害人女がなだめていたが、全く意に介さない。

 asshole!!という言葉をご主人に何回か吐き捨てて、このバカ害人男は去った。ご主人も呆れて相手にしていなかったし、奥様も「シッシ」と追っ払う仕草で馬鹿害人男に抗議していた。

 どっちが asshole かは明白だろう。去ってから少しお話しさせていただいた。大阪にも参戦したことも聞いたので、とても親しみがもてた。

 当日4月25日、東京ドームアリーナD7ブロック11列3番・4番にいらしたご主人奥様、いろいろありがとうございました。どこかで機会があれば、またお会いしたいですね。

 

アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2015-05-05 14:18 | ポール・マッカートニー | Trackback | Comments(2)
ポール・マッカートニー 2015年4月21日 大阪京セラドーム
ポール・マッカートニー 2015年4月21日 大阪京セラドーム





入場前




1回目アンコール直前


 2013年に続き今回も大阪京セラドームに参戦した。先ず思うことは入場の段取りを東京ドームと比較すれば、はるかに京セラドームの方が優れていることだ。多少入場時間が遅れてもスムーズに入場できている。この違いはいったい何なのだろうか?

 東京の客層と比較しても、大阪の方がマナーが良い。東京の場合、全国からいろいろな人が集まるので、恐らく非常識な輩もそれだけ多いようだ。しかし、客のノリは東京の方が良いかもしれない。

 今回もアリーナで観ることができてラッキーだった。BCCで購入したチケットでは、好きではないスタンドだったので、血眼になってアリーナ席を探したところ、何とか定価で入手することに成功した。アリーナでもかなり後ろのF7というブロックだったが、ステージ正面だったので、大変観やすい位置だった。

 2013年はもっと前のCブロックだったが、アリーナ左側のため、ポールを右手に観る位置であった。今回は、ほぼ真正面だったこと、前の席の人達が比較的小柄だったので、楽に観ることができた。

 この日の演奏は一日目だったということもあり、正直イマイチだった印象だ。それでも1年半ぶりに生ポール・マッカートニーを観る至福の時間に何ら変わりは無かった。

 翌日22日は新幹線こだま号のグリーン車でノンビリと帰路についた。パックだったが、1100円のアップだけだったし、ガラガラの車両で気を遣わず過ごせるので、時間に制約の無い人にはお勧めだ。

 

アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



ビートルズ・・・いつも心にビートルズ 2015年ポール京セラドーム!
by qunny1130 | 2015-05-04 23:41 | ポール・マッカートニー | Trackback | Comments(0)
ページトップ