excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 22:57
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
フィジケラ頑張ったよ!
フィジケラ頑張ったよ!









 ベルギーGPは、昔から素晴らしいドラマを生んでくれる。1985年ロータス・ルノーに乗るセナの雨の日の優勝、1994年ジョーダン・ハートに乗るバリチェロの奇跡的なポール・ポジション、1998年ジョーダン・無限ホンダに乗るデイモン・ヒルの優勝などが思い浮かぶ。

 昨日の予選で、弱小プライベート・チームであるフォース・インディアのドライバー、ジャンカルロ・フィジケラが、堂々のポール・ポジションを獲得した。これは本当に久しぶりに感動する予選だった。

 1990年代にデビューしたドライバーたちは、21世紀に入り次々と引退し、今生き残っているドライバーは、たった3人しかいない。1993年デビューのルーベンス・バリチェロ、1996年デビューのジャンカルロ・フィジケラ、そして、マッサの代理で正ドライバー復帰の1993年デビューであるルカ・バドエルだ。

 若かった彼らも10数年後、30代後半となり、超ベテランの域に達している。そんな彼らだが、ここ1~2年どんどん地味になっていってしまったように見えたが、先週のヨーロッパGPでバリチェロが優勝した。この復活は、昔からのファンとしてとても嬉しかった。

 そして、フィジケラが今回のベルギーGPで獲ったポール・ポジション。これも凄いことだ。数少ない超高速サーキットであるスパ・フランコルシャンでのこの結果、やはり経験と腕によるところが大きいような気がする。

 今日の決勝の結果は2位表彰台だった。オープニングラップの事故によりセーフティ・カーが無ければ、もしかしたら優勝していたかもしれない。優勝したライコネンと同じペースで走り続け、堂々の2位ゴールだった。

 しばらくポイントの無かったフィジケラだったが、久々のポイントゲットが2位だ。フォース・インディアF1チームにもポイントを初めて持ち帰った。フォース・インディアF1チームは旧ジョーダンだが、フィジケラは2003年ブラジルGPでも優勝をチームにプレゼントしている。

 先週のバリチェロといい、今週のフィジケラといい、小生の好きなドライバーが上位フィニッシュで元気な姿を見せてくれている。レース後のインタビューで質問があった。それは「ジャンカルロ、あなたは次のイタリアGPでフェラーリに乗るのですか?」という内容だ。興味深い質問だったが、フィジケラは「それはありません」と回答した。
 
 しかし、できるならフェラーリに乗ってもらい、もう一花咲かせて欲しいと思う。シューマッハーの復帰云々も面白いかもしれないが、やはり現役ドライバーに走ってもらいたいとファンとしては思う。どのチームに行こうと、ベテランたちには頑張ってガキドライバーに力を見せ付けて欲しい!!

 追記:もう1人1990年代デビューのドライバーがいたことを忘れていた。1997年デビューのヤルノ・トゥルーリだ。右京の弟分と言われた彼も35歳。4人の1990年代デビューの現役ドライバーのうち3人はイタリア人。


 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





冴沢鐘己の日々~You are not alone~
ケミカルリアクション。BLOG
うかうか三十、きょろきょろ四十 森田順子
Good Enough?
チキラメ日記
mediabahn 子供じゃないモン!
またミニカー買ってしまいました~゜*。(*´Д`)。*°
by qunny1130 | 2009-08-31 01:55 | F1 | Trackback | Comments(2)
この人のいた団体の支持政党は?
この人のいた団体の支持政党は?


 
 このような行動や発言を繰り返した人は、かつて日教組のトップだった。その日教組は、昔は旧社会党を支持政党としていたが、現在では民主党だ。旧社会党の残党である社民党は弱体政党と成り下がってしまったので、政治力を行使するためには、大きな政党を支持した方が、より大きな影響を及ぼすことができるからだ。

 こんな発言をした日本人を許せると思うだろうか?小生は決して許すことはできない。このような人間が、子供を教える者たちのトップに君臨していた時代があった。明らかに異常な時代だった。しかし、その影響は、今でも続いているし、今後も続くだろう。

 本当にこれで良いのだろうか?こんなことを平気で言う者が属していた団体に支持されている政党が、偉そうに政権を盗ったらどうなるか・・・。日本人なら真剣に考えれば答えは出るはずだ。目先の欲望に振り回されて、後で取り返しのつかないことになったら、本当にもう戻れないかもしれない。



小生のブログ記事、2008年09月03日から


 槙枝元文氏の言動

槙枝元文氏とは?
 
元日本教職員組合(日教組)委員長
朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会議長

北朝鮮から「親善勲章第一級」をも授与された。
    
 

  槙枝元文氏は、小生が小学生だった頃、日教組の委員長だった人で、その名前はしょっちゅうテレビニュースや新聞に登場し、小生の頭の中に刷り込まれていった。あのメガネの顔も印象的だった。

 労働者の組合ではあるが、日本の子供たちの教育をする現場教師達の組合の長として、左翼活動をしていたことは、小生も小学生ながら非常に憤りを感じ、ストライキをした担任教師に抗議さえした。

 これからの国民を育成していく大切な職種であるのにもかかわらず、その職種に従事する者の集まりが反国家的でさえあった。こんなことが平気で許されていたし、それは現在でも続いている。

 そういう活動をしていた組織の長であった槙枝元文氏の北朝鮮へに対しての言動を拾ってみた。


 
 「この国には泥棒がいない。泥棒とは富の片寄ったところに発生する。この国には泥棒の必要がないのである。泥棒も殺人犯もいないから警察官もいない。交通整理や怪我(けが)人のために社会安全員が街角や交差点に立っているだけ」

 「私は訪朝して以降、世界の中で尊敬される人物は誰ですかと聞かれると、真っ先に金日成主席の名前を挙げることにしています」

 「なぜ私が金日成主席を尊敬するようになったかというと、主席に直接お会いして、朝鮮人民が心から敬愛し、父と仰ぐにふさわしい人であることを確信したからです」

 「金日成主席と金正日総書記が二重写しになって、何の懸念もなく金正日総書記のことを信頼できるようになりました」

 「強い軍隊を率いることは国の自主性を堅持するうえで欠かせないこと」(自衛隊は否定)

 「人民のなかにはいって現地指導されている姿などをもっと積極的に共和国は報道すべきではないでしょうか。キムジョンイル総書記のすばらしさをアピールしたほうがよいと思います」

 「多くの理性的な日本人は皆、チョソン(北朝鮮)と金日成首領閣下を心から尊敬申し上げています」

 「今こそ主体思想を深めていく事が日本人の重大任務な任務であり」

 「私達訪問団は皆、社会主義の成功を目の当たりにして熱い感激に包まれて」いて 「良識ある日本人は全て偉大なる金日成同志に心から尊敬の念を持っている」



 数々の北朝鮮賛美の言動。これは非常に大きな問題だ。自由の全く無い体制である北朝鮮、外国の国民を平気で誘拐する北朝鮮、そんな国を賛美しているのだ。こういうことを言った人が、かつて子供に教育する者達を束ねていた時期もあったのだ。

 氏は拉致事件、核開発問題等、日本の国益に反したことになるとハッキリとした言動がない。北朝鮮への経済制裁反対や核実験に対する国連安保理の制裁決議への遺憾表明、朝鮮統一支持などは声高なのにだ!

 日本人の平和ボケの時代は終わったのだ。国民は全て目を覚ます必要がある。日本の周りの国家と言えば、支那、露西亜、北朝鮮、韓国、台湾だ。韓国は反日であるし、台湾も支那の工作に国家としての主体性を揺さぶり続けられている。

 残った三国、すべて軍国主義で自分達だけが正しいという主張を繰り返す連中の国なのだ。特に北朝鮮の数々の一般日本国民に対する非人道的な悪行の数々を決して許してはならない。そして、それを支持する者に対してもだ。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




花うさぎの「世界は腹黒い」
イザ! 水間政憲氏と映画『南京の真実』を支援するblog(ブログ)
by qunny1130 | 2009-08-30 00:07 | 政治ネタ | Trackback | Comments(10)
社民党(旧社会党)を弾劾する!
社民党(旧社会党)を弾劾する!


 明日8月30日は衆議院選挙投票日だ。この選挙では政権交代が大きく報道されているが、マスコミの明らかな自民党へのネガティブキャンペーンとしか思えない報道も多いと思う。

 対立する民主党に対しては、文化人を自称するロンパリ某放送作家のような「民主党に政権を任せれば良い」などの発言を放送したり、代表や前代表秘書の政治献金問題を報道しなかったり、明らかに偏向しているとしか思えない。

 小生は誰に投票し、どの政党に投票することは決めている。明日は必ず投票所に行くだろう。しかし、過去記事にも書いてきたが、絶対に社民党だけは日本から消滅させるべきだと断言する。

 この政党は、日本という国、日本人という民族を裏切り続けた歴史があるからだ。こういう輩どもを政治の世界から消滅させるには、我々国民の1票1票の貴重な小さいけれども集まれば大きな力しかないからだ。

 


小生のブログ記事、2009年03月21日から


旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 再考 


 人間社会には、どんなに謝っても反省しても、絶対に許せないことがある。殺人、暴力、拉致誘拐など、人の生命や身体に危険が及ぶことだ。現在、日本海を隔てた向こう側にキチガイ国家が存在する。そのキチガイ国家の国民の一部が図々しく日本にも住んでいる。正に厚顔無恥だ。

 そのキチガイ国家は、性懲りもなく、またミサイル恫喝外交をしている。日本共産党が唯我独尊をついてきたため、旧社会党が、そのキチガイ国家と長年友好関係にあった。現在、そのほとんどは民主党に移り、残党が社民党だ。

 彼らは拉致問題を否定し続けてきた。後年、方針転換したらしいが、それは地味になるべく世間に分からせないように行っている。旧社会党の「功」もあるだろう。「第18富士山丸スパイ抑留事件」などの解決だ。それらは小生も知っている。しかし、「罪」に比べたら足元にも及ばないだろう。

 何回訪朝したか知らないが、旧社会党の連中は、金日成詣でを繰り返し、最上級の尊敬語で話し、朝鮮人より尊敬のまなざしで接していたとのことだ。その詣でが一体どんな成果をあげたのか?日本国民にとって、何か良いことがあっただろうか?下記の過去記事に上がっている政治家たちは、現在、どんな思いなのだろうか?

 北朝鮮賛美、共産主義賛美を繰り返し、実際は、独裁恐怖政治である北朝鮮というキチガイで最低な国家と国交を結ぼうと腐心し続けてきたのだ。何か見返りでもあるのだろうか?キチガイ独裁者がいる国家と結びつくと、どんな手厚い見返りがあるのだろうか?

 発射されようとしているミサイルのこと、キチガイ国家は「衛星」と言っているようだ。しかし、衛星通信電波の使用申請も無いという話だ。とにかく話がメチャクチャだ。ルールというものが存在していないのだろう。朝鮮人という民族自体、平気で横車を押す性癖をDNAで持っているに違いない。

 こんなDNAを持っているキチガイ国家を肯定し続けてきた旧社会党、そして、現在の社民党と民主党の一部の者たち。そんな政治家たちを許して良いのだろうか?のうのうと政治活動させても良いのだろうか?小生は絶対に旧社会党の連中を許すことはできない。

 衆院解散と言われ続けているが、我我国民は国益のために、つまり、自分自身の日本人としての存続のために真剣に考えなければならない。現在だけはなく、数十年後の自分や家族の生命にもかかわることだと声を大にして言う!





小生のブログ記事、2006年06月24日から


旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その1


 1. 2002年(平成14年)2月15日、東京都千代田区にある朝鮮会館で行われた金正日総書記誕生祝賀会に出席したメンバーは以下の通りだ。

土井たか子前社民党党首
福島瑞穂社民党党首
村山富市元総理
槇枝元文元日教組委員長


 当時もそうだが、それ以前から拉致疑惑や対日工作のことは話題になっていた。そんな矢先にのうのうと、このようなパーティに出席している。


 2. 社民党の機関紙「社会新報」を読むと、以下のようなことが記載されていた。

 「拉致疑惑が解決しなければ、交渉に応ずるべくではないとする論調が、 まだ一部にあるが、あまりにも大局を失った議論である。拉致疑惑事件は食糧支援をさせないことを狙いとして、最近になって考え出され発表された事件

 「そもそも北朝鮮には日本人少女を拉致する理由がない。これは荒唐無稽というほかない。証拠は何一つない事件。元工作員が本当に存在するのかさえきわめてあやしいと言わざるをえない。証言そのものが創作ではないか」

 「拉致疑惑事件が韓国安企部の脚本、産経新聞の脚色によるデッチあげ朝鮮労働党はマルクス主義政党だからテロはしないはずだ。自白だけで信じる態度はおかしい。 物証がない。北の犯行というのはゲスの勘ぐりだ」


 これらの記事を読んで正直ガッカリした。よくこんな記事が書けたものだ。政党というのは、本来自国民のためのものではないだろうか?旧社会党(現社民党)は日本人による、日本人のための政党なのだろうか?


 3. 拉致疑惑での旧社会党(現社民党)の議員の発言の一部を以下に記しておく。

 辻元清美

 「国交正常化の中では、戦後補償が出てくるでしょう。日本は、かつて朝鮮半島を植民地にして言葉まで奪ったことに対して、北朝鮮には補償を何もしていないのだから、あたりまえの話です。そのこととセットにせずに、『9人10人返せ!』ばかり言ってもフェアじゃないと思います」

 土井たか子

 「捜査当局の発表だけでは納得できない。朝鮮民主主義人民共和国に対する食糧援助は、少女拉致疑惑などとは切り離して人道的見地から促進すべきだ。」

 村山富市

 「拉致問題が片づかないから話ができないということでは、永遠に話はできない。日本はミサイルが飛んで全てを断絶したが、隣の人が困っている時にコメを送ったっていいじゃないか


 政治家は、まず自国民の幸福・安全を考えて行動・発言するべきではないだろうか?ミサイルを武器に恫喝脅し外交を繰り返す北朝鮮を「困っている隣人」と普通の神経なら思うだろうか?



小生のブログ記事、2006年06月25日から


旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その2


 4. 拉致容疑者の釈放嘆願書の署名と提出という日本人なのか?と思うような行動をしている。詳細は以下の通りだ。

 旧社会党は、1989年(平成元年)に当時収監されていた拉致犯人 辛光洙の釈放嘆願書を盧泰愚韓国大統領あてに送ったのだ。その内容は以下の通りだ。

 「私どもは貴国における最近の民主化の発展、とりわけ相当数の政治犯が自由を享受できるようになりつつあることを多とし、さらに残された政治犯の釈放のために貴下が一層のイニシアチブを発揮されることを期待しています。

 在日関係のすべての「政治犯」とその家族が希望に満ちた報せを受け、彼らが韓国での社会生活におけるすぐれた人材として、また日韓両国民の友好のきづなとして働くことができる機会を与えて下さるよう、ここに心からお願いするものであります」

 1989年 大韓民国 盧泰愚大統領貴下

 日本国国会議員一同


 心からお願いすることの順番が違うだろう。署名した政治家の意見を訊きたいし、今どう感じ思っているのか発言する義務があるのではないだろうか?

 署名した主な現職政治家は以下の通りとなる。あいうえお順だ。

伊藤忠治
江田五月 
菅 直人
田並胤明
田 英夫
千葉景子
土井たか子
渕上貞雄
山下八洲夫
山本正和


 実際は133名もの署名が集まったのだ。その殆どは当時の日朝友好議連のメンバー達ばかりだ。よその国の政治犯の釈放云々より、拉致された自国民の人々の帰国に尽力するのが国会議員の仕事ではないだろうか?署名した土井たか子「知らなかった」とシラを言っているようだが、それでは済まされない問題だろう。無責任極まりない行為・発言だ。

 「知らなかった」では通らないのだ。その約1年前だが、1988年(昭和63年)3月26日参院予算委員会で、日本共産党の橋本 敦議員拉致犯人 辛光洙のことを取り上げ非難していたのだ。議事録にも残っているはずだ。したがって、「知らなかった」では済まされないことは政治家として当然だろう。

 北朝鮮の数々の悪行は新聞でも大きく報道されて続けてきた。日本漁船銃撃事件、大韓航空機爆破事件、ラングーン爆破事件等などだ。これらの事実があるのにも関わらず、旧社会党(現社民党)は北朝鮮と友好関係にあったのだ。本当に理解しがたい。

 拉致犯人 辛光洙は、その後恩赦になり釈放され、北朝鮮に逃げてしまった形になった。拉致の重要犯を取り逃がしたことは非常に大きなミスだ。今では拉致犯人 辛光洙英雄扱いにされているほどだ。この事実を署名した政治家たちはどのように受け止めているのだろうか?



小生のブログ記事、2008年09月07日から


土井たか子氏の言動


 土井たか子氏とは?
 
 元衆議院議員
 第59代衆議院議長
 元日本社会党委員長
 前社会民主党党首
     
 
一時、マドンナ議員のリーダー的存在で人気もあったが、その裏では数々のとんでもない北朝鮮賛美を行ってきた人でもある。北朝鮮スパイとして日本人拉致事件のリーダー的存在とされていた辛光洙(シンガンス)の特赦を求めたのも土井たか子氏である。(他にもたくさんの議員がいたが)

 小生の以前の記事にも書いた樫枝元文氏と全く同じで、北朝鮮シンパと断定しても不自然ではないだろう。女史は拉致事件に対し、今までの言動を撤回するようなことも自発的には言っていない。いやいやながら言ったきりだ。まして満足な謝罪さえしていない。

 数十年前、いや、それ以前から日本人たちが北朝鮮のスパイ達により、誘拐拉致されてしまっている。こんな悪行は到底許すことはできない。考えれば考えるほど怒りがふって湧いて出て来る。

 以下が数々の土井たか子氏の言動だ。これを読んで本当に日本という国の政治家だったのか疑問しか湧いてこない・・・・。

 
 「私はまた朝鮮労働党のわが党に対する長年の友誼について感謝し、私の尊敬するわが党の歴代委員長がお国を訪ねて、うち固めた両党友好と連帯の絆は限りなく強固であると思います」

 「私たち日本社会党(現社民党)は、金日成主席の懸命な指導のもとに、朝鮮民主主義人民共和国の人民が社会主義建設でおさめている輝かしい成果を評価します」

 「逃げてる船に追いかけ、あろうことか、威嚇攻撃までするとはなんたることですか!」-不審船が大きく報道されたとき

 「いいえ、自分の家に帰ったようです」-訪朝時金日成主席に『予定がきつくて大変でしょう』と質問されたとき

 「金日成主席、ご自身の筆による『社会主義教育に関するテーゼ』を発表されましたが、その中でも女性に対する教育に対し、大変正しい指導をなさっていると思います」

 「朝鮮民主主義人民共和国に対する食料援助は少女拉致疑惑とは切り離して人道的見地から促進すべきだ」

 「朝鮮革命と社会主義建設の偉業を輝かしい勝利に導かれ、朝鮮の自主的平和統一、アジアと世界の平和の為に類なき貢献をつくしておられる偉大な指導者金日成主席を私は心から尊敬し、万年長寿を祈り、今後の友誼を願って、私の発言を終えたいと存じます」

 「北朝鮮は拉致などしていません。なぜなら北朝鮮がやっていないと言っているからです」
 



 小生が拉致事件を知ったのは、1980年代半ばの頃だ。当時から横田めぐみさんの事件は報道はされていた。しかし、その事件が本当に北朝鮮の犯行なのかは一般国民の中で知る人はほとんどいなかったに違いない。

 しかし、数々のスパイ関連の著書を読破してみると、実際日本の公安警察は北朝鮮の悪行には気付いていたようだ。小生が小学生の頃に聞いた「朝鮮の声放送」の日本向け放送では、わけの分からない乱数をアナウンスしていたり、これが日本国内に潜伏するスパイたちへの指令だったらしい。

 しかし、その間も、土井たか子氏をはじめ、自民党副総裁の金丸 信氏やその取り巻きだった野中広務氏、更に社会党副委員長の田辺 誠氏など、日本のリーダー的政治家の北朝鮮詣では止まらなかったのだ。










 金丸が訪朝した後、確か1990年か1991年頃だったと思うが、新聞では「経済援助2兆円」という記事が大きく載ったことを覚えている。小生は当時、こんなバカなことがあるのか!と思った。そのことをその新聞は批判もしていなかった・・・。

 まあその後「土下座外交」と批判され、金丸は逮捕もあり失脚。金の延棒が発見され、それらがどこから供与されたのか問題になったが、結局真相は闇の中に消えていった・・・。

 こんな政治家ばかりのせいで、誘拐拉致事件をはじめとした北朝鮮の悪行の解決が遅々として進まず、在日たちも義務を果たさず権利ばかり主張し、中には北朝鮮の代議員もいるほどだ。

 純粋な日本人として、こんなことがまかり通ってきたことを決して許してはならない。北朝鮮を支持する代議員は選挙で落とし、在日の組織は破壊防止法を大きく改正、適用し、彼らに国内での活動を許してはならない。







アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




この国は少し変だ!よーめんのブログ(今、日本では自衛隊員が愛国発言をすると退職金が没収されます!) : 民主党は旧社会党より赤い!
日本の心を育むネットワーク
空の森
STAND ALONE COMPLEX
阪神ファンが読売新聞を取らずに済む世の中カモン!
脱☆政治的無関心 確実に「何か」が変わってきたみたい
ねぇ知ってたぁ?
堕ちる日本
山の愚者の国際分析(仮)
千葉法相、拉致実行犯釈放嘆願書署名を反省「申し訳ない気持ち」
by qunny1130 | 2009-08-29 18:32 | 政治ネタ | Trackback | Comments(12)
懐かしの我が愛車 その2-3 トヨペット コロナマークⅡ1900GSS
懐かしの我が愛車 その2-3
トヨペット コロナマークⅡ1900GSS




江ノ島デニーズで 1982年11月頃





江ノ島デニーズで 1982年11月頃





浄蓮の滝で 1982年11月頃





浄蓮の滝で 1982年11月頃



 以前の記事で、この愛車だったトヨペット コロナマークⅡ1900GSSの古いポラロイド写真を紹介したが、他にも数枚発掘することができた。昔の写真は押入れの奥に眠っているアルバムの中に保管されていたが、保管した本人すらその存在を忘れていた。

 4枚の写真の中に写っている黄色のクルマが、そのトヨペット コロナマークⅡ1900GSSだ。友人達と夜11時頃に葉山を出発し、伊豆浄蓮の滝駐車場を目指してドライヴしたときのものだ。小生はまだ19歳!20歳にもなっていなかった。写真のメンバーの中でも最年少だった。

 葉山から伊豆へ行くルートはいくつもあるが、小生はスタンダードなコースを選択した。国道134号線をひたすら西へ走り、逗子、鎌倉、江ノ島、辻堂、茅ヶ崎、平塚などを過ぎると西湘バイパスに繋がっている。西湘バイパスを降りると135号線をひたすら走る。

 途中、宇佐美から亀石峠、大仁を経由し、修善寺に出て、国道136号をひたすら南下すると浄蓮の滝に辿りつくことができた。当時はナビなどのハイテクも存在していなかったので、自分の頭の中の地図と本物の地図を見ながらのドライブだった。

 我が愛車トヨペット コロナマークⅡ1900GSS は、高速巡行性は大変良かったので、西湘バイパスなどの自動車専用道路を走っているときは快適そのものだった。しかし、伊豆の山道を走るときは、かなり忙しく、低速トルクが無いエンジンだったので、ほとんど2速もしくは3速を常用しなければならなかった。

 それでもよく回るエンジンだったので、5000回転前後をキープしていれば、もたつくことはほとんど無かった。このDOHC4気筒1858cc 8R-Gエンジンは独特の低い排気音とその振動、そして吸気音が印象的だった。

 5速マニュアルシフトは、本当にかたくて慣れが必要だったが、コツを覚えればショートストロークのため、早いシフトダウンも思いのままだった。ドライヴしていて本当に楽しいクルマだった。全てに個性的で気難しい部分もあったが、もう一度手に入れたいクルマだ。生産開始からまる40年、今、いったい何台残っているのだろうか・・・・?




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




懐かしの我が愛車 その2 トヨペット コロナマークⅡ1900GSS
懐かしの我が愛車 その2-2 トヨペット コロナマークⅡ1900GSS
車の形をした煙草入れ、ブリキのおもちゃ(玩具)と自動車グッツのコレクション。
ミニカー男のぐうたら休日
by qunny1130 | 2009-08-28 23:38 | クルマ | Trackback | Comments(2)
2009/08/27 現在、和泉友子さんの映像
2009/08/27 現在、和泉友子さんの映像


以下の写真をクリックすると YouTube の映像に飛びます




たぶんテレビ東京の番組から





昭和56年新宿音楽祭のステージから





後楽園場外広場でのライヴステージから






これも後楽園場外広場でのライヴステージから






昭和58年頃、スイミーのCMより
 





昭和56年、『8時だョ!全員集合』より






ペプシCM






「歌謡ドッキリ大放送」






街角ロンリネス



 和泉友子さんの映像も徐々に増えてきているようだ。小生のようなファンとしては大変嬉しいことだし、これからも少しずつでも良いから、友子さんの当時の生映像がアップロードされることを祈るような気持ちで待ち続けいくだろう。

 「あの人は今!」のような番組で特集を組むような有名アイドルとは言えなかったかもしれないが、小生やこの駄ブログで知り合ったファンの方々の心の中に、今でもアイドルとして生き続けている和泉友子さん。

 今は本当に良い時代になったと思う。家庭の押入れに奥深くしまいこまれたビデオテープの中に友子さんの映像が眠っているかもしれない。そういう貴重なソースを目にすること自体、奇跡に近いことだと小生は思う。これからも眠っていた映像が発掘されることを期待したい。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




ヒデのノスタルジックメモリー
「青い水平線 c/w 秋の気配」 和泉友子
アイドル・ミラクルバイブル 818283 Girls
和泉友子 青い水平線 超レア大感動!
和泉友子 swimmy in CM
和泉友子 着メロ発見
アイドル・ミラクルバイブル 818283 Girls
和泉友子 街角ロンリネス他 街頭ライブ (音だけです)
和泉友子_青い水平線
若すぎる恋!「青い水平線」 和泉友子
和泉友子
by qunny1130 | 2009-08-27 23:36 | 音楽 | Trackback | Comments(24)
耳と耳の穴の皮脂
耳と耳の穴の皮脂


 小生は脂性(あぶらしょう)である。もうイヤになるくらいの脂性だ。顔、首、頭髪・・・。特に夏の時期は暑いので汗と混じり気持ち悪くて気が狂いそうだ!とにかくベタベタになる。鼻は脂で光っている!なので、フェイシャルペーパーは欠かせない。

 顔もそうだが、耳全体も何か脂っぽくなってしまう。とにかく脂っぽいのだ。これもまた気持ち悪いので、らでぃっしゅぼーやで買っている洗顔フォームで耳の中も洗っている。普通の石鹸、ボディローション、他社の洗顔フォームでも耳の脂は取り切れなかった。

 その洗顔フォームで、まず顔全体を洗う。特に鼻の部分を念入りに洗う。シャワーですすいだ後、次に耳タブの後ろ側(裏側)に洗顔フォームをつけて念入りに洗う。再度シャワーですすいだ後、今度は耳の本体全体を洗う。穴の中に入らないように注意して洗顔フォームで念入りに洗う。

 とにかく耳自体も脂性なので、お風呂に入ると湿気でヌルヌルになってしまって非常に気持ちが悪い。なかなかそのヌルヌルが落ちなくて困っていたのだが、今の洗顔フォームを使うと顔もそうだが、耳の中の脂分もきれいに落としてくれる。しかも、落ちすぎてつっぱったり、落ちなくてヌルヌルが残ったりもしない。

 身体の他の部分は脂性ではないのに、なぜか顔や頭皮が脂性だ。顔の皮脂が目にうっかり染みるように入ってしまうと痛くてたまらない。こんな状態の人は他にもいるのだろうか?他の脂性の人の対策法などを訊いてみたいなとも思う。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2009-08-26 23:46 | 日記 | Trackback(2) | Comments(6)
和泉友子 - 街角ロンリネス
和泉友子 - 街角ロンリネス





作詞:竜 真知子 作曲:穂口雄右






これもまた超レアな映像だ!






1981年(昭和56年)10月~11月頃の映像だろうか?






番組名は分からない



 ごく最近、和泉友子さん2枚目のシングル曲であった「街角ロンリネス」の映像が YouTube にアップロードされているのを発見した!デビュー曲の「青い水平線」の映像は、複数のテレビ番組のものがアップロードされていたが、「街角ロンリネス」は初めてではないだろうか?

 今までのアップロードされている友子さんの映像で、ハイファイ録画されていたソースは、たった1つしかない。『8時だョ!全員集合』での映像だけだ。この「街角ロンリネス」の映像は、まだ当時VHSの主流だったモノラルトラックの3倍速のようだ。録画した機種もビデオヘッドが高性能化される前のものだと推定される。

 それでも、こうやってどこかで眠っていた古いビデオテープが陽の目を見ることができた真実、ファンとして素直に嬉しいし、アップロードしていただいた方に心から感謝したい。当時、19歳だった和泉友子さん、こうやって映像で観るまで、小生の記憶の中で動いているだけだった和泉友子さん。当時の映像は、当時の小生の感情も見えていた背景すら思い出させてくれる。


 このような貴重な映像をアップロードしてくださった方、本当にありがとうございました。心から感謝いたします。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





和泉友子 - 街角ロンリネス
和泉友子 街角ロンリネス他 街頭ライブ (音だけです)
和泉友子 青い水平線 街頭ライブ (音だけです)
和泉友子
青い水平線 / 和泉友子
SHOP70’s&80’s(70年代、80年代と私)
若すぎる恋!「青い水平線」 和泉友子 - 80年代アイドル☆ピンク・レディー☆昭和TVワンダーランド
石川ひとみ1981 後輩続々デビューの周辺 - Feeling 石川ひとみ
不良中年プログラマー 懐かしいアイドル、和泉友子さん パート3
by qunny1130 | 2009-08-25 22:11 | 音楽 | Trackback | Comments(6)
今宮 純の発言・・・気になる
今宮 純の発言・・・気になる


 昨日のヨーロッパGP(ヴァレンシア)でのバリチェロの優勝は、ここ何年かで一番嬉しかったのが正直な気持ちだ。CS放送では生中継だし、地上波放送のようにCMもないし、馬鹿馬鹿しい解説も無いので、じっくりレースに集中できる。

 そのCS放送、つまり昨日の生中継の終了前、解説の今宮 純さんが気になることを言っていた。それは、「日本のファンの皆さんが喜ぶようなことがあるかもしれない」いう発言だ。

 どうもそれが気になって気になって仕方がない。「日本のファンが喜ぶこと」というちょっとぼかした表現だから気になる。果たして何だろう?いろいろ小生的に勝手に予想してみた。

 
①アジアラウンドでルノーに佐藤琢磨が乗る
②アジアラウンドでトロ・ロッソに佐藤琢磨が乗る
③アジアラウンドでフェラーリに佐藤琢磨が乗る
④来年、佐藤琢磨がトヨタと契約する(トゥルーリ放出)
⑤来年、ウイリアムズ・ルノーで佐藤琢磨が乗る



 思い浮かぶのは、佐藤琢磨関係だけだ。中嶋は可哀想だが、あいつはもうダメだと思う。走りに全く魅力を感じない。応援する気が全く起きない。やはり日本人ドライバー最強の佐藤琢磨にカムバックしてもらわないと日本のF1は絶対に盛り上がらないだろう。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2009-08-24 23:49 | F1 | Trackback | Comments(8)
バリチェロ5年ぶり優勝
バリチェロ5年ぶり優勝




2004年中国GP以来



 セナと走った最後の現役ドライバー、ルーベンス・バリチェロが、ヨーロッパGPで優勝した。これはファン的に嬉しい!とにかく馬豚より前でゴールしてくれれば、それで小生は大満足だ(笑) ヘルメットに同胞のマッサへのメッセージも貼っていたバリチェロだ。

 表彰台のバリチェロは汗びっしょりだ。年齢は37歳だが、頭髪は薄く無精ひげだらけ。昔の若いイメージからしてみると、ずいぶん歳を取ったなと感じる。フェラーリ時代も何回か優勝したが、ホンダに来てからはさっぱりな状態だった。やっとその日が来たという感じだ。

 後半もできるなら、あの馬豚を駆逐するくらい勝って欲しいと思う。話は変わるが、中嶋一貴はダメだ。全てが悪いスパイラルに陥っているようだ。これじゃ来年は確実にF1にいないだろう。来年は日本人が1人もいないF1を見ることになるかもしれない。それでも、琢磨の復活を夢見て・・・・。

 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2009-08-23 22:45 | F1 | Trackback | Comments(0)
こんな経理課長いるか?その2
こんな経理課長いるか?その2


 もうどうしようもなくいい加減で、でたらめな経理課長の話を記事にしたが、まだまだ実は話があるのだ。「経理」という仕事は、基本的に会社の金銭の出入りを正確に記録し、そのデータを包み隠さず役員などの上層部に報告する部署だと小生は思う。

 しかし、この「経理課長」、工場の収支を改ざんし、儲かっている部門ばかりに経費を集中させて、実際は赤字の部門をトントンか、少しだけの赤字にして上層部に報告していた。そのため、本当は不採算部門なのに、そこにメスが入ることもなかった。

 儲かっている部門の黒字は減ってしまうが、一応黒字を維持していたため、各部門の収支の凹凸はなくなり、見かけ上は「やや黒字」というイメージを上層部に植えつけさせていた。本当の不採算部門は上層部に意図的に見せなくしていたと言われても仕方のないことだろう。

 この「経理課長」、前職はある大企業の経理マンだったらしい。しかし、彼曰く、「私が不採算工場の責任を取らされた」とよく言っていた。いかにも自分が、会社のために詰め腹を切らされたような言い方だった。

 こいつが会社に来たのが2002年の初めだった。入社当時は殊勝な中年を演じていたが、生え抜きのベテランたちが定年で退職していくと、奴を管理する者が事実上いなくなった。どういう理由かは分からないが、工場最高責任者は、この「経理課長」に対し、厳しい管理をしなかった。

 奴は稼働時間中、会社のパソコンで趣味である株に興じ、会社の収支より自分の収支を重んじていた。ネットで株の動向や売買を済ますと、会社にある和室に行き、真昼間から昼寝していた。昼寝が終わると、「銀行」に行き、数時間帰って来ないこともあった。

 こいつは気に入らない社員がいると、社長に必要以上に大げさな報告をし、失脚させることを企て、そして最後は失脚させていた。その反面、利用できる社員がいると、その社員を必要以上に庇い、その社員が、会社に事実上大きな損害や他の社員に迷惑をかけていても、見て見ぬ振りをし、問題が浮上することを隠すように企てていた。

 勤怠報告も改ざんし、遅刻、欠勤する社員を普通に出勤しているように報告していた。その結果、その社員は、本当は精神を病んでいたのだが、その事実の発覚が半年以上も遅れてしまい、その分、治療を開始する時期も遅れ、結局、その社員は完治しないまま会社を去る結果となってしまった。

 ハッキリ書くが、小生も今の会社は転職組だが、50歳以上の者にロクな奴がいなかった。社会に出て何十年にもなり、いっぱしの会社から来た奴もいたが、プライドだけで何にもできない奴ばかりだった。歳をとっていた分、汚いことには長けていた者も多かった。

 こんな年上の人間的に全く尊敬できないオッサンばかりに囲まれて、小生も小生の仲間も大波にもまれる小船のようだった。ある仲間は大波にもまれ失脚したり、リストラに遭い、「海」の藻屑と消えていった・・・。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




小松庵blog
こんな経理課長いるか?
by qunny1130 | 2009-08-22 23:45 | 会社の話 | Trackback | Comments(5)
ページトップ