excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
るいちゃんぱぱ様 ..
by qunny1130 at 22:12
初めまして。 偶然立ち..
by るいちゃんぱぱ at 19:08
どーも、2017年に入っ..
by tak at 17:45
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 22:08
JOHN LENNON様..
by 葉子 at 20:46
tak様 湘南のJ..
by qunny1130 at 22:28
tak様 湘南のJ..
by qunny1130 at 22:26
tak様 湘南のJO..
by qunny1130 at 22:22
どーも、寒くて大変なta..
by tak at 06:27
どーも、11月もいろいろ..
by tak at 05:39
どーも、今朝ネット不通だ..
by tak at 20:05
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 23:46
どーも、12月も楽しみな..
by tak at 07:40
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 22:07
正直なところ、遅かれ早か..
by 葉子 at 21:43
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ビートルズ アメリカ盤のすべて
ビートルズ アメリカ盤のすべて





ビートルズ アメリカ盤のすべて



 アナログLP時代、今から思うと良い時代であったのだと思う。それはレコード会社にとってだ。オリジナルの英国盤の他、米国盤、日本盤、その他欧州各国独自の編集盤が乱売され、限られたビートルズの音楽資源が、何倍にも見せかけられて商売されていたのだ。

 こんな状況でレコードを買わされていたファンは大変だった。日本では英国オリジナル盤の他、米国盤やイタリア盤なども発売され混乱の極致とも言えた。この本は、そんな混乱の「元凶」とも言える米国盤についての解説書なのだ。

 米国盤はビートルズの音楽を切り刻み、商売の道具にした。金が一番のアメリカンドリームそのものだ。被害者はビートルズ本人たちだけでなく、ファンもそうだったのだと思う。米国のファンは、英国オリジナル盤を知らない者もいたと言う。米国キャピトルが発売されたLPが正式盤だと思わせられていたのだった。

 米国盤の収録曲は、基本的にA面B面合わせて11曲と決められていた。なぜ11曲かは分からない。英国盤が14曲前後なのに、米国盤は曲数を減らしている。これは売上に対する印税支払の比率を下げるための手段そのものだと断言できる。キャピトルは、ビートルズ側に支払う額を少なくし、利益を大きくすることができた。まだキャピトルの方が立場的に強かったのだろう。

 米国盤で、特にひどいのが、「ラバー・ソウル」と「リヴォルヴァー」だ。ジャケットは英国盤と基本的に同じだが、収録曲数や内容が異なっている。米国盤は既発のシングルレコードやEPレコード収録曲を再度アルバムに収録させていた。そのため、ビートルズのコンセプトをぶち壊し、アルバムの流れを断ってしまうような曲順になってしまっていた。

 収録されている曲の音質も問題があった。米国盤はなぜかリバーブが深くかけられ、中には風呂で歌っているような曲もあったのだ。音質自体も中低音が強くイコライジングされていた。他にもオリジナルテイクにハーモニカ等をオーヴァーダビングされている曲もあった。



 米国盤アルバムリスト(キャピトル盤)は以下の通りだ。「ビートルズ物語」は除いてある。


01.ミート・ザ・ビートルズ - Meet The Beatles(1964年)
02.セカンド・アルバム - The Beatles' Second Album(1964年)
03.サムシング・ニュー - Something New(1964年)
04.ビートルズ '65 - Beatles'65(1964年)
05.ジ・アーリー・ビートルズ - The Early Beatles(1965年)
06.ビートルズ VI - Beatles VI(1965年)
07.ヘルプ! - Help!(1965年)
08.ラバー・ソウル - Rubber Soul(1965年)
09.イエスタディ・アンド・トゥディ - Yesterday...And Today(1966年)
10.リヴォルヴァー - Revolver(1966年)
11.マジカル・ミステリー・ツアー - Magical Mystery Tour(1967年)
12.ヘイ・ジュード - Hey Jude(1969年)



 
 初期は、本当に英国盤のアルバムやシングル盤から寄せ集めて11曲~12曲で1枚の作品としていた。3枚の英国オリジナルアルバムから、適当にピックアップして1枚のアルバムとして米国で発売されたのだった。さぞかしビートルズのメンバーたちは憤っただろう。そこにはビートルズの意思が無視された曲が羅列してるだけだったのだ。

 まあそれでも、ミックス違いやボツになる箇所が収録されていたり、英国盤では決して聴くことのできない貴重な収録曲もあったのだ。したがって、全てを否定しているわけではない。しかし、昔買った米国盤のジャケットや盤質はひどいものだった。ジャケットはボール紙そのものって感じで、盤も反ってしまっていたり、波打っていたりしているものは日常茶飯事だった。機械もレコードもメイド・イン・ジャパンが世界一だと今でも思ってしまう。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ







by qunny1130 | 2007-03-31 12:25 | ビートルズ | Comments(0)
元祖 アバンストラッシュ
元祖 アバンストラッシュ





アバンストラッシュを放った瞬間



 1991年(平成3年)、「ダイの大冒険」というマンガが人気になり、TBSでアニメとして放送された。小生も大好きなアニメで初回放送は全て録画してある。初回放送は画質と音質のクオリティーが高く、再放送になると画質も音質も初回放送時より、ハッキリと分かるほど落ちてしまうのだ。

 話が飛んでしまったが、この「ダイの大冒険」のキャラクターで一番のキーになっているのが、このアバン先生である。主人公のダイはアバンの弟子だが、劇中では数日しか修行させてもらえなかった。途中で敵役のハドラーがアバンを倒してしまうのである。






アバン先生(本名アバン=デ=ジニュアール3世)




 この動画はアバンがハドラーに倒される前のシーンである。アバンストラッシュを使えるのは、アバン本人と弟子であるダイ、そして一番弟子のヒュンケルのはずだ。その必殺技でも、パワーアップしたハドラーには通じなかったのだ。

 アバンを演じている声優は、田中秀幸氏だ。このアバンのキャラクターに本当にピッタリな声だと思う。人選をした制作者のセンスは素晴らしいと今更ながら思う。ちなみにハドラー役は青野 武氏だ。このハドラーの声もハマっている!

 このアニメ作品の内容は、原作マンガに忠実だ。しかしながら、残念なことに、連載マンガも人気があったのにもかかわらず、放送改編で夜の7時のアニメの放送時間帯が無くなってしまい、途中で打ち切りになってしまったのだ。

   

放送期間 :1991年10月17日~1992年9月24日




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2007-03-30 12:11 | アニメ | Comments(2)
ラダトーム城 ドラゴンクエスト 1
ラダトーム城 ドラゴンクエスト 1






写真をクリックすれば聴くことができる



 プレステのドラクエは嫌いだ。やっぱり昔のファミコン版が一番だ。セーブもできず、復活の呪文でゲームを再開、呪文を間違えてメモしたら一貫の終わりだ。そんな失敗で泣きながら、竜王と戦った頃が懐かしい。竜王に「仲間になるか?」と問われ、「はい」と答えたら、ゲームはお終いになってしまう。人を食ったゲームだが、そんなお遊びもご愛嬌で許せてしまう。

 そんな懐かしい「ドラゴンクエスト 1」の一番初めに聴く音楽が、この「ラダトーム城」のテーマだ。耳に残るメロディだし、本当に飽きがこない曲だ。ゲームで繰り返し聴くことを前提に作曲されたのではないだろうか?ゲーム感を損ねないで、尚且つ印象に残る、このメロディを作った人は、すぎやまこういち氏だ。

 この「ラダトーム城」のテーマを弾いている人がアップロードした映像は、写真をクリックすれば聴くことができる。ピアノに関しても素人の小生なので、この人が上手いのか下手なのかは、聴く人の耳のレベルにもよるだろうが、小生は素晴らしいと思う。こんな風に弾けたら楽しいではないか!

   

発売: 1986年5月27日


 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-03-29 12:35 | ゲーム | Comments(6)
キャプテン翼 オープニング
キャプテン翼 オープニング






初期のオープニング 1983年



 元祖「キャプテン翼」のオープニングテーマ『燃えてヒーロー』は、今聴いてもノリが良いし、歌詞がハチャメチャでアニメらしくて、とても良い。今時のタイアップソングなんかより、よっぽど子供の印象に残るのではないだろうか?

 初期の主題歌の歌い手は、ヒロくんこと、故沖田浩之だ。命日は3月27日。早くも亡くなってから8年が経過している。小生と年齢も同じせいか、デビュー当時から何となく気になっていた人だった。自殺してしまったのは残念だ・・・。







1985年からのオープング



 後期の歌い手は竹本孝之だ。今も現役で俳優をしている。沖田浩之の鼻にかかった歌い方と違い、ストレートな歌い方だが、ときどき、こぶしも入っているのが、個性的でユニークな感じだ。演奏自体もシンセサイザーを多用して、初期より少しヘヴィーな感じだ。

 やっぱり、歌もアニメもマンガも俗に言う「無印」キャプテン翼が一番面白いと思うのだが・・・。人気がある作品なので、25年以上経った今でも、この初期のアニメはハマってしまう。リメイク版のいい加減さには辟易してしまったので、なお更、初期の作品のレベルの高さを再認識したものだ。


 
 

Comic: 1981-1988
Anime: 1983-1986





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-03-28 12:28 | アニメ | Comments(0)
り・ぼん  My Little Lover
り・ぼん  My Little Lover









 初回限定特定盤はDVD付だ。2年半ぶりのシングル盤は、以前のイメージを損なうこともなく、音を聴けばAKKOの音楽に浸ることができる。20代の頃の歌い方と比べてみると、水が流れるような歌い方に変化しているように聞こえる。昔の独特の「ヘタウマ」的な歌い方も良かったが、30代に入って母親になった女性の大人の歌い方かなとも思える。










 この曲は2006年12月に発売されたアルバム「AKKO」に収録されているが、小林武史がメインプロデュースした作品ではないそうだ。一部の曲で演奏者として参加しているようだが、ライナーノーツでは「制作責任者」と記載されている。メロディは桑田佳祐っぽい感じもする箇所もある。無意識にパクったか?

 小林武史がいなくても、AKKOの個性は変わっていない。ヴォーカリストの位置付けの重要さが、なお更強く理解できる。もちろん良い楽曲と良い演奏者に恵まれていることも大きな要素だが。それにしても、PVの中のAKKOは相変わらずきれいだ。

 

Album: akko
Date: 8 Nov 2006




アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2007-03-27 23:59 | 音楽 | Comments(0)
Fantastic! + 3
「Fantastic! + 3」  Wham!






オリジナルより3曲多く収録されている



 このCDも日本では発売されていない。日本で過去に発売されたかは不明だ。小生が持っているものは、当時、英国で発売された本当のオリジナルCD盤だ。再発された盤ではない。CDが発売された初期の時代のCDの説明書きが、ライナーノーツの一番後ろに印刷されていることで、それが証明されているし、また、それが時代を感じさせるものにもなっている。

 同じ英国盤でも11曲収録盤があるが、この盤とは曲順が異なっている。もともとの発売は1983年だ。英国ではアルバムチャート1位を記録しているが、1983年当時のワムは、アメリカでは全く無名に近い存在だったので、アルバムチャートの100位前後をウロウロしている位の実績しか残せていなかった。

 追加の3曲は全てインストナンバーだ。オリジナルカラオケとも言える。リミックスされ、収録時間も長くなっているので、これは聴く価値が大有りだ。ワムのアナログ時代の発表曲で、CD化されていない曲は、まだ残っているので、こういう形で発表されていることは、ファンとしては嬉しいことでもある。


 曲目は以下の通り。


01. Bad Boys
02. Ray Of Sunshine
03. Love Machine
04. Wham Rap! (Enjoy What You Do?)
05. Ray Of Sunshine (Instrumental Remix)
06. Love Machine (Instrumental Remix)
07. Club Tropicana
08. Nothing Looks The Same In The Light
09. Come On
10. Young Guns (Go For It!)
11. Nothing Looks The Same In The Light (Instrumental Remix)



 オリジナルアルバムは8曲収録、このアルバムは11曲収録だが、その追加の3曲とは、5曲目の「Ray Of Sunshine (Instrumental Remix)」、6曲目の「Love Machine (Instrumental Remix)」、11曲目の「Nothing Looks The Same In The Light (Instrumental Remix)」となっている。

 ワムの2人もこの頃は20歳という若さだったのだが、20歳でこんな音楽を作ってしまうことは、今更ながら凄いとしか言いようがない。やっぱり才能というのは素晴らしいし、天から与えられたものだなと感じてしまう。

 このアルバムを聴くと、初期の日本で無名だったワムがプロモーションで来日したときに、夜中のローカル放送(当時のテレビ東京の深夜番組?)で口パクで踊りながら歌っていたことを思い出す。小生は今でもこのファーストアルバムの方が、2枚目以降より断然好きだ。




にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





雑感
by qunny1130 | 2007-03-26 21:22 | 音楽 | Comments(2)
Freedom George Michael tribute
Freedom George Michael tribute









 ジョージ・マイケルそっくりさんの Joseph さんが歌うワムのフリーダムだ。Joseph さんの詳細なプロフィールは分からないが、たぶん40歳前後?かなと思われる。ジョージ・マイケルは43歳なので、同じ位の年齢かなと思う。体型も最近のジョージと同じで、やや中年太りでお腹も何となく出ている感じもしないでもない(笑)




Do Do Do
Whoa
Do do do do do doo

Every day I hear a different story
People saying that you're no good for me
Saw your lover with another
And she's making a fool of you
Ooohhh

If you love me baby you deny it
But you laugh and tell me I should try it
Tell me I'm a baby
And I don't understand

But you know that I'll forgive you
Just this once twice forever
Baby, you could drag me to hell and back
Just as long as we're together
And you do

I don't want your freedom
I don't want to play around
I don't want nobody baby
Part time love just brings me down
I don't need your freedom
Girl all I want right now is you









 声は本物のジョージ・マイケルにそっくりだ。歌唱力と声の抜けの良さが、ジョージ・マイケルの魅力の一部だが、動画を見ないで声だけを聴いていると、知らない人なら本物のジョージ・マイケルのパフォーマンスだと思ってしまうのではないだろうか?



Do do do
Whoa whoa yeah
D-d-d-d-d-d-d-d-d-d-d-doooo

Like a prisoner who has his own key
But I can't escape until you love me
I just go from day to day
Knowing all about the other boys

Take my hand and tell me I'm a fool
To give you all that I do
Bet you someday baby
Someone says the same to you

But you know that I'll forgive you
Just this once twice forever
Baby, you could drag me to hell and back
Just as long as we're together
And you do
Oohh

I don't want your freedom
I don't want to play around
I don't want nobody baby
Part time love just brings me down
I don't want your freedom
Girl all I want right now is you

Do do do
Whoa whoa yeah
D-d-d-d-d-d-d-d-d-d-d-doooo

You're hurtin' me baby
Hurtin' me baby...

Ohhh...

Do-do-do do-do-do-do
Do-do-do do-do-do-do
Do-do-do do-do-do-do
Do-do-do do-do-do-do
You're hurtin' me baby
Hurtin' me baby...









But you know that I'll forgive you
Just this once twice forever
Cause, baby, you could drag me to hell and back
Just as long as we're together
And you do
Oohh

I don't want your freedom
I don't need to play around
I don't want nobody baby
Part time love just brings me down

I don't want your freedom
I don't want to play around
I don't want nobody baby
Part time love just brings me down

I don't want your (I don't want your)
I don't want your (I don't want your)
I don't want your (I don't want your)
I don't want your (I don't want your.........)




 収録された場所は、イギリスのどこかのクラブだろうか?ステージの脇から家庭用のカメラで録画されているようなので、決して画質は良いとは言えないが、逆にそれが功を奏して、ライヴの臨場感が伝わってくる。本物の来日がわからない現在、このJoseph さんだけでも日本に来て欲しいと思ったりもする。誰か呼んでくれないだろうか・・・。

 

Album: Make It Big
Date: 1984
U.K. Chart: 1
U.K. Chart: 3

 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2007-03-25 17:22 | 音楽 | Comments(0)
UPS 無停電電源装置
UPS 無停電電源装置



e0012215_2252454.jpg

小生が使用している UPSmini500Ⅱ



 UPS 無停電電源装置をご存知だろうか?簡単に言うと、停電時に自動的に電力を供給してくれる外部装置である。パソコンを使用中に、いきなり停電が発生してしまうと、それまでに入力した内容が消えてしまうし、ヘタをすると最悪、ハードディスクが故障してしまうことすらあるのだ。そうなると、今までのデータも抽出すらできなくなってしまう可能性が大だ。

 そうなったら素人には対処方は無いに等しい。そんな悲惨なことにならないために、このUPS 無停電電源装置が大きな力を貸してくれるのだ。内部にはバッテリーが内蔵されており、停電時、自動で瞬間的にバッテリーの電力に切り替えてくれる。機種によって数分から数十分の間、電力を供給してくれるので、その間にコンピューターの電源を安全に切ることができるのだ。

 購入価格は、それほど高くはない。2~3万円あれば普通のものが買える。余計なアクセサリーを買うのなら、この装置にお金をかけるのも安全保障として、決して損ではないと思う。一般家庭では、パソコンの他にハードディスクレコーダーとテレビチューナーにも使用すれば、停電時の録画の失敗も防げるはずだ。
 






にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ







管理人の日記
中小企業診断士 有村知里 の行動と工夫の記録ブログ
家計簿という名の日記帳
『おすみとマスターのほろにがコーヒー日記』
身辺雑記 from 吉祥寺
by qunny1130 | 2007-03-24 19:15 | パソコン | Comments(0)
ファミコンウォーズ
ファミコンウォーズ






懐かしのテレビCMより



 小生がハマったファミコンゲームは、数多くあるが、ドラクエに匹敵するほどハマったのが、このファミコンウォーズだ。簡単に言うと、戦略シミュレーションゲームである。もっと端的に言うと将棋のようなゲームだ。発売は、1988年8月12日。もうかれこれ20年近く前にもなるのだ。

 今のゲーム機は性能も凄いし、ソフトも凄いけれど、小生はやっぱりファミコンゲームに郷愁を感じるし、今でも面白いと思っている。最近のゲームは、全てにおいて、複雑で長過ぎて、どうもハマりにくいのだ。それに歳もあるのかもしれない(笑)また、このゲームの泣き所は、データが消えてしまいやすいことだった。小生も何回も泣かされたことか・・・・・、任天堂さん。


 

e0012215_133410.gif

第1面のソラマメジマだ。ここから始まる。



 ゲームは2人で対戦するか、もしくはコンピューターとの対戦だ。コンピューターのレベルも2種類あって、知能指数が高い方と低い方がある。しかし、やってみるとあまり変わらないような気もしたが・・・。コンピューターと対戦するよりも、人間同士でゲームをした方が、はるかに長い所要時間がかかるし、なかなか勝負の決着がつかないゲームなのだ。

 しかし、本当にハマったゲームだ。休みの日は、一日中このゲームをやり続けた日もあったほどだ。戦略ゲームなので、「駒」として、いろいろなものがある。歩兵から戦艦まで、いろいろな「駒」があるので、それらをどう配置して、敵の陣地に侵入し、敵を全滅させ、占領するか、シンプルなゲームながら、結構アタマを使うのだ。

 「駒」にも相性があり、ある「駒」には大きな攻撃を与えられる「駒」がある。相性もいろいろあるので、それらの要素も考えながらゲームをしていくのだ。「駒」が現在いる地形によっても、防御力が変わってくるので、その要素もかなり重要になる。幅広い思考を持たないと、案外苦戦するゲームだのだ。ある意味、このゲームを大人にやらせてみると、管理職として、適性があるのか無いのかが証明できるのではないだろうか?

 現在のシミュレーションゲームは、このファミコンウォーズと違って、その時の「運」の要素も入ってきてしまうので、余計なシステムかなと思うことが多い。しかし、このファミコンウォーズは、「運」の要素は無く、純粋に「駒」の性格や性能を判断しながら、地形を利用して「駒」を進めることができるのだ。

 このゲームのCMは本当に面白かった。YouTubeに誰かがアップロードしてくれている。歌詞がユニークだ。途中の歌詞で、「ファミコンウォーズが出るぞ!」というのがあるが、発売後は「ファミコンウォーズが出たぞ!」に変更されていた。まあどうでも良いのだが(笑)



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




はつきんぐぱるさー
嫁と娘とfiat500と・・・
てす。
脳内将軍の野望(簿記独学中) - 歌とランニング
by qunny1130 | 2007-03-23 12:22 | ゲーム | Comments(8)
When I'm Sixty Four by Julian Lennon
When I'm Sixty Four by Julian Lennon








 ビートルズの名作アルバム「サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に収録されていた曲をジュリアン・レノンがカバーした。詳細は分からないが、CMソングとして録音されたようだ。シーンは、恋人同士の一生を、約1分のフィルムに収めている。歌とシーンが、バッチリとシンクロしている。




When I get older losing my hair,
Many years from now.
Will you still be sending me a valentine
Birthday greetings bottle of wine.

If I'd been out till quarter to three
Would you lock the door,
Will you still need me, will you still feed me,
When I'm sixty-four.

Send me a postcard, drop me a line,
Stating point of view
Indicate precisely what you mean to say
Yours sincerely, wasting away

Give me your answer, fill in a form
Mine for evermore
Will you still need me, will you still feed me,
When I'm sixty-four.











 サビの部分は、このPVには収録されていない。ぜひフルコーラスで聴いてみたいものだ。オリジナル曲の雰囲気そのままに、ジュリアンがポールのこの曲を素晴らしい歌唱力で歌い上げている。ジュリアンの幼少の頃は、父ジョンよりポールに可愛がられたという。ポールとジュリアンのツーショット写真は多く残っている。そんなポールも去年64歳となった。

 

Originally sung by Paul with the Beatles
Date: 27 Jan 2002






 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




Julian Lennon - When I'm 64
by qunny1130 | 2007-03-22 13:55 | ジュリアン・レノン | Comments(2)
ページトップ