excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
終末期患者「延命施さず」病院の56%…読売調査
終末期患者「延命施さず」病院の56%…読売調査



 今日の読売新聞の記事で気になったことがあった。記事の内容では、終末期患者「延命施さず」病院の56%となっている。恐らく真実に近い数字だろう。小生の身内や知り合いに医療関係者が何名かいるが、以前からこの件で聞いていることがある。

 無理な「延命施さず」というのは、医師としてよりは、人間として普通に思うのではないだろうか?小生は医者ではないので、医者の心理や仕事への向上心等は想像もつかない。しかし、一部か半数かどうかは知らないが、「無理な延命」を行うこともあるようだ。

 そのようなケースというのは、言わば患者医師の実験台となってしまうのだ。地位のある医師が、新しい医療法や既成の医療法の効果を試すために、看護士や部下である他の医師の意見を無視して、患者が苦しんでいるのに、延命という名の下に治療方法と称した実験紛いなことを行うのだ。

 もちろん、これは合法的であり、延命という建前があるために大きな問題になることはない。しかし、医療関係者内部では憤りを感じている者も少なくないのだ。医療ミスは内部告発が多く、一般には、患者やその家族が具体的な失敗を証明することは非常に困難だ。

 それらと同じように、医師の仕事への向上心や出世欲のために、患者が苦しめられていることもあるという事実。これは声を大にして言いたい。新聞の取材も、もっと深く突っ込んで調べて欲しいものだ。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





内科開業医のお勉強日記
by qunny1130 | 2006-07-31 12:41 | マジメな話 | Trackback | Comments(2)
塾講師が小6に暴行、重傷負わす
塾講師が小6に暴行、重傷負わす


e0012215_19114823.gif
成基学園 湖西校


 またトンでもないアホ塾講師が出現した。大手進学塾「成基学園 湖西校」(滋賀県大津市真野1丁目1-62 江若交通ビル3階) の非常勤講師が塾生に対し、暴行をはたらいていたと報道された。報道の全てが事実とするならば、これは絶対に許せない事件だ。

 事件は7月24日(月)午前11時過ぎ、成基学園湖西校 にて、小6理科の授業中に起きたとされている。講師の年齢は36歳。被害者の子供は小学校6年生の11歳。この36歳の講師は、以前からも暴力が過ぎていると言われていたらしい。報道では以前、始業時刻に遅れた別の小学6年男子児童にケリを入れたという。

 しかし、なぜ殴らなければならないのだろう?以前の戸塚ヨットスクールのような塾なのか?成基学園のホームページ を見たが、ごく普通の進学塾のようだ。スパルタ教育を売りにしているような感じではない。殴るには理由があるとは思うが、前歯を折るようなことは普通するだろうか?
 
 この暴力講師は、テレビドラマの熱血教師を演じたかったのだろうか?何か勘違いしているのではないか?この36歳の講師に家庭があり、子供がいるのか、その背景は分からない。しかし、そう簡単に他人様の子供を殴ったり蹴飛ばしたりできるものだろうか?36歳のその男の心理は理解できない。

 この暴力講師が床に投げ付けた学習机が、はずみで児童の顔に当たり前歯を折ったとのことだ。机を投げる行為自体がヒステリックだ。机を普通投げるだろうか?星一徹だって卓袱台(ちゃぶだい)だ。塾は恐らく示談で済ますように進めているのに違いない。そうしないと看板にキズがつくからだ。

 被害者の親には最後まで戦って欲しいと思う。このような教育者の名を借りた暴力人間には、それなりの社会的制裁が必要だ。できれば早いところ実名報道もして欲しい。そうしないと、この暴力講師が、またどこかの塾に経歴を詐称して入り込む可能性があるからだ。もう二度と教壇に立てないようにするべきだと思う。





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





ひとりの独り言
DANGER
じゅくせんのつぶやき
スタートライン
by qunny1130 | 2006-07-30 22:58 | マジメな話 | Trackback(3) | Comments(2)
審判に暴行の北朝鮮女子サッカー選手
審判に暴行の北朝鮮女子サッカー選手


e0012215_1531545.jpg
後ろから蹴りを入れたハン



 しかし、どこまで北朝鮮という国・人間は見苦しいのだろう。ニュースで大きく報道され、後ろからとび蹴りを入れているシーンを見たが、こんな酷いシーンは滅多に見ることはないだろう。オフサイドの判定に疑問を持って抗議するのは良しとしても、暴力行為はいただけない。この国の指導者のようだ(冷笑)

 北朝鮮は、昨年も男子で同じような問題を起こしたばかりだ。舌の根も乾かないうちに同じような問題を起こすとは!全く学習しない国民性を物語っている。あえて書かせていただくが、韓国も北朝鮮も同じ民族だ。この二つの国の人々は、暴力性が他民族より高いのではないか?スポーツで問題が起き、自分たちの主張が認められないと必ずと言っていいほど暴力行為にはしる傾向がある。冬のオリンピックのショートトラックでの韓国選手団の問題も記憶に新しい。

 民族への偏見と思われても仕方ないが、犯罪の種類を分析しても韓半島の人々の暴力性の高さは証明されている。婦女への強姦行為の高さは、世界的にも異常な程高くなっている。自分の欲望を満たすために暴力に走るのは精神的に未熟か異常なのかどちらかしかない。

 スポーツは勝つか負けるか白黒ハッキリしているが、その結果を判断するのは人間だ。今回のように疑問のある判定があったとしても、あそこまで暴力行為を起こす必要があったのだろうか?一生懸命プレーしていて、感情的になったしまったことは仕方ないにしても、後ろからとび蹴りはないだろう?

 ペットボトルを投げ込んでいる選手を見ていたら、典型的な半島人顔の女性だ。正直な話、それに嫌悪感を抱いたことも事実だ。このての顔は生理的に受付つけることができない。彼らは、なぜすぐに暴力行為に走ったり、よその国の国旗を焼いたりするのだろうか?

 別に全ての韓国人や朝鮮人が嫌いなわけではない。小生の子供の友達にも横浜朝鮮学校に通っていた子供がいて、その子は、とても素直で良い子だった。そのご両親も生粋の朝鮮籍の人だった。母親は朝鮮学校の教師の方だ。実際とても良い方々だった。それに通名ではなく、本名を名乗っていたので、逆にそれが尊敬できたくらいだった。

 しかし、それが集団になると全く別な人間に変わってしまうようだ。ナショナリズムは怖いものがある。もちろん、我々日本人も同じだ。彼らから見て、日本人も同じように見えているかも知れないからだ。民族同士で付き合うことほど困難なことはないと思う。

 しかし、そんな北朝鮮に負けてしまった我が日本。残念・・・・。



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





脱サラ整体師の一生勉強だ!!
君の毎日が晴れますように・・・
だめんちゅ的思考論
かきなぐりプレス
Here There and Everywhere
現代徒然草
zara's voice recorder
しっとう?岩田亜矢那
サイバー サイバー
by qunny1130 | 2006-07-29 20:12 | 政治ネタ | Trackback(8) | Comments(4)
マザーボードご臨終
マザーボードご臨終





小生の自作に使用 ABIT IS7-G





 突然のマザーボードのご臨終。かなりショックだ。約3年間使用してきた。熱対策もバッチリだったのだが・・・・。夜中電源を入れたままで就寝、そして、朝起きてマウスをクリックすれば、普通は休止状態のディスプレイに電源が入り、画面が見えるようになるのだが、画面は真っ黒のままだった・・・。

 再起動しても状況は変わらない。電源を抜いて10分ほどおき、再度起動させてみたが、全くウンともスンとも言わずだ。PCの電源を入れると、まず画面に見えてくるのが、ビデオBIOSだ。アルファベットでビデオボードのチップの型式ビデオメモリーのサイズが表示される。それすらも表示されないのだ。

 パソコンの本体を見てみると・・・。HDDアクセスランプが点灯したままだ。HDDにアクセスする音も全く聞こえてこない。小生のCドライブはSCSI15,000rpmのHDDなので、独特の音がするのだが、その音が聞こえないのだ。う~~ん、参った・・・。恐らくボード上のコンデンサが逝ってしまったのだろう。コンデンサ交換のスキルは小生には無い・・・。

 土日が休みなので、明日から「突貫工事」だ。しかし、小生のシステムは3年前のものだ。新しいCPUやマザーボード等を買う予算は全く無い・・・・。CPUは、Pentium4  2.60CGHz (Northwood) FSB800 HTT対応。もちろんSocket478だ。マザーボードは、ABIT IS7-Gという、既に生産終了品だ。ヤフーオークションで中古を探したが皆無だった。新品が売られているか探してみたが、やはりあるわけがない。

 同じマザーボードを使用すれば、ウインドウズの再インストール(クリアインストール)をする必要は無いので、それを期待したが、やはり甘かったようだ。他のメーカーのマザーボードを探すしかない。と思ったら、家にひとつ未使用のマザーボードがあることを思い出した。去年、小生の次男のパソコンが壊れたが、これも基本的に小生と同じようなシステムだった。CPUは全く同じものを使用している。

 GIGABYTE社のマザーボードをそのとき購入していたのだ。忙しくて次男のパソコンの再作製は現在まで行われていなかったが、このマザーボードを使用するしかない。Socket478 Northwood FSB800 HTT対応のマザーボードの新品の販売は、ほとんどないのが現状である。価格コム等で探すと何件かヒットするが、すぐに欲しいので、もう待てない。

 それに壊れたシステムのCPU、メモリーを全て問題なく使用できるので、新たに買う必要も無い。まして小生にはそんな金は無い(泣)今度のボーナスで最新システムを買いたいが・・・。無理だろう・・・(苦笑)








にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






おーにしさんちのお気楽ぶろぐ : パソコン原因判明。
紫づくしとウサギのきゃんちょめな日記
哲学の最期 旧い知を往生させ、新しい知を
日暮れ日記
一点豪華主義
by qunny1130 | 2006-07-28 23:03 | パソコン | Trackback | Comments(4)
EPIC YEARS THE VIDEOS 1980-2004
EPIC YEARS THE VIDEOS 1980-2004






ジャケット




 佐野元春のPV集が発売された。今まで何枚かは出ていたが、ここまで多く収録されたDVDは無かったので、ファンとして待ったかいがあったと思う作品だ。収録された年代はタイトル通り、1980年から2004年までであるが、テレビ用CFもあるので、実際のPV作品としては、1983年からとなる。

 若い頃の元春の映像を見ると本当に激しいし、同性から見てもカッコいいと思う。最近の元春は50歳という年齢もあるので、昔よりは派手な動きやシャウトは影を潜めてはいるが、その分枯れた感じも渋いと思うようになった。しかし、それでも昔からのファンとしては、若い頃の元春を追ってしまう。こうやって各年代のPVを連続して見ると、元春の変遷が分かり、歌の感じも変わってきている。

 小生が元春の一番好きな時期を特定するのは難しい。1980年代も良かったし、1990年代も大好きだ。そして、最近の元春も大好きだ。やっぱりずっと大好きだったと再確認するDVDだったと言える。小生のように思った昔からのファンも多いのではないだろうか?

 このDVDの収録曲は以下の通りだ!

-MUSIC CLIP-
01. ワイルド・ハーツ 冒険者たち
02. ストレンジ・デイズ 奇妙な日々
03. ヤングブラッズ
04. コンプリケイション・シェイクダウン
05. トゥナイト
06. ニューエイジ
07. 約束の橋
08. 雪ーあぁ世界は美しい
09. 99ブルース
10. オレは最低


 4曲目の「コンプリケイション・シェイクダウン」、5曲目の「トゥナイト」、6曲目の「ニューエイジ」、以上3曲は「ヴィジターズ」というアルバムのPVだが、以前、この「ヴィジターズ」の再リマスター特別編集盤が発売された際、ボーナスDVDに収録されていた音と違うようだ。

 以前のものは、楽器の位置がワイドに配置されているように聴こえたが、今回の作品の音は、全てセンター寄りに集められている。小生はシアターシステムで聴くので、センター寄りのミックスは好きではない。以前のミックスの方がワイドで各楽器もよく聴こえたのだが・・・。なぜ今回は変えてきたのだろうか?

解説書をよく読んだらモノラルヴァージョンで収録されていた。

モノラルはちょっと納得いかない・・・。


11. ナポレオンフィッシュと泳ぐ日
12. ジャスミンガール
13. ボヘミアン・グレイブヤード
14. 欲望
15. ザ・サークル
16. レインガール
17. インターナショナル・ホーボーキング
18. 楽しい時
19. 十代の潜水生活
20. 経験の唄

21. ヤァ!ソウルボーイ
22. ヤングフォーエバー
23. 風の手のひらの上
24. ドクター
25. だいじょうぶ、と彼女は言った
26. イノセント
27. 君の魂 大事な魂

-TV APPERANCE-
28. ポップ・チルドレン-最新マシンを手にした陽気な子供たち
29. フリーダム
30. 君の魂 大事な魂
31. 国のための準備
32. イノセント
33. 経験の唄


 HEY!HEY!HEY!や生ダラでのライヴが収録されている。端折ってしまっているのは残念だが、スタジオライヴの雰囲気がよく伝わってくる。使用権等の問題もあったと思うが、よく収録してくれたと素直に思う。


34. スターダストキッズ (TVCF 15")
35. グッドバイから始めよう (TVCF 15")
36. スウィート16 (TVCF 15")
37. NO WAR MESSAGE

-BONUS TRACK-
38. サムデイ


 最後は名曲「サムデイ」で締め括られる。元春=サムデイの方程式は永遠だろう。元春がこの曲を歌いながら涙したライヴを観に行ったが、遠くてその場面を確認できなかった。それより、周りの女性ファンが涙しているのが目に入ったことを思い出した。

 やっぱり元春は最高だ!いつまでもカッコいい兄貴のまま頑張って欲しいし、これからも死ぬまで応援していこうと改めて思った作品だった。



にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




時間泥棒blog
Stones&Eggs
by qunny1130 | 2006-07-27 22:37 | 佐野元春 | Trackback | Comments(4)
ガジュマル
ガジュマル



e0012215_2158241.gif
ガジュマル



 ガジュマルの木がある。鉢植えの可愛い木だ。育つと大きくなるらしいが、鉢植えのままで小さく育てることもできる。見た目は人間っぽく見える。ドラクエで人面樹というモンスターがいたが、まさにそんな感じだ。本物はモンスターっぽくはなく、とても可愛くて、なでてあげたくなるチャーミングさだ。妖精がいる伝説もあるが、本当にいそうな気のしてくる不思議な雰囲気の木だ。

 ガジュマルクワ科に属し、原産地は日本では沖縄、外国ではインド東南アジアだ。暖かい地方に生育する。自生すれば10メートル以上の大木になるそうだ。葉はベンジャミンとよく似ている。少し緑色が強くてツヤツヤしているのがガジュマルだ。

 この植物は日光を好むので、夏冬関係なく日当たりの良い場所で育ててあげるのが良い。もともと亜熱帯に自生しているので、室内なら暖かい場所(最低でも5度)に置く。夏場は水を多めにあげ、土の表面が乾かないように注意する。秋以降は水やりの回数は減らしてもOK。

 この植物は小生が一番好きだった人からもらったものだ。今もずっと可愛がって育てている。ガジュマルを見ると、その人のことが思い出し、ちょっとほろ苦く切なくなるが、とても懐かしく楽しい想い出もたくさんよみがえってくる。

 長生きする植物なので、きっと小生の寿命より長いかもしれない。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




cophyの唄
島の時間 b
日記
cloud君の雪板日記
さとうゆみ☆Smile of Dolfin
ネコモシャクシモトミーモぶろぐ
みずみずしく。
ぶろぐ
Particularly Cats
マリーアントワネットの日記
おもいのまんま
思いのままに・・・
カシェットのナチュラルライフ
たぶん日記(藁)お魚奮闘記
ミニ盆栽にあこがれて
メルと歩けば
立ち呑み漂流
Greengreen
「今日の一枚」
Fiorita 髪とお肌をきらきら綺麗に☆
【アルコバレーノ】 楽しさの秘密!!
イノチのある風景
AGHOME
LIZ SmileDiary
murayama style
ブロぐりゅ
がちゃすけの戯言
+OKAYADO LIFE+
いつも笑顔で
いぐねこびより ガジュマルの木
Floating Bubbles
イオリのひとりごと。
ぎゃらりぃ・ごん*blog*
自然と植物
□■□ ズボラchanのブログ de ズボLife □■□
by qunny1130 | 2006-07-26 21:19 | 植物 | Trackback | Comments(20)
Cafe Bohemia 佐野元春
Cafe Bohemia 佐野元春



e0012215_23393679.jpg
Cafe Bohemia



01. カフェ・ボヘミア(イントロダクション)
02. 冒険者たち
03. 夏草の誘い
04. カフェ・ボヘミアのテーマ
05. 奇妙な日々
06. 月と専制君主
07. ヤングブラッズ
08. 虹を追いかけて
09. インディビジュアリスト
10. 99ブルース
11. カフェ・ボヘミア(インタールード)
12. 聖なる夜に口笛吹いて
13. カフェ・ボヘミア(リプライズ)





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2006-07-25 20:28 | 佐野元春 | Trackback(1) | Comments(0)
さよなら サブマリンドッグ
さよなら サブマリンドッグ


e0012215_135645.jpg
最後の日の様子



 逗子名物?とも言えるお店が閉店ということで記念に行って来た。場所は逗子海岸に平行している国道134号線を鎌倉方面に向かうと左側に見えてくる。写真の黄色い2階建てバスが目印だ。昔は黄色いワーゲンしかなかったと記憶しているが、バスが設置されると名所となる。

 この近くのビーチだが、ゲイが集まるビーチで有名だ。なぜそうなのかは知らない。実際、一人で食べていたら、それらしき人から声をかけられたこともある。噂は本当だった・・・。





サヨナラは今もこの胸に居ます




 逗子の地域に根付いたお店がなくなるのは残念だ。噂だと新しいレストランが建設されるらしい。バスも当然撤去され無くなってしまうそうだ。このお店は、1995年(平成7年)にZARDのシングル盤「サヨナラは今もこの胸に居ます」の写真に使用された。また他にドラマ等の撮影にも使われたということだ。



e0012215_1431144.jpg
オーダーは20分待ち位だった




 値段も良心的でたくさん種類があり、全部美味しかった。こんな洒落たお店は、なかなかないだろう。逗子葉山には、地元に根付いたお洒落なお店が多いが、ここは個性が強く、きっと一回行ったら忘れられないお店だろうと思う。まして、地元以外の観光客ならより強く印象に残るに違いない。


e0012215_146028.jpg
深夜なのに駐車場は満車



 小生は正直な話、両手の数程度しか行ったことはない。夜中の2時くらいまで営業していたので、仕事が遅くなった時に寄ることもあった。せっかく繁盛しているのに閉店するのは、本当に残念だ。早く復活することを信じて・・・。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





遊飲美食ブログ
ホットドッグ / サブマリンドッグ
ヒキガタリスト の ひとりごと (nemshima's diary)
食いしん坊の昼寝
Wonder To-y's
我々は神奈川県民である from 湘南歩行人
ウサギのお宿
A DAY IN THE LIFE
by qunny1130 | 2006-07-24 00:59 | 美味しいお店 | Trackback(1) | Comments(8)
試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会
試合成立狙い「故意の三振」 高校野球秋田大会


e0012215_2022621.jpg
写真は横浜スタジアム神奈川大会開会式



以下、報道から。



 秋田市のこまちスタジアムで22日あった第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘―秋田戦で、本荘に故意に三振するなどフェアプレーに反する行為があったとして、県高野連は本荘に対し23日の決勝開始までに始末書を求めることにした。

 問題の行為は7回表、雨が降り続く中であった。高校野球では、7回が終了すれば雨天でコールドが成立し、そこまでの得点の多いチームが勝者になる場面だった。
県高野連によると、12-1でリードしていた本荘の尾留川徹監督が、1死二塁の攻撃で、打者を呼んで空振りを指示した。打者は三振し、走者も無気力走塁でわざとアウトになった、としている。試合はそのまま7回裏で本荘が12-1のコールド勝ち。

 これらの行為を審議するため、高野連は緊急常任理事会を開催。「雨天で試合が中止されることを恐れた故意の行為」「最後まで全力を尽くすべき理念に反する」「相手チームに失礼」などと判断。斉藤尚史部長を呼び、これらの審議結果を伝えた。始末書の提出は、校長、部長、監督の連名で求める。

 試合後のインタビューに、尾留川監督は「選手に、空振りしてこいと指示した。マナー的にはどうかと思ったが、早く終わらせて試合を成立させたかった」と答えた。秋田の佐藤幸彦監督は「最後まで一生懸命やろうとしていたのに、負けた以上の屈辱だ。悔しい」と話した。


(2006年07月22日22時21分 朝日新聞社)




 全国各地で高校野球の県大会が行われている。各地そろそろ準々決勝や準決勝が行われ、今週末までには、各地代表高が選出・決定だろう。小生の我が愛する母校KMKR学園も本日23日、神奈川県大会5回戦に勝利し、明後日25日、横浜スタジアムで準々決勝だ。

 そんな中で、また疑問に思うような新聞記事を見た。それが上記の記事だ。なぜいけないのだろうか?スポーツは結果主義だ。もちろん「結果だけではない」ことは「教育を兼ねている」のだから、それは理解できる。しかし、「これらの行為を審議するため、高野連は緊急常任理事会を開催」というのもやり過ぎはしないだろうか?百歩譲ったとしても注意で済ますことはできなかったのか?

 高野連が指摘した問題点は以下の通りだ。

 1.雨天で試合が中止されることを恐れた故意の行為
 2.最後まで全力を尽くすべき理念に反する
 3.相手チームに失礼


 記事から判断すると高野連は一方的に本荘の非を指摘しているようだが、別の記事によれば、秋田もノーゲームを狙った遅延行為をしていたとのことだ。これが事実ならどっちもどっちだろう。高校野球は一回負ければお終いだ。3年生は来年がない。監督として勝たせてあげたいと思うのは当然だろう。

 まして高校野球の日程は異常だ!特に投手は過密なスケジュールで肩を酷使される。プロ野球で投手は、最低でも中4日の間隔をあけて登板するのが常識になっている。いくら10代の若い肉体でも酷使されたらたまらないだろう。監督なら7回まできて、雨天ノーゲームで再試合という事態を避けたいと思うのが当然だし、それは生徒である投手のためでもあると思う。土砂降りの雨で生徒の身体も心配になるだろう。

 1の「雨天で試合が中止されることを恐れた故意の行為」だとしても、せっかくの勝利が目前にきて、天候のためにノーゲームでは、生徒があまりにも気の毒だ。それに「勝つ」のが目標ではないか?土砂降りで泥だらけで試合をするのが美徳なのか?高野連の幹部の頭は第二次世界大戦以前の大日本帝国のようだ。審判に抗議するのが、まるで悪のようになっていることも未だに不思議だ。誤審で負けたら生徒は一生後悔するだろう?

 2の「最後まで全力を尽くすべき理念に反する」と何故決め付けるのか?高校野球はトーナメント制だ。一回負けたらお終いだ。反則行為ならともかく、勝つための手段として必要ではないか?それだったら、昔、松井秀樹が全打席敬遠されたことは?しかし、この行為もチームを勝たすために必要だったと監督が判断したのだから、実際は仕方なかったと小生は思う。松井も一塁に進塁できたのだから両チームとも痛し痒しだったと思う。監督も生徒も勝つために一生懸命プレーしている。「勝つという目標」に向かうことが大切ではないだろうか?

 3の「相手チームに失礼」というのも疑問だ。明らかに学校のレベルの差が12-1というスコアになって表れている。もうそれで十分ではないか?状況は土砂降りだ。雨天ノーゲームを選択するのが、「相手にチームへの礼儀」なのか?相手のために試合をしているわけではないのだ。いかに自分のチームを勝利に導くために監督も生徒も個人を捨て頑張っているのだろうに。

 相手チームの秋田の佐藤幸彦監督は試合後、「負ける以上の屈辱だ。最後まで正々堂々とやりたかった」とコメントしている。それが屈辱と言うなら、もっと自分のチームを強くなるように指導するべきではないか?負ける以上の屈辱を受けるようなチームなのだから。

 小生は高校野球は好きだが、高野連の方針や意見には昔から反発を感じる。連帯責任とか、まるで昔の軍隊のようだ。中途半端に「野球は教育の一環」とか「勝つのが全てではない」というのなら、春や夏の大会なんて止めてしまえば良いと思う。見ている方のほとんどは、自分の学校や県の学校が勝つということに喜びを見出している。負けたらガッカリだし、勝って校歌を聞いて歌いたいのだ。だから毎年盛り上がるのだろう。

 あとは我が母校KMKR学園の県大会優勝を祈りつつ・・・・。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




あなぐら暮らし
GNO2日記 GreatNoviceOnimiki!
コーヒーブレイクは一日中
Don't Fear the Reaper
「夢一途」
じっと、ずっと思う
かてけんブログ
風信子石
脱サラ整体師の一生勉強だ!!
いつもにこにこるか商店
Mein Ort,Irgends
愛煙家の多事総論
かつかつBlog [ NPB log & MLB log ]と[王貞治記録集]
毎日つれづれなるままに
I want to tell you.
101号室 Room101
『7転ビ8起キ』 by背番号7
ghostbassの日記
BLOOOG
龍が如く
ジジィ放談

by qunny1130 | 2006-07-23 11:31 | マジメな話 | Trackback(13) | Comments(4)
Truth’80-’84 佐野元春
Truth’80-’84 佐野元春



e0012215_2341204.jpg
Truth’80-’84



01.スターダスト・キッズ
  ソー・ヤング
  彼女はデリケート

02.悲しきレイディオ

03.マンハッタンブリッヂにたたずんで
  ガラスのジェネレーション

04.サンチャイルドは僕の友達
  グッドバイからはじめよう

05.トゥナイト
  コンプリケイション・シェイクダウン

06.ハートビート(小さなカサノバと街のナイチンゲールのバラッド)

07.ハッピーマン・メドレー




にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



by qunny1130 | 2006-07-22 23:10 | 佐野元春 | Trackback | Comments(0)
ページトップ