excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
National RF-1150 (COUGAR 115)
National RF-1150 (COUGAR 115)


e0012215_11502691.gif

RF-1150



 先日の記事でNational RF-2200National RF-877、かつてのBCLラジオブームを担ったNational製名機2機種の紹介をしたが、再び同じシリーズの別の機種も購入してしまった!それがこのNational RF-1150(COUGAR 115)だ。

 発売は1975年(昭和50年)4月、当時の発売価格は26,900円となっている。既に31年が経過しているラジオだが、デザインが先に紹介した機種より断然カッコ良いのだ。正面パネルはアルミ材を使用したシルバー色を基調とし、ダイヤルやスイッチをブラック色とした組み合わせとする。このデザインは30年以上経った今でも大変斬新な感じだ。

 カバーする周波数帯は、中波帯(AM)、極超短波帯(FM)は当然のこととして、メインである短波帯1.6MHzから30MHzまでカバーする。更にアマチュア無線等で使用されるSSB変調も聞くことができるBFOスイッチも装備されていて、モゴモゴとしか聞こえなかったSSB音声を聞くことができるのだ。当時、小生はSSB音声を2台の短波ラジオを同期させる方法で聞いていたが、この機種ならそんな面倒なことをせずに聞く事ができるのだ。

 スピーカーは写真を見れば分かると思うが、正面に丸く大きく目立つように装備されている。大きさは16cmだ。音質も低周波から高周波まで十分にカバーされており、短波ラジオとしてではなく、FM放送を聴くこととしても十分な性能を持っている。音質調整に、バス(低音)とトレブル(高音)それぞれ独立したコントローラーが付いており、DX受信する場合等に大きな効果を得ることができる。

 ただ同時期発売されていたソニースカイセンサー5900等と比較すると性能は低いと言わざるを得ない。DX受信においては、当時のソニーの機種の性能の方が勝っていたと思う。しかし、万人受けするデザインはクーガーの方が断然上だろう。小生も性能のソニーデザインのナショナルと思っていたし、友達の意見も同じだった。

 この機種もクーガーお得意のホップアップ式のジャイロアンテナだ。アンテナを回すとカチカチという特有の音がし、昔を思い出してしまう。この音はクーガーの代名詞とも言えるものだ。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




B.B.Blog
多趣味な奴
by qunny1130 | 2006-06-30 23:58 | コレクターズアイテム | Trackback | Comments(0)
外国人犯罪者の実態
外国人犯罪者の実態




韓国籍の崔基浩容疑者




 またひどい事件が起きた。渋谷区の女子大生誘拐事件だ。誘拐事件は戦後多々発生しているが、統計上では成功例はないらしい。もしかしたら外国人かと思っていたら、やはりそうだった。それも韓国籍と中国籍。この2人に今回は日本人も加わり日中韓のトリオだ。

 最近の外国人犯罪は、とにかく悪質だ。発砲・催涙ガスを使用したり、包丁を用意する韓国人スリ団。一家を皆殺しにする中国人達。もうどうしようもない連中だ。もちろん全員が悪いわけではないだろう。一生懸命働いている外国人もたくさんいるに違いない。しかし、統計学上の話になってしまうが、外国人の犯罪者の人口比率は日本人の8倍もあるのだ。

 刑務所に収容されている犯罪者の割合を求めてみた。人口1万人あたり何人の犯罪者が出るかと言う単純な計算だ。多い順に並べてみる。

1位 中国人・・・・・・・・・・・76人
2位 イラン人・・・・・・・・・・64人
3位 フィリピン人・・・・・・・33人
4位 韓国・朝鮮人・・・・・・31人
5位 ブラジル人・・・・・・・・16人
6位 日本人・・・・・・・・・・・・6人

 この数字を見てどう思うだろうか?中国人の多さに驚いてしまう。今回の誘拐事件も中国人が絡んでいた。その男は不正に滞在し、数々の強盗事件を起こしているらしい。事件を起こすなら自分の国でやれと言いたい。なぜ日本に来るのか?迷惑千万な話だ。

 ビザが切れ、不法滞在のあげくに強盗事件・誘拐事件だ。こんな奴らが平然と街中を歩いているのだ。不法入国・不法滞在は厳しく罰してもらいたい。一度罰せられたら2度と日本に入らないようにして欲しい。小生の知り合いの警察官の話だが、中国人の犯罪者が一番タチが悪いそうだ。彼らは捕まると、日本語が分かるのに分からない振りをする。軽い犯罪なら刑務所に入っても、すぐ出てこられるので、逆に開き直るという話だ。

 お国柄で犯罪傾向も違うようだ。以下に記しておく。

 韓国人・・・集団スリ団。わざわざスリのために来日する。武器は包丁・催涙スプレー・スタンガンを使用する。警察官も命懸けだ。このスリ団たちは平気で人に暴力をふるうので本当に危険な連中だ。500ウォン偽造硬貨での自販機荒しも多く発生した。だいたい、なぜ韓国政府は500ウォン硬貨を日本の500円硬貨と殆ど同じ大きさ・厚さにしたのか理解できない。何か意図があると勘ぐりたくなる。

 中国人・・・クレジットカード犯罪・ピッキング・拳銃の不法な持込と売買など。中国は公害の他に犯罪も輸出していると思いたくなる。

 北朝鮮人・・・高級車泥棒など。国ぐるみで行っていると言われている。もしそうだったらとんでもない話だ。


 まずは入国管理局の職員数を増やし、不法な入国を水際で食い止める必要がある。滞在中の外国人の監視はある程度は仕方ないだろう。ビザが切れて、そのまま行方不明になるケースが多いからだ。そして凶悪な犯罪を起こすことが多い。

 国で偏見を持ちたくないが、とにかく中国人の犯罪者が多過ぎる。これは何とかして欲しい。大きな問題となった福岡一家殺人事件の残忍さには怒りを覚えるし、中国人に対する見方も変わってしまった。同じ中国語を話す台湾人の方々となぜここまで違うのだろうか?自由民主主義の台湾共産独裁主義の中共国家との違いということは明らかだ。台湾人には親しみを感じるが、中国人には敵意さえ感じる。

 入国審査をもっと厳しく設定する必要があると思う。国によって基準を変えるのは批判の対象になりかねないが、自国民の安全を守るためには当然の処置だろう。当然、指紋は採取し、定期的な顔写真の撮影の義務化をお願いしたい。当然のことながら参政権なんか与えられない。通名も禁止し、本名を名乗らせることも必要だ。

 日本はハッキリ言って、スパイ天国だ。日本に一回そういう連中が入れば、あとは好き放題にされ、本国に帰って行く。一般人に紛れ込んで活動する北朝鮮のスパイや韓国人の産業スパイ等、日本と日本人は本当になめられている。強盗や殺人などの国民に対する凶悪な行為の他に日本の国益を損なうことを意図した連中もいることは間違いないことなのだ。

 日本人ひとりひとりが、本当に真剣に考えなければならない時期にきているのではないだろうか?




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





ほっこりしたい私のロハス?な毎日
侍蟻 SamuraiAri
日本のお姉さん
毎日がWelcome
スチャラカランナーの日々
今が、頑張り時!
by qunny1130 | 2006-06-29 23:55 | 政治ネタ | Trackback(1) | Comments(4)
小生にとっての「癒し系音楽」
小生にとっての「癒し系音楽」









 仕事に疲れたり、人間関係に疲れたときに聴く音楽って、人それぞれ違うと思う。小生の場合はどんな曲を聴いても、音を分解して聴いてしまったり、ハーモニーを知らず知らずのうちに研究してしまって、何となく音楽を楽しめないことも多い。好きなビートルズの曲も同じで、楽器の音やジョンやポールの旋律を無意識に追ってしまっている。自分でも疲れる聴き方なので、通勤などでは、絶対にビートルズは聴かないようにしているほどだ。

 そんな小生でも「声」「旋律」を素直に聴くことができるアーティストがいる。以前の小生のブログの記事 で何回も紹介したが、そのアーティストはピーター・アンド・ゴードンだ。彼らの演奏や歌は小生の高ぶった神経を本当に癒してくれる薬のようなものだ。

 「癒し系」とはいえ、実際の彼らの音楽の基本はリズム&ブルース黒人系のような感じがする。それを彼らの解釈で表現している。音楽は解釈次第で表現はいくらでも変化する。それは感覚的なものだから、当然主観も入ってくるだろうし、肉体の楽器である「声帯」も楽器と言えるものなので、その使い方でいくらでも音は変わってくるに違いない。

 最近の話だが、YouTubeで彼らが出演した「エド・サリバンショー」のライヴ映像がアップロードされていた。このライヴは演奏もパフォーマンスも陳腐な形容詞だが、素晴らしいとしか表現できない。彼らが人気があったのが当然だと思う映像だ。ライヴ演奏での音程はオリジナルより半音下げている。

 この貴重なライヴ映像が、この曲「I Don't Want to See You Again」 左側の背の高い方が、ゴードン・ウォーラーという。何となくジョン・レノンを甘くした感じだ。彼は低いパートを歌っている。ゴードンの低音は色気があるような感じだ。バディ・ホリーのような右側のメガネがピーター・アッシャーだ。彼が高いパートを歌っている。

 二人のハーモニーの美しさは、ジョン・レノン&ポール・マッカートニーに匹敵する。タイプは違うが、小生はピーター・アッシャーゴードン・ウォーラーのハーモニーの方が断然好きだし、実際に歌う場合、小生の声質にも合っている。生ギター2本でライヴする場合、彼らのパフォーマンスやギターの弾き方は参考になる。

 また細かい話になりそうなので、この辺で止めておく。スタンダードナンバーもオリジナルも2人の声が程よくミックスされ、美しいハーモニーで耳に入ってくる。彼らの音楽はシンプルだけれど、小生の琴線に触れる。40年以上前のグループだが、本国である英国で彼らの人気が根強いというのは納得できる。このブログを読んだ人にもぜひお勧めしたいアーティストだ。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





OnGen【USENミュージックサーバー】
Nobi-bar@Oldies
Mersey Beatで綴らせて
True love ways by Peter & Gordon
When My Blog Turns To Gold Again
by qunny1130 | 2006-06-28 23:47 | ビートルズファミリー | Trackback | Comments(4)
A Collection of Beatles' Oldies (But Godies)
A Collection of Beatles' Oldies (But Godies)





ジャケット表面




 ビートルズ唯一のライヴアルバムの「The Beatles At The Hollywood Bowl」以外CD化されていないアルバムが、この「A Collection of Beatles Oldies (But Godies)」だ。英国発売は1966年12月10日だった。この時期と言えば、彼らがライヴ活動を休止し、レコーディング・グループとして再出発する時期と重なる。
 
 1962年~1966年までのビートルズと1967年~1970年のビートルズとでは、外見も音楽もまるで別人のようだった。その1966年の暮れにビートルズ前期をある意味総括して、この「A Collection of Beatles Oldies (But Godies)」が発売された。毎年クリスマスの時期にニューアルバムを出していたビートルズであったが、この年はそれが無かったので、このアルバムが発売されたのだろう。

 このアルバムの収録曲は以下の通りだ。


SIDE A
01. She Loves You
02. From Me To You
03. We Can Work It Out
04. Help!
05. Michelle
06. Yesterday
07. I Feel Fine
08. Yellow Submarine


SIDE B
01. Can't Buy Me Love
02. Bad Boy
03. Day Tripper
04. A Hard Day's Night
05. Ticket To Ride
06. Paperback Writer
07. Eleaner Rigby
08. I Want To Hold Your Hand



 ビートルズ初のベストアルバムであり、殆どは英国・米国でヒットチャート1位に輝いた曲ばかりだ。尚且つ、当時はモノラルが主流だったため、初のステレオ収録曲もあったのだ。CDのベストアルバムでは、「Past Masters」が今では有名だが、アナログ時代は実質このアルバムが唯一のベストアルバムだったのだ。(後年の赤盤・青盤は別として)

 このアルバムで唯一の新曲があった。それがSIDE Bの2曲目「Bad Boy」だ。この曲の音の雰囲気は「Dizzy Miss Lizzy」に似ている。ギターのエフェクトやミックスの感じは2曲とも同時期に録音された可能性が高い。小生はこの曲欲しさに、このアルバムを購入したのだが、ステレオミックスで初めて聴くことのできた曲も多かったので、内容には満足していた。

 ビートルズの作品は当時、モノラルミックスとステレオミックスのアルバムが発売されていたが、A Collection of Beatles' Oldies (But Godies)も両方で発売された。ただし、モノラル盤は英国のみの発売だったということだ。現在、その英国盤は貴重なアイテムとなって流通している。




ジャケット裏面




 ただ残念なことに、このアルバムは、ビートルズの1987年の全作品CD化に伴い、廃盤となってしまった。できれば次の再リミックスの発売もしくはDVDオーディオ等の発売のときに復活して欲しい。このジャケットも個性的だし、裏面の写真も日本公演のときの写真を使用しているようなのだ。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





初めて買ったLP あらららら・・・・
失われた時を求めて:王道 The Beatles!
中古レコード&ビートルズのお店 ペニーレイン
Horigonの行政書士日記
BeatOdyssey.com - kenny road studio
Welcome to Satrawberry Fields! : My First BEATLES
おとーかんは頑張るの
piu lentoの日々
by qunny1130 | 2006-06-27 22:45 | ビートルズ | Trackback | Comments(10)
★教えて!あなたの“MY FIRST&FAVORITEビートルズ”
★教えて!あなたの“MY FIRST&FAVORITEビートルズ”



e0012215_1639127.jpg



なるもりあさんのブログより



本日6月24日から7月10日まで、個人的に『ビートルズ来日40周年記念』ウイークを開始します。1966年6月29日ー7月3日に来日したビートルズに便乗したお祭り企画でございます。

ファンの方はもちろん、そうでない方もどんどんご参加いただけたら
ハッピーです!

以下の質問への答えを記事にして、TBしてください。
コメント欄でのご参加でも歓迎です。

・答えたい&参加できる質問だけご参加ください。
・質問を自分風にアレンジしてくださってもOKです。
・質問間で同じ答えが重なっても全然OKです。たとえば全部同じ曲とかでも可です。
・過去に記事にされている場合はそのURLを貼ってください。


それでは早速。

================================

1.「今、この瞬間、あなたが聞きたいビートルズの曲を1曲教えてください。」というのを見て、今、頭に浮かんだのは?理由不問です。

 「It Won't Be Long」


2.あなたが覚えてる範囲で一番最初に聞いたビートルズの曲はなんですか?それにまつわるエピソードや思い出があれば、一緒にお願いします。
 
 「She Loves You」

 これは、昔ジーンズのコマーシャルで放送されていた。小学校6年生頃だったが、日曜日の昼間1時から「テレビジョッキー」という人気番組があったので毎週聴いていた。



3.あなたにとっての『ビートルズ来日40周年記念』のテーマ曲は?

 「Paperback Writer」

 日本公演で一番印象深いかな。ダルな日本公演でも新曲だったから少しは気合が入っていたのかも。



4.あなたが覚えてる範囲で、最初に買ったビートルズグッズはなんですか?(レコード、CDを含みます。)

 「Hekter Skelter」のシングル盤。

 1976年(昭和51年)頃、ビートルズブームが凄い勢いで、ヒットチャートにもバンバン入っていた。「Hekter Skelter」は確か「Got to Get You into My Life」とのカップリングだったと思う。「Hekter Skelter」を毎日大音量で聴いていて、オヤジに文句を言われた(笑)



5.あなたのビートルズのお宝グッズがあれば紹介してください。あなたにとっての価値観でけっこうです。ex.希少盤、本、あなたが描いた似顔絵、はじめてもらったポスター等

 特にお宝グッズはない。アイテム目当てのファンでないし。強いて言えば、アナログモノラル再発盤くらいか!あとは数十枚のアナログ海賊盤LPかな


6.あなたにとっての思い入れ曲セレクション10曲(以内なら何曲でも。1曲でも可)。その理由があれば一緒にお願いします。
 
 01位 「Got to Get You into My Life」
 02位 「I Want To Tell You」
 03位 「You Can't Do That」
 04位 「I'm a Loser」
 05位 「Julia」
 06位 「I Want To Hold Your Hand」
 07位 「Get Back」
 08位 「Help!」
 09位 「I Saw Her Standing There」
 10位 「If I Fell」


 1位の「Got to Get You into My Life」は、1980年の幻のポール・マッカートニーのコンサートのオープニングだったから。全盛期のポールの生声を期待していたが・・・。今でも残念。

 2位の「I Want To Tell You」は、ただ一度限りの1991年ジョージのコンサートのオープニング曲。東京ドーム日本公演最終日だったので、演奏もノリも良くて素晴らしいステージだった。ジョージの息子も最後に登場したのが忘れられない。

 3位の「You Can't Do That」は、ジョンのリードギターのフレーズのコピーで苦労した。今でも全然ダメだ・・・。

 4位の「I'm a Loser」は、初めてギターを弾きながらハーモニカを吹いた。結構難しい・・・。

 5位の「Julia」でフィンガーピッキングを初めて覚えた。ただジョンのコードは変わっているし、人差し指カポがキチンと出来ないと弾けない曲だ。

 6位の「I Want To Hold Your Hand」は、海賊盤CDのハリウッドボウルの演奏が素晴らしい。今でも正規盤より、このライヴヴァージョンばかり聴いている。

 7位の「Get Back」は、初めてギターソロを覚えた懐かしい曲。

 8位の「Help!」で初めてドラムにチャレンジした。リンゴのシャッフルっぽいエイトビートの雰囲気を出すのは生半可でないことを実感した。上手いと言われているコピーバンドでも??って思う叩き方をするドラマーが多い。

 9位の「I Saw Her Standing There」でもドラムに苦労した。リンゴの雰囲気を出すのは確かに至難の技だと言い切れる自信?が、逆についたことは良かったかもしれない。

 10位の「If I Fell」でハーモニーの難しさと成功したときの美しさを知った。



7.あなたにとっての大好きアルバム3枚。その理由があれば一緒にお願いします。
 
 01位 「The Beatles At The Hollywood Bowl」
 02位 「Let It Be」
 03位 「A Hard Day's Night」


 1位は唯一のアナログ正規盤。ライヴを収録した貴重なLP 。CDは出さなくて良いから、アナログで再発売して!

 2位の「Let It Be」は、ネイキッドが出たけれど、ネイキッドより全然こっちの方が良いと思う。ネイキッドって本当にネイキッドなのか?非常に疑問!!

 3位は小生の好きな曲ばかり。ただ単純にそれだけ。それにジョンの曲がほとんどで彼の独壇場だから大好き。



8.これからはじめてビートルズに出会う人たち(子ども達含む)に絶対に聞いて欲しい曲は?その理由もあればお願いします。
 
 「Revolution 9」 

 聴いて欲しい理由は、才能のある人物でもパートナーの影響でこんな曲と言えない曲を書き?発表してしまうから・・・。



9.4人(ジョン、ポール、ジョージ、リンゴ)に一言メッセージをお願いします。

 ポールとリンゴには1日でも長生きして欲しいし、もう一度日本に来てコンサートして欲しい。ジョンには、もう少しジュリアンを見守って欲しかった。ジョージには、日本公演してくれて本当にありがとうと言いたい。


10.その他、ビートルズ(&メンバー個々)に関することならなんでもご自由にどうぞ!(思い出、コンサート話等々)

 リアルタイム世代ではないので、彼らの本当の時代の空気は知らない。ただウイングスの全盛をリアルタイムで感じたことは大きな財産かもしれない。

 ポールのギャラの高さで次の日本公演の開催が流れてしまったらしい?が、何とか問題解決して実現して欲しい。次の日本公演は全部観に行くつもりだ。


================================




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




DREAM/ING111
by qunny1130 | 2006-06-26 00:32 | ビートルズ | Trackback(2) | Comments(8)
旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その2
旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その2



昨日の「旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その1」からの続き



 4. 拉致容疑者の釈放嘆願書の署名と提出という日本人なのか?と思うような行動をしている。詳細は以下の通りだ。

 旧社会党は、1989年(平成元年)に当時収監されていた拉致犯人 辛光洙の釈放嘆願書を盧泰愚韓国大統領あてに送ったのだ。その内容は以下の通りだ。

 「私どもは貴国における最近の民主化の発展、とりわけ相当数の政治犯が自由を享受できるようになりつつあることを多とし、さらに残された政治犯の釈放のために貴下が一層のイニシアチブを発揮されることを期待しています。

 在日関係のすべての「政治犯」とその家族が希望に満ちた報せを受け、彼らが韓国での社会生活におけるすぐれた人材として、また日韓両国民の友好のきづなとして働くことができる機会を与えて下さるよう、ここに心からお願いするものであります」

 1989年 大韓民国 盧泰愚大統領貴下

 日本国国会議員一同


 心からお願いすることの順番が違うだろう。署名した政治家の意見を訊きたいし、今どう感じ思っているのか発言する義務があるのではないだろうか?

 署名した主な現職政治家は以下の通りとなる。あいうえお順だ。

伊藤忠治
江田五月 
菅 直人
田並胤明
田 英夫
千葉景子
土井たか子
渕上貞雄
山下八洲夫
山本正和


 実際は133名もの署名が集まったのだ。その殆どは当時の日朝友好議連のメンバー達ばかりだ。よその国の政治犯の釈放云々より、拉致された自国民の人々の帰国に尽力を尽くすのが国会議員の仕事ではないだろうか?署名した土井たか子「知らなかった」とシラを言っているようだが、それでは済まされない問題だろう。無責任極まりない行為・発言だ。

 「知らなかった」では通らないのだ。その約1年前だが、1988年(昭和63年)3月26日参院予算委員会で、日本共産党の橋本 敦議員拉致犯人 辛光洙のことを取り上げ非難していたのだ。議事録にも残っているはずだ。したがって、「知らなかった」では済まされないことは政治家として当然だろう。

 北朝鮮の数々の悪行は新聞でも大きく報道されて続けてきた。日本漁船銃撃事件、大韓航空機爆破事件、ラングーン爆破事件等などだ。これらの事実があるのにも関わらず、旧社会党(現社民党)は北朝鮮と友好関係にあったのだ。本当に理解しがたい。

 拉致犯人 辛光洙は、その後恩赦になり釈放され、北朝鮮に逃げてしまった形になった。拉致の重要犯を取り逃がしたことは非常に大きなミスだ。今では拉致犯人 辛光洙英雄扱いにされているほどだ。この事実を署名した政治家たちはどのように受け止めているのだろうか?









にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




気ままにつれづれ
今日の私感neo
どうでもええ話ブログ
稲穂
みしろさんの急転直下無職五秒前
駄文
Independence JAPAN
KINEZUKA倶楽部
「今日もまた、不真面目」  かま森散保
読書ノート2
◎・・imacoco日記・・◎
千葉法相、拉致実行犯釈放嘆願書署名を反省「申し訳ない気持ち」
by qunny1130 | 2006-06-25 14:31 | 政治ネタ | Trackback(3) | Comments(2)
旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その1
旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その1


 1. 2002年(平成14年)2月15日、東京都千代田区にある朝鮮会館で行われた金正日総書記誕生祝賀会に出席したメンバーは以下の通りだ。

土井たか子前社民党党首
福島瑞穂社民党党首
村山富市元総理
槇枝元文元日教組委員長


 当時もそうだが、それ以前から拉致疑惑や対日工作のことは話題になっていた。そんな矢先にのうのうと、このようなパーティに出席している。


 2. 社民党の機関紙「社会新報」を読むと、以下のようなことが記載されていた。

 「拉致疑惑が解決しなければ、交渉に応ずるべくではないとする論調が、 まだ一部にあるが、あまりにも大局を失った議論である。拉致疑惑事件は食糧支援をさせないことを狙いとして、最近になって考え出され発表された事件

 「そもそも北朝鮮には日本人少女を拉致する理由がない。これは荒唐無稽というほかない。証拠は何一つない事件。元工作員が本当に存在するのかさえきわめてあやしいと言わざるをえない。証言そのものが創作ではないか」

 「拉致疑惑事件が韓国安企部の脚本、産経新聞の脚色によるデッチあげ朝鮮労働党はマルクス主義政党だからテロはしないはずだ。自白だけで信じる態度はおかしい。 物証がない。北の犯行というのはゲスの勘ぐりだ」


 これらの記事を読んで正直ガッカリした。よくこんな記事が書けたものだ。政党というのは、本来自国民のためのものではないだろうか?旧社会党(現社民党)は日本人による、日本人のための政党なのだろうか?


 3. 拉致疑惑での旧社会党(現社民党)の議員の発言の一部を以下に記しておく。

 辻元清美

 「国交正常化の中では、戦後補償が出てくるでしょう。日本は、かつて朝鮮半島を植民地にして言葉まで奪ったことに対して、北朝鮮には補償を何もしていないのだから、あたりまえの話です。そのこととセットにせずに、『9人10人返せ!』ばかり言ってもフェアじゃないと思います」

 土井たか子

 「捜査当局の発表だけでは納得できない。朝鮮民主主義人民共和国に対する食糧援助は、少女拉致疑惑などとは切り離して人道的見地から促進すべきだ。」

 村山富市

 「拉致問題が片づかないから話ができないということでは、永遠に話はできない。日本はミサイルが飛んで全てを断絶したが、隣の人が困っている時にコメを送ったっていいじゃないか


 政治家は、まず自国民の幸福・安全を考えて行動・発言するべきではないだろうか?ミサイルを武器に恫喝脅し外交を繰り返す北朝鮮を「困っている隣人」と普通の神経なら思うだろうか?



「旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その2」へ続く










にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




千葉法相、拉致実行犯釈放嘆願書署名を反省「申し訳ない気持ち」
by qunny1130 | 2006-06-24 23:56 | 政治ネタ | Trackback | Comments(2)
在日本朝鮮人総連合会の事実
在日本朝鮮人総連合会の事実


e0012215_21025.jpg

激震!朝鮮総連の内幕―「9・17拉致自白」で変わったのか


 在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連と呼ばれ、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)とは深いつながりがあるとされている。それは在日本朝鮮人総連合会の幹部が、北朝鮮最高人民会議議員という事実でも証明されている。日本人を拉致し、ミサイル恫喝外交を繰り返し、原子力を軍事転用し、約束を反故にし続けている国家の代議員が日本国内に平然として暮らしているのだ。これをどう思うかは問わない。よく考えて欲しい。

 日本国内では北朝鮮の国籍は承認されていない。しかし、「朝鮮国籍」というのが存在している。これは「韓国籍」とは異なるものであり、第二次世界大戦以前からの遺物とも言える。これが北朝鮮籍を示すものではない。大韓民国が樹立し、日本国内に在住していた「朝鮮人」は、1950年以降、韓国が発行する証明書がある場合は、韓国籍に変更できるようになった。しかし、その手続きをしていない者も残っている。それらの人達は、そのまま「朝鮮籍」を継承しているのだ。何回も書くが、これが「北朝鮮籍」を示すものではないのだ。

 石原都知事が2003年に在日本朝鮮人総連合会に関して、固定資産税の減免を解除した。これは当然であろう。この悪政故美濃部亮吉が導入した。北朝鮮とは友好関係にあった旧社会党の美濃部としては、してやったりであったのではないか!美濃部は国会が承認さえしていない、まして国交の無い北朝鮮配下の在日本朝鮮人総連合会を外交機関に準ずる機関として認めてしまったのだ。パチンコ屋が入っている建物が「外交機関」であろうか?さいたま市長に問いたい。

 朝銀信用組合のいくつかは、1997年から破綻を繰り返し、合併や譲渡を経て7つの組織として存続している。その背景には我々日本国民の血税が投入されているのだ。俗に言う「公的資金」だ。これをどう思うのだろうか?ほとんど大きな話題にならないのが不思議だ。破綻の原因をもっと大きく報道しなかったのはなぜか?預金が不正に使用され、どこに送金されどのように使用されたのか、もう少し深く調べ、国民に知らしめる必要はあるはずだ。今でも遅くない。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




中国周辺地域の歴史
★ニュース保存用
★ニュース保存用
訳わからん! このシャバは
見習いディーラーブログ
ケロロの政治、外交談義
旅限無(りょげむ)
いとうな日々
リアリティ喪失症候レポート
OFFICE ZIPANG 今日のお弁当
世界に広がれ韓流の輪: 外国人地方参政権付与より帰国支援でも
Absenteの酔いどれblog

by qunny1130 | 2006-06-23 22:41 | 政治ネタ | Trackback | Comments(2)
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇



沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇からの続き



 この小説(とは言っても事実上ノンフィクション)の映画化が決定した。最近、偶然かどうか分からないが、ホリエモンがこの小説を読み、御巣鷹山に行って来たとニュースになっていた。「沈まぬ太陽」は全部で5巻から成る長編小説だが、副題の「御巣鷹山篇」は、あの日航機123便墜落事故を素材にしてある。小説上ではJALではなく"NAL"という社名になっているが、NAL=JALは間違いない。

 この小説で日本航空のあまりにもひどい体質が露にされた。小生も読むまで、もう少しマシかなという希望?を持っていたが、それも見事に打ち砕かれた。大企業でありながら、嫌がらせ人事配置・労働組合に対する攻撃の陰険さは本当に酷いとしか表現できない。日本航空はこの小説が連載された後、原作者の山崎豊子氏に圧力をかけているほどだ。また左翼系新聞「朝日新聞」も日本航空といっしょに反山崎豊子キャンペーンを張ったが、世間ではほとんど認められなかった(当たり前だろう)。

 ただ、映画化するのは良いのかもしれないが、どこに焦点を当てるかだろう。小説自体は日本航空社内の官僚化・硬直化・事なかれ主義・乗客軽視等の体質を暴き出し、読者にそれを訴えているので、事故の事実を中心に映像化するのか、それともにJAL内部から見た事故が発生する前から事故が起き、それを処理する過程を描くのか興味深い。

 この事故調査報告書は今でも疑問視されている。急な減圧が起きたと報告書には記されているが、生存者はそのようなことは無かったと証言している。乗員・乗客のほとんどが即死状態だとも記されているが、これも生存者の証言だと、墜落時には、まだまだたくさん生存者の声やうめき声を聞いたと言っている。事故調査報告書は生存者の話をほとんど無視している状態で提出された。

 映画の制作元は角川ヘラルド映画だそうだ。映画化の中心は、この御巣鷹山篇を中心に進められるようだが、2時間程度でこれだけの長編を描き切れるとは思えない。特に墜落事故の前後をどのくらいの尺にするのだろうか?中途半端な構成になってしまうような気がしてならない。

 事故が起きてから21年が過ぎようとしているが、事故を知らない世代も増えてきている。映画化をするにしても、日本航空内部に焦点を当てるのか、事故そのものに焦点を当てるのか、どちらかに絞って欲しいとは思う。事故は未解決な問題もあるはずだ。事故の事実だけを2時間~3時間のアニメーションで映画化できないだろうか?




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




夢幻
内容証明屋のひとりごと
Daily mknk
waited for you
シュワキマセリ~♪エイゴの呪文かと思ってた~♪
コージにっき
HAPPY EVERY DAY
未定。:読んでいるもの。『沈まぬ太陽』
Tufnellpark Blog
Journey to the global sweet going
S家の別宅
〓〓〓〓:番外 『沈まぬ太陽』
今夜は午前様Ver1.1
沈まぬ太陽|☆20代普通OLの普通日記☆
ハンパな若者の徒然日記
いぬのおなら
by qunny1130 | 2006-06-22 23:19 | | Trackback(1) | Comments(4)
エキサイトカスタマーサポートから
エキサイトカスタマーサポートから


 小生の記事の事実上の削除について、エキサイトカスタマーサポートから連絡があった。ただ納得できないのは、メールの二次使用はご遠慮願いますと記載されている。エキサイトの方法は表現は一見穏やかだが、ユーザーを恫喝しているようにも感じる。

 以下がその回答だ。すべて記載している。メールの二次使用を一方的に遠慮しろと言うのは、あまりにも尊大ではないだろうか?

 以下がその回答メールの全てだ。


このメールは配信専用のアドレスからお送りしています。
このメールにご返信いただいても、お答えすることができません。
ご不明な点がある場合は、文末のURLからお願いします。
-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-
湘南のJOHN LENNON様

いつもエキサイトをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
エキサイトカスタマーサポート ○○と申します。


該当の記事に、顔写真・実名掲載がありましたので非公開処理されております。

内容を修正のうえ新規の記事にて再度ご投稿いただけますようお願いいたします。


ご不明点、ご質問がある場合は、以下のURLよりお問い合わせください。
 

■SSL版お問い合わせフォーム
 
https://eps.excite.co.jp/help/info_supportform_re.ehp?queryno=09E006061900325&service_id=blog


■非SSL版お問い合わせフォーム
 
http://www.excite.co.jp/help/info?hp=7c&queryno=09E006061900325&service_id=blog

今後ともエキサイトをよろしくお願い申し上げます。


エキサイト株式会社
http://www.excite.co.jp/


-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-
このメールのコピーや二次利用は、ご遠慮いただいておりますので
予めご了承ください。
-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-

----- Original Message -----
下記のようなメッセージをいただきました。

どこをどのように修正すれば良いのですか?
仰るとおりに直します。
一方的に削除するのは失礼ではないでしょうか?

御社の気の済むような文章に訂正しますので
具体的なご指示をお待ちしております。


【投稿記事 非公開処理のお知らせ】
Commented by exblog at 2006-06-19 19:01
こんにちは。エキサイトブログ管理者です。
エキサイトブログでは、規約に反する内容は投稿できません。ブログ利用規約をご確認
いただき、該当記事を削除いただくか、内容を修正のうえ新規の記事にて再度ご投稿い
ただけますようお願いいたします。



 以上が、その内容である。他のブログではどうなのだろう?同じエキサイトでも実名の記事は出てくる。なぜ小生のを削除して、他のブログを削除しないのか?削除の基準が分からない。写真はダメなのか?実名もだめか?片方なら良いのか?上記の内容は両方あるからとも取れる。しかし、他のエキサイトブログでは実名の記事は存在する。

 以前からエキサイトは、なにかフィルターをかけたりしているフシがあったが、今回それが確実だと言うことが分かった。以前、岸和田の中三少年虐待の被告の「烏野」の記事を書いたが、「烏野」でエキサイトを検索しても一切ヒットしなかったのだ。なぜか今はヒットするが、記事を投稿して半月以上ヒットしなかった。他の記事はすぐに反映していたのに何かおかしい。


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



by qunny1130 | 2006-06-21 22:27 | マジメな話 | Trackback(2) | Comments(4)
ページトップ