excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


カテゴリ:ジュリアン・レノン( 50 )
ジュリアン・レノンブランド トラックトップ
ジュリアン・レノンブランド トラックトップ



航空便で届いた

 あまりスポーツに縁が無い小生だが、ジュリアン・レノンのサイトを流していたところ、トラックトップやTシャツを売っているページを発見した。



『エブリシング・チェンジズ』のジャケットイメージと同じだ

 トラックトップってサッカーのイメージが強いので、サッカー嫌いな小生には何となく抵抗があったのだが、ジュリアン・レノンのブランド名が入っているなら良いかなと思って衝動買いしてしまった(笑)



ロゴをアップで

 背中の大きな蝶のようなマークは、2011年に発売された『エブリシング・チェンジズ』のジャケットと同じものだ。見ていると、『エブリシング・チェンジズ』のイントロが聴こえてきそうな感じがする。



ジュリアンのイラストが中に!

 中側の首の後ろには、ジュリアンの顔のイラストが印刷されている。なかなかオシャレかなって自己満足(笑) 値段は40ユーロだ。おおよそ4000円くらい。送料があるので、全部で4500円ってところだ。



前からのイメージ

 ジュリアンサイトの通販コーナーには、女性向けのものもたくさん置いてあるようだ。値段も安いので良心的だと思う。小生は発注して10日間ほどで品物が届いた。

 生地も思っていたより全然良いので、日本国内の数少ないジュリアン・レノンファンにはお勧めだ。もう少し時期が来たら、Tシャツも注文しようかな。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



Mens First Rose Zip Track Top (Black)
by qunny1130 | 2013-03-20 23:17 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
Julian Lennon "SOMEDAY"
Julian Lennon "SOMEDAY"




 「サムデイ」という曲名を思い起こすと真っ先に佐野元春さんの「サムデイ」が思い浮かぶだろう。小生も当然そうだ。佐野さんの曲は10代からリアルで聴き続けてきたからだ。

 4月8日、つまりジュリアン・レノンの誕生日に新しいシングル曲として「サムデイ」という曲が発売されることが、ジュリアンのサイトで発表された。

 ジュリアン・レノンも50歳の大台に乗る!デビューが1984年秋だったので、かれこれ29年の歳月が経過している。50歳の記念日に世に出るジュリアンの新曲が待ち遠しい。

 2011年に発表された『エヴリシング・チェンジズ』も、前作『フォトグラフ・スマイル』に匹敵するほど名曲揃いだったので、今回のシングル曲も大いに期待できるだろう。

 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




Julian Lennon "SOMEDAY"
by qunny1130 | 2013-03-09 13:27 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
Julian Lennon - Day after Day - The Late Show with David Letterman
Julian Lennon - Day after Day - The Late Show with David Letterman




1999年2月17日出演映像のようだ




The Late Show with David Letterman




アメリカ CBS放送の人気番組




LENNON And Proud Of It のTシャツを着て演奏




『フォトグラフ・スマイル』のプロモーションで




デイヴィッド・レターマンと握手!しかし、でかい人だ


 最近の Youtube って、以前観られなかった映像が見つかることが多い。この『レイト・ナイト・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』もその中の1つだ。

 恐らくだが、1999年2月17日出演時の映像だと思われる。アメリカでの『フォトグラフ・スマイル』発売プロモーション活動を同月から開始していた。精力的にメディアに出ていたようだ。

 1999年頃もインターネットの時代だったが、当時はナローバンドだったため、ジュリアンのライヴ映像を観るためには、長い時間をかけてダウンロードしなければならなかったし、映像画質も良くなかった。

 この映像、去年の8月にアップロードされている。誰かが家庭用VTRに保存していたものを13年後にアップロードしたのだろうか?まあ経緯はどうでもいいが、貴重な映像を観ることができて、そのユーザーに感謝だ。

 これは14年前のジュリアン・レノンの貴重な映像だ。その前の年、1998年に日本にも来て、プロモーション活動を行っていた。小生は横浜HMVで生ジュリアンを観ることができた。その後に来日した話はないので、今思えばラッキーだった。

 最近のジュリアンは、マイペースで音楽活動を行っているが、また来日してくれないだろうか・・・。ザ・ビートルズ・クラブ が主体で呼んでくれ!




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




Julian Lennon - Day after Day - David Letterman
by qunny1130 | 2013-02-22 23:37 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
Julian Lennon - Day After Day
Julian Lennon - Day After Day




1999年頃の映像か?





テレビライヴのようだ





ジュリアンの弾き方でコードとポジションが確認できる





生の弦楽団が演奏を厚くさせている!





当時は30代半ばのジュリアン





この頃に日本に来て欲しかったが・・・



 Youtube を探索していると貴重な映像が、どんどんアップロードされているのを発見できる。良い時代になったとつくづく思う今日この頃だ。この映像もその中のひとつだ。

 この映像が、いつどこで収録され、いつ放映されたのかはよく分からない。しかし、ジュリアンのヘアスタイル等から探ると、アメリカでのプロモーションにて、恐らく1999年2月~3月頃と推定したが、実際はどうなんだろう?

 曲は、あの名盤「フォトグラフ・スマイル」から「デイ・アフター・デイ」だ。弦楽団を従えた演奏は厚みがあって、オリジナル音源より良いかもしれない。

 間奏のリードギターの部分が端折られていたのが残念だが、演奏や歌はライヴらしく臨場感があり、バンドも気合が入って演奏していたようだ。(演奏のカラオケは先にライブ収録していたかもしれないが)

 名盤「フォトグラフ・スマイル」も1998年の発売から早15年。昔、毎日のように聴いていたのを最近思い出し、また聴き始めてしまっている。良い作品は周期的に聴きたくなるものだろう。

 ジュリアン・レノンも今年50歳の大台に乗る。最近は写真展を開いたり、音楽活動以外も精力的なようだ。同世代人として、昔からのファンとして、これからも頑張って欲しいアーティストだ。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




わたしの大切な日々
Julian Lennon (ジュリアン・レノン)/ Day After Day
With A Little Luck!
by qunny1130 | 2013-02-04 21:51 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
再投稿 Creo Que Voy A Llorar by Julian Lennon
Creo Que Voy A Llorar by Julian Lennon





ジャケット写真



 1991年に発売された「Saltwater」の英国のシングル盤。実際は何種類かシングル盤が発売されたようだが、詳細は分からない。ちなみに日本のCDシングル盤はレアな存在で、なかなか見つからないと思う。輸入盤より日本盤の方がプレミアが付いている。


 このシングル盤の曲目は以下の通りだ。

01.Saltwater
02.Rebel King
03.Creo Que Voy A Llorar
04.Mother Mary



 3曲目の「Creo Que Voy A Llorar」は、「Saltwater」のスペイン語ヴァージョンだ。何を言っているのか全然分からないが、英語ヴァージョンと聴き比べてみるのも面白い感じだ。

 「Creo Que Voy A Llorar」はスペイン語の題名だが、訳しても「Saltwater」にはならない。「I believe that I am going to cry」が英訳になり、直訳すると「私は泣くつもりであると信じます」となる。以下がスペイン語の歌詞だ。


La tierra es una roca
Que gira en torno al sol
Nosotros mas pequeños
Que un electrón
Y que gigantes somos para matar
Creo que voy a llorar

Ganamos las montañas
Triunfamos sobre el mar
Llegamos a la luna y más allá
Pero los bosques mueren sin más ni más
Creo que voy a llorar

Hablamos del amor
Nosotros lo mejor
En un mundo que se apaga
Y todo por nada

El tiempo pasará (y pesará)
La vida crecerá
Y el amor nos dirá yyy yyy yyy....
¿ Qué nos quedará?

Cambiamos corazones,
Compramos la verdad
Millones de cañones para la paz
Mientras un niño llora pidiendo pan
Creo que voy a llorar

Hablamos del amor
Nosotros lo mejor
En un mundo que se apaga
Y todo por nada

El tiempo pasará ( y pesará)
La vida crecerá
Y el amor nos dirá yyy yyy yyy....
¿ Qué nos quedará?

La tierra es una roca,
Que gira en torno al sol
Nosotros unos locos sin dirección
Quemamos nuestra casa y nuestro hogar,
Creo que voy a llorar
Creo que voy a llorar


 
Single: Saltwater
Date: 1991








アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




HELP YOURSELF (1991)
音楽サイト BARKS - Julian Lennon : ヘルプ・ユアセルフ
Help Yourself
http://www.youtube.com/watch?v=99P8ipj-4sQ
ミヤモーの戯言
A Day In The Life
ジュアン・レノン ヴァロッテ - 小さな星の大きな環
by qunny1130 | 2012-02-18 21:08 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
ホンダシティ・CM Julian Lennon
ホンダシティ・CM Julian Lennon





このCMでは2曲目の「セイ・ユーアー・ロング」






1985年のジュリアン・レノン






懐かしいクルマだ!









 YouTube を流していると、いろいろな映像を見ることができるが、昔のCMも多くアップロードされている。恐らく個人ユーザーが、ビデオテープに残っていたCMをパソコンに取り込んでからアップロードしたに違いない。

 ホンダ・シティは小生の記憶だと1981年(昭和56年)に発売されたFF1200ccのクルマだ。当初、マッドネスというグループの挿入歌で、そのCMも大人気だったし、シティも結構売れて、街中ではたくさん見かけたものだ。

 その人気は結構長く続き、息の長いモデルになった。ジュリアンも1985年からシティのCMに出演。この曲は1曲目の「ヴァロッテ」に続いての連続出演だったはずだ。

 映像観るとジュリアンが若い!まだ22歳くらいの頃だ。ジュリアンはデビューが衝撃的過ぎて、一般的には尻すぼみのように人気は落ちていった。この頃が人気も一番だった。

 そういえば、最近、腹違いの弟であるショーン・レノンもホンダのCMに出演していた。ホンダはレノン兄弟を20年以上の間をおいて自社のCMに出演させたわけだ。同じレノン兄弟でも全くショーンには興味の無い小生だ。





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





ホンダシティ・CM Julian Lennon
by qunny1130 | 2008-11-04 21:11 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
Julian Lennon- Disconnected
Julian Lennon- Disconnected








 ジュリアン・レノンの新曲だ。とは言え、まだ正式にはリリースされていない。ジュリアンのマイスペースで去年発表されていた曲だ。いかにもジュリアンらしい曲調でもあり、声も昔と変わらず、心に訴えてくるような曲だ。

 父親の「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」っぽいアレンジも聴かれるが、これは敢えて意識してそうしたのではないか?7分近い大作だ。変拍子も父親譲りだ。

 前作の「フォトグラフ・スマイル」からまる10年、インターネットは凄い進化を遂げた。ジュリアンは恐らく自分のマイスペースの反響なども考慮し、いつ新作を発表するか、思慮を重ねているに違いない。早ければ今年のクリスマスあたりだろうか?


 







にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





http://www.myspace.com/julianlennon
by qunny1130 | 2008-11-01 17:21 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
Julian Lennon - Saltwater live Holland 1991
Julian Lennon - Saltwater live Holland 1991




















 ジュリアン・レノンの映像を YouTube で発見!知らないうちに見たこともない映像がアップロードされているから、ファンとしては大変ありがたいものだ。映像の説明だとオランダのテレビ番組のようだ。

 名曲「ソルトウォーター」と当時のニューアルバムであった「ヘルプ・ユア・セルフ」のプロモーションで出演したと思われる。時期的には1991年だろう。ジュリアンのインタビューも聞くこともできる。ジュリアンの発音は聞きやすいので、英語力の無い小生でも少しは理解できた。

 後半は口パクなのが少し残念だが、スタジオライヴが収録されている。当時のジュリアンの年齢は28歳。「ソルトウォーター」は、ヨーロッパでかなり売れたシングルとなった。
 
 しかし、アメリカでは全く売れなかった。何故売れなかったかは分からない。作品そのものは素晴らしいからだ。アメリカで売れないので、日本でもファン離れが進んでいってしまった。

 洋楽番組がアメリカ主体なので、イギリスなどのヨーロッパのアーティストを直接知る機会が少ない。何でもアメリカの受け売りの日本の放送局・・・。ちょっと売れないとファンを止めてしまうミーハーたち。もう少し真面目に聴こうよ、音楽を!



 







にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2008-10-31 12:12 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
Julian Lennon - Day After Day
Julian Lennon - Day After Day





アメリカCBSのトークショー出演時の演奏






『レイト・ナイト・ウィズ・デビッド・レターマン』という番組






Tシャツの文字に注目!
 


 1998年にイギリスや日本で発表されたジュリアンの名アルバム「フォトグラフ・スマイル」は、アメリカではインディーズ・レーベルのため発売が半年以上も遅れ、1999年に入ってからの発売となった。

 この映像は恐らく1999年2月17日、アメリカCBS系列の番組『レイト・ナイト・ウィズ・デビッド・レターマン』からだと思われる。フルコーラスでアップロードされていないのが残念だが、貴重なジュリアンの映像が観られることはラッキーだ。

 当時の記録からだと、この番組で演奏したのは、この「デイ・アフター・デイ」のみのようだ。リード・ギターのメンバーは、この番組ではリッケンバッカーで弾いていないようだ。

 この年の夏、ジュリアンはアメリカツアーも行ったようだ。成功したかのかイマイチだったのかは分からないが、当時はインターネット上でジュリアンの映像を観ることも多かったと記憶している。

 現在とは違い、当時はブロードバンドではなく、小生はISDNという64kしかないナローバンドでインターネットにアクセスしていた。したがって、大きな動画を観るにしても相当な時間を要していたのだ。

 そんな接続環境でも、動いているジュリアンを観て感激したことはよく覚えている。確かに現在の環境は素晴らしいとは思うが、インターネットの敷居が低くなり過ぎて、誰でも観られてしまうのは、ちょっと抵抗も感じてしまうが・・・・。
 
 話は飛んでしまったが、ジュリアンの着ているTシャツの言葉が素晴らしい!父親から脱却した当時のジュリアンの心境がうかがえる。そして、この曲を演奏だ。大変に意味深長だ。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2008-10-27 21:03 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
ジュリアン・レノン 今度こそ新作か?
ジュリアン・レノン 今度こそ新作か?






ごく最近のジュリアンの写真らしい



 最近のジュリアン・レノンの動向だが、今度こそ新作発表に向け活動しているようだ。新曲デモテープをマイスペースで発表してから1年以上経過している。そのときは2007年中にアルバムが出るものだと期待したが、結局出ることはなかった。

 ジュリアンのマイスペースの日記上では、最終的に12曲を選び、それらが決まったこと。更にここ数週間の間、ニューアルバムのカバーを制作中ということも書かれている。

 新作がいつ出るかは分からないが、10年ぶりに何らかの発表がある可能性が高くなっていることは確かだ。腹違いの弟のショーンばかり目だってしまっているが、ジョンの正統な後継者であるジュリアンの新作を一日も早く聴いてみたいものだ。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2008-10-26 00:31 | ジュリアン・レノン | Trackback | Comments(0)
ページトップ