excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


カテゴリ:F1( 107 )
マクラーレンF1、モンツァでルノーと会談。ホンダとの将来は9月半ばまでに決定か
マクラーレンF1、モンツァでルノーと会談。ホンダとの将来は9月半ばまでに決定か

以下、ネットニュースより
 
 マクラーレンがF1イタリアGPの週末、ルノー首脳陣と会談を行ったことが分かった。エグゼクティブディレクターのザック・ブラウンは、2018年にもホンダとの契約を継続するのか、ルノーにスイッチするのかについての結論はまだ出ていないと語った。



 ほらやっぱり!参戦後3シーズンになるのに、パフォーマンスが上がらず低迷し続けている。

 2008年の逃亡的撤退のツケは大きい。ホンダのコメントを時系列に読んでいくと分かるが、参戦前から舐めていた。

 シャシー性能の向上が期待できるマクラーレンなら、早い時期に優勝できるとふんでいたようだ(笑)

 1992年第2期の撤退では、無限ホンダを残して完全撤退ではなく、ホンダ本体からも無限に出向させ、技術を断絶させず、表彰台もあり、優勝も現実にしていた。

 2008年の撤退では、全てを投げ出してしまい、1983年からの直接的間接的参戦を断絶してしまった。その後、エンジンはPUになり、以前とは別物になってしまっていた。

 約5年後の復帰発表には、セナ時代のマクラーレン・ホンダの再現を期待した馬鹿なファンが騒いでいたが、現在のような体堕落(ていたらく)を予想していた者はマスコミも含め、ほとんど皆無だった。

 ホンダは撤退し、昔からのF1ファンに謝罪し、もう二度とF1に関与せず、ミニバンメーカーとして、面白くない車を生産していけば良いと思う。



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2017-09-02 14:24 | F1 | Trackback | Comments(2)
ロズベルグが待望のチャンピオンを獲得
ロズベルグが待望のチャンピオンを獲得

以下、ネットニュースより
 
 2016年のF1最終戦アブダビGPの決勝が27日、ヤス・マリーナサーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝。2位に入ったニコ・ロズベルグ(メルセデス)が初のワールドチャンピオンを獲得した。優勝はハミルトンで今季10勝目、3位にはベッテルが続いた。



 小林可夢偉が消えてから、CS放送契約のフジテレビNEXTは解約し、リアルタイムの順位はネットを見ないと分からなくなった。つまり結果などはどうでも良い見る気も起きないF1なのである。

 ここ数年のF1、全く面白くない。オーバーテイクするため、DRSのようなわけも分からないものを使用したり、極端に違うタイヤを選択して順位を上げたり、ドライバーの腕なのか、クルマの性能の差なのかさっぱり分からない。

 予選も3回ルールのままだし、タイヤ温存のためにQ3を走らないドライバーもいる。何のための予選なのかね?タイヤもある一線から急激に劣化するような構造にして、順位の入れ替わりを演出させたり、ドライバーが道具のように扱われているように見える。

 以前は年間16戦だったが、現在は20戦以上。11月末までレースが行われている、多過ぎて観る気も起きない。ポイントも大きくなり、10位まで入賞。入賞の価値が下がっているとしか言えない。6位争いが凄かった時代が懐かしい。

 しかし、そんな中で一番興味を削がれたのは、日本人ドライバーが消えたからだ。チームのシートは金持ちしかチャンスは無い。可夢偉は当然そんな競争に敗れて消えて行った。

 ホンダも2008年裏切り的撤退の後、2015年から復帰したが、成績も大したことはなく、アロンソ、バトンのチャンピオンコンビを錆付かせている。撤退したり参入したり、全く忙しいメーカーだ。日本人だけれど、ホンダだけは応援する気になれない。

 昔は高視聴率だった地上波放送も無くなり、BS放送も無くなり、料金が高いCSでしか観られない。それもフジテレビが、NEXTなる新しいチャンネルを作って、既存ユーザーに負担を強いた。

 NEXTはF1中継を除けば、クダラナイ番組ばかりで、こんなクソチャンネルのために、1か月1,000円も払い続けるのがバカバカしくなり解約した。

 F1自体、更にそれを放映する放送局の視聴者を馬鹿にするシステム。全てが以前のファンを裏切り続けている。こんなことが続けられれば、恐らく日本GPすら無くなるだろう。

 そして、1986年以前のようなダイジェスト放送になるか、FOXスポーツだけで細々と放送され続けるかだろう。誰がチャンピオンになってもどうでもいいわ(笑)



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2016-11-28 23:30 | F1 | Trackback | Comments(2)
ブリヂストン F1に戻って来て欲しい
ブリヂストン F1に戻って来て欲しい



















 浜島さん、フェラーリも素晴らしいでしょうが、日の丸ニッポンのために古巣へ復帰できないもんでしょうか?


 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



ピレリを攻撃するレッドブル
by qunny1130 | 2013-06-09 21:28 | F1 | Trackback | Comments(0)
2010年ブリヂストン小平工場にて
2010年ブリヂストン小平工場にて



リジェ無限ホンダ

 2010年11月頃、ブリヂストン小平工場へ行ったときの写真を発見!その前年の2009年も行っていたのだが、2年連続して参加したときのものだ。


リジェ無限ホンダ詳細

 1997年から参戦したブリヂストンは、グッドイヤーとのタイヤ戦争で、素晴らしい戦いを演出してくれた。1997年ハンガリーGPにて、デイモン・ヒルのアロウズ・ヤマハが2位表彰台をゲットした。


レースで実際に使用されたタイヤ

 2位とはいえ、実際は優勝したジャック・ヴィルヌーヴのウイリアムズ・ルノーに大きな差をつけていた。しかし、最終週、ギヤボックストラブルで優勝を逃がしてしまった。


浜島さん

 この年のBSタイヤの性能はグッドイヤーに優っていたと素人でも思ったし、浜島氏に性能差についてどう思うか質問したところ、「ブリヂストンタイヤの性能が優っていたと思います」とハッキリ言っていた。


最後は浜島さんと今宮さんのサイン会

 何て偉そうに記事を書いている小生だが、自分のクルマにブリヂストンを使用したことは一回も無い(笑) そろそろ今のミシュランタイヤの交換時期が迫ってきている!

 さて、次は「ピレリ」、「ミシュラン」、「ブリヂストン」どうしようか・・・。ピレリのトレッドラインが一番好きだし、性能ではブリヂストンかな?今のミシュランの性能も良いし・・・。

  


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2013-05-29 23:45 | F1 | Trackback | Comments(0)
『ホンダF1復帰伊東社長「日本全体が元気になってくれれば」』
『ホンダF1復帰伊東社長「日本全体が元気になってくれれば」』

以下、ニュースより

 
 記者質問:量産車からF1のレースへの技術供給の比率についてはどのくらいか。また、日本の技術力を示す良いチャンスだが、これを機会に日本をどのように元気にしたいと考えているか?

 伊東社長回答:量産車からレースへどのくらいの技術供給がいくかというのは、非常に難しい質問で答えようがないところです。ただ、量産車のハイブリットに関しては、相当幅広くやっていて、もうじきいろいろなタイプの車が販売されていきます。ここに至るまでに量産車における信頼性、燃費効果、走りの楽しさに関しては積み重ねてきたノウハウがあります。このノウハウをレースに役立てるということは、非常に関心を持ったテーマです。

 また、レースからという点に関しては、ダウンサイジングターボから改正するという技術は、間違いなくこれから量産車にも影響を与えていくと私も期待しています。かねてよりF1においても効率という軸が出て、技術進化が大きく測れるときは、十分にチャレンジする価値があるし、積極的にそこに加わっていくことでレースも楽しみにしたいです。そして、量産車にも技術を波及していきたいと思っています。

 ご質問にあった日本への貢献という点では、我々が得意としている技術の分野であると思いますし、F1に参加することによって日本全体が元気になってくれればと思っています。




 2008年の逃亡的撤退によって古いファンを失ったホンダ。1992年の撤退の場合、1993年以降も無限で直接間接で関与し続けていた。

 しかし、2008年の撤退は、悲惨な成績で低迷した同年シーズンを捨て、2009年車にリソースを集中させていたのにもかかわらず、それさえも捨てた。

 チームマネージメントは英国人たちに牛耳られ、当時健在だったスーパーアグリチームにも内政干渉をさせていたような報道も多々あった。どうみても投げやりにしか見えなかった。

 で、最後は景気が悪くなって(リーマンショック)撤退。エンジンも含めた全撤退は大いに失望した。今度はセナ時代の再現か?2008年時の酷い撤退劇を見ているファンとして素直に喜べるはずはないだろう。

 それに伊東社長の「日本全体が元気になってくれれば」って言うのも白々しく聞こえる。そういう発言をするなら、国内下請けを切る方針はどうなっているんだ?と問いたい。

 ホンダの国産部品の調達率は、トヨタの半分程度しかしかない。確か20%台だろう。この数字は全メーカーの中でダントツで、非常に小さい。もはや日本のメーカーと言えるか甚だ疑問だ。

 そんな状態で「日本が元気に云々」って(苦笑)2015年シーズン、マクラーレン・ホンダを応援することは決して無いことは確かだ。
  
 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



第4期ホンダの”現実的”チャレンジ
Maclaren HONDAの衝撃
ホンダが帰ってくる!
マクラーレン・ホンダ復活
ホンダF1復帰会見直前!解説記事(ボツ稿)
by qunny1130 | 2013-05-18 22:45 | F1 | Trackback | Comments(5)
ベッテル、チーム指示無視を認めウェバーに謝罪/F1マレーシアGP
ベッテル、チーム指示無視を認めウェバーに謝罪/F1マレーシアGP


以下、ニュースより

 マレーシアGP決勝の終盤、ウェバーがトップ、ベッテルが2番手という形で1-2体制を築いていたレッドブル。しかし、ベッテルがウェバーに襲いかかり、接触寸前の激しいバトルを展開した。最終的にはベッテルがこのバトルを制して優勝したものの、レース後にウェバーはベッテルへ怒りを見せていた。

ベッテルはレース後、次のように『Autosport(オートスポーツ)』へ語り、混乱のためにチームの指示を無視してしまったと認め、ウェバーへの謝意を示した。







表彰台


 あのオーバーテイクはどう見ても故意で確信犯だろう。マーク・ウエバーが右に寄せて抵抗したのは当然だろうに。チームオーダーを無視した後味の悪い優勝だ。謝って済む問題ではないだろう。

 1982年サンマリノGPで、当時フェラーリのジル・ヴィルヌーヴとディディエ・ピローニの2人にも同じようなことがあった。ピローニがチームオーダーを無視して優勝してしまった。ヴィルヌーヴは怒り心頭だった。

 ベッテルはオーバーテイクする前のチームへの無線でも問題発言をして、その音声内容が生中継で全世界に流れてしまっている。以前からベッテルは、ときどきスポーツマンシップに欠ける言動や行動があり、それはとても見苦しい(聞き苦しい)。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




by qunny1130 | 2013-03-24 21:39 | F1 | Trackback | Comments(2)
ホンダ、F1復帰に向けフェラーリの元エンジン責任者を獲得か
ホンダ、F1復帰に向けフェラーリの元エンジン責任者を獲得か

 
 数か月前からホンダの復帰が噂されている。2008年末で逃げるように撤退したホンダ。当時、英国人達に良いように利用されて食い尽くされたホンダF1チーム。

 日本の会社名だったが、実際は英国人に支配され、翌2009年はブラウンGPでドライバーズ・チャンピオンシップを獲ったのが、何となく腑に落ちなかった。

 そんなホンダが復帰か!っていうニュースが入って来ても、もう期待すらしなくなってしまった。2014年からエンジンルールが一新されるので、そのタイミングで復帰するという話らしい。

 1983年からの第2期は黄金時代であったが、1992年限りでホンダ本体は撤退した。しかし、無限ホンダとしてF1に関与し続けていた。むしろ、無限ホンダ時代の方が、小生には大きなインパクトを残している。
 
 リジェ無限ホンダで優勝したオリヴィエ・パニス、ジョーダン無限ホンダで優勝したデイモン・ヒル、ハインツ=ハラルド・フレンツェンを覚えているF1ファンは、まだまだ多いはずだ。

 仮に2014年にエンジンサプライヤーとして復帰するとして、いったいどこのチームにエンジンを供給するのだろう。マクラーレンが噂されているが、もし、本当にそうだとすると1992年以来となるが、真偽のほどはいかに・・・・。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



ホンダF1エンジン供給はマクラーレン
ホンダF1参戦に疑念
ニワカF1オタの生存記録
うd町役場
HIPPO大野の雑記帳
「スポーツ千一夜」by影無茶
by qunny1130 | 2013-02-28 22:03 | F1 | Trackback | Comments(0)
ハウグ「F1にとっていいニュースを生み出したい」。シューマッハー起用の可能性を完全否定はせず
ハウグ「F1にとっていいニュースを生み出したい」。シューマッハー起用の可能性を完全否定はせず




以下、ニュースより

 ロス・ブラウンは、メルセデス・グランプリへのミハエル・シューマッハーの加入はないと否定したものの、メルセデス・ベンツ・モータースポーツのバイス・プレジデント、ノルベルト・ハウグは、完全否定の言葉を避けており、彼の思わせぶりな発言がさらにシューマッハー復帰への期待をあおっている。

 23日、メルセデス・グランプリとニコ・ロズベルグの契約を発表した際、シューマッハーを起用する可能性をきっぱり否定できるかと問われたハウグは、「F1の世界で何かを断定することなどできるだろうか?」という言葉を返したと、Autoweekが伝えている。

 一方、シューマッハーのマネージャーであるウィリー・ウエーバーは、シューマッハーとメルセデスが交渉を行ったことを認めている。
「ミハエルが、アブダビでの最終戦で、(ダイムラーのCEOである)ディーター・ツェッチェとノルベルグ・ハウグと話をしたのを、私は知っている」と彼はガーディアンに対してコメントしている。




 ミハエル・シューマッハー復帰か?じゃあ、ついでに、ハインツ=ハラルド・フレンツェンとカール・ベンドリンガーも復帰させろって!メルセデスさんよ!!(笑)




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2009-11-24 21:57 | F1 | Trackback | Comments(0)
根拠の無い来年のF1チーム予想(笑)
根拠の無い来年のF1チーム予想(笑)


 いよいよ日本GPが始まる。それも3年振りの鈴鹿サーキットだ。2年も富士スピードウェイの退屈なレースを観ていたファンにとっては、やはり鈴鹿の方がF1らしくて雰囲気も最高だろう。

 たった2年で開催権を手放した無責任なトヨタ。もう恥ずかしくて2度と富士スピードウェイでの開催に名乗りをあげることをしないだろうと思いたい。そのくらいの「良心」はあるだろう。

 2009年シーズンも終盤になってしまった。佐藤琢磨の復帰もなく寂しい気持ちでレースを毎回観ている小生だ。唯一の日本人レギュラードライバーの中嶋一貴もノーポイント行進中だ。

 昨シーズンで撤退したホンダに続き、BMWも撤退を表明している。しかし、来シーズンは4チームが新規参入するという。新規チームの詳細はよく分からないが、資金不足で撤退ということはないようにして欲しい。

 前置きは長くなってしまったが、小生が勝手に来年参戦のF1チームを予測してみた。エンジンサプライヤーも勢力図が変わる可能性が高い。

 
 01.フェラーリ
 02.マクラーレン・メルセデス
 03.トーロ・ロッソ・フェラーリ
 04.レッドブル・メルセデス
 05.ウィリアムズ・ルノー
 06.フォース・インディア・メルセデス
 07.ブラウン・メルセデス
 08.ザウバー・フェラーリ(旧BMWザウバー)
 09.ロータス・コスワース
 10.カンボス・コスワース
 11.USF1・コスワース
 12.マノー・コスワース


 以上の12チームの合計24台と予想する。ハッキリ言うとトヨタは今年限りで撤退だろう。「背水の陣」の鈴鹿で最初で最後の優勝を飾ることができるだろうか?無理だな(笑)

 ルノーはチームとしては撤退するだろうが、エンジンサプライヤーとしては残留するだろう。その供給先は、1990年代の黄金時代を築いた相棒ウィリアムズだ。ウィリアムズ・ルノーというチーム名を再び聞くことができるに違いない。デイモン・ヒルが懐かしい。

 ただ1人だった日本人ドライバー中嶋一貴は御用済みだろう。今の成績や迫力のない走り方では、もう2度とF1で走ることができないだろう。佐藤琢磨の復帰も難しいだろうが、何とか新規チームでのシートを掴んで欲しいと心から願う。
 
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2009-10-01 23:35 | F1 | Trackback | Comments(2)
G.フィジケラの14年越しの夢が実現
G.フィジケラの14年越しの夢が実現



以下、ニュースより


 現地時間(以下、現地時間)3日、フェラーリは次戦イタリアGPから最終戦アブダビGPまでジャンカルロ・フィジケラを起用すると正式発表した。前戦ベルギーGPまでG.フィジケラが所属していたフォース・インディアも契約解除を正式に認めた。同日、『ロイター』通信が報じている。

 G.フィジケラはフェラーリの公式ホームページ上で、「天にも昇る心地だ。人生の夢が実現するってことがまだ信じられないよ。これはイタリア人ドライバーにとって起こりうる最高のことで、僕たちのファンの前で赤いマシンをドライブするんだ」と喜びを語っている。

 1995年9月に初めてフェラーリで単独テストを受けて以来、G.フィジケラは長年フェラーリドライバーになることを切望してきた。しかしフェラーリ入りは実現せず、1996年にミナルディでF1デビューしたのち、ジョーダン、ベネトン、ジョーダン、ザウバー、ルノー、フォース・インディアとチームを渡り歩き、通算3勝を挙げている。








 マッサの代理で出場していたルカ・バドエルが予選・決勝とも最下位という最悪の結果しか出せなかった。フェラーリは不調とは言え、マッサもライコネンも入賞以上で走ることはできていた。やはり10年のブランクは大きかったようだ。

 コンストラクターズポイントを稼ぐためには、これ以上バドエルの起用は不可能だろう。フェラーリも長年のバドエルの貢献に対し、正ドライバー昇格を決断したのだろうが、背に腹は変えられないのが本音なのかもしれない。

 そして、やはり噂どおりフィジケラがフォース・インディアから移籍することが正式に発表された。同時に今年いっぱいでの現役引退と来年のリザーブドライバーとして立場も決定したようだ。仮にマッサが復帰できなかった場合、正ドライバーになるのかは分からないが、できるなら現役ドライバーとしてフル出場して欲しいが・・・。

 マッサの大怪我のための欠場によるというきっかけではあるが、フィジケラが夢であったフェラーリ正ドライバーのシートを得たことは、F1ファン的に言えばとても嬉しい。本当ならイタリア人によるイタリア人のためのフェラーリが理想なのだろうからだ。

 ミケーレ・アルボレートがイタリア人エースとして活躍していた頃といえば、もう20数年前もの昔だ。その後、何人かのイタリア人ドライバーがフェラーリのシートを得たが、皆セカンドドライバー扱いで、途中でクビになった者もいたくらいだ。

 現役最後を悲願のフェラーリで過ごすことになったフィジケラ。次のイタリアGPでの走りに期待がかかる。バドエルのように慣れないマシンに手間取るのだろうか?それともベルギーGPのように素晴らしい走りを見せてくれるのだろうか?

 小生は後者だと思う。ベルギーGPで見せた走りは、とにかく感動させられた。ドライバーズ・サーキットでのこの走りは本物に違いない。超高速サーキットのイタリア・モンツァでは、カーズを持つフェラーリは、恐らく有利だろう。今度は逆にライコネンをオーバーテイクして40数年ぶりのイタリア人ドライバーとしての優勝を飾って欲しい。来週が待ち遠しい。








アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




やんの日記
真夜中の
ふづくえ
by qunny1130 | 2009-09-05 02:35 | F1 | Trackback | Comments(2)
ページトップ