excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


カテゴリ:自然破壊( 8 )
中国からの大気汚染 2006年6月2日記事再投稿
中国からの大気汚染 2006年6月2日記事再投稿






もうもうと煙をあげ操業する中国の工場




 上記の写真の報道記事では、周りの家々は煤で真っ黒、廃液は出し放題、本当に悲惨な状況だ。具体的に言うと、ここは山西省临汾という場所の「三家コークス化学工場」というようだ。こんこんと黄色い煙と黒い煙を交互に排出し、付近の上空は汚染された煙の雲に覆われている。山西省は汚染地域でも有名だ。

 また、あたりの空気の臭いも鼻をつくような感じらしい。この工場が出す廃液も黒色と化したため、それらを流されてしまった川は、ヘドロが堆積し非常に臭く、水も黒く濁ってしまった。「三家コークス化学工場」の近くにある村にある田畑も黒い煤で覆われているということだ。この「三家コークス化学工場」が操業を停止したとしても、環境の回復は困難であると言う・・・。

 この記事で呆れるのは、記事を取材した記者に対し、同行したお役人「お金」を渡そうとして隠匿を図ろうとしたことが記されている。それは共産主義国家で随時行われている光景だ。賄賂・収賄、「金こそは全て」。日本以上に腐敗した政府お役人達。モラルの低さと言ったら、最低の部類に属すだろう。何でこんな国が国連の常任理事国であるのだろう。非常に疑問だ。

 日本の北西に位置する中国からは、以前にも増して汚染物質にまみれたチリ偏西風に乗って、日本本土に運ばれてくる。硫黄酸化物(SOx)の排出は日本では厳しく制限されているが、中国では無法地帯と化しているので排出し放題だ。現在も石炭を主燃料として使用し、それも何のフィルターにかけていないため、SOxを周囲の国々に撒き散らしている状態だ。

 その結果、酸性雨が発生するのだ。それは、いろいろな被害をジワジワと及ぼしていく。小さなガンのように徐々に蝕んでいくのだ。酸性雨のため、山々の木々が枯れてしまう、重金属が溶け出してしまう等の自然環境にとって、非常に脅威的で恐ろしいことなのだ。それは生態系に及ぼし、その頂点にある人間にも必ずしっぺ返しがくることになる。




環境監視衛星が捕らえた二酸化窒素の汚染地帯(赤色の部分)


 上の写真を見て驚いた。中国の二酸化窒素の排出が異常に高くなっているのが、一目瞭然だ。やはり環境制御技術が無いところで起こした無理な工業化。化石燃料を公害の元凶だった「石炭」でまかなっていること。これが最大の問題だろう。中国は暖房も、いまだに石炭で行っているので、どれだけの石炭が消費され、どれだけの汚染物質を撒き散らしている結果になっているか・・・。もはや、中国自国内で勝手にやってくれれば済む問題ではない。

 発電所各工場脱硫設備を付け、汚染物質を排出するのを抑えなければ、日本人も中国の無理な工業化が原因の公害病が発生する可能性が高くなると思う。日本人が近い将来、30年40年50年前、かつて体験した悪夢を再現させてしまう危機を迎えていると思う。それも日本国内が原因でなく中国が原因だとしたら余計許せない話だ。

 ここ10年足らずの間だが、春先に必ず真っ黒な煤を含んだ雨が降るようになった。昔はほとんどそのようなことはなかった。これも気になり、いろいろ調べてみたが、やはり春先は高気圧などの関係で、中国上空の大気が日本列島を覆いやすくなる時期のようだ。冬の間、高気圧にブロックされていた汚染された大気が、暖かくなると一気に日本に入ってくるのだ。

 これは非常に危険だ。中国の覇権主義の前に、日本人全体が公害物質により弱らされてしまう危険性が高い。決して偏見や大げさな話ではないと思う。中国政府は公害問題にほおかむりし、軍拡路線拡大のため、軍事費に莫大なお金をかけている。そのお金を環境のために回せば良いものを、自国の国民を公害病で苦しませるだけでなく、日本などの周りの国々に対しても同じようなことを行ってきている。それは放っておくと、ますます酷くなることは目に見えている。

 日本政府は、この中国国内の公害問題を世界の問題として再度強く提起し、中国国内の各工場の環境整備化に対する技術や設備の設置を訴えていくしかない。ODAの問題もあるが、技術の供与や設備の充実もある程度は仕方ないだろう。日本の国民の健康には変えられないのだから。

 ただ、そのときも強く世界や特に中国国内、中国人民に対し、「日本は中国にこれだけのことをしてあげている」ということを、今までと比較にならない位大きく宣伝していかなければならない。そうしないと、中国政府(中共)はいかにも自分で行ったということを自国民に宣伝・洗脳することは間違いないだろう。

 独裁主義・共産主義自国民への洗脳術は非常に長けている。この壁を突き崩すのは容易ではないと思うが、今まで日本が中国にどれだけのことをし、どれだけの貢献をしてきたか、これらを強くアピールしなければ、いつまで経っても恩を仇で返される日々が続くに違いなからだ。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





kuma's eye
制御屋の雑記
日本のお姉さん
まー坊の一期一会
旅行と探検のモリス
Masatoの個人的日記
Webおもしろ広場
太極・無極
信天翁の戯言
今日考えたこと
野良猫の路地裏日記
野原の小さな家
★奴食堂ブログ★
風の便り
エリア51
政経社会経営歴史評 つらつらブログってみます
BBRの雑記帳
Ericの備忘録帳
エクリプスの羽
One And Only
時事を考える
国際学どうでしょう
イプサム
Will日記
金魚のこころ
ロビンニュース
世界のメディア・ニュース 米国の公害都市トップ10
世界のメディア・ニュース 米国の公害都市トップ10
別冊 「映画偏食雑技団」
負け犬日記
きよっちゃんの大風呂敷
釣れ釣"れなる日常
Personal gialloblog | 中国の公害攻撃に要注意
スティグリッツも、読むのでS!!!
独書録
お試し期間
今日の言いたいこと
散歩道
継続的学習記録
我・想
元気と勇気と信頼の回復のために
日本の住まいを良くする無垢材研究会
ξ  Joseph murmured  ε
NSR
健康管理・増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ探求
Kohei Kashimoto Design Studio
我ら中年探偵団
by qunny1130 | 2013-02-01 22:02 | 自然破壊 | Comments(0)
恐ろしい中国の環境破壊 2007年10月2日記事再投稿
恐ろしい中国の環境破壊 2007年10月2日記事再投稿






 40~50年前の日本のようなひどい国だ



 ここ何年かの黄砂の異常なほどの量。また夏場の光化学スモッグ発生頻度の高さ。怖くはないだろうか?昔から黄砂はあった。しかし、ここ何年かの光化学スモッグは異常だ。まるで昭和30年代から40年代の高度成長期の日本の環境に戻っているようだ。

 小生が思うに、この現象は中国の経済成長と比例して増えていると思う。中国という国は、小生が知る限りでの話しだが、自然や環境に対し、全く何も考えていないような国だ。日本以上に拝金主義で、個人さえ良ければ良いという国民性にもあいまって環境破壊は急加速しているようだ。

 自分さえ良ければ、つまりお金さえ入れば自然破壊は関係なく、自国の人間のみならず、周囲の国の人間さえ環境破壊の犠牲者にしてしまう。しかし、それは我々日本人にも大きな責任がある。

 国内工場を閉鎖し、賃金安さや設備投資の安さで中国本土に進出している日本企業。直接間接問わず、われわれ日本人も環境破壊に手をかしているのだ。今の中国の環境破壊は、相当悲惨な状況らしい。共産党が悪いことを隠してしまうので、真実はなかなか表に出てこないが、昔の日本の公害病患者が相当数存在しているのだ。

 金属クズ、例えばステンレス材の高騰、古紙の高騰は、ほとんどと言っていいほど中国の影響だ。それらが中国に買い取られていく。日本国内にいる中国人も商売として、それを行っているのだ。日本人の一部もそれに乗じて私欲を肥やしている。

 日本と違って生産性は低い、買い取られた資源を有効に使っているのか甚だ疑問だ。地域によって、異常なほどのがん患者が発生したり、それも本当に尋常ではないようだ。中国に1年ほど仕事で行っていた友人は、空がいつも曇っていたという。光化学スモッグだ。

 偏西風や海流によって、汚染物質はどんどん日本国内に入ってきている。汚染物質は、何かを媒介し、日本人の体内に蓄積していくのだろうか?これは本当に恐ろしいことだ。本当にわれわれ自身、真剣に考えなければならない時期に違いない。






Noxの汚染地帯(赤色の部分) 中国はひどい!




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




kuma's eye
by qunny1130 | 2013-02-01 21:56 | 自然破壊 | Comments(0)
でたらめな地名
でたらめな地名


 ここ10年かそこらか覚えていないが、不動産業界かゼネコンが付けたのか分からないが、勝手に地名を掛け合わせて、それをキャッチフレーズにして販売することが多い。ハッキリ言ってウザいし、紛い物と同じじゃないか?

 例えば、「南葉山」だ。ハァ?なんだ?このチンケな地名は??葉山とは御用邸で有名な小さな町だ。小生が育った町なので、とても思い入れも強い場所だ。少なくとも、小生が成人を過ぎた頃までは、こんな地名は存在していなかった・・・。

 東京や地方の知らない人から見れば、葉山という印象は悪いものではないだろうと想像できる。しかし、葉山葉山なのだ。「南葉山」などという場所は実際には存在しない。「南葉山」はハッキリ言って横須賀市だ。

 葉山町横須賀市だと、チラシやパンフレットで受けるイメージも大きく違うだろう。小生も誤解を承知で敢えて言わせていただければ、横須賀市のイメージは良くない。中には、葉山町横須賀市の区別もできない人もいるだろう。

 それに加え、「南葉山」ということをアピールした、お菓子屋さんなども有名だ。最近の新築マンションも「南葉山」ということを大きくアピールしている。元葉山住民として何かスッキリしない・・・。

 本物の葉山の住民と葉山町役場は抗議しても良いのではないか?明らかに葉山のイメージを利用しているのだから。実際は葉山ではないのだから、住民税や固定資産税は入らない。バカバカしい商売は止めて欲しい。

 まだ同じような事例があった。それは「湘南佐島」と言われている新造語地名だ。これも、ハァ?だ。「湘南」と言われている地域は、だいたいだが、葉山町から西は平塚市あたりまでだろうか?ただ、地元住民としては、葉山・逗子・鎌倉を湘南と呼ぶことには抵抗がある。
 
 その「湘南佐島」だが、葉山から更に5~6㎞も南下した横須賀市内にある場所だ。「湘南」とは、明らかにかけ離れた場所にあるのだ。それを強引に「湘南」という言葉をくっつけて、勝手に新しい地名を作っているのだ。だいたい横須賀市って「湘南」なのか?そんな商売止めないかい?KQさん。


山を崩して緑を消してできた街 その4 その比較





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2007-09-07 23:13 | 自然破壊 | Comments(2)
8、9日の注意報 中国からの越境汚染
<光化学スモッグ>8、9日の注意報 中国からの越境汚染



 しかし、この国は排ガス、廃液、粉塵等など、すべて悲惨な状況にあるようだ。それに依存している日本人。小生も間接的に依存しているのだろう。貿易金額も莫大な大きさになっている。それも数年後にはアメリカを追い越してしまう勢いとのことだ。

 こんな調子なら一方的に支那を非難できないだろう。我々国民が真剣に考えなければならない時期に入ってきていると思う。このままでいけば、経済的に日本は侵略されてしまうのではないだろうか。人件費・設備投資が安いという名目で支那に進出している日本企業。経営者たちは将来をどう考えているのだろうか?

 もし、支那で現在以上に自動車が爆発的に増え、経済活動が膨張していけば、そのツケは日本に、そして、我々日本人自身に回ってくると思う。それは日常の生活に関して徐々に影響が及びつつあるようだ。異常な黄砂の報道も多い。雨が降った後、黒いものが付着することが、昔より確実に増えている。

 そして、この報道だ。偏西風のため、特に春先は支那からの大気の流れが日本の全土を覆ってしまうほどなのだ。目先の経済活動のため、子供たちやその子孫の健康が徐々に蝕まれつつある。それを気づかない者たちが多過ぎる。

 


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



by qunny1130 | 2007-05-12 18:40 | 自然破壊 | Comments(6)
山を崩して緑を消してできた街 その4 その比較
山を崩して緑を消してできた街 その4 その比較






山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山



   
 今年の1月2日の記事で「山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山」という内容のものを書いたが、その後どうなっているのかお知らせしたいと思う。造成も終わり、いよいよ住宅が建てられている状況だ。もう崩してしまった山は元に戻ることは無いし、今更反対運動を起こすこともできない。と言うよりは諦めの境地か・・・。下の写真がその造成地の宣伝の航空写真だ。






開発会社のホームページの加工された写真 クリックで該当ページへ



 グダグダいうより、写真を見てもらった方が早いだろう。写真を見ると本当に残念な気持ちになる。これから人口が減っていくのに、わざわざ山を切り崩して土地を確保し、家を建てる必要があるのだろうか?ちなみに三浦半島の開発は、今までほとんど財閥系と電鉄系が行ってきている。





最近の衛星写真 クリックすると拡大 ぜひ見て欲しい



 上の写真はクリックすると大きな画像で見ることができるので、ぜひ見ていただきたい。丘陵の頂上付近は、全て緑が無くなり、造成でむき出しになった地面が白っぽく写っている。まだ住宅も建てられていないので、余計に造成地が目立つ。宣伝の航空写真が、どのように加工されているものなのか、これでよくわかるはずだ。

 そして、下の写真が撮影日が1997年5月26日、国土地理院の公式の航空写真だ。クリックすると大きな画像に飛ぶが、現在の写真と比較して見ると丘陵の半分が崩されてしまっている。これを見ると悲しくなってくる。ある企業の商売のために、貴重な自然が破壊されてしまったのだ。崩す前はうっそうとした森林だったのだ。以前はキジさえも見かけることもあった。






撮影機関:国土地理院, 撮影日:1997/5/26, 形式:カラー, 撮影高度:4,550m



 お役所も、なぜこんな開発を許可したのか理解できない。関東平野に残る貴重な森林地帯が残っている三浦半島。衛星写真を見ると、横浜や東京に緑が少ないことが確認できるはずだ。それなのに、わざわざ一つの山を崩して造成して住宅地を作ろうとする思考、旧態依然としか言いようがない。
 
 ただでさえ狭い国土、平野が少なく山が多いこの国の地形では、ある程度の宅地造成は必要だったかもしれない。しかし、これから人口が減っていく状況において、無理やり造成して住宅地を造る必要は無く、貴重な自然を子孫に残す方が大切ではないだろうか?





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




とりとも雑楽帳
こつこつ稼ぐコガネムシ
北新宿3丁目プロジェクトも考える会
ひじき鉄の館
鹿児島の自然と食
溶けていく国境 いずみの環境問題ブッタ斬り
by qunny1130 | 2006-11-04 21:23 | 自然破壊 | Comments(4)
山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山
謹賀新年


山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山



 9月の日記で「山を崩して緑を消してできた街その2」という内容の日記を書いたが、google earth という衛星写真を見られるソフトをインストールし、その現場を上空から確認してみた。想像以上に山が切り崩され、緑が失われていた!まず一枚目の上空写真から。高度は地上より140km。

写真1
e0012215_2183950.jpg

 アップロードした写真からだとハッキリ確認できないが、赤丸印の中央部分に宅地造成現場が白く写っている。140kmの高空から確認できるほど緑が無くなってしまっている。

写真2
e0012215_21113457.jpg

 47kmまで下げてみると、アップロードした写真でもハッキリと宅地造成現場が白く見えている。

写真3
e0012215_21163669.jpg

 高さを約6,400mまで下げた写真。このくらいの高度だと関西方面に向かう航空機から見える風景と同じだろう。航空機は三浦半島を横切っているので、乗客として乗る機会があれば見てみたい。

写真4
e0012215_21201682.jpg

 高度を約2,700mまで下げてみると、以前丘陵だった場所と確認できる。写真から見ると、かつての丘陵の1/3は消えてしまったようだ。悲惨な光景でもある。強く白く見えている部分が宅地造成しているところだ。茶色く見えている部分は畑だ。

 丘陵の右側(西側)に国道134号線が走っていて、写真上方方面が葉山・逗子・鎌倉になる。国道134号線沿線は住宅地なので、ハッキリ家々の連なりが見てとることができる。更にその右側(西側)も三浦半島の丘陵になっている。

写真5
e0012215_2128228.jpg

 更に高度を約700mに下げてみた写真を見ると、区画整理された部分までハッキリと確認できる。数年前まで、ここは緑が生い茂った丘陵だった。なぜこれから人口が減っていくと言われているのに、貴重な自然を壊してまで家やマンションを建設しなければならないのか?小生も約10年前に、この場所が好きで住み始めたが、こんな写真を見ると住んでいくのがイヤになってきた。引っ越してきた当時は、タヌキ・イタチの野生動物も見たしキジまでいたのに・・・。動物たちはどうするのだろうか・・・・・。

 正直な話、これが逗子葉山だったら大きな反対運動が起きていたのではないか?不思議なことに地元では開発反対運動は起こらなかった・・・。もう一度「山を崩して緑を消してできた街その2」を見て欲しい。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





【お知らせ】第11回 名越切通・巡礼古道保全の会定例会(逗子部会)12月18日(日)10:00~
巡礼古道(1番杉本寺~2番岩殿寺)の開発問題(2)
鎌倉つれづれ
怒髪衝天[社 会 ]
境川斜面緑地保全で開発業者と交渉物別れ/相模原市
生きものたちのシグナル
マンションなど乱開発見直しへ 京都の景観保存と再生でシンポ
石垣島の乱開発計画・・・
変わる故郷
新石垣空港建設問題11月24日
真鶴の景観が危ない
とうとう 始まったか!
おそるべき商魂‐マンション開発業者
子供むけ環境用語辞典
暴れ日記
多摩散歩:ニュータウンっていうのはね
魅力ある自分づくり: 甦る力を支える
Picturs Remain The Same:投票所の小学校・母校で撮った桜
エセ男爵酔狂記 Part-II:上深川紀行(2/3):「かぐや姫」の生れ故郷を往く・・
いぶり気ままなみちあるき:ああ!無残、ザゼンソウ!
光男さんちのお仕事:戻った
綾瀬の風物詩:比留川の山ざくら
クラムボンの日記 セカイの歪
NOWHERE MAN:春だな。
ほばーりんぐ・とと:景色は変わり・・・
本当は痛いテレビ番組 ココログ支店: バンカーバスター
ピー・ター・パンのひとりごと:♪春なのに・・・
散歩道ブログ: 時の流れを考える
黄昏を越えて
大規模宅地造成地域の危険 あなたの希望に光を
可不可人日記 : 美しい町
* day by day *:さみしいミカン
転石:土に還す
ふみさんの日々雑感:多摩丘陵、削らないで
もも日記:平成タヌキ合戦ぽんぽこ?
toru-kon DIARY:宅地造成とシオマネキ
宅地造成
フジハリのおと: 冬の田んぼ
+ ナチュラル&スピリチュアル +:都市の緑の行方…
ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
日ごろのよもやま:森林との共存を今一度考えたい
「いま、公園がなくなろうとしている・・・」 「緑」の基地プロジェクト・運営コミュニティ
豊田の生活・アメニティ
奈良の隠居のきままなひとり言
いまどきの工務店の社長さんのブログ
安曇野炉辺談話
漂泊のブロガー2
Going my Way
可不可人日記
sawaの手作り



by qunny1130 | 2006-01-02 18:41 | 自然破壊 | Comments(13)
山を崩して緑を消してできた街 その2
山を崩して緑を消してできた街 その2

     

http://www.sajima.jp/

 「○○・・・」カッコ内が開発販売業者のキャッチフレーズだ。


 「豊かな自然を楽しむやすらぎの暮らし」がコンセプトだそうだ・・・呆れる

 「街から海まで歩いて5分。湘南の豊かな自然の中で暮らす、この街ならではの贅沢なロケーションです」

 横須賀湘南ではない!!

 「雄大な海と山々が織りなす四季折々の景色。目の前に広がる相模湾、大楠山をはじめとする風光明媚な景観が暮らしを彩ります」

 ここはその山を崩して出来上がった街だ。

 「街全体の55%以上の緑被率を確保。緑化を積極的に推進し、周辺の豊かな自然環境と調和する街づくりを進めていきます」

 ちょっと待った!!!55%以上の緑被率を確保だって???もともと「山」で木や自然の大地だったわけだろう!全部100%自然だったのだから。矛盾してると思わないか?

 「すぐれた自然環境を活かし、ホタルが生息できる親水公園を整備。多様な植物・動物とふれあうことができる、水と緑にあふれたやすらぎの空間を提供します」

 優れた自然環境を無理やり壊して宅地造成したわけなのだから、その分、多様な植物・動物も失われたのではないだろうか?


 看板がまた笑ってしまう!!山を切り刻んで崩してズタズタにしておいて「守ろう美しい自然 きれいな環境」 だとさ!

 誰だ!こんなの作ったのは!!
      ↓
 横須賀市経済部農林水産課
 よこすか葉山農協青壮年部

 だそうだ。








 こんなになる前は、うっそうとした森林だった。こんな眺めになってしまって・・・。






 なんでこんなわざとらしい看板を立てるんだろう・・・。








 もうこうなると元の森林には戻ることはない。


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



by qunny1130 | 2005-09-26 22:45 | 自然破壊 | Comments(5)
山を崩して緑を消してできた街 その1
山を崩して緑を消してできた街 その1
     ↓

http://www.sajima.jp/

 地元の人間も反対運動を起こすこともなかった。。。

 昔、葉山に住んでいた頃は凄い反対運動があったよなあ。東伏見台とか当時は大変だったなあ。。30年以上前の話。その葉山の山を切り崩してできた高級住宅地の住民も近くに小学校ができる計画に対し、反対運動を起こしていた。まったく勝手な人間たちだ・・・。




にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



by qunny1130 | 2005-09-17 22:21 | 自然破壊 | Comments(2)
ページトップ