excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 22:57
どーも、豊田にいってきた..
by tak at 21:23
takさん、こんばんは..
by qunny1130 at 23:17
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 23:13
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


Paul McCartney - Listen To What The Man Said (live '1987)
Paul McCartney - Listen To What The Man Said (live '1987)





日本語の題名は「あの娘におせっかい」


 ビートルズ解散後、ポールの作品で一番華やかだったアルバム「ヴィーナス・アンド・マース」は、今聴いてみても名曲揃いの全く飽きのこない作品だ。その中で当時一番大ヒットした曲が、この「あの娘におせっかい」だ。

 原曲のタイトルは、「Listen To What The Man Said」という。直訳すると「その男の言うことを聞いてくれ」というような意味だろう。間違っていても揚げ足をとらないでいただきたい(笑)





首を傾けながら歌うポールのクセ


 この作品が発表された1975年は、最強のウイングス時代だった。メンバーは、ポール、リンダ、デニー・レイン、ジミー・マッカロック、ジョー・イングリッシュという布陣で、その後約2年間固定していた。

 その間、日本公演を含む(中止)世界ツアーを行い、素晴らしいステージを映像と音で残した。この「あの娘におせっかい」も当時のセットリストの常連というか中心的なナンバーだった。





この曲は奥様のリンダのコーラスがあってこそ!


 この YouTube で見つけた映像は、1975~6年当時のウイングスのものではなく、それから約11年ほど後の映像のようだ。時期的に言えば、ポールの「オール・ザ・ベスト」というビートルズ解散後のポールの集大成と言えるベストアルバム発売時に違いない。

 「オール・ザ・ベスト」が発表されたのが1987年。確かに当時ポールは、このアルバムのプロモーションで精力的にテレビ出演などをしていた。日本でも、その年の11月に「夜のヒットスタジオデラックス」に生出演したこと、小生は忘れられないし、録画したビデオは大切に保管している。





ドラムスのクリス・ウィッテン


 1987年頃と言えば、まだポールはライヴは行っていなかった。1989年の「フラワーズ・イン・ザ・ダート」の発表とほぼ同時に世界ツアーを行っている。つまり、その少し前のポールの演奏が、この映像ということになる。

 1989年からのツアーメンバーで、この映像に映っているのは、ドラムスのクリス・ウィッテンだけだと思う。ポール・ウィックス・ウィキンスも時期的にいてもおかしくないのだが、この映像では確認できなかった。





リッケンバッカーで演奏しているポール


 1989年以降のツアーでは、「ヴィーナス・アンド・マース」の収録曲が演奏されたのだろうか?他の国は知らないが、少なくとも日本でのコンサートでは演奏されていない。リンダ夫人が健在だった頃のツアーがチャンスだったとは思うが・・・・。

 この映像の演奏は恐らく先にバッキングだけ録音して、歌だけがライヴだろうと思う。それでもバッキング演奏はウイングスの演奏とは違うので、それがとても興味深い。クリス・ウィッテンのドラムは、ジョー・イングリッシュより跳ねて軽い感じがする。

 ポールもリッケンバッカーで演奏しているので、現在やビートルズ時代のカール・ヘフナーが当たり前となっているファンの人たちでは違和感を感じるかもしれない。ウイングスから入った小生としては、やっぱりこのリッケンバッカーの姿とゴリゴリした音に郷愁を感じてしまう。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





Paul McCartney - Listen To What The Man Said (live '1987)
Paul McCartney - Listen To What The Man Said [San Remo'1988]
やさしいThe Beatles入門
ヤドカリ野外音楽堂
rutiaの!
オヤジよ、ギターを弾け!!
雑感録
大阪のおっさんの独り言
名盤!
五叉路のグラフィティ
とことん音楽 視聴/試聴
by qunny1130 | 2009-02-10 23:07 | ポール・マッカートニー | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://qunny1130.exblog.jp/tb/9580293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from やさしいThe Beat.. at 2009-02-12 06:23
タイトル : 続・ウイングス「Listen To What The M..
次のURLをクリックして、「Listen To What The Man Sai... more
Commented by miyamoa at 2009-02-11 23:25
こんばんは!
いつも貴重な映像をありがとうございます。

自分も「夜のヒットスタジオ」に出演したポールは記憶に残ってます。「ワンス・アポン・ア・ロング・アゴー」を披露したんですよね。「ヴィーナス・アンド・マース」は後追いで知ったのですが、いつ聴いてもいいアルバムです!
Commented by qunny1130 at 2009-02-12 12:21
ミヤモーさん、こんにちは!
湘南のJOHN LENNONです。
コメントいつも有難うございます。

1987年11月の「夜のヒットスタジオ」出演時の曲は、仰る通り、「ワンス・アポン・ア・ロング・アゴー」でしたよね。変なじいさんの役者が出てました。フジテレビのディレクターのわざとらしいヘタクソな演技が印象的でしたね(笑)

今日の朝は思わず、「ヴィーナス・アンド・マース」のアルバムをクルマで聴きましたよ!でも、DTS5.1chのCDなので、曲順がバラバラなんです(泣)会社に着いたとたんに「あの娘におせっかい」が始まったので、曲が終わるまで降りずに聞いてました。
Commented by goigoi at 2009-02-12 14:44 x
qunny1130さん、はじめまして♪

TBありがとうございます。
わたしも、qunny1130さんのように
綺麗な写真をUPするテクニックを習得したいです。

「その男の言うことを聴いてくれ」
「その男」とは誰か
教えてくださった方がいらっしゃいました。
(拙ブログ 続々・「Listen To The Man Said」)
「その男」とは
Jesus様を
いうそうです。


これからもよろしくお願いいたします。
Commented by qunny1130 at 2009-02-12 19:40
goigoiさん、はじめまして!
湘南のJOHN LENNONです。
コメントありがとうございます。
またトラバもさせていただきましてありがとうございました。

goigoiさんの英訳は大変勉強になります。
ビートルズの歌詞って文法を無視しているので、むかし、真面目に訳していたら頭が混乱してしまったことがありました(笑)
It Won't Be Long なんて、その典型例でした。

「あの娘におせっかい」の歌詞に出て来る主人公の男ってキリスト様なんですか!!それはどういう根拠だったのでしょうか?ぜひぜひ教えて下さい!よろしくおねがいします。
Commented by かっさん at 2009-02-12 22:02 x
湘南のJOHN LENNONさん、こんにちは


「あの娘におせっかい」

当時、よく歌詞もわからないのにサビの部分だけ、「自身は英語のつもりで」鼻歌を歌っていたものでした。

まだ海外アーティストのライブ映像が貴重な時代にテレビでウィングスの演奏をみてファンになりました。

一番好きだったのがこの曲です。

今でも個人的にはウィングスのベストソングだと思っています。




Commented by qunny1130 at 2009-02-12 22:47
かっさん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
初コメントですよね。ありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします。

小生もウイングスの曲の中でナンバーワンで大好きです。
1975年の来日公演が実現していたら、必ずこの曲も演奏されたでしょうね。生で聴きたかったですね。小生の周りには、当時のウイングスのコンサートを観に行った人が1人もいません。

当然のことですが、日本ではなく、海外でしかウイングスを観ることができなかったのですが、どなたかからエピソードを聞いてみたいと思っています。

当時のウイングス、最高のバンドでした。人気、実績、演奏力、ライヴのパフォーマンス、全てにおいてベストでした。
Commented by goigoi at 2009-02-13 05:34 x
湘南のJOHN LENNONさん、おはようございます♪

この曲の歌詞の中で
「The Man」の意味をさがそうとしても見つかりません。
こういうとき
英米などでは
Jesus様をいうという
了解があるようです。

わたしも
中学生のころ
教科書に載っていた
Green Sleevesに
なんども挑戦して
混乱してしまった
経験があります。

Commented by qunny1130 at 2009-02-13 12:21
goigoi さん、こんにちは!
湘南のJOHN LENNONです。
いろいろご教授いただき本当に有難うございます。

Jesus様はキリスト教文明の基礎ですからね。考え方や感じ方にまで影響しているのでしょうか・・・。難しいですよね。日本人の小生には理解するのは困難だと悟りました(苦笑)

goigoi さんのブログ、すごく勉強になるのでリンクさせていただきました。今後もよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード
<< 和泉友子 ペプシCM 1981... ページトップ 鮎川麻弥 - 星空のBelieve >>