excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
るいちゃんぱぱ様 ..
by qunny1130 at 22:12
初めまして。 偶然立ち..
by るいちゃんぱぱ at 19:08
どーも、2017年に入っ..
by tak at 17:45
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 22:08
JOHN LENNON様..
by 葉子 at 20:46
tak様 湘南のJ..
by qunny1130 at 22:28
tak様 湘南のJ..
by qunny1130 at 22:26
tak様 湘南のJO..
by qunny1130 at 22:22
どーも、寒くて大変なta..
by tak at 06:27
どーも、11月もいろいろ..
by tak at 05:39
どーも、今朝ネット不通だ..
by tak at 20:05
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 23:46
どーも、12月も楽しみな..
by tak at 07:40
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 22:07
正直なところ、遅かれ早か..
by 葉子 at 21:43
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


三浦交通というバス会社の話 その3
三浦交通というバス会社の話 その3

 
 昔のバスは現在と違い、バス停の案内も運転手がマイクを通してアナウンスしていた。京急バスの運転手の味気無いアナウンスに比べ、三浦交通の運転手のアナウンスは個性的で面白かった。声を聞くと運転手が分かったくらいだ。

 停留所名をアナウンスするだけでなく、子供向けに面白い話を挟んだり、交通安全の話を信号待ちのときにアナウンスしてくれたのだ。もちろん、全ての運転手ではなく、そういう面白いサービスをしてくれる運転手は限られていた。

 子供の頃は、その運転手の声で車内が和んだりしたものだ。今のような味気ない女性のテープ音声のような無機質で非人間的なサービスとは全く違うものだった。テープに変わってしまい、小生は本当に落胆したものだった。

 そんな懐かしい昭和の良き時代の名残だった三浦交通という会社。この会社も1970年に京急バスに取って変わられてしまった。その後、バスの車体自体がどうなったかは覚えていない。家の窓から見ることができた三浦交通の葉山営業所。それも無人となった。

 小学生の頃、無人となった営業所に忍び込んだこともある。中に入ると定期券や回数券などが散乱していた。入っただけで何も持って行かなかったが、今思うと見つかっていたらヤバかっただろう。その無人となった営業所の横には廃棄されたバスが1台、何年も放置してあった。

 小生は友達たちとその廃バスの中で毎日のように遊んだ。そこで遊んでいると、管理人のオバハンに怒られたものだ。しかし、そんな注意を無視し、毎日のようにバスを基地代わりにして友達たちと毎日を過ごした。空き地は毎週キャッチボールもした。父親も来て一緒にしたこともあった。

 そんな楽しい思い出も小生が中学生になった頃、そのバスが放火される事件があり、思い出も火の中に消えてしまった・・・・。営業所跡は完全に立ち入り禁止となってしまった。そして、それから1~2年ほどしてから、今の京急ストア葉山店が開店したのだった。


三浦交通というバス会社の話 おしまい!

 
 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




ハマちゃんのひとり言
三浦交通バスって知ってる?
by qunny1130 | 2009-01-11 22:18 | 日記 | Comments(11)
Commented by りんご at 2009-01-12 00:24 x

女車掌さんは皆つんけんして、愛想が悪かった気がする(爆笑)


『横断歩道は手を挙げて、交通ルールを…』の運転手さんだね(笑)
吸収後も京急の運転手さんをしていた。

三波春夫の息子と、坂上次郎を足して②で割った様な顔をしていた人だったネ(笑)
Commented by りんご at 2009-01-12 00:26 x

その頃はボンネットが主流で、現在の形が斬
新に見えて、その新型を見に連れてってもらった気がする。

車体色は
濃緑を基調に、若草色と肌色の配色。
ルーフに紫色のマーカーが発光していた気がする。

バスの車掌さん(女)と運転手さんの、ブザーでの停車合図のやりとりも楽しかった。
Commented by りんご at 2009-01-12 00:27 x

懐かしいねo(^▽^)o

営業所はヨク覚えているョ(^O^)/♪
現在の農協の所も
営業所だった様な気がする…すごく広くてホコリっぽかった様な気が…
タクシーもあったネ♪

親にせがんでヨク営業所にバスを見に連れてってもらった。
Commented by qunny1130 at 2009-01-12 00:54
③ りんごさん、湘南のJOHN LENNONです。

さすが地元の先輩です。小生より記憶がハッキリしているので、伊達に人生の先輩ではないですね!(笑)

冗談はさておいて、凄い貴重な情報ありがとうございました。

③の女車掌さん、小生が小学生の頃は、既にワンマンバスでした。女車掌さんの頃だと、1968年(昭和43年)頃だと推定されます。

幼稚園くらいの年齢の時に、母親と逗子駅に行くため、バスに乗りました。そのときに女車掌さんで、すごくクールな感じだったのをよく覚えています。女車掌っていう職業が立派に存在した時代だったんですよね。また復活して欲しいです!コスプレ好きなオタクがたくさん乗客として乗ると思います。集客効果も期待できるでしょう(笑)
Commented by qunny1130 at 2009-01-12 00:57
③追記 りんごさん、湘南のJOHN LENNONです。
たくさん貴重な情報、本当にありがとうございます。

そうそう!!その運転手さんです!!
確か葉山に住んでいたと思います。どこかでステテコ姿で歩いていたのを目撃しました(笑)雰囲気は次郎さんに似てましたよね。この人のバスに乗るのが楽しみでした。今ではそういう人間のつながりが希薄になりましたね。

Commented by qunny1130 at 2009-01-12 01:05
② りんごさん、湘南のJOHN LENNONです。

ボンネットバスは1960年代前半までで生産終了していたような記憶があります。なので、小生が乗っていたボンネットバスは、恐らく製造後、最低でも6~7年、へたすると10年近く経過していた車両だと推定されます。

葉山大道のバス停から乗るとき、京急バスはシカトして、三浦交通バスを待っていたりしましたね。本当に懐かしいです。

色はほとんど記憶がなかったのですが、さすが地元の先輩です。ありがとうございました。濃緑を基調に、若草色と肌色の配色ですか!なるほど!!写真とか残ってますか?

小生も探してみますね。昔のカラー写真残ってないかな?

ブザーのやり取りも何となく記憶がありますが、当時、お客さんはどうやって降車する合図を送っていたのでしょうか?女車掌さんに「降ります!」って言ってたのでしょうか?全然記憶が無くて・・・。ぜひ教えて下さい。
Commented by qunny1130 at 2009-01-12 01:11
① りんごさん、湘南のJOHN LENNONです。
素晴らしい情報ばかりで感動しています。
本当にありがとうございます。

三浦交通はタクシーもやっていたのですか!それは知りませんでした。ネットを検索していたら、もしかしたら、三浦交通の末裔の会社は、今の京急葉山タクシーかもしれないっていう情報もありました。そうなると流れ的に納得ですよね。登記簿とかで調べれば分かるかもしれませんね。

営業所は、昔の小生の家のすぐ数十メートルの場所でしたから、毎日のようにバスの出入りを見ていました。もしかしたら、昔の写真が残っているかもしれません。今の京急ストアができてから、葉山も変わってしまいましたね。それだけは間違いないと思います。
Commented by ハマちゃん at 2009-01-12 09:29 x
湘南電鉄(現京急)葉山線の記事をご覧いただきましてありがとうございました。
私も葉山交通バスは中学校が鎌倉だったので京浜逗子駅から国鉄逗子駅に乗り換える時に、見ていて薄緑色のバスを覚えております。とても湘南の雰囲気に似合う色彩のバスだったのを記憶しています。

乗り物の車体塗装はもっと地域に合った個性豊かな色彩にしてほしいですね!京急電車にもステンレス車が登場しガッカリしたものでした。横須賀線の白(砂浜の色)と青(湘南の海の色)のコントラストの電車も好きでした。これもステンレス車になりイメージが壊れたものでした。日本全体が個性がなくなり、画一的で無機質な国になってしますのでしょうか?寂しいですね!
Commented by qunny1130 at 2009-01-12 12:31
ハマちゃん(年長者の方なのにちゃん付ですみません)、はじめまして!湘南のJOHN LENNONです。

ハマちゃんのブログへのトラバもさせていただき、こちらも有難うございました。これを機会にどうぞよろしくお願いいたします。

先にコメントをしてくれた友人のりんごさんのコメントでも、やはり緑色系の車体色だったのですね。小生が最後に乗ったのが小学校2年生くらいだったので、ほとんど色には記憶がありませんでした。

ただ、当時子供心にも、無機質な京急よりも三浦交通に愛着を感じていました。懐古主義と思う方もいらっしゃると思いますが、小生は昔の方が全てにおいて人間的で楽しかったと思います。

古いカラー写真とかあれば、この駄ブログにもアップしたいのですが、40年近く前の時代なので、写真が残っているかさえ分かりません。

京浜急行も葉山まで通していたらどうなっていたのでしょうね?想像するだけでも楽しいですね。横須賀の武山街道も当初は線路を敷設する予定だったと聞いたことがあります。
Commented by ハマちゃん at 2009-01-14 16:51 x
湘南電鉄(現京急)の当初の計画では三浦半島循環鉄道の計画があった様です。計画線図面も作成されており、実際に戦時中に軍部の要請で衣笠~林間の武山線が着工されていたそうです。しかし工事半ばで終戦を向えたとの事です。

その跡地がどこだか調べてみたいと思っております。
京急の鉄道史を私のHPにありますので、ご覧いただければ幸いです。
Commented by qunny1130 at 2009-01-15 22:03
ハマちゃん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
再度のコメントありがとうございました。

京急武山線ですか!計画が完全に実施されていれば、三浦半島の交通事情も全く違うものになっていたでしょうね。

相模湾側の三浦半島は不便の極致ですね。葉山あたりならまだ良いのですが、秋谷から南側は本当に不便です。バス代も高いし。。。

ハマちゃんのHPも拝見させていただいています。いろいろなお話があるのですね。鉄道の歴史は奥深いものだと再認識いたしました。本当にいろいろ考えると面白いですよね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 今夜はANGEL ページトップ 三浦交通というバス会社の話 その2 >>