excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
るいちゃんぱぱ様 ..
by qunny1130 at 22:12
初めまして。 偶然立ち..
by るいちゃんぱぱ at 19:08
どーも、2017年に入っ..
by tak at 17:45
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 22:08
JOHN LENNON様..
by 葉子 at 20:46
tak様 湘南のJ..
by qunny1130 at 22:28
tak様 湘南のJ..
by qunny1130 at 22:26
tak様 湘南のJO..
by qunny1130 at 22:22
どーも、寒くて大変なta..
by tak at 06:27
どーも、11月もいろいろ..
by tak at 05:39
どーも、今朝ネット不通だ..
by tak at 20:05
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 23:46
どーも、12月も楽しみな..
by tak at 07:40
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 22:07
正直なところ、遅かれ早か..
by 葉子 at 21:43
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


三浦交通というバス会社の話 その2
三浦交通というバス会社の話 その2

 
 三浦交通のバスの車体の色は覚えていないが、確か薄い黄緑色のようだった気がする。横にラインも入っていたような気もする。どなたかこの駄ブログをご覧になった方で情報があれば教えていただければ幸いだ。検索したが、カラー写真はネットには出てこないようだ。

 小生は葉山在住だったので、三浦交通のバスは国鉄逗子駅から利用することが多かった。当時、逗子から葉山(御用邸)に行く路線は、国道134号線に沿った「山手周り」と海岸線に沿った「海岸周り」の2系統だった。小生は現京急ストアの近くに住んでいたので、当然「山手周り」だった。

 定期券は「逗子駅←→葉山」で購入していた。係りの人が、定期券に「山手周り」か「海岸周り」のどちらかを押印するのだが、たまに忘れることがあったのだ。そうなると儲けモノで、小生は理由もなく、海岸周りのバスを何回も往復していた。

 定期券は京急バスでも使用できたので、バス停から乗るバスは三浦交通バスでも京急バスでも乗車可能だった。小生が1人でバスを乗り始めた時期は小学校に入学し、逗子まで学習塾に通うようになった1969年(昭和44年)からだったので、三浦交通に乗った時期は、せいぜい1年程度だった。

 当時から小生は京急バスより三浦交通バスが好きだった。理由はバスの車体が京急バスより古いものばかりで、ときどきボンネットバスに乗ることもできた。ボンネットバスは恐らく1~2台しかなかったとは思うが、当時でも珍しいと思った小生は、そのバスが来ると、とても嬉しかった。

 車体が古いのでサスペンションの収まりがイマイチで、信号待ちではしばらくバスが揺れていたほどだった。つまりフワフワの乗り心地だった。床も木で油臭く、雨の日は滑ったりして結構それが面白かったりもした。
  



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




三浦交通バスって知ってる?
by qunny1130 | 2009-01-10 21:23 | 日記 | Comments(2)
Commented by 湘南の魔女@まもりん at 2009-01-11 23:31 x
こんばんは~
三浦交通って〇葉会館で使うバス会社かと思ったのですが違いますか?
私は20年くらい前に越してきたので、京急バスしか知りませんが、ボンネットバスがその時期まであったなんて凄い!
Commented by qunny1130 at 2009-01-11 23:49
まもりんさん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

この記事の三浦交通に最後に乗ったのが、小生が小学校2年生まででした。かれこれ39年も前の話です。車両も古いものが多かったと記憶しています。でも、なぜか郷愁を感じます。小生も今は葉山には住んでいませんが、27年も住んでいたので、愛着のある街です。そんな大好きな街にあった古き良き時代に確かにあったローカルなバス会社。それだけで懐かしさがいっぱいです。

名前
URL
削除用パスワード
<< 三浦交通というバス会社の話 その3 ページトップ 三浦交通というバス会社の話 その1 >>