excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 22:57
どーも、豊田にいってきた..
by tak at 21:23
takさん、こんばんは..
by qunny1130 at 23:17
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 23:13
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


人の「生き死に」について
人の「生き死に」について


 今年は親友の病死という小生にとって非常に大きいショッキングな出来事があり、「生き死に」について毎日思う日が多くなった。つい数日まで会話していた人がもういないのだ。いないだけならまだ良い。どこかで生きているのだから。

 しかし、死んでしまうと話すことは2度とできなくなる。遺体が形をとどめているなら生前の者を思い出すこともできよう。しかし、荼毘にふされたら生前の原型すら残らず、灰と骨になってしまう。

 どこかの国の偉い人のように生前の肉体を維持し続けることができるのなら、それはそれで生前の故人を偲ぶ方法の一つだとも言えるだろう。しかし、そんなことができる者はごく限られる。普通の市民にそんなことはできない。

 やはり、自分の中の記憶や残された写真や遺品を見ながら故人を思い出すことしかできない。人生を重ねていく度に、周りの家族や友人が次々と亡くなっていく。それは避けて通ることのできない道だ。

 そして、いつかは自分が周りの者たちに見送られる日が必ずやってくるのだ。それを思うと怖いと思うことが多くなった。それと同時に家族に先に逝かれて一人ぼっちになるよりは、自分が先に逝きたいとも思う、相反する思いも出てきた。

 もう人生の半分以上生きてきてしまった。折り返し地点は過ぎているだろう。明日、事故死んでしまうかもしれないし、あと50年生きるかもしれない。しかし、一人ぼっちで苦しんで逝きたくはないことも本音だ・・・・。
 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






by qunny1130 | 2008-12-20 21:52 | 日記 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://qunny1130.exblog.jp/tb/9248480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by riamn at 2008-12-24 21:22 x
僕も・・・
ときどき、
・・・考えます。
と、いうよりも
ある日突然、ひとりになってしまう日が来ることを
避けられないんだっ・・・て。
うん、
だからこそ毎日を慈しんで
生きていくしか
ないんですよね。
Commented by 明智 at 2008-12-25 17:50 x
私もたまに考えたりいたします。
いや、考えるようにしているが正しいかな…。

流されがちな生活にリセットをかけて、今生きているという奇跡を実感し感謝するとでも言いましょうか…。

いつも全力で生きている訳ではありませんが、こういう事に考えを巡らせる事自体が大切な事かな…などと思っております。
Commented by qunny1130 at 2008-12-25 21:17
riamnさん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

だんだん余生のことを考えたりすることが多くなりました。余生というには早いかもしれませんが、20代や30代のときには全く考えたこともありませんでした。身近な友人が亡くなると、親の生き死によりショックが大きいということも実感しました。

1日1日が早く感じる歳になってしまったのかなあって毎日思ってます。
Commented by qunny1130 at 2008-12-25 21:37
明智さん、湘南のJOHN LENNONです。
こちらでもコメントありがとうございましたm(_ _)m

仰る通りだと思います。生きているのではなく、生かされているということを考えるようになりました。毎日いろいろな出来事がありますが、それらが例え自分にとって、苦痛だったとしても、以前よりポジティヴに考えることができるようになりました。

それと周りに対し、以前より感謝の気持ちが芽生えてきました。若い頃はそれはありませんでした。いろいろな人と因果があり、それが人生に深く影響を及ぼしているのだと考えるようになりました。
Commented by DDG173「こんごう」 at 2008-12-26 22:57 x
こんにちは、「こんごう」です。

自分の仕事も介護保険に絡んだものなんで、お客さんは高齢者なんです。

ですから「昨日まで出てきていた利用者さんが今日急に亡くなった」なんてこともあります。が、年齢考えてもしょうがないとは思えるんですが。

自分のマイミクさんに、ダンナが空自の自衛官と言うのがいますが、彼は知人を航空事故で二人亡くしてます。

一人は陸ですが、覚えてます?昨年夜間の急患輸送任務中に、徳之島で陸自のUH-47JAが墜落した事故。

この機に彼の後輩がフライトエンジニアとして同行していたんですが、機と運命を共にされたそうです。幸い後部キャビンにいたんで遺体の損傷は少なかったそうですが、機長とコ・パイは酷かったそうです。

Commented by DDG173「こんごう」 at 2008-12-26 22:58 x
もう一人が9年前に入間川河川敷で墜落したT-33Aの前席に乗っていた2佐で、亡くなる2ヶ月前まで友人の勤務する基地で支援戦闘機部隊の隊長をしていました。「総隊への栄転ということで盛大に送別会を開いて送り出したのに」と落ち込んでいましたよ、彼。

双方とも不幸中の幸いは遺体がちゃんとして棺に入れられたと言うことでしょうか、自衛隊の航空事故では大抵遺体の一部が、またこれも珍しくないのですが遺体はおろか機体の残骸すら出て来ずに、空の棺と遺影で部隊葬を行うこともあります。

ああ、そういえば昔のF-1で全焼したシャーシから遺体が出せずに、マシンに乗せたまま葬儀をしたドライバーがいましたか…

ただ我々もどこでその生涯が終わるかわかりませんから、悔いの無い人生を送りたいとは思いますが、出来てるのかどうか…
Commented by qunny1130 at 2008-12-28 22:17
こんごうさん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

事故でも遺体が残っていれば、まだ救われるような気がします。何も見つからないというのは悲劇かもしれません。
でも、やっぱり航空機関連の事故はいやですね。考えるだけで恐ろしいですね。1985年8月の日航機墜落事故など、墜落現場は地獄だったと聞いています。

小生も畳の上で生涯を終えたいですね・・・。
Commented by DDG173「こんごう」 at 2008-12-30 00:14 x
こんにちは、「こんごう」です。

航空機事故では大体において、まともな遺体というのがまれです。

金華山沖でT-2時代のブルーが二機失ったときも、戻ってきたのは僚機の主翼に突き刺さったどちらのものか解らない翼端のミサイルランチャーレールだけでした。

遺体も一部だけで、歯の治療痕とDNA鑑定でやっとそれぞれのものとわかったほど。

中には殆ど海面に垂直に墜ちたF-104は、今もパイロットと共に日本海に沈んでいます。


でも徳之島で墜落した輸送ヘリはまだ救われた方かもしれません。後日この部隊の急患輸送の功績を称えると共に、事故で殉職した乗員に敬意と哀悼の意を表して、ある画家が彼らと彼らが最後に乗ったヘリを描いた油彩画を部隊に送ったそうです。

そのタイトルは「英雄」だったと思います。
Commented by qunny1130 at 2008-12-30 16:30
こんごうさん、こんにちは!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

日航機123便の事故でも機長の遺体は歯だけしか残らなかったと聞きました。現在はDNA鑑定もできますが、昔はそういう技術も無かったので、身元特定作業には莫大な時間と労力を費やしていたようですね。

航空機事故で亡くなるとすると、恐らく一瞬で肉体が破壊されてしまうので、痛みを感じる前に死んでしまうと言われていますが、その前の恐怖感を考えると想像すらできません。

やっぱり畳の上で一生を終えたいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 佐藤琢磨「トーロ・ロッソ経営陣... ページトップ 思い出すと心が痛むこと >>