excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


記憶は死んだらすぐ消えてしまうもの・・・
記憶は死んだらすぐ消えてしまうもの・・・


 楽しみをリアルタイムで感じていても、どこかで決して消し去ることのできない思いがいつもある。大切な友人がこの世から消えて1ヶ月。1ヵ月前の今日、彼は死んだ。

 死ぬ4日前に会って話したばかりだった。それが10月14日。その4日後に肉体活動を彼は止めた。死んだら記憶はどこに行ってしまうのだろう。蛋白質の塊である大脳に記憶は蓄積されているという。

 見たもの、聞いたもの、触ったもの、嗅いだもの、感じたもの、五感全てで体感したことは大脳に記憶として記録される。しかし、人間はコンピューターではない。記録された記憶を再度引き出すこと、これが生きている人間にとって難しいことなのだ。

 年齢を重ねれば重ねるほど、それを引き出す能力は落ちていく。そして、最後は引き出せなくなり廃人となる。しかし、そうなる前に肉体が生命活動を止めてしまったら・・・。それまでの記憶としての記録はどうなってしまうのだろうか?

 人間は死んだ瞬間から腐り始めるという。脳が記憶媒体して存在することは生きていることが前提だと仮定すると、その持ち主の人間の肉体が生命活動を止めた場合、その脳は朽ち果てていく運命となる。

 したがって、その脳の中に格納されている記憶という記録は2度と引き出すことができなくなってしまうのだろうか?死んだ彼の人生で体感した記憶はどこに行ってしまうのだろうか?

 魂というもの、小生はあまり信じない。意識=大脳の活動だからだ。肉体が活動を停止した瞬間から、酸素が大脳に供給されなくなり、そして細胞は壊死していく・・・。細胞が壊死すれば、記憶媒体としての大脳は単なる蛋白質の塊と化してしまう。

 そこに人間としての尊厳は存在しなくなってしまう。神経は麻痺し、顔面の表情は凍り付いてしまう。亡くなった人を見て、安らかな表情だったとよく耳にする。しかし、実際は見た人間がそう思いたいからそう見えるものなのだ。

 人が死んでしまったら、もし、それが存在するとしたら、やはり手の届かない遠いところに行ってしまう。それは決して元に戻せないことなのだと。

 

 




にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2008-11-18 23:44 | 日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://qunny1130.exblog.jp/tb/9011490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のの at 2008-11-21 22:38 x
大切な身近な方を失うというのはとても辛いこと
そしてさびしいことですね。

私も知り合いの先輩が1年前に亡くなりました。
2ヶ月前に職場で見かけたので、その悲しさは
今でもあり、時々胸がちょっとさびしくもなります。

「死」してしまったら、記憶も何もかもそこで
ストップしてしまいます。
今、悲しいご時世・・・何処で何があるのかわかりません。
事件や事故に巻き込まれるのかも・・・

私は、見るもの感じるものを記憶として体に
残しておきたいです。
おいしいものを食べたり、色々な人にあって
話したり、感動したり気持ちを共有したり
泣いたり、笑ったり、見るもの、感じるもの
すべてを体験したい。これは「欲」かもしれないけど
そんな経験が日々できれば、とても幸せな
ことだと思っています。

Commented by qunny1130 at 2008-11-22 09:42
ののさん、おはようございます!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

亡くなった友人は同級生で、まだ独身でした。
亡くなる4日前に会ったときには、まだまだ何とか冗談も言える元気もあったんですよね。入院が長引くかなとは思っていたのですが、その週の後半に容態が急変してしまいました。

最後に会った会話を必死に思い出して、すべてメモに残しました。それを大切にしていこうと思っています。今回ほど人の生き死にを真剣に考えたことはありませんでした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 琢磨、トロロッソのテストを終了... ページトップ 幻滅  旧題「すごいぞ!国本京佑」 >>