excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
るいちゃんぱぱ様 ..
by qunny1130 at 22:12
初めまして。 偶然立ち..
by るいちゃんぱぱ at 19:08
どーも、2017年に入っ..
by tak at 17:45
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 22:08
JOHN LENNON様..
by 葉子 at 20:46
tak様 湘南のJ..
by qunny1130 at 22:28
tak様 湘南のJ..
by qunny1130 at 22:26
tak様 湘南のJO..
by qunny1130 at 22:22
どーも、寒くて大変なta..
by tak at 06:27
どーも、11月もいろいろ..
by tak at 05:39
どーも、今朝ネット不通だ..
by tak at 20:05
takさん、こんばんは!..
by qunny1130 at 23:46
どーも、12月も楽しみな..
by tak at 07:40
葉子さん、こんばんは! ..
by qunny1130 at 22:07
正直なところ、遅かれ早か..
by 葉子 at 21:43
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


つまらないコースのホッケンハイムリンク
つまらないコースのホッケンハイムリンク





黒い線が現在のコース グレーの線が以前のコース



 最近のF1は本当に面白くない。シューマッハーが引退し、アロンソも低迷し、佐藤琢磨も姿を消してしまい応援するドライバーもいない状態だ。各コースも中速コースの方が多くなり、明らかに面白みが減ってしまっている。

 かつて超高速サーキットとして有名だったホッケンハイムリンクも、今では小じんまりとしたコースに変貌してしまっている。最高速360kmを出したこともあった旧コースは全長約6.8kmもあったロングコースだった。

 しかし、2002年以降になると、全長約4.6kmの中速コースになってしまった。かつてホッケンハイムの森と言われた森林地帯をコースが走っていて、そこで数々の超高速バトルが演じられた。

 小生が今でも印象深いシーンは、1995年の片山右京と鈴木亜久里とのバトルだ。6位ティレル・ヤマハの右京と7位リジェ・無限ホンダの亜久里は、思わず見ていて手に汗を握ってしまうほどだった。2人とも日本勢、まして好きなドライバーだったからだ。

 終盤の終盤、エンジンの出力低下で厳しいドライビングをせざるを得ない6位右京。一方の7位亜久里は徐々に右京との差を詰めてきている。勝負の決着は森の中で決まった!

 右京の真後ろについた亜久里はスリップストリームを利用し、右京をオーバーテイクし、6位に上がったのだ。それまで右京はポイントは0行進。あと一歩及ばすだった。6位になった亜久里もフィニッシュ後、やはり森の中でエンジンから火を吹き、途中でストップした。

 この年以外でも1996年のベネトンのゲルハルト・ベルガーとウィリアムズのデイモン・ヒルとの超高速バトルも印象深かった。結局、ベルガーのベネトンはエンジンブローし、物凄いケムリを出し、そのままリタイア。ヒルの優勝となった。

 それ以前の時代でも、1992年のマクラーレン・ホンダのセナとウィリアムズ・ルノーのパトレーゼとの駆け引きも観ていて本当に面白かった!そんな熱いレースが毎年あったコースだったのだ。

 ショートコースになってしまった現在、それなりにオーバーテイクも見られるようだが、手に汗握る超高速バトルではないので、緊張感に欠けるし、迫力が全然無い。あ~~あ、もう昔のコースに戻すことはないのだろう・・・・。

 



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





by qunny1130 | 2008-07-20 16:46 | F1 | Comments(10)
Commented by 川畑 順 at 2008-07-22 00:06 x
そうですよね~
たしかにオンボード映像を見ていても「どこのコース?特徴ないね~」と思っちゃいます。

たしかずっと昔はドイツGPは(ここではなかったと思いますが)車がジャンプするポイントがあったと記憶してます。
そんなスリリングなコースはもう望めないですね。
富士のバンクとか・・・
Commented by qunny1130 at 2008-07-22 00:57
バタさん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

昨日のドイツGPも全然面白くなかったですね。確かにオーバーテイクはありましたが、中速コーナーでのオーバーテイクが多かったようです。全長を短くして、お客さんに周回数が増えた分を楽しませる趣旨は理解できますが、ここまですることには疑問を感じます。

かつてのセナ・シケインも廃止されてしまいました。超高速はイタリアのモンツァしかなく、あとは同じようなコースレイアウトばかり。。。さすがに飽きてきますね。

あとジャンプで有名だったコースは、たぶんはエステルライヒリンクだったような気がしますが・・・。改修後、A1リンクと呼ばれたコースです。このオーストリアのコースも超高速コースでした。小生も大好きなコースのひとつでしたが、ここも開催されることはなくなり、既に廃墟となっているそうです。。。
Commented by 川畑 順 at 2008-07-22 22:00 x
そうですね、エステルライヒリンクだったと思います。
僕は’58年頃からF-1が好きで追いかけてますが、60年代はモナコでは海に飛び出したりしてました。クラッシュは痛ましいいですが、ギリギリのところで走ってる車とドライバーは素敵でした。
Commented by qunny1130 at 2008-07-22 23:52
バタさん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
再度のコメントありがとうございました。

さすがバタさん!かなり昔からF1を観られていらっしゃるのですね。60年代のモナコでは事故で炎上死したドライバーもいたと記憶しています。その事故のフィルムも残っていると思います。今から考えると貧弱な装備だったし、クルマ自体もクラッシュに弱いので、大事故=死亡という方程式が成り立っていた時代でした・・・・。

小生はやはりセナのいた1984年から1994年が1番好きですね。あとは1975年から1977年までです。う~~ん、やっぱり今より昔の方が断然好きですね。
Commented by 川畑 順 at 2008-07-23 00:10 x
僕が一番好きなドライバーはプロストです。セナのライバルですね。セナももちろん好きですよ。
次に好きなのはグラハム・ヒルです(古いですね~)
車は、ロータスがいいですね~。特に60年代と70年代です。
Commented by 湘南のJOHN LENNON at 2008-07-23 12:29 x
バタさん、こんにちは!
コメントいつも有難うございます。

小生はF1ブーム頃はアンチプロストでした。
政治的な駆け引きばかり報道されていたので、それにかなり影響を受けてしまっていたこともあると思います。

今では見方は違っていて、最強時代のマクラーレンで、セナをチームメイトにしたことは凄いことだと思います。もともと自分が1987年までナンバー1ドライバーだったのにもかかわらず、セナと実質ジョイント・ナンバー1で過ごしたこと、これは評価できることだと思います。

シューマッハーと比較してしまいますが、彼は決してジョイントナンバー1を認めず、全て自分の有利になるように契約していたようです。それはそれで否定はしませんが・・・。

時代のせいか、セナやプロストを知らないファンも増えてきて、シューマッハーが一番って言い切る人も多くなりました。ちょっと寂しいですね。

デイモンのお父さんのファンとは!かなり古いです(笑)小生は全く知りません。飛行機が墜落して亡くなったことは知っています。息子のデイモンも小生は好きでした。
Commented by のの at 2008-07-29 23:10 x
私もF1好きです。セナが好きでした。そして今は思いっきり彼の年(33歳)をとっこしてしまいましたが・・・

セナ・プロスト対決などあの頃は、強かった人が
沢山いて誰もがチャンピオンを狙えるパイロットが
沢山いましたよね。シューマッハの時代にはライバルが
いなかったといってもいいかもしれません。

そんな私は、佐藤琢磨(復帰して欲しい)や中嶋一貴に
がんばって欲しいと思っております。 
Commented by 湘南のJOHN LENNON at 2008-07-30 12:24 x
ののさん、こんにちは!
お元気そうですね。コメント有難うございました。

やっぱり、セナがいた時代が最高だったと思います。
昔、スーパーカーブームの頃(1977年頃がピーク)にもF1人気が出たことがありましたが、結局一過性で終わってしまいました。それから5~6年経過して、HONDAが好成績をおさめるようになってから、徐々に人気が出て行きましたが、まだまだオタクファンの集まりでしかありませんでした。

そんな状況が劇的に変わったのが、1988年のチャンピオン獲得だったと思います。そして、1994年の事故死で一気に人気がしぼみましたね。

それでも、小生はずっと見続けていましたが、最近のレースやルールは面白くないですね。予選方式を昔に戻して、セーフティーカーの出動も減らして欲しいです!!

琢磨の復帰は日本人として、HONDAやTOYOTAに訴えつづけていく必要があると思うのです!!
(ルノーあたりに入ってくれれば最高なのですが)
Commented by おいおい at 2008-08-19 12:44 x
はじめまして。おいおいと申します。
私は91年から見ているF1ファンです。
そして、ホッケンハイムのコース改修を見て愕然とした一人です。
私は、改修を絶賛するドライバー達を理解できなかった。
ジャック・ビルヌーブは批判してくれたように記憶してますが。。。

昔のホッケンハイムは本当に面白かった。

改修により中速コースになった影響で、インフィールドセクションが
単なる低速セクションになってしまった。
昔のレイアウトならば、ダウンフォースを削った車で突っ込んでいく、
ドライバーの腕が試されるセクションだったと思います。

森の中を駆け抜けるF1も美しかったなぁ。
Commented by 湘南のJOHN LENNON at 2008-08-19 20:59 x
おいおいさん、はじめまして!
湘南のJOHN LENNONです。
コメント有難うございます。

仰ること本当によく分かります。小生もまったく同じことを思いました。ジャックだけ批判していましたよね。ジャックはよく分かっていたと思います。彼は1996年、ポルトガルGPで高速エストリルコーナーでアウトからシューマッハーをオーバーテイクした凄い走りでしたからね。彼の味は高速サーキットで出ていました。

しかし、2002年からはこじんまりとした面白みに欠けるサーキットになってしまいました。本当に残念です。クラシックサーキットでの開催がドンドン減っていっています。あとはイタリアモンツァくらいですかね・・・。スパ・フランコルシャンもバスストップシケインも改悪されてしまいました・・・。
名前
URL
削除用パスワード
<< バイオハザード 「夢で終わらせ... ページトップ アイドル・ミラクルバイブル 8... >>