excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


<奈良高1放火殺人>父が週1、2回暴力 勉強の指導中に
<奈良高1放火殺人>父が週1、2回暴力 勉強の指導中に


e0012215_17425882.jpg



 奈良県田原本町阪手の医師、O総合病院○○科部長 吉川元祥さん(47)歳の長男である名門T学園高校に通う16歳の高1の少年Yが、継母とその子供を焼死(実際は一酸化炭素中毒)させてしまった。このショッキングな事件の背景が徐々に解明されつつある。16歳の子供を追い詰めた原因は果たして何なのだろうか?小生も同じ歳の男の子をもつ父親として、いろいろと立場を置き換えてみたりして考えてみた。

 長男の家庭環境の主な変遷を簡単に記してみた。

①7歳の頃に両親は離婚
②実の妹は母方に引き取られた
③長男は父親が再婚するまで父方の祖父母と暮らす
④継母は父親のO医大学の後輩である医師
⑤親戚縁者が医師の家系



 この少年の行為は当然許されない。彼は相当追い詰められていて、まともな精神状態での行動ではなかったと推測されるが・・・。こんな悲惨な状況になってしまったということは、彼の話を聞いてくれる人は回りにいなかったのだろう。実の母親が近くにいて、彼の心の中を吐露できるような状態だったら、もしかしたら違う結果になっていたかもしれない。思春期の男の子にとって母親は大切な存在だ。

 この少年の今までの評判は報道を見たり聞いたりする限り、悪い評判ではなく、むしろ優等生で性格もまじめで暴力を振るうわけでもなく、切れたり感情を取り乱したりすることもない温厚な少年だったようだ。要するに世間的には優秀な良い子と見られていたのだった。しかし、気になることは「悩みは人に打ち明けないタイプ」という話だ。自分で背負ってしまう性格でもあったのかもしれない。

 父親の今までの行動が報道されている。その行動が全て真実だと言う前提で考えてみよう。この父親の実家は薬局と言う話で、親族にも医療関係者が多いということだ。本人も医者の道に入り現在に至っているとのこと。父親の生い立ちや家庭環境は分からないので、そこから推測も勝手な意見もできないので、父親が少年に接したときの態度や行動で推測するしかない。

 父親は教育熱心だったということだ。夜遅くまで少年を指導する熱心さには頭が下がる。父親も自分の仕事で疲れているはずなのに、遅くまで家で少年を指導することは、熱意がないとできないことだと思う。息子に大きな期待をかけていたことは十分に理解できることだし、親子で頑張っていこうと一生懸命だったのだろう。しかし、この父親は教えながら暴力を振るっていたという。父親が家庭教師代わりだったのかもしれないが、なぜ殴ったのだろう?

 少年の話だと父親は、「成績が下がると父親はすぐ殴ってくる」、「スパルタ教育の中で父から暴力を受けたことがある」とのこと。父親が良かれと思ったことが仇になった可能性が高い。少年が父親に対し、反抗したような行動をした報道が出てこない。と言うことは、少年は父親に対し、過度な恐怖や負い目を持っていたと思われる。それは父親が不在の時に犯行を実行したということで証明される。

 放火という犯罪は、よく「むしゃくしゃ」して行うと言われている。この少年も確かに「ムシャクシャ」してたのだろう。攻撃する相手に直接手を下すわけでもないので、恐らく少年は追い詰められて衝動的に放火に走ったのだと思う。無くなった継母や子供を殺すということまで考えが及ばなかったと思う。恐らく、火をつけるという行為だけしか考えられなかったのではないか?

 本来、父親に向かうはずの攻撃が、少年の父親に対する恐怖感絶対服従感のため、攻撃が放火と言う歪んだ方法で出てしまった。少年は父親に対し、反論したり感情を見せなかったのであろうか?小生が思うに、この親子にはそのような感情のぶつかり合いがなく、父親の一方的な支配だったのだろうと思う。

 エリート家庭で起こったと思われている悲劇。それには長い歳月をかけた伏線がある。決して1年や2年の状況で、このような悲惨な結果を招いたわけではないはずだ。父親も息子である長男も被害者であり加害者であるのかもしれない。報道では離婚した実の母親の話は出てこない。その辺の事情はよく分からないが、何かそこにも隠された原因があるような気がする。

 この父親も気の毒だ。しかし、冷たい言い方をすれば、それは自分がまいたタネなのだ。しかし、先妻と離婚し、実の息子には家に火をつけられ、その家を失い、更に再婚した妻とその子供をも亡くしてしまった。そのショックは計り知れないだろう・・・。他人の人生だが、この父親は今後どんな人生を送っていくのだろう。

 この少年の将来も親族・関係者は真剣に考えてあげて欲しいと切に思う。小生がこの長男の立場だったら、この父親とは和解できないだろう・・・。この父親は自分の全身全霊で長男をフォローしなければならない。今までの価値観を全て捨て、長男と向き合うことができるのだろうか?小生にはそうは思えないが・・・。少年は一生この罪を背負っていかなければならない。3人もの人間を死なせてしまった罪は非常に重い。今後の罪状の判断が気になるが、放火殺人の場合、成人なら死刑の罪となるのだ。

 子供は決して親の人形ではないのだ。着せ替え人形のように、親の好きな服を着せたりすることは出来ないものと思うべきだ。子供にはひとつの人格があり、別の人間なのだ。親の所有物でもないし、欲求不満の捌け口でもないのだ。

 この期に及んで、この父親は長男の通う高校に「退学届け」を提出したということだ。なぜこの時期に「退学届け」を出す必要があるのだろうか?ちょっと順番が違うのではないか?小生はこの父親のような人種とは付き合えないだろう・・・。

 医者だけになるのが人生か?成績が良い方が良いに決まってる。これは否定しない。この父親に、自分の長男に「人生の厳しさ」「家族の尊さ」を腹を割って話したことはあるのかと問いたい。していなかったのではないか?だからこんな結果になったのだろう?息子を素手で殴ったときの手の感覚を思い出せと父親に問いたい!生身の人間を殴ることの痛み、本当にこの人は医者なのだろうか?身体の痛み・心の痛みを本当に分かっているのだろうか?47年間の人生の結果はこういうことなのだ。

 親が子供の人生を大きく左右することは、100%間違いないことだ。もちろん、ある程度のレールを引いてあげるということも時として必要だろう。しかし、そのレールを走るのは親ではなく、子供なのだ。脱線しないように正面ばかりからではなく、知らない振りをして側面からフォローしてあげることの方が良いのではないかと小生は思う。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




HSKI's
北北南南西東西東晩朝
証券マンノート
携帯待ち受けへっぽこ職人ヲタ日記
Interdisciplinary
コレバナ~裏ヨミ! ニュース・ダイジェスト
来栖宥子★午後のアダージオ
OPINION ~NEWSに意見~
Black Mind Web ~法の独習室~
koy HomeEdition: 奈良高1放火殺人、父が週1、2回暴力 勉強の指導中に?
D.D.のたわごと
ルミエのダイアリー
息吹混成
さつき
優しいお母さんになるために
裏千年計画★神谷竜仁ブログ : 絶望的な善意
よろず日記
easy life
局の独り言。
坊やから見た日本
ビビデばべるの塔
news clipping;
東急不動産東急リバブル不買宣言
【奈良高一】偏執狂的人間の恐怖【放火殺人】 ブログの悪魔
まるこ姫の独り言
Lost and Found
いぬのおなら
来栖宥子★午後のアダージオ:奈良放火殺人事件
mutter
つぶやき
KIYOJIROUWEBlog+
時速4㍍日記:奈良高1放火殺人事件で思う事
来栖宥子★午後のアダージオ
☆DV・・・扉の向こうで・・・☆誰か助けて・・・
outlandos d'amour
プールサイドの人魚姫
Rashita's Style Blog
Happy Woman
砂緒のティールーム:この子供にしてこの親あり・・・
~* 裏・忙中閑な日々 *~
徳島 小松島で学ぼう!「みんなの塾」
by qunny1130 | 2006-07-01 11:36 | マジメな話 | Trackback(6) | Comments(8)
トラックバックURL : http://qunny1130.exblog.jp/tb/3739675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from D.D.のたわごと at 2006-07-02 16:58
タイトル : 奈良一家放火殺人事件◆すべてを呑み込む絶望
長男にとって父親の期待に応えて医師になることだけが家庭内で自分の存在を証明するすべだったとすれば, 夢や自分の存在理由を喪失してしまうのはなんと恐ろしいことなのかと思いました。... more
Tracked from コレバナ〜裏ヨミ! ニュ.. at 2006-07-02 19:19
タイトル : ■奈良高1放火殺人事件−父親が暴力[06/02]
奈良の高1生による放火殺人事件で、逮捕された長男が医師の父親から、暴力行為を受けていたことが分かった。まあ、噂されていたことではあったけど、本人が認めたことから、動機がはっきりとしてきた。父親が息子の医学部進学に固執していたことから、日常的に学習指導で(....... more
Tracked from 息吹混成 at 2006-07-02 22:52
タイトル : 難しい判断だ
Excite エキサイト : 社会ニュース この事件で「嘆願書」を出す人たちが理解できないという話がある。 罪は罪として償わねばならないということで、ひとつの正論であるけど、正論はひとつではない。 犯した罪は重大であるが、私は寛大な処分を求める嘆願書を出す人たちが全く理解できなくはない。 罪は罪として処断するのか、情状酌量をするのか、実際はその間の話になるのだろうが、司法にとっては難しい判断だろう。緻密な検証に基づいた判断をお願いしたいものである。... more
Tracked from 〜* 裏・忙中閑な日々 *〜 at 2006-07-03 01:30
タイトル : [家]僕と私の生きる道
午前中はS台の第2回保護者会に。 夏休みの過ごし方を重点的に、去年度の入試の実態分析。今年の傾向をふまえ、生徒たちの様子、合格者OB講演、保護者に協力して欲しいこと、生徒の本音アンケート など2時間のわりにとても盛りだくさんで充実した内容でした。京都校は寮生... more
Tracked from mutter at 2006-07-03 08:42
タイトル : 奈良高1放火少年は被害者
奈良高1放火殺人事件は父親の期待に押しつぶされた少年の逃げ道でした。 なくなった... more
Tracked from 携帯待ち受けへっぽこ職人.. at 2006-07-03 10:55
タイトル : [奈良高1放火殺人]父が週1、2回暴力なの
[奈良高1放火殺人]父が週1、2回暴力 勉強の指導中に 記事全文 奈良県田原本町で母子3人が死亡した放火殺人事件で、殺人と現住建造物等放火容疑で逮捕された長男(16)が医師の父親(47)から、週1、2回の頻度で暴力行為を受けていたことが1日、分かった。弁....... more
Commented by 信哉 at 2006-07-02 22:08 x
かわいそうですよね。  上手く歯車がかみ合わなかったのでしょう。
このような少年こそちゃんと更生して欲しいですね。
うちの子はまだ小学上がる前ですが、自分のケツは自分でふける子になってくれればいいです~。  
Commented by mutter at 2006-07-03 08:38 x
TB有難うございます。

父親が不倫をして兄妹が別れ別れになり新しい母親を子どもと共に焼殺してしまったわけですから、まず父親の不倫を責めたいと考えます。
子どもに対する責任を考えもせず自分の欲望に走る身勝手な親が多すぎます。
Commented by あずさ at 2006-07-03 18:09 x
はじめまして
子どもを自分の分身のように思ってしまう親御さんが多い中、衝撃的な出来事だと思いました。

医師の家系であっても、医師に向かない子もいると思うし、親子で価値観も違うはず。

親の保護を受けなければ生きていけないのが子どもです。保護する事=思いどうりに育てる事 という風に勘違いしている親御さんが多いことに最近驚いてしまいます。

こんな悲しい事件は二度と繰り返してほしくないと思っています。
Commented by mama☆chu at 2006-07-03 19:52 x
子を持った時点で、親は新なたステージに立たされると思います。
体罰の是非を問うとしたなら絶対アウト。
そこから生まれる感情は、おのずとマイナスの要素しかないでしょうし、普通の親子関係であれば尚更、親であることを力でわからせることは暴挙でしかないはずです。
体罰が常習化した時点で、気づいた誰かが必死でフォローにまわるべきでした。
それが誰であっても、父親の非はきちんと責めるべきだし、父親なりの言い分があったとしたら、それは否定されて然るべきです。

切羽詰った息子のよりどころとなるべき場所や人物の不在も不幸でした。
逃げることは時に必要です。
オトナもコドモもシェルターがあるとないとでは、まるで忍耐度も違うでしょう。

生き残った父子という命題から考えるに、これからが勝負であり、向かい合うことしか残されてない二人なのです。

亡くなったご家族のご冥福をお祈りしつつ、生きざるをえない父と子にこそ、心からいくばくかの平穏を願わずにはいられません。

つたない文章から思いを察していただければ幸いです。

ではまた♪
じょんたまのご活躍を今後も期待しています。
Commented by qunny1130 at 2006-07-06 21:09
信哉さん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。
レス遅れてごめんなさい!

この事件も北朝鮮問題で影が薄くなってしまっていますが、決して目をそらしてはいけないことですね。
小生はハッキリ言って、父親の責任だと思いますね。

ことの発端(因果関係の出発点)は父親の行動だったと思います。それに振り回された先妻やこの少年や離れ離れになった妹。そして亡くなった後妻とその子供。一人の男の行動いかんで、周りの人間の運命と人生が左右されました。これは決して他人事ではないと思います。自分もよく考えて行動しなければと思いました。
Commented by qunny1130 at 2006-07-06 21:14
mutterさん、はじめまして!
湘南のJOHN LENNONです。
小生のブログではコメント本当にありがとうございました。
またトラバもさせていただきありがとうございました。

報道が事実ならという前提ですが、父親は少し問題がありそうですね。
一生懸命勉強を教えていても、脅していたのでは、子供は追い詰められてしまいますからね。
後悔先立たずですが、この父親は後悔しても遅いでしょうね。残りの人生を亡くなった家族と罪を犯した長男のために尽くすべきだと思います。
Commented by qunny1130 at 2006-07-06 21:21
あずささん、はじめまして!
湘南のJOHN LENNONです。
コメントどうもありがとうございました。

この長男と同じ年齢の男の子の親として、決して他人事ではなく、この親と子供の行く末を考えたりしていました。

いずれにしても、暴力で子供を支配しようとした父親は人間として尊敬はできません。
また殴られた傷や痛みをどう考えていたのでしょう?
まして父親は医者です。傷や心のケアをする立場なのにもかかわらずです。
小生も身内に医療関係者がいます。確かに医者とはいえ、人格的に問題のある人は多いようです。
金・名誉・欲望で動く人が多いということでしょうね。

これからも寄らせていただきます。よろしくおねがいします。
Commented by qunny1130 at 2006-07-06 21:27
ままっちさん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
レス遅れてごめんなさい。
いつも本当にいろいろありがとうございます。

ままっちさんの仰るとおりで、残った当事者同士の今後の人生。これでしょうね。
子供は親の鏡とも言えるし、親は子供への影響力を考えて行動しなければなりません。
まして思春期の子供は感受性も強く、何気ない一言が人生を左右しかねないと思うのです。
自分もこう言いながら自分へ戒めているつもりです。

ままっちさんのお母さんなら、きっと娘さんも明るくて良い子だと思いますヨ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 捏造報道をしたTBS 関口宏「... ページトップ National RF-115... >>