excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


懐かしの我が愛車 その6  BMW E36 318i 続き
懐かしの我が愛車 その6  BMW E36 318i 続き







以前の記事からの続き



 パワーは全然無かったが、とても印象深い良いクルマだった。同じE36 3シリーズでも、325328だったら、もっとパワーがあるので、もう少し印象が違っていたかもしれない。3184気筒SOHCエンジンなので、320以上の6気筒DOHCエンジン搭載のクルマとは別のものと思った方が良いかも知れない。

 小生の318iは、とにかくよく壊れた。イヤになるくらいまで壊れたが、直せばシャキっとして新車のようなフィールに戻ってくれた。これは国産車と違い、欧州車の特徴でもある。消耗部品は当然、国産車より耐久性は低い。ゴム類などは本当にすぐにボロボロになる。サスペンションブッシュ類もゴムを使用しているので、ブッシュが弱ってくると、明らかに乗り心地と車高に変化が現れる。

 このクルマの部品交換箇所は以下の通りだ(笑)

①前後サスペンション ショックアブソーバー及びブッシュ類
②ヘッドライトユニット
③エンジン本体
④オルタネーター(発電機)
⑤燃料ポンプ
⑥ドライブシャフトジョイント
⑦ラジエーター
⑧電動ファン
⑨エアコンファン
⑩アイドルバルブ
⑪リヤハブベアリング
⑫ウォーターポンプ


 以上だが、忘れてしまったものもあるかもしれない。まだこれら以上にあったかもしれない。一番大変だったのが、③エンジン交換だ。318iの初期型エンジンにはタイミングチェーンが使われておらず、タイミングベルトが使用されていた。実走行7万Km付近だったが、通勤途中の路上で突然エンジンが停止し、セルを回しても軽い音しかせず、これはタイミングベルトだなと観念した。ベルトを取り替えれば5~6万の出費で済んだのだが、それを怠ってしまい、その10倍の出費となってしまった。

 エンジンはドイツでリビルドされた新品同様のエンジンと交換したかいもあって、交換後は絶好調だった。リビルドエンジンとは、解体されたクルマから取り出された中古エンジンのピストンピストンリング新品に交換して、燃焼室内部のスラッジをきれいに取り除き、尚且つ研磨したものだと説明を受けた。

 あと走行途中で止まってしまった故障だが、④オルタネーター(発電機)が原因だった。ただ止まった場所が自宅前だったのはラッキーだった。その日の朝だが、朝エンジンをかけたときに、何となく普段と違う異音がしたことを覚えている。普通に発進できたのだが、エアコンが効かない。しかし、高速道路に入るとエアコンが効いてくる。いずれにしても故障だとは思い、ディーラーに出そうと思っていたのだが、その日は忙しく出すのを忘れてしまった。

 帰り道で突然、ライトが暗くなり、エンジンがブルブルと震え、止まりそうになった。発生したのが、国道134号だったのだが、小生の家は国道134号を右折し、海側の道の方にあった。交通量の多い国道134号で故障で止まってしまうのは、後続車の迷惑になるので、ギヤをローに落とし、エンジン回転数を上げて、エンジンストールだけは避けようと頑張った。

 何とか国道134号での故障駐車を避けることができた小生だったが、まだ自宅まで約2Km程走らなければならない。交通量は少ないので、最悪止まってしまっても良いかなという思いもあったが、やはり何とか自宅まで走らせる方が良いと判断し、とにかくずっとローギアでエンジン回転を4~5000回転まで上げながら走行した。もし、止まってしまったら走れないからだ。

 運転しながら家に電話し、家族に玄関先まであらかじめ出ていてもらうように伝えた。何とかやっとのことで家の前にたどり着くことができた。しかし、小生の家の駐車場は、縦列駐車の要領で止める配置になっているので、一度停車し、ギアをバックに入れないと駐車場に入れられないのだ。

 家の前に着き、ギヤを一度、バックにしなければならないので、エンジンをあおることは、もうできない。停車しアクセルを戻した瞬間にエンジンはストールしてしまった。セルを回しても、もうエンジンはかからない。走行中に発電することができなくなってしまっていたので、バッテリーの電力だけで走ってきたのだ。

 あとは人力で駐車場に入れた・・・・。次の日にディーラー直行だった。修理費は6万円弱だった。BMWの場合、オルタネーター(発電機)も弱いようだ。今、小生が乗っているE46は分からないが、E36は走行距離で7~8万Kmで交換する必要があると思う。国産車では考えられない頻度だ。

続く





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




BMW専門店ガレージグレートベア
BMW@FUN 3シリーズ E36フォトギャラリー
come together : 脳内BGM DOG FIGHT / move
モーターサイクルとオープンカー
ゆーきのモタモタ日記 : やっほ~い
味噌ラーメン
Pricketts-Produce. DAIHATSU ESSE ECO Diary.
剥離した感情。サボりすぎてすいません。
山より道具
オープンエアー
カケヌケルヨロコビ… Freude am Fahren
MEGA SPEED+
Car Net Shop B GOODS
BMW AND EXCITEMENTS
地図のない旅
ロードスターが欲しい
「ザ・中古車道」BLOG版 大好きなクルマ道楽で食べていこう!
by qunny1130 | 2006-06-04 17:30 | クルマ | Comments(4)
Commented by クロ at 2006-06-05 14:02 x
こんにちは!いいですねーBM!!
わたしも以前318iツーリング乗りでしたよ。故障はさほど大きいのはありませんでしたが事故でおしゃかになりました。
Commented by ワタナベ at 2006-06-05 17:04 x
お、久々にちょっと明るい話題(笑)
コメントしようと思ったら、続くの文字・・・
最後まで読んでからコメントしますねぇ~(苦笑)
Commented by qunny1130 at 2006-06-05 21:08
クロさん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

クロさんはツーリングに乗られていたのですね。
E36のツーリングは日本では正規販売されていないので、並行輸入車でしょうか?それともE46なのかな?
でも、事故は残念でしたね・・。それでも身体が無事で済んで良かったですね。確かにBMWは堅牢かもしれませんね。安全な車だと言えますよね。
Commented by qunny1130 at 2006-06-05 21:10
ワタナベさん、こんばんは!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

そうこの記事途中なんです(笑)
このクルマは思い入れが強いし、お金もかかったので、いろいろ書くことも多くなってしまうんです(笑)
次もその次もE36で行きます。
どうか飽きずに読んで下さいネ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 懐かしの我が愛車 その6  B... ページトップ 北朝鮮密輸事件 盗難車の対価に... >>