excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
湘南のJOHN LENN..
by BBLUE LUE DIARY at 23:54
BLUE DIARYさん..
by qunny1130 at 12:42
葉子さん、こんにちは! ..
by qunny1130 at 12:39
湘南のJOHN LENN..
by BLUE DIARY at 01:56
麻酔銃でもお見舞いして差..
by 葉子 at 05:20
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:25
takさん、こんにちは!..
by qunny1130 at 14:23
takさん、こんにちは..
by qunny1130 at 14:20
Briandrazyさ..
by qunny1130 at 14:18
どーも、今月もいろいろあ..
by tak at 06:30
どーも、9月もいろいろあ..
by tak at 06:22
For decades,..
by Briandrazy at 17:17
どーも、大須TOYSとい..
by tak at 18:56
takさん、湘南のJOH..
by qunny1130 at 12:16
どーも、イオンモール常滑..
by tak at 07:28
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便
墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便


e0012215_21542820.jpg



飯塚 訓 (著)

 1985年(昭和60年)8月12日午後6時56分頃、日本航空123便が、群馬県御巣鷹山中(高天原山)に激突し、520名の死者を出した大事故の苦労を別の角度から書いたドキュメンタリー作品。著者は当時の群馬県警の現場で指揮をした方だ。

 迷走飛行を続けた日本航空123便は、通常の旅客機の飛行コースではない群馬県の山中に時速500Km?と言われているスピードで尾根に激突した。実際は、右に大きく傾きながら、右主翼先端が松に接触し、その後、U字溝と呼ばれた部分に右主翼等で、木や地面を大きくえぐり、その反動で機体が裏返ってしまい、尾翼が進行方向を向いた形で尾根に激突したという・・。

 そんな状況で激突したら、人間の生身の身体は粉々になってしまうだろう。考えてみただけで恐ろしい・・・。乗客の方々は最後の30分間をどう感じていたのだろうか・・・。生存者の話だと乗客の方々は、皆ほとんど冷静で大きなパニック状況でもなかったということだ。

 生還できることを信じていたのか、それとももう諦めてしまい、何もする術がなく、ただ祈り続けていたのかは分からない。その心中は想像の域をはるかに超える。左右に大きく揺れたり急降下を繰り返す機内で遺書を書き残した人たち、本当に人間として最高に尊敬できると思う。

 しかし、意思のある人間も、時速数百Kmのスピードで激突してしまえば、悲惨な状況になり、即物体と化してしまう・・・。それが恐ろしいことだと思う。たった数秒、もしかしたら1秒足らずの時間で自分の肉体が一片の物体と化してしまうのだ。痛みは感じたのだろうか・・・。一瞬の間に死が訪れ、死を自覚しないまま死んでしまったのだろうか?

 この事故は絶対そんなことはなだろう。激突の前、30分あまり死の恐怖を感じながら、乗客の人々は死んでいったのだと。

 生存者は機体後部に座っていた人達だった。激突直後は報道でも、まだまだたくさん生存者がいたようだ。救助隊が現場に入ったのが、激突後14時間経過してからだった。激突後2時間弱でアメリカ軍の救助ヘリが現場上空に着いたらしいが、命令で帰ってしまった・・・。それも残念なことだ。

 機体後部の犠牲者の遺体は、比較的五体そろっていたと書いてある。機体前部や中央部分に乗っていた人たちの遺体は、本当に悲惨な状態だったようだ。身体の皮の部分しか残っていない遺体もあったのだ。激突の瞬間、ものすごいGがかかり、骨や内蔵が飛散してしまい、皮しか残っていないのだ。写真週刊誌に、その遺体が掲載されていた記憶がある。

 想像を絶する衝突Gのため、顔から頭蓋骨が飛び出してしまい、顔の皮しか残っていなかったり、遺体の中に別の遺体が、大きなGのために入り込んでしまっていたり・・・。遺体同士が合体してしまった夫婦の犠牲者もいたということだ。また、妊婦さんが乗客として乗り込まれていて、この事故に遭遇してしまった。尾根に激突した時の衝突Gのため、安全のためにしていたシートベルトが原因で、身体が腹部から切断されてしまい、破裂した子宮から胎児が飛び出してしまったのだ・・・。

 救助隊の方々、医療関係者、自衛隊、警察・消防、みんな現場で大変だったと思う。現在のようにDNA鑑定の方法もない時代で、遺体を検証して身元を確定していく作業の苦労は半端なことではなかったと思う。ほんとう想像を絶する光景だったに違いない。まだまだ、この事故の疑問はたくさん残されている。再調査の話も持ち上がっているらしいが、当局は動こうとしない。この問題はもっとたくさんの人に知ってもらい、大きな運動にする必要があるのではないだろうか・・・?




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便 - 新刊・中古本同時購入のライブドアブックス
Dream & Reality:その時
なまゆるブログ
「ぼくの本棚」プロジェクト
砂時計
634の柔術日記
ゴロゴロしあたー : 墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便
ぐり日記
iFinder 雑読乱文
Birth of Blues
ことえりの本と生活
Nyabooのあれこれ
スケッチブック♪ - Echoo!-エコログ
ふと思う--ちょっと考える: あれからもう19年(日航機墜落)
どことなく漂流してる日々
はぎや・えれいね
Nessun Dorma
おなかがすけばだいじょうぶ!
秘密の花園
ちょっとええかしらん。
by qunny1130 | 2006-04-18 00:04 | | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://qunny1130.exblog.jp/tb/3310561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from iFinder 雑読乱文 at 2006-05-15 22:02
タイトル : 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便
あの日の123便には筆者の取引先の社員が搭乗していた。 彼は妻への感謝と子どもたちへの思いを残し旅立っていった。 1985年8月12日、御巣鷹山に墜落した日航123便。その発生から、遺体の身元確認までの詳細を淡々と綴っている。完全な遺体などほとんど無く、確認は猛暑の中で熾烈を極めた。テレビだけでは分からない現場のものすごさを伝えてくれる。 取引先の彼はある鉄道会社の社員。何度かお会いしてPR誌の企画などを打ち合わせをしたが、とても切れて斬新な感覚を持つ人だった。対談で著名人を呼んだ際...... more
Commented by ぽっきー at 2010-05-26 15:11 x
真実を御知りになりたければ阿修羅をクリックしてみてください。
Commented by qunny1130 at 2010-05-29 23:16
Commented by ぽっきー

221. 90.255.123 softbank221090255123.bbtec.net

ソフトバンクに通報しました。
名前
URL
削除用パスワード
<< アイルトン・セナの時代1984... ページトップ 墜落!の瞬間 ボイスレコーダー... >>