excitemusic
偏向・煽動・捏造を行い続けている新聞社、その新聞社のグループであるテレビ局・ラジオ局。もはや日本国の癌細胞である。
ICELANDia
最新の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2001年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
続・ポール・マッカートニ..
from やさしいThe Beatle..
巻き爪の治療が自分で自宅..
from 最新お得情報
麻生発言の捏造報道に青山..
from 風林火山
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..
『マジカル・ミステリー・..
from 湘南のJOHN LENNON..


麻生氏発言、政権に動揺=撤回も幕引き不透明
麻生氏発言、政権に動揺=撤回も幕引き不透明

以下、ニュースより

 
 麻生太郎副総理兼財務相が1日、憲法改正に関し、ナチス政権の手法を引き合いに「あの手口に学んだらどうか」とした自らの発言を撤回した。

 国内外で批判の声が広がり、安倍政権として早期の幕引きを目指した形だ。ただ、野党は国会で追及する構えを見せている。国際問題にも発展したことで、参院選圧勝で勢いづく政権は想定外の「難題」を背負い込んだ。

 「あしき例としてナチス政権下の経緯を挙げた。ただ、誤解を招く結果となったので、撤回したい」。麻生氏は1日午前、財務省に登庁した際、玄関で待ち構えていた記者団の前でコメントを読み上げた。菅義偉官房長官は直後の記者会見で「内閣としてナチス政権を肯定的に捉えることは断じてない」と強調した。



麻生発言全文

 護憲と叫んでいれば平和が来ると思っているのは大間違いだし、改憲できても『世の中すべて円満に』と、全然違う。改憲は単なる手段だ。目的は国家の安全と安寧と国土、我々の生命、財産の保全、国家の誇り。狂騒、狂乱のなかで決めてほしくない。

 落ち着いて、我々を取り巻く環境は何なのか、この状況をよく見てください、という世論の上に憲法改正は成し遂げるべきだ。そうしないと間違ったものになりかねない。

 僕は今、3分の2という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。

 ヒトラーはいかにも軍事力でとったたように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。

 そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法は良くても、そういうことは有り得るということですよ。

 ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちが持っている見識であったり、矜持であったり、そうしたものが最終的に決めていく。

 私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の意識は、今回の世論調査でも、20代、30代の方が、極めて前向き。一番足りないのは50代、60代。ここに一番多いけど。ここが一番問題なんです。

 私らから言ったら。なんとなくいい思いをした世代。バブルの時代でいい思いをした世代が、ところが、今の20代、30代は、バブルでいい思いなんて一つもしていないですから。記憶あるときから就職難。記憶のあるときから不況ですよ。

 この人たちの方が、よほどしゃべっていて現実的。50代、60代、一番頼りないと思う。しゃべっていて。おれたちの世代になると、戦前、戦後の不況を知っているから、結構しゃべる。しかし、そうじゃない。

 しつこく言いますけど、そういった意味で、憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、俺たちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。そういった思いが、我々にある。

 そのときに喧々諤々、やりあった。30人いようと、40人いようと、極めて静かに対応してきた。自民党の部会で怒鳴りあいもなく。『ちょっと待ってください、違うんじゃないですか』と言うと、『そうか』と。偉い人が『ちょっと待て』と。

 『しかし、君ね』と、偉かったというべきか、元大臣が、30代の若い当選2回ぐらいの若い国会議員に、『そうか、そういう考え方もあるんだな』ということを聞けるところが、自民党のすごいところだなと。何回か参加してそう思いました。

 ぜひ、そういう中で作られた。ぜひ、今回の憲法の話も、私どもは狂騒の中、ワアっとなったときの中でやってほしくない。

 靖国神社の話にしても、静かに参拝すべきなんですよ。騒ぎにするのがおかしいんだって。静かに、お国のために命を投げ出してくれた人に対して、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かに、きちっとお参りすればいい。

 何も、戦争に負けた日だけ行くことはない。いろんな日がある。大祭の日だってある。8月15日だけに限っていくから、また話が込み入る。日露戦争に勝った日でも行けって。と言ったたおかげで、えらい物議をかもしたこともありますが・・・。

 僕はあの4月の28日、忘れもしません4月の28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからって言って、月曜日だったから靖国神社に連れて行かれましたよ。それが、初めて私が靖国神社に参拝した記憶です。

 それから今日まで、まあ、けっこう歳食ってからも毎年1回、必ず行っていると思いますけれども、そういったようなもんでいったときに、ワアワアワアワア騒ぎになったのは、いつからですか、これは。

 昔は皆静かに行っておられましたよ。各総理も行っておられたんですよ、こりゃ。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。(拍手)だから、そ、いつのときから、騒ぎになった?と私は、騒がれたら、中国も騒ぐことにならざるをえない。

 韓国も騒ぎますよ。だから静かにやろうやというんで、憲法もある日気づいたら、さっき話しましたけれども、ワイマール憲法にいつのまにか変わってて、ナチス憲法に変わっていたんですよ・・・・・。誰も気づかないで変わったんだ。あの手口学んだらどうかね(笑)

 もうちょっとワアワアワアワア騒がねえで。本当に、みんな良い憲法と、みんな言って納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりまったくありませんし、しかし、私どもはこういったことは重ねて言いますが、喧噪のなかで決めてほしくない。それだけは是非お願いしたいと。


 
 撤回してしまったのは残念だが、麻生氏の発言に悪意は感じられない。この報道の第一報は共同通信社だそうだが、いったいどのような意図で発言を編集して、知らない第三者に刷り込みさせようとしたのだろう。

 知らないうちに朝日新聞も得意の偏向フィルターを通して発言を捻じ曲げて報道した。共同通信も朝日新聞にしても明らかに意図的な悪意を記事から読み取れる。

 テレビ報道も同じだ。特にテレビ朝日やTBSテレビのニュースは酷い。麻生氏の発言の一句だけを抽出して、そこだけを論じている。こんな呆れた報道はないだろう。

 いったい日本国のメディアってどこに目を向けているのか?そんな政府を倒したいのか?一部の気に入らない政治家を抹殺したいのか?マスゴミ、貴様らは何様?

 やはり、この日本の元凶はマスゴミだろう。新聞社、通信社、テレビは全て一回潰した方が良いと思う。戦前の三大新聞は何だ?戦争を煽って国民を騙し続けた。

 今も戦前と同じことを繰り返しているだけだろう。全くやっていることに進歩が無い。本当にこのままで良いのか?戦前と同じ轍を踏むのか?

 麻生氏が発言の中で、今の50代60代を批判している。これには全面的に賛成だ。特に60代の連中、この世代は良い思いばかりしてきているだろう。

 少ない負担で多いほどの享受だ。つまり、現在の社会を牛耳っている世代として、「今」を変えたくないのだろう。この世代は団塊の世代が多く、左巻きも多い。

 今の日本を悪くしている元凶世代と言えるだろう。この世代の連中が台頭してきたと同時に、この日本はおかしくなってきている。

 今の40代、30代、20代の諸君!今の世の中を勝手に牛耳っている世代を倒すべきだ!50代でも小生のような者は大勢いる。今からでも決して遅くは無い。

 
 


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



日本のマスコミは外患誘致も躊躇無し
麻生発言の捏造報道に青山繁晴氏が激怒!
独裁政治を讃える共同通信…メディア全体主義の恐怖
by qunny1130 | 2013-08-01 23:16 | 政治ネタ | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://qunny1130.exblog.jp/tb/20877839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 風林火山 at 2013-08-04 01:00
タイトル : 麻生発言の捏造報道に青山繁晴氏が激怒!
意図的に事実と真逆の報道(反日捏造報道)をするマスコミに、青山繁晴氏が激怒した。... more
Commented by 沢田薫 at 2013-08-03 22:24 x
レノン様。朝日やマスコミ鬼の首取ったかかの様に喧しいです。温故知新は良しとしてもレノン様のおっしゃる様に若い世代が疑問符を持ち見識を高め抗い新しい血を入れ替えて行かねばと想います・・・第1・5次ベビーブームの子の戯言です。
Commented by 信哉 at 2013-08-03 23:03 x
新聞では産経新聞が比較的まともに書いてますね。
一昨日かな共産党の広報車かな? 声高に叫んでました。
日本人て、いつからこんなに人の話を聞かなくなったのでしょうね?

このようなプロパガンダを行なう事自体がナチスのやり方と何処が違うんだ?
と思ってしまいます。
Commented by qunny1130 at 2013-08-04 11:29
沢田薫様
こんにちは!湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

共同通信社の動きを以前より見ていますが、親北朝鮮のようです。何か利権でもあるのですかね?この会社の報道を読むと、保守政権樹立が困るのではないかと勘繰りたくなります。

それには何らかの意図があることは間違いありません。マスゴミは自由と自分勝手を取り違えていますね。傲慢で妙な優越感に自己陶酔している者たちが非常に多いと思います。
Commented by qunny1130 at 2013-08-04 11:34
信哉さん、こんにちは!
湘南のJOHN LENNONです。
いつもコメントありがとうございます。

言葉狩りがここ25年くらい酷いですね。日本は本当に自由な国でしょうかね?甚だ疑問です。橋下氏の慰安婦発言は物議を醸しましたが、これも一部の語句のみを抽出して、橋下氏を抹殺しようとする意図を感じました。

それより怖いのは、慰安婦のことについて発言すること自体を否定する流れです。慰安婦の歴史認識を見直そうと言っただけで、全部を否定していますからね。恐ろしい世の中です。それこそファシズムではないでしょうかね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 一見善人風で裏で陰険な悪口を言... ページトップ 夕暮れ時のヘッドライト点灯について >>